« 息子の手料理 10/17 | トップページ | 観世音寺の前身寺院は,「百済寺」では? »

2018年10月18日 (木)

内裏周辺下層の「もう」1つの発掘調査は,「東偏20度」

川瀬さんのコメントで,難波宮の内裏の地下に「東偏20度」の遺跡があるということで,
見える形にアップしてみたい。
奈良文化財研究所のデータベースは,誰でも使うことができ,
全国の多くの遺跡を,いろいろな角度から知ることができて大変便利だ。

内裏周辺下層の「もう」1つの発掘調査

Photo

(写真をクリックすると拡大します)

年代は不明ということだが,九州王朝が各地の官衙や寺院を「東偏」させたのは,
南朝に使いを送っていた5世紀後半と思われるので,
この地にもそれがあったということだろう。


« 息子の手料理 10/17 | トップページ | 観世音寺の前身寺院は,「百済寺」では? »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の手料理 10/17 | トップページ | 観世音寺の前身寺院は,「百済寺」では? »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ