« 亀井城の謎(川瀬さん) | トップページ | 新々アパートの建設 10/3 »

2018年10月 4日 (木)

市民講座「住むまちを知る」(第1回)

郷土研究会の会長であるOさんとは,
1年前に居酒屋「福ちゃん」で知り合ってから親しくさせていただいている。
私の母がOさんのお嬢さんたちを保育園で預かっていたというおまけつきで,
親子2代に渡るお付き合いである。

そのOさんは地域の地理・歴史に詳しいところから,
今回の市民講座の講師として招かれた。
(全4回のうち,1・2・4回目である)
私も参加させていただく予定。

第1回は,「萩山町について」で,地域の九道の辻,鎌倉街道,野火止用水,小平霊園について,
40ページあまりもある資料冊子の前半をもとに語られた。
途中で,「東山道武蔵路は,九州王朝が作った軍用道路であり,その中心は太宰府であった
という説も出ています」という素晴らしい新知見も披露された。ありがとうございます。(o^-^o)

第2回は,今回の続きで多摩湖鉄道,大開発構想,学童疎開,オオカミ窪について。
第4回はフィールドワークと魅力満載だが,抽選で選ばれた30名だけなので,あしからず。
今回もOさんの人気に多数の応募があり,何名もお断りするという事態になったとのこと。
無理すれば入れたと思うのだが,なかなか公民館はお堅いなあ。

会場の壁には,私が新任だった1982年頃のOさんの手書きの学級通信も貼られ,
川瀬さんの歴史研究部の活動と似ているものを感じた。
私の干支のひと回り上の72歳のOさん,まだまだお元気である。

« 亀井城の謎(川瀬さん) | トップページ | 新々アパートの建設 10/3 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 亀井城の謎(川瀬さん) | トップページ | 新々アパートの建設 10/3 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ