« 北秋津城・探検隊(2) | トップページ | 50年ぶりに担任の先生と再会できた! »

2018年10月 3日 (水)

北秋津城の堀の図面と写真

川瀬さんのおかげで,上記のものが入手できました。
感謝いたします。

北秋津城の堀の図面と写真

https://blogs.yahoo.co.jp/lunatic_rosier/61385167.html?__ysp=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9sdW5hdGljX3Jvc2llci82MTM4NTE2Ny5odG1s

峯岸さんのマンションから撮れるとは気が付かなかった。

« 北秋津城・探検隊(2) | トップページ | 50年ぶりに担任の先生と再会できた! »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 この北秋津城要図。城の復元が間違っていると思う。
 本来の裏山の形はコの字状で南向きだと思う。左側の県道の所がもう少し南に突き出ていて、さらに右側の今は宅地造成されてしまって、家々の中にその残骸の崖が残っているばしょ。ここももう少し南に突き出ていたと思う。その残骸がさらに南、肥沼さんの家の東側に残っている。
 したがって今、Мさんのお宅がある場所が、コの字の真ん中の空間。
 空堀と土塁を要図では東側を南にまげて復元しているが、これはそのまま曲がらずに東に向いていると思う。なぜならここは台地の南の端。台地の北と西を空堀と土塁で隔絶して、城にしていると思われるからです。
 この形なら鎌倉時代の武士の館と詰めの城の形になります。
 私の作った資料であれば、町田市の小山田城の形。
 http://kawa-k.vis.ne.jp/chiikisi/asiato3.5.htm

 昔はМさんの家の前にも土塁があったと思います。
 その土塁の跡が、肥沼さんの家の北側の道路ではないでしょうか。

追伸

 この図の出典ですが、
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/iitokoro/enjoy/rekishi/sisi02.html

 の「所沢市史研究」の1996年3月30日発行の第19号に掲載されているのではないか。
 問い合わせてみると良いと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北秋津城・探検隊(2) | トップページ | 50年ぶりに担任の先生と再会できた! »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ