« 三ツ寺Ⅰ遺跡の豪族館の方位 | トップページ | 叔父さんの告別式 »

2018年11月 9日 (金)

三ツ寺Ⅰ遺跡の変遷

この遺跡は榛名山の噴火と土石流等で廃棄されることになります。
その変遷が図になっているので,お届けしましょう。

(1) 築造以前の様相

Dscn4200

(2) 最盛期

Dscn4201

Dscn4203

(3) 衰退期(廃絶期)

Dscn4204

その後,南方へ移動したのではないかということでした。
なお,豪族館の主のために作られたと思われる,
3つの古墳を紹介します。(豪族館とは1キロくらいの距離)

Dscn4207

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【奈良文化財研究所データベースのもの】

Photo_20


« 三ツ寺Ⅰ遺跡の豪族館の方位 | トップページ | 叔父さんの告別式 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三ツ寺Ⅰ遺跡の豪族館の方位 | トップページ | 叔父さんの告別式 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ