« 四天王寺とその周辺の古代瓦出土遺跡 | トップページ | 仮説実験授業から学んだことは?(岩瀬さん) »

2018年10月18日 (木)

府中研究会 10/17

昨日も,府中のふるさと歴史館で川瀬さんと研究会をした。
基本的には,発掘調査報告のコピーと内容の検討である。
創建武蔵国分(府)寺の方は本体(おそらく四天王寺式伽藍)と官衙施設との関係を,
武蔵国府方は,「東偏」→「正方位」→「西偏」の画期と範囲を詰めたい。

(1) 府中宮西駐車場地区(第609次)・・・正方位への西偏の「切り込み」探し・・・15枚

(2) 京王府中マンション地区(第61次)・・・大きな井戸を中心に製鉄工房。郡衙か・・・23枚

(3) 府中駅南口第二地区第一種市街地再開発事業建設に伴う事前調査(第313次)・・・四面庇建物など
 ・・・18枚

昨日もたくさんのコピーを取ることができた。
この他に,例の『ⅩⅧ』の120枚も含めると,
今日の川瀬さんは「お土産」は,なんと176枚!

府中本町駅構内の喫茶店で,さらに1時間ほど情報交換して別れる。
次回は,10月31日(水)。

※ 難波京内裏地下に「東偏20度」の官衙施設らしきものを発見されたという。
これは別項で紹介する。

Dscn3918


« 四天王寺とその周辺の古代瓦出土遺跡 | トップページ | 仮説実験授業から学んだことは?(岩瀬さん) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 四天王寺とその周辺の古代瓦出土遺跡 | トップページ | 仮説実験授業から学んだことは?(岩瀬さん) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ