« 2018年9月 | トップページ

2018年10月22日 (月)

北秋津の発掘現場 10/22

郷土研の印刷日を途中でドロンして(笑),
北秋津の発掘現場へと向かった。
本日は,ドローンによる写真撮影があるのだ。

Dscn3951

Dscn3957

Dscn3959

Dscn3958

Dscn3956

Dscn3960

~本日の感想~

(1) 発掘しているSさんや担当者のAさんとお話しできたこともうれしかったが,
新たにご一緒したKさんは大学に入って歴史の勉強をしてきたというすごい方(70歳には見えない!)で,
古田武彦氏の本も読んでいらっしゃるというオマケ付き。今後が楽しみである。
昨日持っていた何枚かの資料をさっそくお渡しして,「夢ブログ」を見て下さるようお願いした。
カメラを持ってこなかったのを残念がっておられたが,掲載のものでよろしければコピーして下さい。

(2) ドローンの操作をする方といろいろお話できたことも良かった。
本日のは小型のやつで,値段は13万円ほどとのこと。
前回の上安松の時のやつはもっと大型だったので,数十万円するのだろう。

(3) 本日は臨時の方も多数いて,にぎやかだった。発掘と研究は切っても切れない関係だと思う。
私たちは皆さんの発掘のおかげで,研究できる。ぜひ研究成果でお礼したいと思う。


印刷日 10/22

本日は,月曜日にも関わらず,郷土研の印刷日だった。
私が到着した午前11時にはもうだいたいの方が来ていて,
印刷・紙折り・綴じ込みをやっていた。
本日は,「10月号」と「文化祭資料」を作った。

私は午後2時過ぎまで頑張ったが,
ドローンによる遺跡の撮影が2時半だと聞いていたので,
2時過ぎにふれあいセンターを後にした。bicycle

「東偏」は,殷・周に遡る(のかも)

秦の都の方位を調べたら,ほぼ正方位のようだ。
前漢の都の方位も同様だ。
もう,こうなったらさらに古い時代に進むしかない!

と思って,前に自分で殷や周のことを書いたことがあるのを思い出した。


「「歴史の発達段階」とともに変わる都づくり(おもいつき)」

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/09/post-51a6.html

この殷の図の中で,庶民の住むスペースは東偏である。
周の場合,ちょっとはっきりしないが,「なんとなく東偏」のようだ。
(宮殿の付近だけ「正方位」か)
そこに「使人自ら大夫と称す」の人々が行ったとしたら,
彼らが目にしたのは「東偏の街並み」であったのではないだろうか。

三国志・魏志倭人伝には,「古より以来,其の使中国に詣るや,皆自ら大夫と称す」とあり,
後漢書・倭伝には,「建武中元二年,倭奴国,奉貢蝶がす。使人自ら大夫と称す」とある。
これは,夏・殷・周の古制とされている「卿・大夫・士」にならったものだそうだ。
(古田武彦著『失われた九州王朝』(ミネルヴァ書房)P33)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディア「後漢」

思想[編集]

前漢中期から儒教の勢力が強くなり、国教の地位を確保していたが、
光武帝は王莽のような簒奪者を再び出さないために更に儒教の力を強めようとした。
郷挙里選の科目の中でも孝廉(こうれん、親孝行で廉直な人物のこと)を特に重視した。
また前漢に倣って洛陽に太学(現在で言えば大学)を設立し、五経博士を置いて学生達に儒教を教授させた。
孔子の故郷である曲阜で孔子を盛大に祀って、孔子の祭祀は国家事業とした。
また民間にも儒教を浸透させるために親孝行を為した民衆を称揚したりした。
また法制上でも子が親を告発した場合は告発は受け入れられなかったり、
親を殺された場合は敵討ちで相手を殺しても無罪になったりしていた。
これらの政策の結果、官僚・民間ほぼ全てにわたって儒教の優位性が確立されることになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大雑把な「都の方位」の年表

殷・・・東偏
周・・・東偏

秦・・・正方位?
前漢・・・正方位?
新・・・?
後漢・・・東偏

三国時代・・・魏は?

南北朝(南朝は東偏)

隋・・・正方位
唐・・・正方位

以降,正方位

東村山郷土研究会の出版物(一部)

東村山郷土研究会の出版物(一部)を紹介しよう。

Dscn3950

一番の成果と思われるのが,中央のB5判の水色の冊子で,
『東村山の地名とそのいわれ』である。
付録として,先日紹介した二枚の地図も付いている。
「旧東村山村の大字・小字」と「東村山の小さな地名」である。
この付録だけでも,大変役立つ。(各々1枚300円。残部あり)

そのほかの3冊は,10年ごとに作られる冊子で,
もう4冊ということは,40年以上の歴史を誇るということだ。
そして,あと数年後に「5」が発行されるという。

その時,もし私が郷土研に所属していれば,
「古代日本ハイウェーは,東村山も通っていた!」とか,
「東村山に残る「東偏」の名残り」などが収録されるかもしれない。
50周年記念号であるから,そのぐらいの懐の深さがあってもよかろう。
乞う御期待!(o^-^o)

2018年10月21日 (日)

新々アパートの建設 10/21

昨日は,作業はお休みだったのだが,
「ちょっとだけやらして下さい」という大工さんが1人だけ来た。
やはり「納得のいく仕事をしたい」という職人気質なのだろうか。

空は雲一つなく晴れ渡り,新々アパートと青空で1枚撮った。
右隅に写っているのが,昨年からスタートしている新アパート。

Dscn3949


息子の手料理 10/21

今日も,おでんを作った。

簡単にできて,美味しくて,鍋1つでOK。
とても魅力的な料理である。
今回の工夫は,その下ごしらえ。

(1) 大根を電子レンジにかけて,柔らかくなるまで茹できった。
(2) それと並行して,ゆで卵を4つ作った。
(3) (1)(2)に加えて,こんにゃくに熱を通した。

これだけやっておくと,あとは鍋に入れていくだけだ。
おでんの具自体は塩味が付いているので,
それ以外の材料ができてからでいい。

今帰ってきてから鍋をのぞいたら,
さっそく昼飯で母は食べたようだ。

Dscn3946


吉武高木遺跡の魅力を紹介した「やよいの風公園」サイト

吉武高木遺跡の発掘が進み,いろいろなことがわかってきました。
その内容と魅力を紹介した「弥生の風公園」のサイトを紹介します。

考古学に興味のある人もない人も,一度訪問してみてはいかがでしょうか?
私はとても楽しめました。

やよいの風公園

http://bunkazai.city.fukuoka.lg.jp/yoshitaketakagi/know/chapter04-01.html

吉武高木遺跡の王墓や建物は「東偏」ではないか

川瀬さんのコメントに刺激を受けて,
吉武高木遺跡を調べてみた。
すると,興味深い内容が…。

なんと,王墓や建物の向きが北東を向いているというのだ。
つまりこれは「東偏」ということではないか。

特別な埋葬のルール

http://bunkazai.city.fukuoka.lg.jp/yoshitaketakagi/know/chapter01-04.html

倭の五王をさらに超え,卑弥呼も超えて,
最古の三種の神器の王たちまで遡るのかも。
そういえば,吉武高木遺跡には神殿があったという話も聞いたことがある。
さらに調べてみよう。



吉武遺跡群の掘立柱建物の方位など
(報告書のP76)

https://sitereports.nabunken.go.jp/ja/20533

Dscn3941

(こういう図がP76に載っていました)

なんとなく,樋渡遺跡の「古墳(墳丘墓)」も「東偏」に思えてきた。
「夏至の方位」という考えもあるようです。(あるブログより)

※ 後漢・・・23~220年

退職の翌年は大変

「退職の翌年は大変だよ。住民税と国民健康保険税があるから」
とは聞いていたが,さすがに厳しいものだ。

現在の収入の有無にかかわらず,
「前年度」に対してかかるから辛い。
(市役所の人に聞いたら,来年度は10分の1になるという。
ということは,今10倍納めている訳だ)

一方,今建設中の「新々アパート」にも新たな課税査察が入ってきた。
税務署の人は,「ここからいくら取れるか」を,建設中から考えているらしい。
先日若い人とベテランの人がチームを組んで,
アパートの前で地図を見ながら話しているのを見た。
せめて,アパートが完成してからしてほしいなあ。(。>0<。)

大阪府の寺院 10/21

(1) 新堂廃寺・・・変遷図を載せてもらえると,とても助かります。四天王寺式の「東偏」かな?

Photo

(2) 龍泉寺・・・方位がすごいところに書いてある。正方位と西偏かな。

Photo_2

(3) 高宮廃寺・・・ちょっと微妙な方位ですが,薬師寺式の東偏か。。

Photo_3


手品は続くよ,どこまでも~酒処「まこ」 10/20

昨日も,手品の続きを見ていただいた。

(1) ザ・タバコ・・・一本のタバコが,なんと3個に分解された!だが,その後もとの一本に戻った。
smoking

これは,プラスチックの器具を使ってやるのだが,たばこが本当に切断されたように見える。
「切ったはずのタバコが,またもと通り」というのも気持ちがいい。

(2) 『しあわせの書』・・・あなたが指を入れたページの,最初の単語をズバリ当てましょう。book

まさか,この本自体が手品の仕掛けとは誰も思わないので,「この本でもやってみて」なんて,
とんでもない提案をしてはいけません。これは魔法ではなくて.手品ですからね。

(3) エナジー・スティック・・・教室だと,生徒たち全員が手をつないでやります。thunder

昨日はカウンターの3人だけで手をつなぎましたが,店のお客さん全員を巻き込んでやることもできる。
いやいや,現役時代には教室の生徒たち全員が手をつなぐこともやれました。ピリッと来ないのがいいです。

これで,合計10個の手品を披露した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は,手作りクッキーもありました。

Dscn3939


2018年10月20日 (土)

立ち食い蕎麦屋「木曽路」

新秋津駅の秋津駅寄りに「木曽路」という立ち食い蕎麦屋がある。
ちょうど電車の時間調整などがあった時,私は利用させてもらっている。
その店を家族で経営しているのがТさんだった。

行きつけの店で呑んでいる時,
年齢も近く家族の介護の話題なども出て,
おしゃべりできた。

ある日のこと.「あれっ,今日はТさん,飲みに来ないのかなあ」と
残念な気持ちで店を出たら,
駅前を通った時,働いているのが見えた。(当番日だったんだね)

私はカレーうどんとコロッケ蕎麦が好きなのだが,
その日はカレーうどんを注文して食べた。

これまで数多く立ち寄ってきたが,その名が「木曽路」であることと.
Тさんの家族が経営しているということで,これからもさらにごひいきにしたい。

もし,新秋津駅で時間に余裕があったら,ぜひ寄ってみて下さい。
きっと笑顔のサービスをしてくれると思いますよ。(o^-^o)

Dscn3940


倭の五王と「東偏」の時期・「正方位」の時期

「東偏」の時期・「正方位」の時期に話題にしてみたい。

倭の五王

https://ja.wikipedia.org/wiki/倭の五王#年表

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

倭の五王、外交年表

西暦    中国王朝    中国元号    倭王   用件

413年   東晋      義熙9      讃 ?  高句麗・倭国及び西南夷の銅頭大師が安帝に貢物を献ずる。                                 (『晋書』安帝紀、『太平御覧』)
421年   宋        永初2      讃   宋に朝献し、武帝から除授の詔をうける。おそらく「安東将軍
                               倭国王」。(『宋書』夷蛮伝)
425年   宋        元嘉2      讃    司馬の曹達を遣わし、宋の文帝に貢物を献ずる。(『宋書』夷伝)

430年   宋        元嘉7      讃?  1月、宋に使いを遣わし、貢物を献ずる。(『宋書』文帝紀)

438年   宋        元嘉15     珍    これより先(後の意味以下同)、倭王讃没し、弟珍立つ。
                               この年、宋に朝献し、自ら「使持節都督倭・百済・新羅・任那
                               ・秦韓・慕韓六国諸軍事安東大将軍倭国王」と称し、正式の
                               任命を求める。(『宋書』夷蛮伝)
                               4月、宋文帝、珍を「安東将軍倭国王」とする。(『宋書』文帝紀)
                               珍はまた、倭隋ら13人を平西・征虜・冠軍・輔国将軍に
                               されんことを求め、許される。(『宋書』夷蛮伝)

443年   宋       元嘉20      済    宋・文帝に朝献して、「安東将軍倭国王」とされる。
                               (『宋書』夷蛮伝)
451年   宋       元嘉28      済    宋朝・文帝から「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓
                               六国諸軍事」を加号される。安東将軍はもとのまま。(『宋書』倭                                伝)7月、「安東大将軍」に進号する。(『宋書』文帝紀)
                               また、上った23人も宋朝から将軍号・郡太守号を与えられる。
                               (『宋書』夷蛮伝)
460年   宋       大明4      済?   12月、孝武帝へ遣使して貢物を献ずる。

462年   宋       大明6      興     3月、宋・孝武帝、済の世子の興を「安東将軍倭国王」とする。                                 (『宋書』孝武帝紀、倭国伝)
477年   宋       昇明1      興(武)  11月、遣使して貢物を献ずる。(『宋書』順帝紀)

  これより先、興没して弟の武立つ。武は自ら「使持節都督倭・百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓
  七国諸軍事安東大将軍倭国王」と称する。(『宋書』夷蛮伝)

478年   宋       昇明2      武     上表して、自ら「開府儀同三司」[注 5]と称し、叙正を求める。
                               順帝、武を「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸                                軍事安東大将軍倭王」とする。(『宋書』順帝紀)
                              (「武」と明記したもので初めて)
479年   南斉     建元1       武    南斉の高帝、王朝樹立に伴い、倭王の武を「鎮東大将軍」
                               (征東将軍)に進号。(『南斉書』倭国伝)

502年   梁       天監1       武   (4月、梁の武帝、王朝樹立に伴い、倭王武を「征東大将軍」に
                               進号する(「ハリ梁書』武帝紀)[注 6]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中国が南北に分かれるのが,439年。
南朝(宋、斉、梁、陳)が滅び,隋が中国を統一するのが,589年である。すると,

「東偏」政策・・・5世紀前半~6世紀半後半(約125年)・・・宋が栄えていた時期が中心(手本としていた訳だから)
「正方位」政策・・・6世紀前半~7世紀後半(約125年)・・・陳には使いを送っていないので(見限った?)
また,九州年号「継体」は,522年~
さらに,白村江の戦い以前から,大和王朝は「正方位」をスタートさせていたような状況から。

「東偏」の時期・「正方位」の時期の絞り込みの試みです。
アドバイスいただけたら幸いです。

各地の百済寺

百済寺はいくつもあるということで,
それぞれのものへ行けるようにした。

(1) 百済寺(滋賀県)

https://ja.wikipedia.org/wiki/百済寺

(2) 百済寺(大阪府枚方市)

https://ja.wikipedia.org/wiki/百済寺_(枚方市)

(3) 百済寺(奈良県広陵町)

https://ja.wikipedia.org/wiki/百済寺_(奈良県広陵町)

(4) 大安寺

https://ja.wikipedia.org/wiki/大安寺(奈良県奈良市)

いくつもの百済関係の寺院があることで,
朝鮮半島から亡命貴族がたくさん来たことがわかると思う。

新米を炊く 10/20

昨日の反省を生かして,今日は2時間水に浸してから炊飯器のスイッチを入れた。

とりあえず,80点=及第点の出来だった。
何が20点減点かというと,昨日は少し芯が残ったように思ったので,
水を足したら,それは「勇み足」だったということだ。

もう及第点は行けたので,あとは究極の炊き方にチャレンジしたい。
当然水の量は減らす!

Dscn3932


息子の手料理 10/20

今日は母のリクエストで,「きりたんぽ」ということになった。
初めて作るけれど.「名人のスープの素(比内地鶏味)」という強~い味方がある。

スープを水で3倍に薄め,鶏肉,キノコ,長ネギ,きりたんぽを入れて煮た。
30~40分でできたと思う。

母は「まさか昼飯で食べたりしないよね」という念押しに「とんでもない・・・」と言っていたが,
これから階段を下りて私が目撃されるものが,どんなものか?神のみぞ知る。

Dscn3934


にわか墓参り

今日は買い物デー。
スーパーの花のコーナーに安い花が出ていたので買い,
殊勝にも母が墓参りに行こうという。
あんまり「いい人になると早く連れていかれちゃうぞー」と
冗談を言いながら,母の墓参りに付き合った。

かつては「この墓に入る気はない」と言っていたが,
さすがに84歳にもなり,気が変わってはきたのかもしれない。
「おじいちゃん,おばあちゃん,パパ(自分の夫の事)・・・」と
何か唱えていた。

たまたま叔母さんも寄ったらしく(私たちは留守にしていたが),
にわか墓参りは意外に効果があったかもしれない。(o^-^o)

Dscn3933


新々アパートの建設 10/20

外壁は,取れ付けられたようだ。
本物のレンガのように見せかけたものだ。
(3分の2がレンガ模様で,その上がベージュ色)

Dscn3931


中に入ってみた。(良い子のみなさんは,マネをしないように)

Dscn3924

玄関

Dscn3925

寝室

Dscn3927

お風呂

Dscn3926

リビング・ダイニング

来年の1月に完成し,入居開始。
しかし,家賃が入るのは4月からという契約。


九頭神廃寺史跡公園(大阪府枚方市)

古代の歴史に親しむ公園がある。
本日の「九頭神廃寺」にまつわって,載せてみることにした。
皆さんのお住いの地域には,こういう公園がありますか?

九頭神廃寺史跡公園

https://ja.localwiki.org/hirakata/九頭神廃寺史跡公園

大阪府の遺跡 10/20

(1) 秦廃寺・・・たとえ解けなくても,このように変遷図を載せてくれるといいですね。
 先日の「泉官衙遺跡」のようなこともあるわけなので・・・。

Photo_2

(2) 九頭神廃寺・・・この倉庫の多さが気になります。勢力を持った寺院なのか。この地の有力者の氏寺なのか。

Photo_3

Photo_5

(3) 百済寺跡・・・「あれっ,こんなところに百済寺が?」と思ったもので・・・。それとも複数あったのかな?

Photo_4

合唱コンクール 2018

もう担当した学年は卒業してしまったが,
男バレ・女バレなどの生徒たちの歌を聴くために,
「最後の合唱コンクール」に行ってきた。

生徒・先生・保護者の方々に会えたのが第1の収穫。(o^-^o)
「やっぱり合唱はいいなあ」と思えたのが第2の収穫。ヽ(´▽`)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1年生】 金賞・・・はばたこう明日へ
      銀賞・・・今の僕には

【2年生】 金賞・・・輝くために
      銀賞・・・きらめく瞬間

【3年生】 金賞・・・二十億光年の孤独
      銀賞・・・響きあう命

そのほかに,7組の楽器演奏や有志合唱団,
先生方の合唱団があった。

Dscn3923

Dscn3922


図2の方がよくわかる(川瀬さん)

昨日の川瀬さんのコメントされた図を載せます。

川瀬さん「法円坂廃寺が東偏の寺院であることは、図2の方がよくわかる。
難波宮は正方位だからだ。」

図2

Photo

ということは,正方位の難波宮の下には,「東偏」の寺院があったということですね。
それにかぶせるように難波宮が造られた。


2018年10月19日 (金)

新米を炊く 10/19

知り合いの方から新米をいただいて,
新米を炊くのに挑戦してみた。(o^-^o)

(1) 鍋で炊く

「おこげ」にあこがれてやってみたが,
「新米だから水を入れすぎない」というのが裏目に出て,
このままだと「おこげ」の中に白米が泳ぐという危機感から早めに切り上げた。
そのあと電子レンジに何回かかけ,ようやく「人間の食べ物」に。
でも,よく噛んで味わえたので,新米感は味わえた。(自己採点・50点)

(2) 電気炊飯器で炊く

先ほどより少し多めに水を入れ.スイッチオン。
15分ほどしてスイッチが切れる。
まだ固い感じがしたので,5分待ったら先ほどより柔らかくなった(自己採点・65点)

やはり新米とはいえ.最初に水に浸しておく必要がありそうだ。
新米はくさんいただいているので,80点以上の合格点目指して頑張るぞー!riceball

Dscn3920


大阪府の寺院跡など

大阪市のいくつかの寺院跡を載せてみる。
都市化が早く進んだせいか,完形がなかなか得られない。

(1) 法円坂廃寺(荒陵寺?)・・・法隆寺式みたい。手描きだが,東偏しているかな。

 Photo

(2) 黒山廃寺・・・これも法隆寺式みたい。東偏しているように見える。

Photo_2

(3) 岸和田市の条里と古代の遺跡・・・正方位が大部分だが,いくつか東偏も見られる。

Photo_3


いろいろな人

言えばたちどころに響く人。ヽ(´▽`)/

言えば言っただけのことはある人。(o^-^o)

言っても仕方がない人。(・_・)

言っても言ってもだめな人。┐(´д`)┌

言ったためにこちらが不愉快な思いをさせられる人。(# ゚Д゚)

いろいろな人が世の中にはいる。
そして,自分もその時々で,「いろいろな人」になる。

その人がどんな人なのかは,友だちを見ればわかるという。
肥さんがどんな人なのか,「夢ブログ」を見ればわかる・・・かな?

発言しない自由が,自由の第一歩(板倉さん)

川瀬さんがコメントの中で,仮説実験授業の魅力をお聞きになったので,
「これかな?」と思って,本項のようなことを書いた。
もとは,板倉聖宣著『発想法かるた』(仮説社)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

発言しない自由が,自由の第一歩(板倉さん)

●言論の自由の前提●

「言論の自由」の問題では,「発言する権利」ばかりが問題になりがちです。
しかし,他人との関係での自由といえば,
「いいたくないときは,何にもいわない自由」のほうが切実です。
「いいたくないのにいわなければならない」となったら,疲れてしまいます。
裁判だって黙秘権というのがあります。
ときには「いいたいのにいえない」という人もいるので,
いいたいときにはいえるような雰囲気だけを作っておいて,
無理にいわなくてもいい状況を作りだすのが,
気楽な人間関係の第一歩なのです。
仮説実験授業は,いいたくないことを無理にいわせないようにして,
楽しい授業を実現したのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たのしい討論なら私も大いに参加したい。
だけど,討論のための討論のようなものは,拒否したい。
それは,生き方の選択の問題でもあるように思う。

仮説と討論の関係について,藤岡さんのディベートの授業が登場した時,
少し議論になったことがあるが,自然消滅した。
それは,上記の板倉さんの考え方と関係があったのだと思う。

献血 10/18

昨日,少し時間があったので献血に行った。
所沢駅の近くに常設のセンターがあり,
そこに退職後3回目の献血に行った。hospital

400ml採血した。
合計1200mlになると,その年は終わりらしく,
「次回は4月にお願いします」とのこと。

献血は人のためならず。
血液検査もしてくれて,結果も教えてくれる。
献血カードを忘れても,氏名と誕生日で本人確認できる。

2018年10月18日 (木)

頭塔(奈良県)土塔(大阪府)

最初に奈良県の遺跡の調査で「頭塔」が出て来た時,
類似遺跡がなく取り上げられなかった。
今回大阪府の遺跡を調べていて「類似遺跡」が出たので,
2つを並べてご覧いただくことにした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭塔(奈良県)

Photo_9

土塔(大阪府)

Photo_10

「東偏」していたものを,ある時期に正方位に作り直した苦労の跡が残っていると思う。


仮説実験授業から学んだことは?(岩瀬さん)

かつて埼玉の小学校の先生をなさっており,
サークルでもお会いした岩瀬さんが,
上記の題でブログ記事を書いていると教えていただき,
「いわせんの仕事部屋」(岩瀬さんのブログ)に寄ってみた。

いわせんの仕事部屋

http://iwasen.hatenablog.com/entry/2018/02/15/201048

岩瀬さんは,今大学の先生をしている。
若い頃夢中になって仮説実験授業を実践したことが,
きっとその土台になっているのだろうな。

府中研究会 10/17

昨日も,府中のふるさと歴史館で川瀬さんと研究会をした。
基本的には,発掘調査報告のコピーと内容の検討である。
創建武蔵国分(府)寺の方は本体(おそらく四天王寺式伽藍)と官衙施設との関係を,
武蔵国府方は,「東偏」→「正方位」→「西偏」の画期と範囲を詰めたい。

(1) 府中宮西駐車場地区(第609次)・・・正方位への西偏の「切り込み」探し・・・15枚

(2) 京王府中マンション地区(第61次)・・・大きな井戸を中心に製鉄工房。郡衙か・・・23枚

(3) 府中駅南口第二地区第一種市街地再開発事業建設に伴う事前調査(第313次)・・・四面庇建物など
 ・・・18枚

昨日もたくさんのコピーを取ることができた。
この他に,例の『ⅩⅧ』の120枚も含めると,
今日の川瀬さんは「お土産」は,なんと176枚!

府中本町駅構内の喫茶店で,さらに1時間ほど情報交換して別れる。
次回は,10月31日(水)。

※ 難波京内裏地下に「東偏20度」の官衙施設らしきものを発見されたという。
これは別項で紹介する。

Dscn3918


四天王寺とその周辺の古代瓦出土遺跡

大阪府の寺院調査をしているのだが,
以下の表がよく登場するので紹介しておきたい。
思いがけないところで,「白鳳」というキーワードが出てくるので要注意。

Photo_3

(写真をクリックすると拡大します)


観世音寺の前身寺院は,「百済寺」では?

観世音寺自身を法隆寺に移築したという説はなかなか通らないようだが,
移築されたのはほぼ間違いないし(材木の符号や「「留置」という字名,中門に中柱など),
もう誰かが指摘しているとは思うが,私もここらで意見を書いてみたい。
それは,観世音寺の前身寺院は,「百済寺」ではないか,ということただ。

(1) 百済とは仏教のつながりが深く,仏像や経典が「朝廷」に伝わったと教科書にも書いてある。
 これは「遠の朝廷(九州王朝)」のことではないか

(2) その本尊は,今法隆寺にある百済観音ではないか。(来歴不詳とされていた)

(3) 百済系の瓦の出土が,地下からあったと最近聞いた。


ウィキペディア「百済観音」

https://ja.wikipedia.org/wiki/百済観音

Photo_4

ほぼクスノキ材であるという。ということは,国産説に有利か。

ウィキペディア「広隆寺・弥勒菩薩」

https://ja.wikipedia.org/wiki/広隆寺

有名な弥勒菩薩(新羅系)は赤松材だが,「もう一つの弥勒菩薩」はクスノキ材(おそらく国産)だという。

Photo_2

私の仮説としては,広隆寺の弥勒菩薩(赤松材)は新羅系のもので,
それとペアのものを国産のクスノキ材で作った。(ちょっと拙い感じ?)

百済観音も,クスノキ材なので国産の可能性が高いが,
九州王朝の彫刻家か渡来した彫刻家が日本の材木を使って模作した。
ただ,もともとの仏像は現存しなくなったので,今の百済観音しかない。(ちょっと弱点!)
(かつて,百済から伝わった仏像として考えたが,材料がクスノキ材と知ったので)


内裏周辺下層の「もう」1つの発掘調査は,「東偏20度」

川瀬さんのコメントで,難波宮の内裏の地下に「東偏20度」の遺跡があるということで,
見える形にアップしてみたい。
奈良文化財研究所のデータベースは,誰でも使うことができ,
全国の多くの遺跡を,いろいろな角度から知ることができて大変便利だ。

内裏周辺下層の「もう」1つの発掘調査

Photo

(写真をクリックすると拡大します)

年代は不明ということだが,九州王朝が各地の官衙や寺院を「東偏」させたのは,
南朝に使いを送っていた5世紀後半と思われるので,
この地にもそれがあったということだろう。


2018年10月17日 (水)

息子の手料理 10/17

ぶり大根をもう一度作ろうかと思ったが,
「精神は反復を嫌う」の流れで,
今日は春菊のごま和えにしてみた。

Dscn3917

「半分取っといてね」と今日もメモを付けたが,
どうなるかは神のみぞ知る・・・。


古代の難波京にあった寺

「古代の難波京にあった寺」ということで,
奈良文化財研究所のデータベースに
いくつかの寺院が出てくる。

Map

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 細工谷遺跡(百済尼寺)~細工谷=井戸.木簡.土師器.仏具.金属品生産.瓦.施釉陶器.腰帯具.銭貨などが出土。
 (百済尼寺)木簡.硯.土師器.仏具.墨書土器.瓦.施釉陶器などが出土。飛鳥~平安。難波宮から,1.8キロ

Photo_9

(2) 堂ケ芝廃寺(百済寺)~礎石建物。難波宮から2キロ。各種出土物あり

Photo_8

(3) 摂津国分寺跡~白鳳の瓦を出土。難波宮から約3キロ。

Photo_5

(4) 四天王寺(旧境内遺跡)~かつては西門があった。難波宮から,1.8キロ。

Photo_4

(5) 田辺廃寺~白鳳瓦の出土あり

Photo_6

(6) 阿倍廃寺~白鳳瓦の出土あり

Photo_7

息子の手料理 10/16

昨日は「ぶり大根」にチャレンジした。
近所のスーパーでぶりが安く手に入ったのと.
冷蔵庫に大根が半端に残っていたからだ。

Dscn3913

味付けが心配なところだが,
今はプロが作った甘辛いスープが売っている。
それを使って,上の写真の「ぶり大根」が出来上がった。

母は作っている時から,虎視眈々とこの料理を狙っていたので,
「半分残しておいて」とメモを添えておいたのだが,
あまりの美味しさに我を忘れたのか,
私が帰宅したらほとんど8割方食べ尽くされていた。w(゚o゚)w

まあ,まずくて食べてもらえないよりはるかに良いけれど.
本日もう一度「自分用」を作ることになった。(笑)


ラーメン屋「高木のぶう」へも寄る~酒処「まこ」5回目

昨日も楽しく酒処「まこ」で過ごしたのだが,
(初顔合わせの方々には,手品を披露)
帰りに店でよく話題に出るラーメン屋に寄ってみた。noodle

Dscn3914

店名は「高木のぶう」という人を喰ったような感じだが,
なかなか味も良く,もやしが山盛りなのがさらに良い。
この店の「普通」というもやしの量は,もやし一袋のことで,
「普通で大丈夫ですか?」と店主に念を押され,慌てて「少な目」に変更した。
酒処「まこ」に加えて,「高木のぶう」の出現で,
私の新秋津ライフはますます広がりを見せている。(o^-^o)


難波宮の地下に,「副都説」を否定する方位あり!?

以下に,「前期難波宮と後期難波宮」への川瀬さんの昨日のコメントを載せます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼さんへ

 「難波宮下層」の図5・「遺構図(内裏周辺下層)」を見ると、
   http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102239-97348/up.jpg   【A図】
 軸の傾いた建物群が出てきています。 この図だけでは東偏・西偏を判断しにくい。
 「遺構図(北西部)2」を見ると。
   http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102239-18089/up1.jpg   【B図】
 ここにも正方位の建物と重なって軸の傾いた建物群がある。
 正方位建物が前期難波宮と後期難波宮時代のもので、
 この軸が傾いた建物群はその前の時代のものとのこと。
 この建物群の「遺構変遷図」をみると、
   http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102239-18089/etc1.jpg   【C図】
 なんとこの西偏建物群は前期難波宮よりも古い時代のもの。5世紀末から7世紀中頃のもの。
 その中で、6世紀前半から後葉のものからは明確に西偏です。
 これは前期難波宮も含めて近畿天皇家の物である証拠でしょう。
 そして前期難波宮には大極殿がないという事実とともに、
 前期難波宮が九州王朝のものとの説を否定する資料です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川瀬さんがコメントに書いて下さった難波宮の地下についての3つの図を,
見えるようにしてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【A図】

「難波宮下層」の図5・「遺構図(内裏周辺下層)

Photo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【B図】

遺構図(北西部)2

Photo_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【C図】


集落の変遷

Photo_3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川瀬さんは,「これは前期難波宮も含めて近畿天皇家の物である証拠でしょう。
 そして前期難波宮には大極殿がないという事実とともに、
 前期難波宮が九州王朝のものとの説を否定する資料です。」
とコメントされましたが,古賀さんはどうお答えになるかな?

2018年10月16日 (火)

『律令国家の対蝦夷政策~相馬の製鉄遺跡群』

飯村均著,新泉社刊,1500円+税の
上記の本を入手した。

Dscn3911

ストーリーとしては,大和朝廷が東北の蝦夷対策として製鉄を行ったということだが,
私たちの探求は「主語」がまず九州王朝であり,「時期」が100年さかのぼるということだから,
この本の趣旨には添いかねるということになる。果たして,その証拠は見つかるか。

この本の大部分は,製鉄についての知識だが,基本的な歴史背景を言うと,
任那滅亡で朝鮮半島での鉄の供給を絶たれた九州王朝は,
活路を求めて鉄の採れる東北の侵略に走ったのではないか,ということである。
それを示す証拠として「東偏・僕」肥さんが選んだのは,またしても「東偏」建物の存在であった。

この本の後半P60にそれは出てきた。

Dscn3912

Dscn3916

「祭壇」」と表現される建物,「1号墓」が「東偏」だ。
祭壇と言えば,当然中心的な建物に違いない。
また,北の作業施設?も「東偏」と言っていいかもしれない。

他にもそういうページがないか調べてみたいが,
この本には残念ながら載っていなかった。
発掘調査報告書をぜひ読んでみたいものだ。


福島県金沢・武井遺跡に出現した足踏み鞴付竪型炉

http://www.infokkkna.com/ironroad/2013htm/2013iron/13iron11.pdf#search=%27%E6%AD%A6%E4%BA%95%E9%81%BA%E8%B7%A1+%E8%A3%BD%E9%89%84%27


世間は狭い~酒処「まこ」4回目

昨日は,新しい手品も持って行ったが,
ママのFacebookの記事とお客さんと私のブログで構成したファイルをプレゼントしたところ,
喜んでいただけたので,新ネタはやらなかった。

しかし,旧ネタ(マジック・ワールド,エレベーター式!?トランプ,
あなたには「愛の告白」が見えますか?)の三点は用意していたので,
初対面のお客さんにはそれらを披露した。

ある飲食店の経営者夫妻とは初対面だったのだが,
その方たちが私がよく存じ上げている方を知っていたところから大盛り上がりをした。
「世間は狭い!」

いつも奥の席でそれらを楽しそうに眺めておられるТさんとは,
家族の介護の在り方とか,いろいろ話すことができた。
Тさんは,皆勤賞的に酒処「まこ」に通っている。(私も同じだが)


Dscn3908


2018年10月15日 (月)

下野国府の「介館」に「東偏」を見つけた!

下野国府については,最近下野薬師寺の下層に
「東偏」の掘立柱建物跡を見つけていたので,
なにか下野国府にもそのヒントがあるのではないかと.密かに考えていた。
その日が本日来た(と思う)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日,神保町の三省堂で海野聡著『建物が語る日本の歴史』
(吉川弘文館,2400円+税)をパラパラめくり,
どんな建築物を扱っているのかな.と図だけ見ていた時だった。
「あれー,これもしかして「東偏」じゃないかなあ」と思ったのが上記の建物だった。

まず,「下野国府の周辺」という図から。

Photo_3

これで分かった人には,「東偏・僕」賞を差し上げます。
普通はまず国府正殿から見ますから,「正方位だ」
と確認しただけで次のページへ向かうでしょう。
ところが私は,「まあ,国府正殿は正方位に描いてあるだろう。ほかに面白いものはないかな?」
と思って下の方へ目を移していったら,そこに「東偏」があったのです。
頭介丈目(かみすけじょうさかん)でしたっけ,その2番目の屋敷(地元の有力者?)=介館が
豪華にも「東偏」のまま残されていたのでしょうね。三面庇です。

Photo_6

ちなみに,トップの国司(中央から派遣)が住む国司館は正方位や西偏になっていました。そりゃそうだ。

Photo_5

ということで,「介館」まで見ていけば,「東偏」という九州王朝の痕跡を見出せるのでした。
ちなみに,今回の3つの図は,奈良文化財研究所のデータベースにも入っていて,
それを利用したのでクリアーに見えると思います。


前期難波宮と後期難波宮

川瀬さんとの話の中で,次は大阪をやってみようか,
ということになっていたのだが,
なにせ大阪も遺跡の多いところで,
どこからやっていけばいいのか迷う。
とりあえず,「難波宮」ということでやってみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前期難波宮

Photo

後期難波宮

Photo_2

とりあえず,ここには「東偏」はないようです。
さらにずっと下った南方の街並みが
「東偏」している感じがしないではないのですが,
ちょっと決め手に欠けるといったところです。

千堂あきほさん(東京ラブストーリー)は今

「東京ラブストーリー」で脇を固めた一人が千堂あきほさん。
今はこんなことをしているみたいですよ。
ということで,リンクさせていただきました。

千堂あきほさん(東京ラブストーリー)は今

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12184-43390/

手品・手品・手品(2)~酒処「まこ」3回目

昨日はさすがに「福ちゃん」に行こうと,
例によって「笑点」の時間に家を出たのだが,
まだ小旅行から戻っておられない模様で,
赤ちょうちんも出ておらず,明かりもついていなかった。
ということで,これは「まこ」へ行けという酒の神の思し召しである。w(゚o゚)w

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日と同じ方が隣にいて秋津界隈の話をしたり,
初めての方の特徴をおしゃべりしながら人間観察したりしているうちに,
昨日も「その時」はやってきた。昨日は,四点であった。

(1) 変身トランプ~裏返して引くと,まったく違うカードを引いている! w(゚o゚)w

これは私にとって記念すべき手品で,「これならドキドキしないでできる」と思った
最初の手品であった。もちろん「種も仕掛けもある」カード手品だが,
一見そう思えないところがいい。昨日はママに引いていただいた。

(2) ワープボール~杯の上に載せせられた緑のボールが消え,また復活する impact

これも,手元を見ないでサッとできるようになってから,人前でやるようになった。
コツは初めて自分がやってもらった時の臨場感を味わってもらうこと。
手品は,技術が半分・口上が半分なのですね。

(3) 汗を拭いたハンカチが,鶴の形に変身する!? drama

昨日は,(1)と(2)を見せた後,「2つ手品をしたら暑くなってしまいました」と言って,
さり気なくジーンズのポケットから赤いハンカチを取り出すところから始めてみた。
「このハンカチは変わっていて,手の平で弾ませてたたむんですよ」とボケる。・・・鶴が出現。

(4) (紙の)スプーン曲げ~手の平のスプーンが,念力で海老反りしていく・・・ up

これは予算2円なので,皆さんにプレゼントできる品として,4月によくやる。
中学生は「湿気の塊」なので,水分に反応してトレーシングペーパーはよく曲がる。
隣の方の方がよく曲がって,私は「寄る年波」を感じてしまった。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当は,(3)までで終わる予定だったが,(4)をパラパラ落としてしまい,やることになった。
次回は,3つやって,第1部の終わりとしたい。

2018年10月14日 (日)

後藤真紀のインタビュー記事

元モーニング娘の後藤真希が,あの頃を振り返り,
今と未来を語ります。
あの頃は特にファンという訳ではなかったけれど,
今後はファンになるかも。

後藤真希のインタビュー記事

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/後藤真希、すっごい恥ずかしかった『loveマシーン』の「あんなこととか、こんなこと」/ar-BBOlwcl?li=BBfTjut&ocid=spartandhp#page=2

君の名は?

今日も雨が上がって晴れ間が出たので,
コスモスに蝶が飛んできた。
君(蝶)の名は?

Dscn3890_2

Dscn3891_2

Dscn3896_2

Dscn3898_2


これまでの「東北の諸城柵」とその年代(古田さん)

古田田武彦氏の『真実の東北王朝』(ミネルヴァ書房)の「多賀城の探求」P28~30には,
以下のような図と表が出ている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 古代の城柵もすべて蝦夷国内にあり
 このような、わたしの分析に対する“裏付け”、それをわたしは次のような地図から“確信”することとなった。
(下図参照)

Photo_2

 ここには、「東北の諸城柵」の分布が図示されている。

(一) 奥羽山脈の東側(太平洋側)、南から北に。

(1).郡山遺跡(八世紀前半以前)   ★
(2).多賀城(同右)            ★
(3).桃生ものう城(八世紀後半)
(4).城生じょうの遺跡(八世紀前半以前)
(5).名生館みようだて遺跡(同右)
(6).宮沢遺跡(八世紀後半)
(7).伊治これはる城(八世紀後半)
(8).胆沢いさわ城(九世紀初頭) ★
(9).徳丹とくたん城(九世紀初頭)
(10).志波しわ城(同右)      ★

(二) 奥羽山脈の西側(日本海側)の東北地方。

(11).城輪柵きのわのさく遺跡(九世紀初頭)   ★
(12).払田柵ほつたのさく遺跡(雄勝城か)(八世紀後半) ★
(13).秋田城(出羽柵)(八世紀前半以前)     ★

(三) 奥羽山脈の西側(日本海側)の北陸地方。

(14).渟足柵(ぬたりのさく推定地)(八世紀前半以前)
(15).磐舟柵(同右)(同右)

 右に分布する、各「城柵」は、いかなる性格のものであろうか。それは、一言でいえば、
「大和朝廷側が、敵地(蝦夷国)のさ中に挿(さ)し入れた『侵略の拠点』にして
、軍事上、政治上の『征圧の中心地』」だったのではあるまいか。
とすれば、それらはすべて「蝦夷国内」にあるべきものである。
事実、右の(1).~(13).の大半は(多賀城等を除き)すべて「蝦夷国内」である。
また(14).,(15).も、「北の蝦夷」とされる、「越の蝦夷国」に属している。

 これらに対して、今問題の「多賀城」などだけが、「蝦夷国外」だとすれば、“不整合”この上ない。
 しかし、今わたしのしめした新しい分析に従えば、右の(1).~(15).すべてが「蝦夷国内」となり、
“統一した理解”がえられるのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでの「東偏」の研究からいえば,大和朝廷を九州王朝に,
年代をかなり昔にしなければならないだろう。
もちろん主語は変わっても,「当時の主権者による東北侵略」と言えば同じではあるが…。

★は,これまで「夢ブログ」にも登場した遺跡


新々アパートの建設 10/12

昨日は,1階の外壁を付けていった。
レンガ風のデザインのものである。

Dscn3880

内装も並行して進んでいる。

Dscn3881


手品・手品・手品~酒処「まこ」2回目

昨日も酒処「まこ」に行ってきた。
「夢ブログ」の「偵察記」を差し上げ,手品を披露するためである。
行った手品は,全部で3つ。

(1) 「マジック・ワールド」・・・「三態変化」する魔法のノート book

最初は白いノート → 白黒の絵 → カラーの絵
この変化は,初めて見る人には大ウケです。
あなたはノートは四角いものと.決めつけていませんか?

(2) 「エレベーター式!?トランプ」・・・あなたの引いたカードが一番上に上がってくる!  heartfour

見ている方々に参加していただくやつ。
みんなでワイワイ謎解きを楽しむ。
「マジック・ワールド」と関係があるところにさらに驚く。

(3) 「あなたには〈愛の告白〉が見えますか?」・・・峯岸さん提供 ring

「これは,愛のない人には見えないんですよね」という一言が,みんなの心に突き刺さる。
そして,見えた人の「おーっ」という歓声が素晴らしいです。
ただし,これで「まだ見えない人」はさらに焦ります。(^-^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の題名は,あの有名なジャズナンバー「sing sing sing」のマネです。

城輪柵遺跡(山形県)政庁変遷図への疑問

川瀬さんのコメントの中て出てくる上記の変遷図をアップしてみます。

Photo

(1) Ⅰ期が正方位スタートなので「あれっ」と思ったのと.
(もっと北の払田柵が,Ⅰ期に東偏なので)

(2) Ⅵ期に東偏が出てくる不審があると思います。

正方位 → 東偏 ?

これは何か臭いものを感じます。
城輪柵遺跡「Ⅵ期」の謎です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

城輪柵は,山形県北部の遺跡です。

城輪柵

https://ja.wikipedia.org/wiki/城輪柵


2018年10月13日 (土)

楽天が最終戦を飾り58勝目

楽 天002000011計4
ロッテ000000001計1

楽天が最終戦を飾り58勝目をあげた。
先発古川が4回を1安打と好投。
しかし,ここで6年連続2ケタ勝利が掛かっていた則本に
バトンタッチをして,見事達成させた。
則本は前半なかなか勝てなかったが,ここにきて復調してきた。
来季に期待したい

古川・則本・青山・高梨・宋ー堀内

則本 10勝11敗0S

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーローインタビュー】

今年の「予選会」 2018

来年の箱根駅伝の出場権をかけて,
今年も「予選会」が行われたようだ。
そのニュースをリンクする。

法政大は今年10位以内だったため,
すでにシード権をいただいています。

今年の「予選会」 2018

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00010002-yomonline-spo

府中研究会と並行して・・・

この3か月に話題となった出来事を書き出してみました。(順番は?)
いろいろなことがありました。中身の濃~い3か月でした。(o^-^o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【7月】

・東山道武蔵路沿いに100m×100mの区画を確認。国府は近い!

・国府を求めてのフィールドワーク


【8月】

・もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?

・「国分寺」や「官衙」に東偏5度を発見

・東偏と正方位の境目の家(Тさん)を訪問

・武蔵台遺跡に注目

・下野薬師寺の下層にも東偏5度を発見!

・国分寺四中遺跡の再発見!(40棟の官衙群)

・『武蔵国分寺跡発掘報告概報18』を求めて。

・東偏のルーツを中国南朝の都に発見!


【9月】

・『中国古代都城の設計と思想~円丘祭祀と歴史的展開』の読書

・上総国分寺の謎を解く

・福原長者原遺跡をめぐって

・東偏5度候補の増加(30以上)

・筑後国の条里制

・奈良県の東偏遺跡を探す

・久米官衙遺跡をめぐって

・『南相馬に相馬に躍動する古代の郡役所・泉官衙遺跡』をめぐって

・泉官衙遺跡の変遷図に2つの王朝の「栄枯盛衰」を見た!

・検討すべき尺度


【10月】

・九州王朝の東北遠征

・上之宮遺跡は,西偏75度

・誰のための「エビノコ郭」か

・かつてそこに「エビス御殿」があった!(かも)

府中研究会 10/12

川瀬さんとの武蔵国府・武蔵国分寺に関する「府中研究会」も3か月となった。
この間あっちに行ったり,こっちに来たり,いろいろな動きをしながら,
ようやく初期の様子を報告できる段階が近づいてきたような感じだ。
来週水曜日にもう1回確認作業をして,まとめの段階に入る。

府中・国分寺に関する調査は,方位(東偏)に関する新知見を生み,
九州王朝の歴史に光を当てていく研究につながった。
これをさらに広げていきたい。
私の強引な,それでいて優柔不断に見えるやり方に
我慢強くお付き合いいただいた川瀬さんに感謝したい。
また,山田さんには,いつもメールで励ましていただいていた。
ありがとうございました。m●m

【昨日の話題から】 (文責・肥沼)

(1) 九州王朝は,古田さんの初期三部作で証明しつくされている!(中国正史など) 

(2) 福原長者原遺跡で,AD120年というC14の数値が出ていたらしい。なんと,卑弥呼より前だ!

(3) 倭の五王は,陳には使いを派遣していない。もうこの時点で南朝を見限っていたかも。

(4) 前方後円墳の普及だけがあっという間に行われ,他のものの伝播に50年は,ご都合主義では? 

(5) ONライン(700年まで九州王朝が主権者。大和王朝が主権者になったのは701年以降)を
 フル活用して歴史を見ていくことが大切。(゜三本の矢」の行方は・・・)


秋田県・払田柵も「東偏」スタート

東北侵攻も大和王朝に先んじて九州王朝が行っていた。
その証拠がまた一つ見つかりました。(川瀬さんの情報です)

Photo

特に,一番古い「東偏」のものを詳しく見てみましょう。

Photo_2

川瀬さんによると,「東偏5度のようです」とのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

払田柵跡は,秋田県南部の遺跡です。

払田柵跡

https://ja.wikipedia.org/wiki/払田柵跡

酒処「まこ」偵察隊

新秋津駅で電車を降りると,帰宅前に知り合いのやっている
「楽家(ささや)」に寄ることが増えた。
これは退職して時間ができたことが作用しているが,
「楽家」はその日によって混んでいたり,からきしだったりして,
「私のアフター5」が安定しなかった。(空いていれば「楽家」だが)

そこで,数か月前から目を付けていたのが酒処「まこ」だ。
店の外装もなかなかおしゃれで,しかも値段表が外壁に書かれている。
どんな店なのか探るため,偵察隊を派遣してみることになった。
(昨日は「楽家」はたくさん客が来ていた)

ママ母子でやっており,お客さんは若めである。
(昨日は男性客ばかりだった)
「お通しなし」「お料理についての不満受け付けず」というので,.
さり気ない自己主張もある。

そして,「まじか・・・」というキーワードが飛び交い,
ハリー・ポッターを深く愛し(グリフィンドールの制服や魔法の杖もお持ちです),
カウンターには「定期の募金箱」が置かれ,
私の好きなポテトサラダがメニューに入っているのである。
もう,私に合いそうな予感がバッチリだった。

そんなこんなで,盛り上がってしまい,
「次回は,手品を持って来ますからね」と言ったら,
「ぜひ見せてね」ということで帰宅した。


2018年10月12日 (金)

息子の手料理 10/12

Dscn3874

(拡大すると,もっと美味しく見えます)

八角部屋直伝ちゃんこ鍋のスープ(醤油)を使って,
「ちゃんこ鍋」を作ってみた。

スープが極旨です。
これなら母もお替り間違いなし!
「残った・・・,残った・・・」ということはないでしょう。(笑)

映画「麦子さんと」

上記の映画を偶然観てしまった。
1時間半あまりの短い作品であるが,
心が温まるいい作品だった。

堀北真希が娘役を,余貴美子が母親役を演じている。
最初の30分は作品の背景がわからずただ観ているだけだったが,
母が肝臓がんで亡くなり,娘が母の遺骨を持って田舎に戻るところから,
それまでの伏線が次々と生かされてくる。
そこで出会い交流する人々。彼らが,麦子を成長させる。
笑って,泣けて,清々しくなれた1時間半だった。

今忙しいという方は,
パソコンにストックしておいてもいいと思う。

「麦子さんと」

https://gyao.yahoo.co.jp/player/00908/v13163/v1000000000000004533/

ドッキリ!検尿カップ

「今月の手品」に使いたい逸品だと思った。

Dscn3873

ふつうの感覚では,検尿カップは,そのイメージから,
パーティーグッズには向かないと思われるだろう。
そこを狙ったのがこの商品で,
「検尿カップほど清潔なものはない」のだ。
なぜなら「検尿カップ」は健康の状態を測る大切な道具で,
決して汚れていてはならないからだ。

加えて言うと,尿自体も雑菌のないきれいなもので,
水が得られない時には,尿で傷口を洗うといいと聞いたことがある。
(試したことはないけれど)

ともかく,このうんちくを語るだけでも,
手品グッズとして買いたいと思った。(笑)

ドッキリ!検尿カップ

https://news.nifty.com/article/technology/internet/12226-474984/


11月の楽しみ

もう今年も3か月を残すのみとなった。
ということで,11月の楽しみを書いてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月3日(土)・・・正福寺の「だるま祭り」,『たの授』11月号,『ものづくりハンドブック10』発刊
4日〈日〉・・・川瀬さんの平曲会「二度之懸」 (35分)(巻 9-11):「知章最期」 (25分)(巻 9-17)の2句。

10日(土)~11日(日)・・・大学セミナーでの研究会

17日(土)・・・昭島サークル

23日(金)・・・東京・古田会の方々と武蔵国分寺付近のフィールド・ワーク
24日(土)・・・『たの授』公開編集会議

2018年10月11日 (木)

日本女子2位で3次L進出

7勝2敗という結果は,よく頑張ったといえると思う。
昨日の格上のブラジル戦も,2ー3の逆転負けだった。

日本女子2位で3次L進出、強敵ブラジルに逆転負け

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00359176-nksports-spo

郷土研・世話人会 10/11

昨日は午後から,上記の会が行われた。
歴史とロマンの会というのが高齢化で解散し,
その分の負担が郷土研に降りかかってくるのかと.戦々恐々である。
私としては通説によるガイド養成は反対だし,いっそのこと乗っ取って,
多元的「歴史とロマンの会」を立ち上げようかと.考えたりしている。(冗談)

昨日が「その日」

Dscn3862

ただの脅しだろうと思っていた人たち・・・

Dscn3861

昨日が「その日」でした!(。>0<。)
「保管料3000円」です。

朝鮮学校訪問の理由(本田圭佑さん)

ネットのインタビュー記事に,いい話題を見つけたのでリンクします。
サッカーの本田圭佑さんが朝鮮学校を訪問した。その理由は?

朝鮮学校訪問の理由(本田圭佑さん)

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20181011-00100025/

新々アパートの建設 10/11

確か「AKB48」の歌に「上からマリコ」という歌があったような気がするが,
「肥さん48」の新々アパートの場合は,「横から茶色」で勝負したいと思う。

前だけ気にする人には,な~んだ昨日と変わらないじゃないかと思うだろうが,
工事は外からや前からだけおこなうものではない。
時には室内の工事や.前面が変わらなくても横から壁が作られたりするものだ。
しかも.横全面すべてかと思ったら,1階部分だけだった。

Dscn3870

Dscn3871


「野良」落ちる

Dscn3851

起きている

Dscn3853

半落ち

Dscn3854

全落ち

2018年10月10日 (水)

市民講座「住むまちを知る」(第2回)

先週の郷土研究会の会長であるOさんの講座の続き。
今回も萩山公民館で午後2時から行われた。

「100万坪の大開発構想のあった萩山町の住宅」あたりから始めて,
おしまいまで約1時間半で語られた。残りは,質疑応答。

これと並行して,今週末に行われるご自身の同窓会の
資料づくり(20数ページ)もやられているのだから,
裏舞台を知っている私としてはすごいと言うしかない。
(私にはとても真似ができません)

終了後「福ちゃん」でお疲れ会。
(こちらは私でも真似できます。笑)

郷土研究会にも,新たに2名が加入。
さっそく素晴らしい成果が上がった。

再来週は,フィールドワークで萩山町を歩く。
天気が良ければ幸いである。

Dscn3863

Dscn3864

Dscn3867

Dscn3868

Dscn3869


「野良」の三方位

Dscn3845

母がいる間は「遠慮方位」

Dscn3846

母が去ると「斜め方位」

Dscn3849

しばらくすると「正方位」

方位によって.いろいろなことがわかる。
猫も歴史も・・・。

息子の手料理 10/9

何度でも「肉豆腐」

Dscn3844

(1) 短時間でできる
(2) 栄養バランスが良い
(3) 母もよく食べる

この三拍子がそろうので,
どうしても回数が多くなります。

かつてそこに「エビス御殿」があった!(かも)

2005年7月の京都での古田武彦氏講演会の中で,
古田氏がこんな話をしている。
藤原京(まで)には大極殿がなかった。だから.平城京に遷都した。という趣旨の話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最後のテーマをもうします。
 今年の三月、奈良県飛鳥の天武天皇の浄御原宮跡の現地説明会に、古田史学の会のみなさんと行きました。
見て驚いた。遺跡が ”小さい" の一言につきる。せいぜい一地方豪族の館程度のレベル。しかもかんじん要の「大極殿」がない。ですが学者の一部が見なしているのが東南の「エビノコ郭」。しかし大部分の学者がそれには賛成しない。これも、そのとおりです。「大極殿」と言う以上は、中心か北部になければならない。東南の端では位置がメチャクチャ。他にないから、ここだよ。そう言ってみても、他の学者が認めるわけもない。そういう状況です。とにかく「大極殿」がない。

 「エビノコ」というのは、先ほどお話した問題と関係がある。淡路島で生まれたのは輝ける蛭子(ひるこ)。それは恵比須(えびす)と同じであるとされている。「エビス」の「エ」は、輝けるという意味。「ヒ」は太陽の「日」。「ス」は須磨、鳥栖と同じでして住まいの「ス」。「エビス」は「輝ける太陽の住まい」という意味です。先ほどそう言いました。ここの地名は「エビノコ」とあるが、字地名としては、「エビスノコ」です。「コ」は住まいという意味です。ここにおられる神が「エビスノコ」です。この字地名は、神武や天照大神より、ズッと古い。旧石器・縄文にさかのぼる神様の名前です。それが字地名で残っている。そこに建てられていた建物は、もちろん七世紀後半ぐらいの建物です。それを仕方がないので、字地名を取って「えびすのこ」。長すぎるので、これを縮めて「エビノコ」とし、そこにあった建物を「エビノコ郭」と称した。要するに「大極殿」はなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古田氏が話している趣旨とは違うが,
エビノコ郭に九州王朝の天皇(その頃.大和のリーダーは大王)を住まわせる理由として,
空いていた土地に縁起のいい名前を付けてご機嫌を取ったのではないかと考えた。

「ここを,エビス御殿と名づけました。
どうぞこの建物をご利用下さい」と。

もし飛鳥宮の北に建てれば.それこそ「大極殿」になってしまうし,
南なら飛鳥宮の南門(?)から出る際の邪魔になる。
飛鳥宮の運営に支障がない上に,九州王朝の天皇として,
威厳を保つのにふさわしい呼び方がそれだったのではないかと考えた。
九州王朝の天皇もこの配慮に,「エビス顔」だったかも知れません。
(王朝の滅亡まであとわずか.と知ってか知らずか・・・.)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「エビノコ郭」という名前を初めて聞いた時,私は「なんじゃ.その変な名前」と思った。
それが,飛鳥宮内最大の建物の,7間×4間を超える破格の9間×5間の四面庇建物。
おまけに玉砂利付きだというから,ここに住めるのはもう.九州王朝の天皇しかいないと考えた。
そこに加えて,古田氏の「エビス=輝ける太陽の住まい」説である。
もう.これは「エビス御殿」というしかないでしょ。

エビノコというのは,かつてここに「エビス御殿と呼ばれる住まい」があったよ
という証拠の残存地名=字名なのではないかな?

Photo

Dscn3842_2

(写真をクリックすると拡大します)

『たの授』10月号の感想

仮説社御中
東村山の肥沼です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』10月号の感想を送ります。
10月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1) 何を教えるか(板倉さん)

仮説実験授業研究会と他の研究会と違う点で,まず最初にこれが来るかな。
つまり「教科書をどう教えるか」からではなく,「何を教えるか」から始まることです。
何を教えたら効果的な授業ができるかというのは,必ずしも自明のことではなく.
ある内容を子どもたちに授業をして,その結果を授業書という形で積み上げていく。
そこに授業科学が成立し,子どもたちにも大歓迎されるたのしい授業が保証されたのでした。

(2) 子どもの気持ちが見えるとき(伴野さん)

教師デビューした頃の伴野さんは,若いのにずいぶん哲学的な内容のものを書くなあ.
と感心したものでしたが,最近では,子どもの気持ちを第1に考えるというような方に
比重がかかってきたように思います。それが扇野さんの実践へのあこがれであり,
今回のような担任した子どもの母親への発言にもつながっているのでしょうか。

(3) 〈科学史学〉において〈実験〉とは何か?(宮地さん)

「細胞」が発見されてから「細胞説」が認められるまでに170年も掛かったという。
その途方もない長い年月を縮めるものが,教育・授業である。
そういう意味で,仮説実験授業の存在は本当に貴重であると言えるでしょう。

2018年10月 9日 (火)

正方位の都は,こうして生まれてきた(川瀬さん)

この話はコメントの中で川瀬さんに書いていただいたものです。
コメントではもったいないので,本文に載せさせていただきます。(肥沼)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 中国の統一王朝では天子は天の意志によって天下の統治を任せる人として選ばれた
という思想で成り立っており、そのため天の中心である北極点(北極星)を背中に背負って
国家を統治するので、天子の宮殿は南面して作られた。

 だが中国の王が天子を名乗る前は、都の中心は王の祖先を祭る宗廟であり、
宗廟に挟まれる形で王宮が作られていた。これは最初に皇帝を名乗って天の指示で天下を統治するとした
秦の始皇帝の時代でも都の設計思想は前代を踏襲し、これは秦に次ぐ統一王朝である漢でも同じであった。

 この思想に変化が出て、天子が天を背景にして統治することを都城の形にする思想が、
前漢の最後の時期から後漢の最初に生まれ出た。
 理由は漢帝国成立から200年近く経って、漢の王室自身が始祖劉邦の血筋からは遠く離れて
直系とは言えない状態になり、天子の統治権の権威自体が揺らいできたからだ。

 このためそれまで都とは離れた土地に天(神)と地(神)を祀る施設を置き、
そこで天子が祭礼を主催していた形式を改め、天と地を祀る祭壇を都の南北に置き、
天子が都の官僚や民の前で天と地の神を祀ることで、天下の統治を任されていることを具現化することで、天子の権威を維持しようとした。
 これが確立したのが後漢王朝の時代。

 だが天を祀る場所は都の南に、そして地を祀る場所は都の北に置いたが
(つまり南面する天子の宮殿の北と南に神を置いた)、
その祭壇は都の北と南の目立つ高地に置かれたため、
地壇ー宮殿ー天壇を結ぶ線は、必ずしも南北を結んだものではなかった。

そして後漢の時代にはまだ、この南北線を都の中心線とし、
ここを基準に東西南北の街路を築いて、官衙や寺院や役人庶民の家を配置する
という形・思想にはなっていなかった。

 このため後漢の時代、そしてその後の三国時代の各都や再度統一した魏・晋の都も
後漢時代の設計プランを踏襲し、結果として都の南北軸は東に傾いたものとなっていた。

 倭国が初めて中国王朝から冊封され、倭国王の称号を賜ったのは後漢の時代であり、
次いで魏、そして晋・南朝の時代を通じて倭国は中国王朝から倭国王に冊封されてきた。
 したがってこの時期の倭国の都は後漢から始まる形の都城設計思想にならったものとなる。

 これが変化したのが北朝の北魏の時代で、地壇と天壇をともに都の郊外に人工の山を作って
祀る形にしたので地壇ー宮殿ー天壇を結ぶ線を正方位の南北に設定でき、
この線を基準線にして都城を東西南北の街路で区切った形に設計した。
文字通りに天子が南面して天下を統治する思想を都の形として具現化したのだ。

 だが倭国は北朝に朝貢していなかったので、この新しい思想が伝わるのは、
北朝から出た隋が南北を統一して以後のこととなる。

磯野貴理子さんの「脳梗塞体験」

タレントの磯野貴理子さんが,自身の脳梗塞体験を語っている。
お酒と美味しいものが好きな私としては,ちょっぴり怖い話だが,
聞いておいた方がいい話かも。ということで,リンクさせていただきます。

磯野貴理子さんの「脳梗塞体験」

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/磯野貴理子さん「二日酔いだと思ったら脳梗塞だった」-野菜嫌いで暴飲暴食の日々/ar-BBO853E?li=BBfTjut&ocid=spartandhp#page=2

虫たちは忙しい

私はのんびり。
虫たちは忙しい秋の1コマ。

Dscn3828

うっ.ピントが・・・!

Dscn3829

Dscn3830

オレンジ色のコスモス。

Dscn3833

Dscn3834

Dscn3835

おや.カマキリも・・・。

Dscn3840

よく来る小さい蝶。

Dscn3841


横綱・日大三から大金星を挙げた目白研心ってどんなチーム?

私も「高校に入ってもバレーボールを続けている部活動」を目指していたが,
ここにも「最短距離をめざさない人」がいたと思ってうれしかったので,
リンクさせていただきます。

横綱・日大三から大金星を挙げた目白研心ってどんなチーム?

https://news.yahoo.co.jp/byline/takagiyu/20181008-00099770/

「東偏15度」と「西偏75度」の違い~「方位判定」入門

[質問] 肥沼から

川瀬さんに何回かご指摘いただいた「東偏15度」→「西偏75度」は,
足すと90度になるので,勘違いしやすい例なのかと思い,
私だけでなく方位に興味のある方々にとっても有益だと思うので
もう少しレクチャー願えればと思い.あえて項を設けてみました。
よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[回答] 川瀬さんより

建物の方位を確定するには、その建物全体が出ていないと判断しにくい。

 わりと簡単なのが寺院だ。寺院には多数の建物の相互の関係を決める建設プランがある。たとえば回廊(塀)の中に金堂・塔・講堂・僧坊など全部入れてしまう形式もあるし、回廊の中に金堂と塔だけで、回廊上に講堂で僧坊は外になど。いろんな建設プランがあるが、伽藍の中心を占めてきた建物は金堂と塔である。だから門の位置が確認できれば、門ー金堂(塔)を結ぶ伽藍の中軸線を引くことができて、その方位を確定するのはやさしい。

 官衙遺構もこれに次いで建物の建設プランがあるので判断しやすい。
 方形区画(区画溝か塀)の中に主殿と思しき四面廂か片面廂の建物があり、その南に前殿や側殿などの複数の建物がある。そしてこれがコの字型に配置されることが多い。この主殿と門の位置が確定できれば、門ー主殿の線が中心軸となり方位を確定できる。宮殿遺構も建設プランがあるのでわりと判断しやすい。これも方形区画(溝か塀か回廊)の中に主殿・前殿・脇殿などが整然と配置される。これら二つは主殿という中心建物があって一定の思想で建物が配置されるので、軸の設定がしやすい。この時も門の位置が大事だ。

 しかし居館や離宮などになると、一定のプランがない。いろんな形がある。
 まず主殿がどれか確認し、さらにそれを囲む方形区画の位置と、そして門の位置を確認する。主殿は多くは四面廂の建物で、長辺が正面となる。普通は門はこの主殿の正面に置かれる。したがって主殿と門が確認できれば、建物の軸が設定でき、方位を確定できる。

Dscn3786

(写真をクリックすると拡大します)

 問題となった大和の上之宮の場合。
 全体が掘り出されていないが、主殿と思われる四面廂の建物が確認でき、さらに東と南を区切った区画溝もあり、門が二つ確認できた。

 最初この遺構を東偏15度と見たときは、門の位置に気が付いていなかったし、四面廂の向きに注意を払っていなかった。だからこの宮の全体プランの長方形の敷地が南北に長く伸びていることに目が行って、東偏建物と判断した。
 しかし東偏建物を検討している過程で、主殿の四面廂建物の正面が長辺にあることに気が付きここに注目すると建物の軸が東に傾いた南北ではなく、西に傾いた南北ではないかと思って西偏とした。

 この提案に肥沼さんが疑問を感じ、主殿の南西にある門に気が付き、門ー主殿の軸は東偏だから東偏ではないかと再提案した。
 これを受けて私が再度発掘図面を精査したら、南東側にもう一つ、西側の門よりも大きな門があることに気が付いた。これで門ー主殿の軸が西に傾いた南北と判断できた。

 だが建造物の置かれた地形によっては、正門と主殿との位置関係が変わることがある。
 そこで上之宮遺跡の置かれた地形を確認すると、東側に川が流れる河岸段丘の東向きの段にこの宮殿遺構はあることが確認でき、さらに段は東側に緩い傾斜を持っており、だからこそ主殿の後ろにある池の水が、一旦東北に流れたあとで東にながれるように水路を引いてあると判断できた。

 こうして上之宮遺跡の場合、宮殿遺構の軸は川側を正面にした西偏であると判断したわけだ。
 だから結論はこの遺跡は西偏75度の遺構だと。

 上之宮遺跡は主殿と門とが出土しているので、全体プランの推計と軸の推計が比較的しやすい。しかし主殿しかでていないときは、判断が難しい。つまり東偏なのか西偏なのか判断しにくいのだ。

 この場合は主殿の四面廂建物の長辺が正面なのだから、遺構の置かれた地形を考えて門の置かれた場所を推定し、建物の軸を復元する。

 古代遺構は全体が掘り出されることが少ないので、建物の軸の設定と方位の判断は簡単ではないのです。

女子バレー世界選手権

今上記の大会が行われていて,
二次リーグまでで6勝1敗と好調らしい。

ぜひ決勝リーグに進み.バレーブームを巻き起こそう!
監督は,かつての名セッター中田久美だ。ヽ(´▽`)/

猫本の本屋

私はもともと.犬猫でいうと「犬派」だったのだが,
最近「野良」と交流するようになり,
だんだん警戒心もなくなってくると,こちらもうれしくなり.
猫も悪くないと思ってきている。

そういうこともあってのことなのだろう。
神田神保町の交差点に猫本の本屋を見つけた。

「姉川書店」
神保町に行く機会があったら,寄ってみて下さい。
猫の本や雑誌が所狭しと並んでいます。

Dscn3823

(写真をクリックすると,拡大します)


『次郎物語』

上記の本を古本屋街で見つけた。
ポプラ社文庫のもので,5冊で500円。
本田次郎の成長物語ということだが,
下村湖人の自伝的な要素が強いらしい。
戦中から戦後にかけて続くというのにも興味がある。
いつ読み終わるかわからないが,持っていないと読み始められないので,
「持っておく」ことにした。高崎サークルの板橋さんからも勧められた。

Dscn3824

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『次郎物語』(じろうものがたり)は、下村湖人による日本の長編教養小説である。
1941年(昭和16年)から1954年(昭和29年)刊。全五部。未完。
幼少期に里子に出された主人公本田次郎の成長を、青年期にかけて描く。
湖人自身の里子体験が反映されるなど、自伝的色彩が濃い。児童文学として読まれることも多い。
内容的には、家族や学校といった生活行動範囲の広がりに沿って主人公の人格的成長を描く第三部までと、
五・一五事件、二・二六事件に集約される軍国主義的な時代背景や、
主人公の精神的恋愛を作品の重要な要素として、社会性の広がりに沿って展開する第四部以降に
大別できると考えられる。
第一、二、五部には「あとがき」が、第四部には「附記」がある。
第二部のあとがきによれば、第一部は「教育と母性愛」、
第二部は「自己開拓者としての少年次郎」がテーマであると述べられている。
また、第五部のあとがきには、「戦争末期の次郎を第六部、終戦後数年たってからの次郎を第七部として
描いてみたいと思っている」とあるものの、下村が1955年に死去したため未完に終わった。


2018年10月 8日 (月)

誰のための「エビノコ郭」か

Photo

奈良の橿原考古学研究所の附属博物館に展示されている「エビノコ郭」の模型です。

Dscn3842

右の図の飛鳥浄御原宮の南東に作られた建物が,今回話題にする「エビノコ郭」です。

エビノコ郭

https://narayado.info/nara/ebinokokaku.html

9間×5間のエビノコ大殿(おおどの)!

しかも,南門ではなく,西門である。
西(九州)からのお客様が入るにふさわしい門だと思う。

エビノコ郭は大極殿か大安電か

http://unebiyama.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

上のブログの建物の様子では,宮内の他の建物よりエビノコ郭の大殿の方が「立派」に見える。
(正殿でさえ.7間×4間とのこと。それに対して,9間×5間で,玉砂利付きである)
ということは,大和の天皇(その頃はまだ大王)より「立派」な方が入ったのではないか。
つまり.白村江の戦いで敗れてはいるものの.まだ主権者ではあった九州王朝の天皇が
入っていたのではないか.という驚くべき結論になるのである。

著者が,泉官衙遺跡のⅠ期を,7世紀後半とした理由

それは,『南相馬に躍動する古代の郡役所~泉官衙遺跡』の
最後の方に出てくる。P84~85だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行方評衙の北1,5キロの地点には,律令国家の対蝦夷政策を支えた
金沢地区製鉄遺跡群が位置する。
同遺跡群では,行方評が成立する前後にあたる7世紀後半に製鉄の初現が認められる。
行方評衙,すなわち泉官衙遺跡Ⅰ期官衙の成立も,この時期にさかのぼる可能性が高い。
評衙の創設と金沢における製鉄の初現とは,おおむね軌を一にしていたと考えられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

書名と違って,躍動感がない説明でした。
詳しくは本書を・・・。

新々アパートの建設 10/8

今朝アパートの内部に入って写真を撮ってきた。
外からではわからない内部の様子が分かった。

Dscn3811

Dscn3812

Dscn3813

Dscn3815

Dscn3814

Dscn3817

Dscn3818

Dscn3822

最後の映像は,機関銃のように釘を撃つ機械の「弾(たま)」です。
本当に機関銃の「弾」みたいな感じです。

便利な時代は,不便な時代!?

パソコンが普及して,いろいろな活用がされている。
私もメールやブログで大車輪だが,
パソコンが不調になるとその分逆に昔感じなかった「不便さ」を感じるようになる。
1つの機械にいろいろな仕事をさせるということは,
逆にそれが使えなくなった時に一気に不便になるということでもあるのだ。

私は使わないが,スマホで用を足している人は,
それがなくなったり,故障した時に,かなりパニクっている様子を見る。
便利と不便,どちらがいったい良いのか・・・。

まあ,パソコンがあるおかげで,私もいろいろ楽しんだり,研究したり,
「34年ぶりの同窓会」に出られたり・・・いろいろ助かっています。
感謝しながら使わせていただきます。
これが「当たり前」にならないように・・・。(o^-^o)

大谷翔平ホームラン集(1~22号)2018

大谷翔平のホームラン集をYouTubeで入手しました。
約12分間ですが,実にいろいろな球をスタンドに放り込んでいます。
お時間のある方はぜひ観て下さい。
お時間のない方も「お気に入り」にどうぞ!


大谷翔平ホームラン集(1~22号)2018

https://www.youtube.com/watch?v=L9sH3v0fPCM

愛妻をがんで亡くし、自らも「がんサバイバー」のエリート医師が味わった絶望と希望

愛妻をがんで亡くし、自らも「がんサバイバー」のエリート医師が味わった絶望と希望

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/愛妻をがんで亡くし、自らも「がんサバイバー」のエリート医師が味わった絶望と希望/ar-BBO35rn?ocid=spartandhp#page=2


私も還暦を過ぎ,「いつまでもあると思うな親と金」に,
「自分の寿命」も加えなくてはならなくなってきた。

昨今ノーベル医学生理学賞で注目された免疫による治療に希望が増えたものの,
これまで多くの人の命をがんが奪ってきたことも事実だ。

昨日身近な何人もの人ががんの手術のお世話になっていることを知り,
その上でさらに上記の医師の話を読み,いろいろ考えさせられることがあったので,
決して短い話とは言えないが,共感していただける方もいるかと思いリンクしておく。

限りある命。だからこそ,大切に燃やしたいものです。

PS うちの母も,40代で乳がんにかかっています。(現在84歳)
母は昨日,実弟(私の叔父。70代)のお見舞いに病院に行ってきました。

2018年10月 7日 (日)

祝 135万アクセス達成!

本日は,外にいることが多く,アクセス数を見るのは朝以来だ。
なんと,もうすでに135万アクセスを超えているではないか!

読者の皆様,いつもご愛読ありがとうございます。
お陰様で,また新しい段階になりました。

134万アクセスは,9月21日(金)のことでした。
今回の1万アクセスは,17日間で達成でした。

10000÷17=588/日
(1日200アクセスまでもう少し)(o^-^o)

※ 先月の「200超え」は2回でした。
ところが今月はまだ3分の1のところで,もうすでに3回!
明らかに「夢ブログ」への注目度が高まっていると思われます。

愛媛県の中学校の修学旅行の話

豊予海峡の交通に関して,興味深い話を聞いた。
(かつてここには,九州王朝と大和王朝の「国境」があったとのこと)

愛媛県の中学校の修学旅行の話なのだが,
福岡・大分方面への修学旅行で,どうやって行くかというものだ。

ある人がその長い行程を心配して,
「本州に渡って関門トンネルをくぐって福岡へ行くのは大変ですね!」
とその学校の先生に言ったところ,
「なあに,九州と四国の間には海がありますから,船で佐賀関に渡ります」
と答えたのだという。
そこでさらに,「豊予海峡は流れが速いと聞いていますが・・・」と質問したところ,
「確かに速い時もあります。でも,そうでない時もありますからね・・・」と答えたらしい。

私たちは,一部の情報から全体を類推して,事実を曲解してしまうことが多い。
ところが,事実はそうでないことも少なくないのだ。

先ほどの「国境」の話だが,716年に往来が許可されたとのことだ。(「続日本紀」)

近所にできた「ビール工場」

イギリス人が本場のビールを飲ませるという
「ビール工場」が近くにできた。
そこで,有志5人で行ってきた。

Dscn3797

Dscn3798

ビール一杯500円と割高なのだが,
六杯分付いて2500円という券もあって,
それだと一杯420円ほどとなる。
つまみの持ち込みOKだ。

Dscn3810_2


秋津・氷川神社の祭り

10月7日(日)は,所沢沢祭りの日。
同時に,秋津・氷川神社の祭りもあった。

【お昼ごろ】

Dscn3790

Dscn3794

【夕方】

Dscn3799

Dscn3803_2

Dscn3805

【夜。お囃子終了直後】

Dscn3809


仮説実験授業研究会の準公式サイト

「仮説実験授業に準公式サイトがあるといいね!」
そう言われて久しいが,なかなか立派なものができつつあるようです。
今回はその入り口まで.ご案内します。
あとは,興味のあるコンテンツをご覧下さい。

仮説実験授業研究会の準公式サイト

http://www.kasetsu.org/index.html

板倉聖宣 年図 (竹田かずき作成)

http://www.kasetsu.org/2_society/history_itakura_sya.html

どんな「社会の科学」の授業書があるか?

質問を受けた時に,いつでも答えられるサイトがあると便利だ。
まず,どんな「社会の科学」の授業書があるかについてです。

どんな「社会の科学」の授業書があるか?

http://www.kasetsu.org/1_enjoy_kasetsu/jugyousyo/11_syakai.html

私がよく使ったのは・・・


世界地理・・・《世界の国ぐに》《焼肉と唐辛子》

日本歴史・・・《日本歴史入門》《日本の戦争の歴史》

世界歴史・・・《世界史入門》《二つの大陸の出会い》

日本地理・・・《日本の都道府県》《沖縄》

政治経済・・・《三権分立》《日本国憲法とその構成》《禁酒法と民主主義》《生類憐みの令》

というところでしょうか。

(1) 教科書が終わったら,余った時間で授業書をやる 
(2) 最初にむ総論として授業書を先にやり,余った時間で各論としての教科書をやる

私は,(1)から(2)へと進みました。

教員免許更新講習で仮説実験授業を体験しよう

仮説実験授業の準公式サイトに,
教員免許更新講習のことが出ていた。
今ではいくつもの大学で,仮説を扱っているのだ。
(私も5年前に明星大学で,小原さんの授業を受けた)

5日のうち1日だけでも,仮説がたのしめたことは,
私にとってこの上なく幸せな時間だった。
しかし,更新された免許は,半分の5年間しか使用しなかった。
(お金を半分返してほしいなあ)

研究会会員が講師となっている教員免許更新講習

http://www.kasetsu.org/1_enjoy_kasetsu/short_course.html

奈良県内の「東偏」の官衙遺跡

川瀬さんが,「奈良県の官衙遺構の中で
宮殿と考えられるもので東偏のものってあったかな?」
とおっしゃったので,9月22日に紹介した奈良県内の官衙遺跡を
再掲載したいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

231

寺院と同じように,南部に集まっている。
それがどうしてかは,あとで考えることにする。

次に,われわれの研究を助けてくれる「変遷」が載っているものを4つ紹介する。
いい仕事してくれてますなあ。

229

最初「東偏」だったのが,ある時期に「正方位」にされているのがわかると思う。
そこには,政治的な意思が必ず働いているはずだ。
特に,右側のものは,最後に一棟だけ「正方位」の建物が残り象徴的だ。
では,もう一枚。

230

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「上之宮(桜井市)」が一番宮殿っぽい遺跡でしょうか。
名前も「上之宮」だし・・・。

この遺跡の場合,Ⅰ期のやや「西偏」のあと,「東偏」ばかりでⅡ~Ⅳ期と続き,
Ⅴ期で廃棄状態という3つの形態を取っています。
九州王朝の「正方位」が作られる前に白村江の戦いを迎えてしまった
ということでしょうかね。


【拡大版】

Dscn3786


昨日の暑さ

昨日関東地方はすごく暑くて閉口したが,
これは台風25号が去る時に南風を誘い込んだからだと聞いた。
本当に台風は,来る時も去る時もいろいろやらかしてくれる。sun

昨日はさわやかな日和になると思ってトレーナーで出たら大汗をかいた。
今日も暑いらしいので,Тシャツでいく。
季節の変わり目はそういうことで体調を崩しやすいので要注意。(。>0<。)

【東京の予想最高気温】

7日(日)・・・31℃
8日(月)・・・25℃
9日(火)・・・25℃
10日(水)・・・27℃
11日(木)・・・25℃
12日(金)・・・21℃
13日(土)・・・21℃

新々アパートの建設 10/6

昨日はものすごく暑くて,屋外の作業は大変だったろう。
しかし,暑い日も寒い日も建設は進んでいく。
さすがに台風の日はお休みだが,体力のいる仕事なのである。

本日は日曜日で本来お休みだが,
内部の電気関係の工事で人が入ると,
建設会社の人から連絡が入った。

直木孝次郎さんのこと

たの社MLで歴史学者の直木孝次郎さんのことが出てきて,
検索したらウィキペディアに出ていたので,リンクしてみます。
1919年生まれで,現在99歳。まだご存命むでした!

直木孝次郎

https://ja.wikipedia.org/wiki/直木孝次郎

【古田さんと直木さんとの関わり】

・ 季節 第12号 特集 古田古代史学の諸相 ●古田武彦巻頭連続対談
 直木孝次郎・佐々木高明・梅沢伊勢三・倉田卓次

・ 2010年11月 第7回古代史セミナー(大学セミナーハウスにて)平松健さんの記録による古田講演

「藤原宮

もう一つ申し上げたいテーマがあります。それは藤原宮の問題です。7世紀の後半にい わゆる藤原宮があったと公の歴史では決まったこととして描かれています。この問題に は非常におかしな所がある。端的に言わしていただくと古賀達也さんが提起された問題 ですが、あの藤原宮はオシッコをすると大極殿の方に入る。つまり大極殿のある場所が 低いのです。藤原宮の人は当然どこかでオシッコをします。それが大極殿の方に流れて 行きます。そこに大極殿と書いてあるものがあるわけです。それは実は鴨氏の宮殿のあ とです。宮殿跡を大極殿跡と呼び変えているわけです。(文責者注 飛鳥資料館の学芸 員の方の説明では、藤原京が短期間であったのはその理由によるとのこと。また大極殿 跡と称する現地には鴨公神社の碑がある)。 この点もおかしいのです。鴨氏というのは非常に古い氏族である。神武が入って来たと きに手助けしたのが鴨氏である。それが後には京都にも支部というか、上賀茂、下加茂 というがあり、八咫烏の子孫であると言います。古田史学の会長の水野さんも八咫烏の 子孫です。当然八咫烏というのは人間です。空飛ぶ烏のように錯覚して読まされている だけで、実体は八咫烏という人間です。神武が熊野を通って入って来るときに,その辺 を支配していた八咫烏、鴨氏の一族がこれに味方して,これをリードした,という話で す。だから、神武以後の天皇家に取っては鴨氏に足を向けて寝れない存在です。だから 藤原宮の場合も鴨氏の神殿を中心にあの宮殿が造営されています。 鎌倉の場合も,神殿(八幡様)を中心に都城ができました。天皇家も同じで天皇家にと って頭が上がらない鴨氏の神殿を中心に造営されている。鴨氏の神殿を中心に拡げたわ けですから、拡げた結果、地形的に神殿より高い位置になったのはやむを得ないわけで, オシッコをしたら大極殿へ流れることになるのです。 これに対して直木孝次郎さんが久しぶりに講演をして、「藤原宮を考える場合で困った ことがある。藤原宮の儀式に参列する豪族の邸宅がない」。これはおかしいと言うこと で、ご自分で悩んでこられたらしい。その謎が解けたとおっしゃるわけです。難波の方
は広いから豪族の邸宅が取れるが、藤原宮で儀式をやる場合は豪族たちが移動して、飛 鳥へ行って参列したのだろう。大発見をしたように話されたのを覚えています。直木さ んにすればそのアイデアで疑問が解けたとお感じになったのでしょうが、私から見れば 失礼ながらいただけないと感じました。難波から藤原までは遠いところを、たくさんの 行列をつれて何で行く必要がある。近所にいくらでも作れるのに、それを作らず,無理 して行くというのは口先だけの理論付けでしょう。 いずれの点から見てもあれば天皇家の宮殿だったという,教科書や学会や新聞の言うこ とは大嘘です。 平安宮になると大極殿がちゃんとできますが。藤原宮では大極殿になり得ないのです。 」

Photo


2018年10月 6日 (土)

明日は,いよいよ135万アクセス!

何万アクセスでも同じことではあるが,
数字にこだわっているのではない。
ただ,十進法で生きてきたので,
やはり「5」とか「0」は画期という気がする。

ということで,明日には135万アクセス達成できると思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

洗濯と昼寝

地区大会が終わって,12時。
高碕サークルに行けない時間ではなかったが,
新幹線を使っても遅刻参加+タクシー代+体調いまいち
ということで,家に帰ることにした。

洗濯と昼寝だけはできた。
猫の「野良」も,急な暑さにバテ気味。

Dscn3783

Dscn3785


新人戦・地区大会 2018

本日は上記の大会があり,富士見市まで行ってきた。

対富士見市立勝瀬中 0ー2(24ー26,23ー25)

技術より気持ちで負けている。
これではいけない。

バレーボールでは,下がりながら行うプレーは,
基本的にうまくいかない。
前に出ながらレシーブするからセッターにも,
いい回転でボールが上げられる。
それをセッターがアタッカーに送って,
最後にアタッカーがスパイクを決める。

その基本動作のレシーブが下がりながらだから,
(オーバーでレシーブしていることが多かった)
寸足らずのレシーブ,精度の悪いトス,
ふわっとしたスパイクに。

また,相手のミスを期待しすぎだ。
たまにはあってもいいが,
毎回それでは攻める気がないように見えてしまう。

バレーボールもスポーツだから,
攻めている方が有利な状態になる。
その基本を忘れてはだめですね。

これからいくつかの秋季・冬季の大会がある。
「攻撃は最大の防御なり」
攻めの姿勢で,声を出し,動き回れ!

楽天が則本の好投で57勝目

ロッテ010000000計1
楽 天00020150×計8

楽天が則本の好投で57勝目。
則本が意地を見せた。
13日(土)にも勝って,ぜひ2桁勝利を!

則本・高梨・宋ー嶋

則本 9勝11敗

島内11号ソロ,ウィーラー14号ソロ,ウィーラー15号3ラン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーローつめインタピュー】

記者:7回1失点の好投で9勝目、則本選手です。ナイスピッチングでした。
則本選手:ありがとうございます。

記者:今日は好投手同士のマッチアップでした。どんな思いでマウンドへ上がったのでしょうか。
則本選手:早い段階で平石監督代行から「ホーム最終戦を任したぞ」と言われてたので、
なんとか勝ちで終わりたいなと思ってました。

記者:そういった中、3回から7回まで一人のランナーも出さないピッチングでした。
今日のピッチング振り返っていかがでしたか。
則本選手:1回、2回となかなか上手くいかなかったのですが、3
回からフォームを再確認してやった(投げた)結果、なんとか抑えることができたと思います。

記者:今日も8つの三振を奪いました。これで通算の奪三振数が186、5年連続最多奪三振のタイトルを
ほぼ手中に収めましたが、いかがでしょうか。
則本選手:そんなに(喜んではいない)です。

記者:ホーム最終戦、これだけの大声援の中で投げられたというのも、
非常に思いが強かったのではないでしょうか。
則本選手:そうですね。たくさんの楽天イーグルスファンの方に来ていただいて、すごく嬉しいです。
ありがとうございます。

記者:今日で9勝目ということになりました。そして、1週間後にはもう1試合残っております。
ルーキーイヤーから続けている2桁勝利も期待していいでしょうか。
則本選手:そこは(2桁勝利を狙って登板するかは)監督と相談します。

記者:来シーズンは平石監督のもと、今日のようなゲームをホームゲームで多く行ってくれることを
楽天イーグルスファンは期待していると思います。楽天イーグルスファンにメッセージをいただけますか。
則本選手:頑張ります。

記者:この多くの楽天イーグルスファンの声援に、もう一度メッセージをいただけますか。
則本選手:今シーズン、ホームでなかなか勝てず申し訳なかったのですが、
最終戦で良い勝ちができたので、来シーズンはこのような試合をたくさん作っていきたいと思います。
来シーズン以降も応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:2ホーマー4打点の活躍のウィーラー選手です。ナイスバッティングでした。
ウィーラー選手:凄く良いゲームだったと思います。

記者:今日は、則本選手が先発ということで、野手も一丸となってゲームに臨んでいた印象があります。
今日はどのような思いでゲームに臨まれましたか。
ウィーラー選手:則本選手が良いピッチングをしてくれましたし、
野手もみんでなで良いゲームを作れたと思います。

記者:1本目のホームランは、島内選手のホームランで同点に追いついた直後のホームランでした。
あの打席を振り返っていかがですか。
ウィーラー選手:(ホームランを)狙っていました。

記者:楽天イーグルスファンが埋め尽くすレフトスタンドに飛び込んでいきました。
打った感触はいかがでしょうか。
ウィーラー選手:すごく気持ちが良かったです。

記者:そして、2本目のホームランはゲームを決定づける3ランホームランでした。
あの打席はいかがでしたか。
ウィーラー選手:(打ったのは)シンカーだったのですが、難しいボールを上手く打てたと思います。

記者:ベンチの雰囲気を見ていても、ウィーラー選手が打つと盛り上がる印象があるんですが、
いかがでしょうか。
ウィーラー選手:ホーム最終戦たっだということもありますし、
多くの楽天イーグルスファンが来てくれたので、勝てて嬉しいです。

記者:大勢の楽天イーグルスファンの皆さんに最後にウィーラー選手から一言お願いします。
ウィーラー選手:今年1年、大きな声援と応援をいただいて、どうもありがとうございます。
来年も引き続き頑張りますので、同じような応援をよろしくお願いいたします。


横浜読書会(多元の会) 10/4

昨日は上記の会に行ってきた。
例の清水さんが続けていらっしゃる会である。
この会のいいところは,平日に行われるので,
退職した私には行きやすいところと.
飛び入りがしやすいところである。(o^-^o)
今後ともよろしくお願いします。

昨日は「東偏」のその後の新知見を持って行った。
例えば,多賀城・胆沢城・志波城などの東北の施設は「東偏」なのか。
はたまた,福岡県行橋市で発掘された福原長者原遺跡は何者なのか。
さらに,上総国分寺や下野薬師寺は九州王朝に関係あるのか・・・等である。

ところが,次項に書くが,最近取り組んでいる福島県の泉官衙遺跡について,
雨の横浜ですごい発見をしてしまったのだ。w(゚o゚)w
本当にすごい発見なのか,幻なのかは,あなたにお任せしますが,
日本古代史が刻み込まれている遺跡,それが泉官衙遺跡だと唸(うな)った。
(以下,次項へ)

盛りだくさんの話題の後は,例によって居酒屋で懇親会。
例会の参加が7名なのに,7人全員が残るのだからすごい会である。
もちろん酒の肴は,古代史。年齢も高いが,レベルも高~い。

泉官衙遺跡の遺構変遷図に,2つの王朝の「栄枯盛衰」を見た!

昨日は,清水さんがやられている横浜・多元の会に行った。
あまりに早く着いたのと.雨が激しく降っていたので,
スターバックスでコーヒーを飲みながら,
例の『南相馬に躍動する古代の郡役所~泉官衙遺跡』を読んでいた。
そこに,「歴史の神様」は降臨した。thunder
この泉官衙の遺構変遷図は,2つの王朝の「栄枯盛衰」を物語っているのではないか!
そう思ったのです。取り急ぎアップします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn3779

A期 ~ 中国・南朝の柵封体制の中で,「倭の五王」として九州王朝が使いを送り,
 その都が東偏しているのを真似て,各地の官衙や寺社を東偏にした時期 【6世紀後半】

B‐a期 ~ 南朝が滅ぼされ,その体制を継ぐ(継体)ものとして,隋に対抗して正方位にした時期。
 A期とサイズは同じだが,四面庇(ひさし)の豪華な正殿をはじめ.堂々たる偉容 【7世紀前半】

B‐b期 ~ A期とサイズは同じだが,白村江の戦いの敗戦のためか.残された建物は正殿のみ。
 さらに周囲の囲いが半分しかなくなる 【7世紀後半】

 ● つまり,ここまでが九州王朝時代の官衙の姿

C‐a期 ~ A・B‐a・B‐bという九州王朝の官衙に対して,サイズを拡大し,突然すごい官衙の登場。
 大和王朝が九州王朝に取って代わった豪華な地方官衙の姿を再び示している。 【8世紀】

C‐b期 ~ しかし,100年も過ぎると,律令制は崩れ始め.後殿はなくなり,柵も減る 【9世紀】

C‐c期 ~ そして,もう100年過ぎると,正殿もなくなり,西脇殿のみの惨めな姿に・・・ 【10世紀】


 ● つまり,こちらは大和王朝の時代の官衙の姿

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで,私は「この泉官衙遺跡の6つの遺構変遷図から,2つの王朝の「栄枯盛衰」が見えた!」
と思ったわけですが,これがすごい発見なのか,あるいは幻なのか,読者の判断にお任せします。
もちろん「すごい発見!」と思っていただきたいのは,やまやまですが・・・。
なお,【  】で付けた「時期」は便宜的なもので,変更することも考えられます。アドバイス下さい。

2018年10月 5日 (金)

奈良文化財研究所データベース

ここのところ「東偏・僕」になっていろいろな遺跡の謎を探ってきた。
その中で最も活用しているのが「奈良文化財研究所データベース」である。
(川瀬さんに教えていただいた)

この名称を入力して,検索。
サイトが出てきたらすぐに「お気に入り」に。

奈良文化財研究所データベース

https://www.nabunken.go.jp/research/database.html

「古代寺院遺跡」とか「地方官衙関係遺跡」とかは,
たいへんよく使うので,要チェック。

県別に集められているものが少なくないので,
まず「都道府県名」を入れて,検索をかける。

県によって数は違うが,全部が全部詳しいデータという訳にはいかないから,
驚いてビビらないこと。「下へ」でたどっていく。

私にとって特に有効なのは.「正方位」「東偏」「西偏」がわかる
発掘による伽藍配置図である。

また,気の利いた発掘報告書は,いろいろな時代の変遷を
数個に分けて書いているところだ。

「東偏」で建てられた寺院や官衙がいつごろ「正方位」になっていくかがわかる。
「わかる」といっても土器編年が狂っていれば本当のところはわからないのだが,
「東偏」→「正方位」は大きな画期なので,今はそこまでで我慢しよう。
東偏・僕としては,そのような発掘の成果を地下から地上へ「発掘」するのが
今の仕事だと心得ている。

そして,方位から古代史を解明する糸口としたい。

京都橘&出雲商 さくらパレード2018 交歓コンサート(山田さん紹介)

前にも紹介した京都橘高校のマーチング。
顧問の先生が退職するということもあり,
「姉妹校」の出雲商業と交歓コンサートを開いたようです。

10分ほどですが,御用とお急ぎでない方は,
元気をもらえる演奏ですのでお楽しみ下さい。
今回も,紹介して下さったのは,
山田さんなのは言うまでもありません。
ありがとうございました。m●m

京都橘&出雲商 さくらパレード2018 交歓コンサート

https://www.youtube.com/watch?v=LarCUHVDjyw

授業プラン〈歴史と方位〉を作っています

私はこれまで.いくつかの授業プランを作ってきました。
幸い中学校の生徒たちだけでなく.小学校の児童たちにも好評でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈「邪馬台国」はどこだ!〉・・・考古出土物をもとに,「邪馬台国」のありかを予想していく。

〈狭山丘陵の自然と歴史〉・・・自然とは何なのか。食物連鎖を通して.考えていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらに続く第3弾。授業プラン〈歴史と方位〉を作っています。

このところの古代史研究により.歴史における方位がとても大切だとわかりました。
日本や中国の都の方位を通して.歴史の面白さを体験できる授業プランになると思っています。
ただし,多元史観の部分も含みますので,取扱いには注意して下さい。
特に.学校の歴史の時間に扱う場合は,職を賭す覚悟で。(ウソ)

できたら,一度歴史を学んで.「学校の歴史の時間はよくわからなかった」という大人に.
「こんな歴史再入門はいかがですか?」という街角・古代史が向いているかもしれません。
九州王朝説も出てくるので,通説と比較ができる知識が必要かもしれませんから。

まだ.A4判で2枚の素案ですが,「ちゃんとしたプリントを用意してくれ。検討してみる」
という方がいると,私の意欲が増すこと絶大です。
まずは,写真版で。

Dscn3777

2018年10月 4日 (木)

「たの社ML 2019」の自己紹介

肥沼(こえぬま)です。
4月から多元的古代史研究を主にやっています。

これまでも古田武彦氏に学んで「日本古代ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」
というのを発表していましたが,ここ数年の研究の進展で,九州王朝説にさらに確信を持つことができています。
その役割の一端を,仮説実験授業から学んだ私が担っているのがうれしいです。その例をいくつか書きます。

「「国分寺」はなかった!」・・・現在の国分寺は,九州王朝が各地に設置した国府・国府寺の流れを汲むものであり,
741年の聖武天皇の「国分寺建立の詔」には,「国分寺」という言葉は1回も出てこない。
「(これまである伽藍に加えて)七重塔を造れ」という命令である。国府も九州王朝が置いたものであり,
武蔵国府は街全体を「東偏」の形に作っている。(大國魂神社付近は,その後正方位に)
また,各地の旧式の国分寺(国府寺)や廃寺の多くも東偏の作り方をしている。
これらは多賀城・胆沢城・志波城も同様で,大和王朝の前に九州王朝が東北遠征をしていた証拠である。
では,なぜ九州王朝は東偏の街や寺院を作ったか・・・それは彼らが南朝の柵封体制の中にあり,
倭の五王(九州王朝の王)が使いを送った際,その都が東偏していたこと(その後,中国は正方位に転換。
日本でもそれを真似て,太宰府が正方位に都を作った)にある。

つまり,7世紀末まで九州王朝が日本列島の主権者であり,701年=大宝元年(大和作の初めての年号。
「続日本紀」に出ている)から大和王朝が主権を持つ時代が始まる・・・といった次第です。
古田氏が亡くなって数年しましたが,やっとここまで来ることができました。

歴史教科書はすぐには変わりません。それは日本の社会が天皇制を軸に回転しているからです。
場合によっては,自分の出世も左右されます。私にしても,通説で教科書を教えてきました。
(要所には,こんな研究をしている人たちがいて,自分は賛成の立場である,ということは明言しています)
しかし,やがて本当の歴史は明らかになってしまいます。その時,教えている(教えてきた)生徒たちに
恥ずかしくない自分でありたいです。なので,社会の科学の授業書の開発を進めながらも,
そんな研究が一方で進んでいることを心にとめておいてほしいと思います。
なにしろ,社会の科学MLは,他に類例のない,素晴らしい存在であると思いますから・・・。

北秋津城・探検隊(3)

今朝周囲を廻ってみた。
まず,堀の外側(北)。

北側にはMさんのマンションがあるが,
幸いにも堀の外側の土塁は無事のようである。

Dscn3775_2

Dscn3776

さらに,我が家の東にある森へ。
これは「かわじま(地元の子は「かーじま」と呼んでいた。
私は岩国生まれなので,なんか違和感があった)の
しげちゃんの家の周囲を取り囲む森だ。

Dscn3771

標高的には我が家より柳瀬川の下流にあたるので,
「かわじま」は「川の中州」のことだと思う。
なので,みっちゃんの家の森の続きではないと思う。
(もっとも昔は,そこいら中雑木林だったが・・・)
こちらも「農家」。しげちゃんは1歳年下で中学理科の先生だったが,
家業を継ぐため若くして退職した。優秀な方だったので,残念だった。
(この狭い範囲に,一時幼馴染の中学教師が3人いたことになる)

新々アパートの建設 10/3

昨日も晴れて,作業が進んだ。
ただし,屋内なので外見は変わらないが,
よく見るとバルコニーにもアルミサッシが入ったようだ。
これで一安心。

Dscn3774

でも,台風25号,こっちへ来るな!\(*`∧´)/


市民講座「住むまちを知る」(第1回)

郷土研究会の会長であるOさんとは,
1年前に居酒屋「福ちゃん」で知り合ってから親しくさせていただいている。
私の母がOさんのお嬢さんたちを保育園で預かっていたというおまけつきで,
親子2代に渡るお付き合いである。

そのOさんは地域の地理・歴史に詳しいところから,
今回の市民講座の講師として招かれた。
(全4回のうち,1・2・4回目である)
私も参加させていただく予定。

第1回は,「萩山町について」で,地域の九道の辻,鎌倉街道,野火止用水,小平霊園について,
40ページあまりもある資料冊子の前半をもとに語られた。
途中で,「東山道武蔵路は,九州王朝が作った軍用道路であり,その中心は太宰府であった
という説も出ています」という素晴らしい新知見も披露された。ありがとうございます。(o^-^o)

第2回は,今回の続きで多摩湖鉄道,大開発構想,学童疎開,オオカミ窪について。
第4回はフィールドワークと魅力満載だが,抽選で選ばれた30名だけなので,あしからず。
今回もOさんの人気に多数の応募があり,何名もお断りするという事態になったとのこと。
無理すれば入れたと思うのだが,なかなか公民館はお堅いなあ。

会場の壁には,私が新任だった1982年頃のOさんの手書きの学級通信も貼られ,
川瀬さんの歴史研究部の活動と似ているものを感じた。
私の干支のひと回り上の72歳のOさん,まだまだお元気である。

亀井城の謎(川瀬さん)

せっかくなので,川瀬さんが教えて下さった
「亀井城の謎」をリンクさせていただきます。

亀井城の謎

 http://kawa-k.vis.ne.jp/chiikisi/asiato3.5.htm

北秋津城の場合,宅地造成の影響で,東側の堀は削られてしまっていたと思います。
また,南側も平らで「城」を感じさせるものは何もなかったですね。
ただ,家の北側の堀だけが「秘密基地」や「かくれんぼの場所」になっていました。
もし亀井城(小山田城)のような完全な形をしていたら,ものすごい面積となりますね。

2018年10月 3日 (水)

50年ぶりに担任の先生と再会できた!

10月1日に電話でお話しした担任の先生にガリ本を差し上げようと,
住所以外は全部記入し,切手も貼った封筒を持って,O先生宅を午前7時に訪問した。

ご夫婦一緒の散歩からはもう帰っておられて,さっそく住所をゲットすることができた。
「もう後はポストに入れるだけ」と考えた時,私の中に何かがひらめいた。

私は会いに行けばすぐ数十分以内に会える恩師に,
わざわざ郵便で冊子を送ろうとしている。
これでいいのか・・・。

そして,すぐ自転車は数キロ離れた恩師のもとに向けて出発していた。
若い頃ならいざらず,お互いもう還暦も過ぎている年齢同士。
いつ何があってもおかしくはない。今日会えるなら,今日会うべきなのだ。

ところが,会いたい気持ちがあるから,すぐ会えるかというと,なかなかそうはいかない。
いくら探しても,なかなか先生のお宅に着けないのであった。
そして,次の家でわからなかったら,もうポストに手紙を入れよう。
そう思って,作業をしている男性に,「この番地の方を探しているのですが,わかりますか?」
と聞いたその答えは・・・「ここです」との短い答えだった。

実は,H先生宅は,先日の台風24号で被害を受け,
それを友人夫妻に修理してもらっているところだったのだ。
とうとう恩師の家が見つかった!

先生は市内の学校を中心に回られ,今は私が教わった学校から
そんなに離れていない地区にお住まいになっていた。
そして,O先生夫妻を通して,私が中学の教員になったことや母のことをご存知だった。

そして,今から13年前に父が亡くなったことを話すと,
「実は・・・」と旦那様もその少し前に亡くなられていたことを語って下さったのだった。
ただ,一男一女に恵まれ,今は孫たちの存在が支えになっているようだった。
まだまだお元気で,これからの交流が楽しみである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エピソード1・・・冊子のほかに『たの授』も持っていき,お渡ししたところ,
 「仮説実験授業なら,K先生のことはご存知ですよね」と聞かれた。
 K先生とは,所沢仮説サークル以来36年のお付き合いで,
 今でも夏の大会や昭島サークルなどでお会いしている関係である。
 本当にこの3日間は,「えーっ」「おー」と感動の連続である。

エピソード2・・・同級生のN君や赤門塾のこともご存じだった。
 また,テニスもやられるとのこと,昨日初めて知った。

エピソード3・・・母へのお土産にと,自作の甘酒をいただいた。
 甘すぎない,絶妙の味。これを母に渡すべきか,やめておくべきか,それが問題だ。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

教育ってすごい仕事だなあと,つくづく思う。
人間が生と生とで交流する世界。
それはたとえ50年の時を隔ててもすぐ交流できる,
素晴らしいものなのだなあと,退職してから気づかされている。

6月に「34年ぶりの同窓会」で打ち立たてた記録は,
早くも4か月後に50年に塗り替えられた。
まさに「奇跡の3日間」となった。

北秋津城の堀の図面と写真

川瀬さんのおかげで,上記のものが入手できました。
感謝いたします。

北秋津城の堀の図面と写真

https://blogs.yahoo.co.jp/lunatic_rosier/61385167.html?__ysp=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9sdW5hdGljX3Jvc2llci82MTM4NTE2Ny5odG1s

峯岸さんのマンションから撮れるとは気が付かなかった。

北秋津城・探検隊(2)

先程,北秋津城の堀の撮影に行ってきた。

Mさんの自宅を訪問すると,母と同い年のお父さんが
ちょうど電話をしているところだった。
電話が終わるのを待って,北秋津城の堀の撮影をしたい旨お話しした。
「団体は危ないからだめだが,個人ならOK」ということで山に入れていただいた。
子どもの頃遊んだ山は,さらにあの頃よりも鬱蒼(うっそう)としており,
高くなった木からは無数の落ち葉が落ち,隣人との間に物議をかもしているとか。

とにかく,10以上の蜘蛛の巣を顔にキャッチしながら,
久しぶりの哺乳類の侵入に喜んで飛んでくる蚊と戦いながら,
最高点を目指しての登山は続いた。

城の堀というのは,掘った土を土塁として積み上げるので,
最高点への道はすごく大変だった。(堀の外は案外高くない)
おそらく私が訪問したのは内堀で,外堀はさらに外側を廻っているのだろう。

ようやく最高点に達したと思ったら,今度は一気に堀の底へ。
それは剛速球の直後に,三振を取るために投げられたフォークボールを思わせた。
「すべって転んで大分県」にならないように,慎重に下っていく。
この時顔に浴びせられる蜘蛛のネット攻撃は,たまらない不愉快さであった。

そうやって苦労して撮影した写真を,7枚紹介しよう。
写真というのは,それを撮れる安定した場所でしか撮れない。
つまり一番きつい状態は,写真に撮られていないことをご承知おき下さい。

Dscn3749

最高点

Dscn3750

堀の底

Dscn3751

堀の底

Dscn3753

堀の南側(高~い)

Dscn3754

堀の北側(それほどでもない)

Dscn3755

堀の底(左が北側・右が南側)

Dscn3758

社群

エピソード1・・・母とお父さんは同い年だと書いた。
 方や山に入って木を切っている人。方や冷蔵庫の中に好物を探す人。
 ちょっと母を1年ほど山に入れて,修業をさせようと思った。

エピソード2・・・久しぶりの山だったが,1回もコケなかった。
 この私の絶妙なバランス感覚は,子供の頃の山遊びで培われたのかもしれない。
 山よ,ありがとう!

エピソード3・・・最後の社の写真は,左から八幡社・牛頭天王宮・稲荷社であった。
 東山道武蔵路は牛頭天王がたくさん祭られているので,これもその系列である。


大谷投手が「デスパシート」を熱唱

こんな形で大谷投手の歌声を聴くとは思わなかったが,
エンゼルスの移動のバスの中で,
「デスパシート」(ジャスティン・ビーバーの曲)を熱唱している様子を
チームメイトの選手が録画して,アップしたそうだ。
「夢ブログ」でもさっそくリンクして,お届けする次第です。

大谷投手が「デスパシート」を熱唱

https://www.youtube.com/watch?v=TpLaItSxxCo

スターとして,父として(田原俊彦の幸せ)

芸能界ですごく人気のあった人が,
ある時期を境に,マスコミから,
「消えたスター」扱いされるようになる。

それはスターとして不幸なことなのか,それとも・・・。
田原俊彦を追ったこの報告は,
いろいろ考えさせてくれると思うのでリンクさせていただきます。

スターとして,父として,田原俊彦の幸せはどこにあったか

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/スターとして、父として…-田原俊彦の幸せはどこにあったか/ar-BBNOVeL?li=BBfTjut&ocid=spartandhp#page=2

あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

先日の森永卓郎さんの講演会で聞いた,
「10年後なくなる仕事」の話題を検索してみた。

あと10年で「なくなる職業」「なくなる仕事」

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

「あなたの職業」「あなたの仕事」は大丈夫ですか?
なにしろ,約半分がAI(人工知能)でも代替できるらしいので。

「夢ブログの作成」はランクインしていませんでした。
ほっと一安心。(o^-^o)

森永さんも「創造的な仕事は,AI には代替できない」と言っていました。
(「夢ブログ」が創造的な仕事かどうかは別にして・・・)

新々アパートの建設 10/1・10/2

写真というのは,「真を写す」と書くが,
その真とは「外側の真」のことである。

写真は「昨日と変わらない」ように見えても,
内部の造作は進んでいる。

これは,他人から見れば大して進歩していないように見えても,
実は他人からは見えないところが進歩しているかもし知れないということだ。
それは考えておくこ必要がある。(ただし,本当に外見も内容も同じ場合もある)

Dscn3739

Dscn3741


2018年10月 2日 (火)

北秋津城・探検隊

さっそく北秋津城・探検隊(隊長・肥さん)が組織され,
夕飯前に動き出した。

まずは,南からMさん実家と背後の森を撮影。
(奥の青い家がMさんの実家。かなり木の高さは高いが,
土地の標高自体はそんなに高くないのがわかるだろうか)

Dscn3740_4

いきなり長年のブランクをかえりみず訪問するのははばかられ,
北側の堀を周囲から撮影しようと,時計と反対周りに歩く。
もう大部分が宅地化され,なかなか撮影できそうになかったが,
北西まで回ったところにある,以前ハクビシンを目撃したことのる藪からチャレンジ。
こんな映像を撮影した。(有刺鉄線が張ってあることからして,ここが入りやすい場所
=堀の跡と思われた。左側が北の標高が高い方)

Dscn3742

とりあえず,本日のところまでの報告である。

地域はタイムマシン~城跡の堀で遊んだ私たち

川瀬さんが「発見」して下さった北秋津城は,
幼い頃遊んだ「やっちゃん」「みっちゃん」の実家である。ヽ(´▽`)/
そうか,ここはお城の跡だったのか・・・。
(家業は農家で,長男はわからないけど,
次男は中学技術の先生で,新任の美原中では同僚だった。2歳年下)

子どもの頃の思い出

城跡としては意識しておらず,兄弟の家の裏山は格好の「隠れ家」であり,
また「かくれんぼ」の際には,絶対見つからない場所が裏山だった。
(最近,西側の道路を歩いていたら,ハクビシンと遭遇した。堀跡に住んでいるらしい)
今考えると私たちは裏山に作られた堀に隠れていたことになる。
けっこう面積があり,堀とは意識しなかったが・・・。

坂の上には八雲神社(天王様)が,坂の下には日月神社があって,
子どもの頃よく遊んだ。(頻度は後者の方が多い)
やはり高い木がいっぱいあって,社の裏が隠れる場所だった。
八雲神社は街道が合流するYの字のところにある。

Dscn3738

昨日報告した「北秋津の発掘現場」は,東へ数百m下ったところにあり,
縄文時代の集石遺構があった。
また,柳瀬川の河岸段丘には横穴式石室の古墳があったと聞いたことがある。

さらに数百m東に行くと,この7~8月にかけて行われた
「上安松の発掘現場」へと続き,縄文土器,平安時代の須恵器,後世の石臼が出土。
柳瀬川をさらに下ると滝ノ城跡などもある。(何回か行ったことがある)

昨日は50年ぶりに恩師と話をすることができ,
本日は子どもの頃の遊び場が中世の城跡だったことがわかり,
なんだかタイムマシンに乗っているような,不思議な気分だ。(o^-^o)

北秋津城は,どこだ!

近所の地名「北秋津」で検索したら,
「北秋津城」というのがあるということがわかった。

初耳ー!
いったい北秋津城は,どこだ!

北秋津城

https://ja.wikipedia.org/wiki/北秋津城

もしかして,Oさんが昨日言っていた大堀山館跡というのは,
幼い頃よく遊んだ「やっちゃん」「みっちゃん」の家のことかな?
日月神社のすぐ近くだし,西と北は山だし・・・。
「うちで」という屋号で呼ばれていた気がする。
すごーーーい大地主だしね。

詩の授業 草野心平「春のうた」

「おおきなくもがうごいている・・・
動いているのは雲か,蜘蛛か?」
というのが,ちょっと面白い発問だと思った。

詩の授業 草野心平「春のうた」

http://www.zb.ztv.ne.jp/jmkvgvzm/si/harunouta.html

草野心平 「蛙のうた」

これもリンクさせていただきます。

「河童と蛙」はリズムに乗って,
「秋の夜の会話」はしんみりと。

草野心平 「蛙のうた」

http://www.kuniomi.gr.jp/togen/iwai/kaeruuta.html

草野心平 詩一覧

偶然見つけたこのサイト。
一応リンクしておきました。
多作な詩人なんだなあ。

草野心平 詩一覧

http://www.geocities.jp/scaffale00410/shimpeilist.htm

北秋津の発掘現場 10/1

今年の7~8月は,「上安松の発掘現場」ということで,
何回もその様子を報告していたが,
その調査団はさらに西に移動し,
うちから自転車で5分ほどの北秋津を発掘していた。

学芸員の何人もが前からの顔見知りで,
私のことも覚えていて下さり,
特にSさん(美原中の卒業生)とは親しくさせていただき,
遺跡の説明もして下さる。

今回は,縄文時代の集石遺構が主なようで,
残念ながら住居址は見つかっていないが,
9か所の遺構のうち4か所から炭化した木が出ているという。
これは石を火で熱して,熱い石を利用して
蒸し焼き料理を作っていたのかもしれない。

その作業場が,河岸段丘の下にあるので,
住居址は河岸段丘の上にあるのかもしれない。
昨日最初に出かけたのはその辺りで,
重機を使って試掘の溝を掘っていた。

道路や住宅あるいは商業施設の開発が見込まれ,
幼い頃駆け回った野山が,姿を変えようとしているのかもしれない。

【河岸段丘より上の場所】

Dscn3705

Dscn3706

Dscn3707

【河岸段丘より下の場所】

Dscn3708

Dscn3710

Dscn3709

Dscn3711

以前発掘に関わっていたKさん(三ケ島中の保護者)の息子さんが,
やはり親の血を引いたのか,他の埋文センターで発掘をされているらしい。
「その方は,私が担任した生徒です」と言ったら,皆さん驚いていた。
(だって,Sさん,Yさん,Hさん次いで,4人目になるからね)

有名人でいうと,勅使河原先生も知り合いですが・・・
発掘をやっている人なら誰でも知っている文時代の研究者。所沢市在住。
以前,三ケ島中で選択社会の時間に来ていただき,
その時の生徒が,例の作曲家・阿部海太郎君だったというおまけ付きである♪)

ノーベル医学生理学賞に,本庶佑(ほんじょたすく)さん

本庶さん,がん治療「第4の道」導く 衝撃の新薬に結実

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6298658

がん治療における「第4の道」とは,
外科手術,放射線,抗がん剤に続き,
「免疫でがんを治す」という方法をいう。

免疫でがんを治すためには,自身が持つ「ブレーキ」を
いかに掛けさせないようにするかがカギだったが,
その謎を解明したということらしい。

とにかく,「不治の病」と思われていたがんの治療に,
「第4の道」が開かれたことは大きい。
それを日本の人が解明したこともすごくうれしい。
(アメリカのジェームズ・アリソン教授との共同受賞)

2018年10月 1日 (月)

福島県の「かわうち草野心平記念館」からのお客様

「福ちゃん」に少し早目に到着したと思ったら,
もうすでに福島県からのお客様(Sさん)が郷土研究会会長のO先生やママとお話ししていた。
さっそく私も混ぜていただき,交流が始まった。

なんと大学(教育系大学の美術専攻)を卒業して2年目の方で,ご両親は陶芸家という芸術一家。
ご本人も陶芸をやられるらしいが,職業として今就いているのが
「草野心平記念館」の学芸員ということらしい。
(昨日の心平さんのファン説は,半分合っているが半分違っていました)

とにかく草野心平さんがよく立ち寄ったという「福寿司」(現在は,居酒屋「福ちゃん」)に来たことが
うれしくてたまらないという感じで,ママは心平さんとも直接話をしたわけだし,
私たちも地元の人間として情報提供を惜しまない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①「福寿司」(現在は,居酒屋「福ちゃん」) → ➁「光あまねし」の石碑 → ③心平さんの家の跡

→④西武グランド(心平さんが凧を上げていたという) →➄O先生のお宅

のように,秋津町3丁目・4丁目の町内めぐりを行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

O先生のお宅では,餃子あらためカツとエビのフライ,里芋煮,和え物,フルーツ(ぶどう,りんご)など
奥様お手製のごちそうにに舌鼓を打ち,O先生が用意された心平さん関連資料数十点に喜び,
最後は国宝・正福寺まで足をも延ばして所沢駅でお別れした。

そのSさんは,新秋津から大宮へ。大宮から郡山まで東北新幹線で一走り。
そこから自宅までがまた掛かるが,到着してパソコンを開けたら,
この記録が見られるようにしようと思い,頑張ってみた。

Dscn3714

Dscn3712

Dscn3717

Dscn3718

Dscn3719

Dscn3720

Dscn3721

Sさんは最初,山梨(「草野心平展」を開催)からの帰りに,「光あまねし」の石碑の写真でも
撮って帰ろうと思っていたらしい。
しかし,サービス精神の塊のO先生が,それで済ますわけがないのである。
少しでも財政豊かないわき市の記念館に,質では負けないものを提供しようと奔走し,
上記の写真のような「山のような資料」をお土産に用意したことを最後に記しておく。

追伸 Sさん,ぜひまたおいで下さい。その際,トトロ関係は,私がご案内いたします。
宮崎駿さんの自宅付近,トトロの森1号地,七国山のモデル八国山,似ている屋敷森など,
映画に関係の深い場所をご案内いたしますよ。(o^-^o)

草野心平 天山文庫

http://www.kawauchimura.jp/page/page000071.html

草野心平を偲ぶ 「天山祭り」

http://www.kawauchimura.jp/page/page000187.html

かわうち草野心平記念館

https://www.jalan.net/kankou/spt_07544ae3292086578/

50年ぶりに担任の先生と話せた!

小学校3・4年の時,私はU先生(結婚してH先生)に担任していただいた。
その先生と本日電話でお話をすることができた。
10歳だった私が今還暦だから,当時20代半ばだったH先生ももういいお年だが,
歌が好きだということで,声にも張りがあり,お元気でおられるようで安心した。

実はそのきっかけを作って下さったのは,郷土研究会の会長O先生とその奥様。
お二人は東京都の小学校の先生で,H先生を知っていても不思議ではないのだが,
弟の担任だったM先生の名前が出た時も,まさかH先生までにつながるとは思っていなかった。
それが,あれよあれよという間に,奥様とH先生は友人関係で,
11月半ばに旅行に行くことになっているという話につながり,
メールして私のアドレスを送って下さるという話に発展し,
ついに最後には,H先生が直々O先生の奥様のケータイに電話を下さり,
その場にいた私は,なんと50年ぶりに恩師と話すことができたという次第だ。

電話の中で一緒に歌をやっている I先生(中学国語),N先生(中学音楽),K先生(中学国語)の
3人のお名前が出たのだが,その3人とも私と交流のある方々だった。
ということで,恩師に50年ぶりに電話で「再会」できただけでなく,
さらに3人ともつながりができそうである。
                                ↗ I 先生  
郷土研究会の会長O先生 ・ 奥様 → H先生 → N先生 
                                ↘ K先生 

人生100歳時代というが,それは命があり,その命と命が交流してこそ意味がある。
まさか,退職後の半年に続く「最初の日」から,このような幸運に恵まれようとは,
人生捨てたもんじゃない!生きててよかったあ。ヽ(´▽`)/                               

Ⅱ群・Ⅲ群の写真

川瀬さんのご要望により,「Ⅱ群・Ⅲ群の写真」を載せさせていただきます、

Dscn3724

Dscn3725

Dscn3726

写真の部分の拡大

Dscn3734

Dscn3729

写真の部分の拡大

Dscn3736


今年はまるで「台風一家」

大型の台風24号が通り過ぎて,
今日は暑くなりそうです。

こういうのを「台風一過」と言いますが,
今年は台風があまりにも多く,しかも強烈なものが多かったので,
「台風一家」という造語を題名に使ってみました。

「万引き家族」(映画)に対抗して,
「台風一家」という訳です。
(家族だと優しいので,ちょっと暴力的にtyphoon

TV東京「モ-ニングサテライト」のテーマ曲に注目!

阿部海太郎君(作曲家。私が25年ほど前に選択社会科を教えた)に関する情報です。

10月1日(月).朝.5時45分~TV東京「モ-ニングサテライト」の
恝テ-マ音楽を付けたようです。
「朝,早いけど,見て下さい」とのこと。
番組の20周年の記念らしいです。

私にとって,この時間帯なら全然早くない。
本日は見逃しましたが,明日から楽しみに待ちます。(o^-^o)

退職して半年

昨日で,退職して半年経った。
その「激動の半年」を振り返ってみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【4月】

・ 3月に出た『発見された倭京~太宰府都城と官道』や男バレお別れパーティーや「卒パ」で,
 気持ちに区切れをつけ,再スタートの春を迎えることができた。

・ 高崎サークルでスタート講演「今日までそして明日から」(仮説と古代史の研究)

・ 伊勢神宮方面へ東建コーポレーションの2泊3日のオーナーズ旅行を利用して母と行く(石川遼・中村雅俊)

・ 〈古代史〉 伊勢神宮・大嘗祭


【5月】

・ 母の荷物の片づけ&旧アパートから母屋への引越作業

・ 実施3週間前から「34年ぶりの同窓会」に関わる(新任の時,24歳で教えた14歳も,はや50歳に!)

・ 重機を使って旧アパートの解体スタート

・ 〈古代史〉 「多元的〈国分寺〉研究」「古田史学の継承のために」サイトを休養


【6月】

・ 「新宿探検隊」から「34年ぶりの同窓会」へのたのしい日々

・ アパートの解体完了・新々アパートの建設開始

・ 〈古代史〉 高安城・鉄剣のX線分析


【7月】

・ 2泊3日で仮説の夏の大会(三河湾〉へ。「生徒たちと手品もたのしんだ最後の3年間」

・ 〈古代史〉 日本武尊の東征・「おおざと」と「こざと」・奈良の大仏・天神道・府中での研究会


【8月】

・ 『板倉聖宣講演年譜』の「発想法ゼミナール」の部分を補う。私が,26~31歳の頃

・ 仮説・川崎の会に出かけ「エレベーター式!?トランプ」(手品)を売る

・ 還暦

・ 〈古代史〉 府中での研究会。東偏のムサシ評衙の発見。各地の東偏5度の寺院や街並み・西海使・
 国分寺四中の地下に40棟を超える掘立柱建物を見つける。
 『武蔵国分寺跡発掘調査報告概報 ⅩⅧ』の謎が26年ぶりに解ける。東偏の手本は南朝の都だった!


【9月】

・ 古代史講演会で25分間「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」を話す

・ 東偏の話が興味をひき,東京・古田会や多元の会で案内役の話が出る 

・ 高崎サークルにて「謎は解けた!国府と国分寺は誰が最初に建てたか?」

・ 所沢・教研集会で「「36年間の実践」を振り返り,未来を展望す」

・ 〈古代史〉 天壇公園・上総国分寺の謎・「王賜」鉄剣・府中での研究会・福原長者原官衙遺跡(福岡県)・
 久米官衙遺跡(愛媛県)・泉官衙遺跡(福島県)

東村山市勤労者福祉サービスセンター創立三十周年記念式典

昨日は,午後から上記の会に出かけた。
(福島県からのお客様は,1日延期することに)
「ますや」さんの「お母さん」も,特別招待で前の方の座席に座った。

午後1時からのスタートだったが,市長やセンター長,来賓のあいさつが続いたので,
そこは省略させていただく。

  森永卓郎さん(独協大学・経済アナリスト)の講演会 午後2時~ 
  
演題は,「暮らしとお金の話~進む格差社会を賢く生きる」。
たいへんユニークな経歴の持ち主で,テレビ・ラジオでも有名な方で,。
統計を使った経済学のわかりやすい話が楽しかった。芸能界の舞台裏も。
東京の港区の収入とある県のある村の収入の比較がすごかった。(チョー格差社会!)
また,「A I」(人工知能)が仕事の半分を奪っていく時代が,すでに目前である。
「その近未来に生き残ることができる文化と芸術のある生活を!」という話もよかった。

  テツandトモによるお笑いライブ(彼らも,デビュー20周年) 午後3時半~

「なんでだろー,なんでだろー♪」という例の流行語大賞のやつもたくさんやってくれ,
また,所狭しと会場を動き回り,握手もしてくれた。(私もテツさん(赤いジャージの方)と握手)
途中で,子どもたち2人が舞台に上がり,彼らと交流した。
2人とも日大芸術学部の出身で,特にテツさんは新所沢に住んでいたこともあるという。
新所沢に34年住んだ私は,きっとすれ違っていることでしょう。

Dscn3645

Dscn3646

Dscn3647


ちょっと似ている法隆寺・若草伽藍の軒丸瓦

川瀬さんから教えていただいた軒丸瓦の映像をお届けします。
古代史の議論は,やっている本人たちは夢中なのですが,
「夢ブログ」には古代史に関心のない方も少なくないので,
少なくとも映像はお届けして,「こういうことを議論しているのです」と
補う必要があると思っています。なので,リンク先の明記はありがたいです。

法隆寺・若草伽藍の瓦軒丸

http://avantdoublier.blogspot.com/2015/03/blog-post.html

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ