« 合唱コンクール 2018 | トップページ | 九頭神廃寺史跡公園(大阪府枚方市) »

2018年10月20日 (土)

大阪府の遺跡 10/20

(1) 秦廃寺・・・たとえ解けなくても,このように変遷図を載せてくれるといいですね。
 先日の「泉官衙遺跡」のようなこともあるわけなので・・・。

Photo_2

(2) 九頭神廃寺・・・この倉庫の多さが気になります。勢力を持った寺院なのか。この地の有力者の氏寺なのか。

Photo_3

Photo_5

(3) 百済寺跡・・・「あれっ,こんなところに百済寺が?」と思ったもので・・・。それとも複数あったのかな?

Photo_4

« 合唱コンクール 2018 | トップページ | 九頭神廃寺史跡公園(大阪府枚方市) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

百済寺。
寺の隣に「百済王神社」があることで明白だが、「百済王氏」の氏寺だ。この百済王氏がこの地に住む前に難波に住んでいてつくったのが、難波百済寺・百済尼寺。
 百済からの亡命貴族が多数いたので、各地に百済寺があります。
 この百済寺は西偏。5度くらいかな?

九頭神廃寺
寺院遺構なのか豪族居宅なのかまだ確定していない遺構ですね。上の公園の案内板では、西側で塔が見つかっているようだが。
秦廃寺も寺院遺構は見つかっていない。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  百済からの亡命貴族が多数いたので、各地に百済寺があります。

そうなんですか。朝鮮半島からの亡命貴族の姿が思い浮かぶようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 合唱コンクール 2018 | トップページ | 九頭神廃寺史跡公園(大阪府枚方市) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ