« 百田尚樹著『日本国紀』に「古田武彦・九州王朝」 | トップページ | 東山官衙遺跡周辺地区の報告書と図 »

2018年11月16日 (金)

上町台地北端部遺構の造営方位

「洛中洛外日記」に上記の記事が掲載されました。
私の仮説に関わることですので,コピーさせていただきます。
研究会の皆さんに方位について関心を持っていただくことは,
どちらかというと文献に偏りがちな多元的古代の研究を
考古学に引き戻すという意味でも素晴らしいことのように思います。

なお,2年前に埼玉県所沢市から東京都東村山市に引っ越し(隣の町ですが).
本年4月からは同じ敷地内の母屋に移りましたので,東村山市が正しい住所です。

===========
古賀達也の洛中洛外日記

第1782話 2018/11/08

上町台地北端部遺構の造営方位

 肥沼孝治さん(古田史学の会・会員、所沢市)により、古代遺構の中心線の振れ方向に時代や王朝毎に一定の傾向があり、その傾向差を利用して遺構の編年が可能とする仮説が発表されました。とても興味深い仮説であり、わたしもその推移を注目しています。他方、遺構の造営方位はそれほど単純な変遷ではなく、個別に精査すると複雑な状況も見えてきます。本稿では六世紀~七世紀における大阪市上町台地北端部遺構の造営方位とその背景についての研究を紹介します。

 その研究とは「洛中洛外日記」1777話(2018/10/26)「難波と筑前の古代都市比較研究」で紹介した南秀雄さんの「上町台地の都市化と博多湾岸の比較 ミヤケとの関連」(大阪文化財研究所『研究紀要』第19号、2018年3月)という論文です。同論文には六世紀における上町台地北端の遺構について次のように説明されています。

 「上町台地北端では、台地高所を中心に200棟以上の建物が把握されている。竪穴建物は6棟のみで他は掘立柱建物である。傾向として、中央部(現難波宮公園)には官衙的建物があり〔黒田慶一1988〕、その北西(大阪歴博・NHK)には倉庫が多い。中央部から北や東では、手工業と関連した建物群がある。また規模や区画施設から『宅』、瓦の点在から寺院の存在が予測される。」(6頁)

 そして、「北西地域の建物変遷(旧大阪市立中央体育館地域)」の時代別の遺構図を示され、次のようにその建物の方位について述べられています。

 「北西地域の建物群は、約150年間、北西-南東または北北西-南南東を向いている。地形に合わせたというより、近くを通る道に合わせたためと考えられる。(中略)津-倉庫群-官衙域という機能の分化・固定と歩調を合わせて、それらを結ぶ道が固定し、その道に方向等を合わせるように屋敷地や土地利用の固定化が惹起されていった。」(7頁)

 このように上町台地北端部付近では六世紀から七世紀前半の150年間は中心線を西偏させた建物群が造営され、七世紀中頃になると正方位の前期難波宮や朱雀大路・条坊が造営されます。難波京や前期難波宮のような正方位の都市計画や宮殿・官衙の造営には権力者の意思(設計思想)の存在を想定できますが、それ以前の150年間は単に2点間を最短距離で結んだ直線道路に合わせて建物造営方位が設定されたことになり、それは「思想性」の発現というよりも、都市の発生に伴う「利便性」の結果と言わざるを得ません。従って、そうした「利便性」により、たまたま成立した同一方位を持つ建物群の場合は、その方位に基づく編年は適切ではないことになります。
 以上のように考えると、ある権力者(王朝)の方位に対する思想性の変遷をその遺構の編年に用いる場合は、少なくとも次の条件が必要と思われます。

①権力者の意思が設計思想に反映していると考えられる王宮や中央官衙、あるいは都の条坊などの方位を対象とすること。
②それら対象遺構の造営年代が別の方法により安定して確定していること。
③それら遺構の方位が自然地形の影響(制約)を受けていないこと。
④より古い時代の「利便性」重視により造営された道路等の影響を受けていないこと。
⑤地方官衙・地方寺院などの場合、中央政府の設計思想の影響を受けており、その地方独自の影響等を受けていないこと。

 およそ以上のような学問的配慮が必要と思われます。これらの条件を満たした遺構の方位の振れに基づき、新たな編年手法が確立できれば素晴らしいと思います。
===========

2つの王朝の「方位」の変遷

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/11/post-26d9.html

和泉官衙遺跡の遺構変遷図に,2つの王朝の「栄枯盛衰」を見た!

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/10/post-e73e.html

« 百田尚樹著『日本国紀』に「古田武彦・九州王朝」 | トップページ | 東山官衙遺跡周辺地区の報告書と図 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 この古賀さんが紹介した論文・「上町台地の都市化と博多湾岸の比較 ミヤケとの関連」(大阪文化財研究所『研究紀要』第19号、2018年3月)を古賀さんの要約を通じて読んだとき、すごい違和感を覚えました。
 たしかに難波宮の下層で宮の北西部の倉庫群遺構は6世紀から7世紀前半は西偏で建てられています。それが7世紀中頃以後には正方位になっている。
 でもなぜ倉庫群しか取り上げないのか。
 難波宮下層のしかも内裏の下からは、6世紀末から7世紀前半の東偏の大規模な官衙遺構が発見されているのだ。それも東偏の道路遺構も伴って。
 したがって正方位の前期難波宮は、この東偏の官衙遺構を壊してその上に建てられているわけだ。
 なぜ難波宮の北西部の倉庫群の方位の時代的変化だけ取り上げて、難波宮そのものの下にある東偏の大規模な官衙遺構の問題をとりあげないのか。しかもこの論文は都市計画について考察しているのに。
 そして古賀さんが引用しているが論文中にこの官衙遺構の事やさらにその東に展開する工房群や豪族居館・寺院のことも把握している。
 すなわち「傾向として、中央部(現難波宮公園)には官衙的建物があり〔黒田慶一1988〕、その北西(大阪歴博・NHK)には倉庫が多い。中央部から北や東では、手工業と関連した建物群がある。また規模や区画施設から『宅』、瓦の点在から寺院の存在が予測される。」(6頁)の部分だ。
 ここが官衙遺構だけでなく、居館も寺院も東偏だ。

 前期難波宮の下にあった官衙遺構を取り上げないで宮の北西部の倉庫群だけとりあげる。この歪な論文。この歪さに古賀さんは全く気が付かず、その論を丸呑みして自分の考察の基礎にしている。
 都市計画の方位を問題にするのならば、前期難波宮内裏の下にある大規模な官衙遺構も取り上げるべきである。
 この官衙遺構の図面は奈良文化財研究所のデータベースの
 http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102239-97348/up.jpg
 ここに出てくる東偏の建物の方位は、北から(これは建物データから)
SB1685 方位 25゜E
SB1883 方位 21゜E
SB3544             方位 20゜E
SB4280            不明
SB4281 6世紀末葉~7世紀前半 方位 23゜E
 ほぼ方位は同じで一つの遺構と考えられるので、時代はSB4281の6世紀末葉から7世紀前半と考えられます。
 ちなみにこの論文で触れられた「宅」とは物部守屋の宅と考えられた遺構で、寺院はその宅のあとに作られた荒陵寺、最初の四天王寺と考えられている寺の事だろうと思う。

追伸
 一つ言い忘れました。古賀さんの論の欠落点。
 古賀さんはこの北西部の西偏の倉庫群が同じく西偏の道路に沿って作られたとの論文の考察に依拠して、都市設計思想について次のように論断しています。
 「それ以前の150年間は単に2点間を最短距離で結んだ直線道路に合わせて建物造営方位が設定されたことになり、それは「思想性」の発現というよりも、都市の発生に伴う「利便性」の結果と言わざるを得ません。」
 この北西部の倉庫群の遺構図を見てみると、そこには道路遺構はまったく出ていません。道路遺構がないのに「道路に合わせたと考えられる」と論断した論文の異様さ。ここを遺構で確かめないままでの古賀さんの論断。
 さらに本当に道路は単に2点間の最短距離を結んでつくられるものなのでしょうか。道路そのものにも設計思想はあり、その道路を作った政権の政治思想も反映されると思うのです。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

必ず川瀬さんがコメントして下さると思って,
今回の「洛中洛外日記」を掲載しました。
ぜひ古賀さんの反論を期待したいです。

なお,私は,建物や都市の「方位」という,ダブルチェックをすることで,
これまでの多元的古代研究をより精度のあるものにできると思っています。
ぜひ難波宮付近だけにとどまらず,日本列島全体の遺跡を精査していきましょう。

追伸
 北西部の倉庫群に道路遺構がないという根拠を示すのを忘れていました。
 http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102239-18089/up-all.jpg
 これがこの遺構群の詳細な全体図です。道路があれば硬質面が出土するはず。

 ただこの倉庫群を私たちも西偏としましたが、東偏とした方が良いかもしれません。
 それはこの東方に東偏25度ほどの南北の大きな道路があり、それにそって東偏の大規模な官衙遺構があるからです。この南北道路に直交する道路をその西側につくり、その道路にそって倉庫群を建てたのだとしたら、これは当然東偏の建物群です。
 http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102239-18089/up1.jpg
 この年代別の遺構図でみると、南北棟の大きな建物がいくつもあるが、その長辺の向きが北東側と南西側にほとんど向いているので、東偏としてもおかしくないと思います。

 既存の報告書の方位は、建物の短辺の中心を結んだ線を軸線としているので、この場合ではみんな西偏になってしまいます。どうも建物群全体の配置を考えて方位を定めているようには見えませんね。この点注意が必要です。
 人の論文を自分の論の基礎として使うには、本当にその論文の認識で良いかどうかを資料にあたって(この場合は報告書とその図面)精査してからしか使えません。この手続きを古賀さんはいつも怠っているように思えます。

追伸2

 私の勘違いに気が付きました。
 難波宮のあるこの場所は、河内国ではなくて摂津国ですね。平安時代になってからも、今の四天王寺の西にある津(渡辺の津)は摂津渡辺でした。
 したがって大阪府の古代遺跡分布とその方位を見るときは、大阪市付近は摂津としてカウントしないといけません。
 河内とは古代河内湖の湖岸の地域を指し、河内湖の入り口である上町台地とその北の河口部を挟んだ平地は摂津と呼ばれたわけです。さらにこの摂津の南側がのちに河内から独立して「和泉」となったわけですね。
 そして四天王寺ですが、書紀に最初「摂津に四天王寺をつくる」と書いてあったことと、推古紀「で荒陵に四天王寺をつくる」と書いてあったことは、場所は異なってもどちらも摂津国の事でした。
 以上訂正です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 追伸
 北西部の倉庫群に道路遺構がないという根拠を示すのを忘れていました。
 http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102239-18089/up-all.jpg
 これがこの遺構群の詳細な全体図です。道路があれば硬質面が出土するはず。

 ただこの倉庫群を私たちも西偏としましたが、東偏とした方が良いかもしれません。
 それはこの東方に東偏25度ほどの南北の大きな道路があり、それにそって東偏の大規模な官衙遺構があるからです。この南北道路に直交する道路をその西側につくり、その道路にそって倉庫群を建てたのだとしたら、これは当然東偏の建物群です。
 http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102239-18089/up1.jpg
 この年代別の遺構図でみると、南北棟の大きな建物がいくつもあるが、その長辺の向きが北東側と南西側にほとんど向いているので、東偏としてもおかしくないと思います。

この内容は図面がないとわかりませんので,別項にアップしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 百田尚樹著『日本国紀』に「古田武彦・九州王朝」 | トップページ | 東山官衙遺跡周辺地区の報告書と図 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ