« 詩の授業 草野心平「春のうた」 | トップページ | 地域はタイムマシン~城跡の堀で遊んだ私たち »

2018年10月 2日 (火)

北秋津城は,どこだ!

近所の地名「北秋津」で検索したら,
「北秋津城」というのがあるということがわかった。

初耳ー!
いったい北秋津城は,どこだ!

北秋津城

https://ja.wikipedia.org/wiki/北秋津城

もしかして,Oさんが昨日言っていた大堀山館跡というのは,
幼い頃よく遊んだ「やっちゃん」「みっちゃん」の家のことかな?
日月神社のすぐ近くだし,西と北は山だし・・・。
「うちで」という屋号で呼ばれていた気がする。
すごーーーい大地主だしね。

« 詩の授業 草野心平「春のうた」 | トップページ | 地域はタイムマシン~城跡の堀で遊んだ私たち »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 まさに肥沼さんの家のすぐそばですね。わずか北西に80mの地点。
 航空写真でみてもすぐわかりますね。ここだけこんもりと森になっている。きっと西側を通っている県道のあたりに、台地から区画する堀切が通っており、そこに県道を通したのかもね。
 この森の北側所沢ガーデンハウスのすぐ南側に薬研堀と二重になった土塁の一部が残っているようです。
 所沢丘陵の南の端。すぐ南を大きな川が西から東にながれている。
 その南側に今は「志木街道」があるが、きっと昔はこの北秋津城がある台地の上を通っていたのだと思いますね。
 そして少し西を北から南に通っている街道はたぶん鎌倉街道だ。
 ここは交通の要地だ。だから城があるのでしょうね。
 肥沼さんの家は台地の下の昔なら河原。

 我が家のすぐそばにも、鎌倉から戦国の城がある。
 我が家は昔の多摩川の河原。南側に広がる多摩丘陵。その丘陵の端に点々と城がつくられていた。
 小田急線向ヶ丘遊園駅のすぐ南西には枡形山城。ずっと南の南武線久地駅の西南で津田山駅の西の丘が作延城。この二つの城の間の我が家のすぐ南側の丘の上にある紫陽花寺妙楽寺。ここが昔の砦のあと。
 この三つの城の北側の低地に今は府中街道が通っている。昔は八王子街道とよばれており、江戸時代の前までは、南側の多摩丘陵の上を通っていた(その道は今もある)。三つの城跡はその八王子街道沿いに広がっている。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

昔はここだけでなく雑木林がそこら中にあり,
これほどはっきり森があるようには見えなかったと思いますが,
現在はここだけ中世が取り残されてしまっている感がありますね。
私のうちにも高さ数十mのケヤキが何本もあり,
それが我が家周辺の地理でした。

〉 肥沼さんの家は台地の下の昔なら河原。

その通り。子供の頃は水がよく出て,南側は湿地になりました。
その分フキやミョウガがよく生えて,匂いの野菜が嫌いな子供にとっては苦痛の食事でした。
新々アパートを建てる前に「河川敷」みたいな形で土地を市から買いました。
このままでは,「道路に出られません」というのです。
「そんなこと言っても,水が流れて渡れなかったことなんて一度もありませんよ」と言いましたが,
「そういう決まりになっています」という結論で,自分の土地を自分で買うということになりました。
(建設会社の人の話では,出口がないとまずい。これで不動産価値が上がったそうです)

長くなるので,子供の頃の話は,別項にて。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 詩の授業 草野心平「春のうた」 | トップページ | 地域はタイムマシン~城跡の堀で遊んだ私たち »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ