« 新々アパートの建設 9/14 | トップページ | 「東偏・僕」の東北遠征 »

2018年9月15日 (土)

『「邪馬台国」論争は終わった』

河村日下著,ミネルヴァ書房刊,
4000円+税の上記の本を入手した。

Dscn3476_3

全体としては古田説支持で,卑弥呼の本拠地だけは違うとのこと。
(水城の考え方から)

「古代の地平を啓く」シリーズの2冊目ということだ。

(1) 記紀神話の真実

(2) 「邪馬台国」論争は終わった  ★本書

(3) よみがえる古代王朝

(4) 九州王朝の滅亡と天武の出現

どんなシリーズなのか,今から楽しみだ。

« 新々アパートの建設 9/14 | トップページ | 「東偏・僕」の東北遠征 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新々アパートの建設 9/14 | トップページ | 「東偏・僕」の東北遠征 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ