« 息子の手料理 10/16 | トップページ | 息子の手料理 10/17 »

2018年10月17日 (水)

古代の難波京にあった寺

「古代の難波京にあった寺」ということで,
奈良文化財研究所のデータベースに
いくつかの寺院が出てくる。

Map

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 細工谷遺跡(百済尼寺)~細工谷=井戸.木簡.土師器.仏具.金属品生産.瓦.施釉陶器.腰帯具.銭貨などが出土。
 (百済尼寺)木簡.硯.土師器.仏具.墨書土器.瓦.施釉陶器などが出土。飛鳥~平安。難波宮から,1.8キロ

Photo_9

(2) 堂ケ芝廃寺(百済寺)~礎石建物。難波宮から2キロ。各種出土物あり

Photo_8

(3) 摂津国分寺跡~白鳳の瓦を出土。難波宮から約3キロ。

Photo_5

(4) 四天王寺(旧境内遺跡)~かつては西門があった。難波宮から,1.8キロ。

Photo_4

(5) 田辺廃寺~白鳳瓦の出土あり

Photo_6

(6) 阿倍廃寺~白鳳瓦の出土あり

Photo_7

« 息子の手料理 10/16 | トップページ | 息子の手料理 10/17 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

四天王寺は創建時の伽藍配置復元図をみると、西偏4度の寺院だ。
 図4伽藍復元図。
 http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m103509-9713/up.jpg
 寺院の中軸線が磁北から東に3度ずれているとあるので、西偏4度。厩戸皇子創建であれば推古朝なので西偏で当然かも。

阿倍廃寺は土壇と塔心礎の位置関係から見て正方位。北側の溝の復元はおかしい。たぶんこの区画溝は二本平行して走っていて正方位だと思います。7世紀後半の寺院とあるから正方位で良い。

あとの寺院は推定寺域が正しければみな正方位。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 寺院の中軸線が磁北から東に3度ずれているとあるので、西偏4度。
厩戸皇子創建であれば推古朝なので西偏で当然かも。

5度未満の方位の差は,本当に見分けにくいですね。
だから.5度(違いが分かる限度)という東偏が多いのかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の手料理 10/16 | トップページ | 息子の手料理 10/17 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ