« ケアマネさん・施設担当さんとの面談 | トップページ | 今泉四段のブログ »

2018年11月27日 (火)

鴻臚館跡の出土物のC14測定

ありがたいことに,内倉武久著『太宰府は日本の首都だった』には,
鴻臚館のC14の測定値が出ていた。(『考古学と実年代』より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【トイレ注木】 ①430±90年 ➁510±120 

【トイレ周辺】 ③560±100年 ④650年+±100年 (九州環境管理委員会)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の試案は,次のようだった。

第Ⅰ期(東偏)・・・・・・・・・・・・九州王朝の主導の時代・・・6世紀後半

第Ⅱ期(正方位)・・・・・・・・・・九州王朝の主導の時代・・・7世紀前半

第Ⅲ期(正方位)・・・・・・・・・・九州王朝の主導の時代・・・7世紀半ば

第Ⅳ期以降(正方位)・・・・・・・・大和王朝の時代・・・・・・・  ?

トイレ関係の出土物のC14の測定値は,九州王朝の時代のものとなりそうですね。
もちろん編年を100年ずらす必要がありますが・・・。
                    


« ケアマネさん・施設担当さんとの面談 | トップページ | 今泉四段のブログ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

100年も幅があるのでは使い物にならないデータだが、そこを勘案してみても④の試料だけがかろうじてぎりぎり近畿天皇家の時代にはいるかなというもの。あとは確実に九州王朝時代だ。
 ここからみても現在確認されている鴻臚館Ⅰ期からⅢ期の建物群は、九州王朝時代と判断して良いと思う。建物の方位と炭化物の放射性炭素からの年代測定。二つ証拠がそろった。

 なお肥沼さんは「大和王朝」というが、これだと「大和」国を首都とする王朝と見られ、従来説の「大和朝廷」と混同する。
 九州王朝にとってかわった時代の近畿天皇家の都は、大和国(飛鳥京・藤原京・平城京)と河内国(前期難波宮・奈良時代にはjここに後期難波宮がつくられる)にあり、その固有の版図は後の近畿地方であり、さらにその外縁に広がっていた。
 王朝名を命名したいのなら「近畿王朝」が良いと思うよ。
 九州王朝もまたその固有の版図・九州王朝の畿内をその名に冠しているのだから。
 

川瀬さん
コメントありがとうございます。

〉 100年も幅があるのでは使い物にならないデータだが、そこを勘案してみても④の試料だけがかろうじてぎりぎり近畿天皇家の時代にはいるかなというもの。あとは確実に九州王朝時代だ。
 ここからみても現在確認されている鴻臚館Ⅰ期からⅢ期の建物群は、九州王朝時代と判断して良いと思う。建物の方位と炭化物の放射性炭素からの年代測定。二つ証拠がそろった。

また,私たちの「武器」が増えたようで,うれしいです。

〉  なお肥沼さんは「大和王朝」というが、これだと「大和」国を首都とする王朝と見られ、従来説の「大和朝廷」と混同する。
 九州王朝にとってかわった時代の近畿天皇家の都は、大和国(飛鳥京・藤原京・平城京)と河内国(前期難波宮・奈良時代にはjここに後期難波宮がつくられる)にあり、その固有の版図は後の近畿地方であり、さらにその外縁に広がっていた。
 王朝名を命名したいのなら「近畿王朝」が良いと思うよ。

古田さんが「九州王朝」と「近畿天皇家」というように「王朝」と「家」を並立して書くのは
なんとなく違和感があったのです。
「近畿王朝」という言い方で良いのなら,これからはそうすることにします。

>古田さんが「九州王朝」と「近畿天皇家」というように「王朝」と「家」を並立して書くのは
なんとなく違和感があったのです。

 古田さんの用語は、列島宗主権を持っている九州王朝と、その傘下の有力分家である近畿天皇家という使い方だと思います。
 だから近畿天皇家が列島宗主権を握った後の時代なら近畿王朝。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケアマネさん・施設担当さんとの面談 | トップページ | 今泉四段のブログ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ