« 第Ⅳ期は西偏,第Ⅵ期は正方位? | トップページ | 「ドトールは落ち着く」に私も1票 »

2018年11月26日 (月)

東偏1~2度は「ほぼ正方位」でいいのでは?

鴻臚館の発掘報告書には正確な方位が書いてあると思うが,
とりあえず手元にある分度器で測ってみた。

Dscn4306

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第Ⅰ期[北館]・・・西偏5度,

第Ⅰ期[南館]・・・東偏5度

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第Ⅱ期[北館]・・・東偏1度

第Ⅱ期[南館]・・・東偏2度

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第Ⅲ期[北館]・・・誤差が大きくなると思い,計測せず

第Ⅲ期[南館]・・・東偏2度

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私もやや東偏していることは認めるが,
東偏1~2度というのは,「ほぼ正方位と言ってもいいのではないかなあ」とも思う。
図面の上だから1度の違いが大きく感じるが,
実際に現地に立つと,5度でようやく違いが分かる感じだと思いますので。

« 第Ⅳ期は西偏,第Ⅵ期は正方位? | トップページ | 「ドトールは落ち着く」に私も1票 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第Ⅳ期は西偏,第Ⅵ期は正方位? | トップページ | 「ドトールは落ち着く」に私も1票 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ