« ノーベル医学生理学賞に,本庶佑(ほんじょたすく)さん | トップページ | 草野心平 詩一覧 »

2018年10月 2日 (火)

北秋津の発掘現場 10/1

今年の7~8月は,「上安松の発掘現場」ということで,
何回もその様子を報告していたが,
その調査団はさらに西に移動し,
うちから自転車で5分ほどの北秋津を発掘していた。

学芸員の何人もが前からの顔見知りで,
私のことも覚えていて下さり,
特にSさん(美原中の卒業生)とは親しくさせていただき,
遺跡の説明もして下さる。

今回は,縄文時代の集石遺構が主なようで,
残念ながら住居址は見つかっていないが,
9か所の遺構のうち4か所から炭化した木が出ているという。
これは石を火で熱して,熱い石を利用して
蒸し焼き料理を作っていたのかもしれない。

その作業場が,河岸段丘の下にあるので,
住居址は河岸段丘の上にあるのかもしれない。
昨日最初に出かけたのはその辺りで,
重機を使って試掘の溝を掘っていた。

道路や住宅あるいは商業施設の開発が見込まれ,
幼い頃駆け回った野山が,姿を変えようとしているのかもしれない。

【河岸段丘より上の場所】

Dscn3705

Dscn3706

Dscn3707

【河岸段丘より下の場所】

Dscn3708

Dscn3710

Dscn3709

Dscn3711

以前発掘に関わっていたKさん(三ケ島中の保護者)の息子さんが,
やはり親の血を引いたのか,他の埋文センターで発掘をされているらしい。
「その方は,私が担任した生徒です」と言ったら,皆さん驚いていた。
(だって,Sさん,Yさん,Hさん次いで,4人目になるからね)

有名人でいうと,勅使河原先生も知り合いですが・・・
発掘をやっている人なら誰でも知っている文時代の研究者。所沢市在住。
以前,三ケ島中で選択社会の時間に来ていただき,
その時の生徒が,例の作曲家・阿部海太郎君だったというおまけ付きである♪)

« ノーベル医学生理学賞に,本庶佑(ほんじょたすく)さん | トップページ | 草野心平 詩一覧 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノーベル医学生理学賞に,本庶佑(ほんじょたすく)さん | トップページ | 草野心平 詩一覧 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ