« 「ドライアイス実験ビデオ」を発見! | トップページ | 食欲の秋 in 静岡 5大グルメ食べ放題(グリーンツアー) »

2018年9月11日 (火)

多元的古代の街・「府中」「国分寺」を歩く(見直し案)

和田さんの再度のリクエストにお応えして,
「多元の会」のフィールド・ワーク案を書いてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年1月6日(日)~JR府中本町駅集合・午前9時半

(1) 国司館(正方位)

(2) 大國魂神社(正方位)

(3) Tさんの家(正方位と東偏5度の境)

(4) 多磨寺(東偏5度)と塔心礎

(5) 信仰の場所・天神社

 (JRで移動する(府中本町駅→西国分寺駅)

(6) 昼食(30分)

(7) 東山道武蔵路(正方位に近い=東偏2度?)

(8) 武蔵国分寺 

 ① 金堂以下の主要建物(西偏7度)
 ➁ 塔(ほぼ正方位?)
 ➂ 尼寺(ほぼ正方位?)

 ※ 「武蔵国分寺跡資料館」と「国分寺四中資料室」にも,時間があったら立ち寄る。
 そして,府中街道を南に歩き,「参道口」にも訪れ,最後に3億円事件の発生した
 府中刑務所の脇を歩き,JR北府中駅がゴールとなる。(解散=午後3時半の予定)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天気がまともなら,これでなんとか回れると思います。
以前に回られたらしい府中熊野神社(資料で説明)を除き,天神社と昼食を入れました。

« 「ドライアイス実験ビデオ」を発見! | トップページ | 食欲の秋 in 静岡 5大グルメ食べ放題(グリーンツアー) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

先日の講演を聞いたので、現実になったら参加したいですね。現地を回ったら、より理解が深まるでしょうね。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

ぜひご参加下さい。
歴史の実感が湧いてくると思います。

PS 「あの方」の旦那様も,
古田武彦氏の著作をお持ちでしたよ。
昨日のメールの中で書いてありました。

肥沼さんへ

 とても良い案になっていますね。
 ちゃんと「東偏の古代府中町」の信仰の場である多摩寺と天神社が入っている。

 参道口遺構に行った際に、この遺構のすぐ東側に本来の初期武蔵国庁、すぐ西側に国府官衙群が眠っているのではないかということをお話しいただけると幸いです(復元案地図を配るとよいかもね)。

 その前に一度「多元的国分寺研究サークル」のサイトに、復元案を詳しく説明した論考を載せないといけませんね。
 この案の完成目標は2018年内11月中かな。そして12月にはアップする。
 このための発掘資料の精査がこれからの課題だね。

 1:東偏建物の年代を示す資料を見つける。つまり東偏の掘立柱建物が竪穴住居を壊して建っている遺跡をできるだけ多く見つけ、その竪穴住居から出土した土器で、この住居が壊された年代を確定する。もしくは掘立柱建物の柱穴から、柱を建てた際に埋納された瓦や土器があれば、それでこの年代を確定する。
 2:東偏建物群の中心である多摩寺の編年の再検討。
 3:正方位の多摩「評衙」以前の東偏の多摩郡中心官衙をみつける。

 この三つができれば東偏の街についての考察は完成する。
 せめて1だけでも年内にやって目途をつけたいですね。

 さらに国府寺の復元については以下のとおり。

 1:寺地区画溝らしき二つの溝の発掘資料を確認する。
 2:本来の参道遺構らしき三つの道路・溝遺構の発掘資料を確認する。
 3:正方位建物群(四中遺跡・武蔵台東遺跡・武蔵台遺跡・武蔵台一丁目遺跡)で、正方位の掘立柱建物が竪穴住居をつぶして建てられた例をできるだけ多く見つけ、その竪穴住居出土の土器で、住居が壊された年代を確認する。もしくは掘立柱の柱穴から柱を埋めたときに埋設された瓦や土器があれば、それで正方位掘立柱建物の年代を決定する。
 4:この正方位建物群に随伴する西偏建物群についても、同様の資料を集めてその年代を決定する。
 5:国分寺の出土瓦の編年の再検討。

 ここまでやれば完璧ですが、年内に1・2・3をやっておきたいと思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  とても良い案になっていますね。
 ちゃんと「東偏の古代府中町」の信仰の場である多摩寺と天神社が入っている。

それはそうでしょう。なにしろ,川瀬さんの監修ですから。(笑)

〉  参道口遺構に行った際に、この遺構のすぐ東側に本来の初期武蔵国庁、すぐ西側に国府官衙群が眠っているのではないかということをお話しいただけると幸いです(復元案地図を配るとよいかもね)。

そうするようにします。

〉 その前に一度「多元的国分寺研究サークル」のサイトに、復元案を詳しく説明した論考を載せないといけませんね。
 この案の完成目標は2018年内11月中かな。そして12月にはアップする。
 このための発掘資料の精査がこれからの課題だね。

私は新しい分野に入るのが時間が掛かる人なので,よろしくお願いします。
「ただ義務感でやる」のが人一倍苦手です。
色ペンを使ったりする作業を入れる方法はないでしょうかね。(笑)

この見直し案で進めましょう。11月の会報、HPで会員に案内します。例年の集まりでは20名前後ですが、会員以外の方の参加もOKです。なお、「多元の会・関東」ではなく「多元の会」(正式名:多元的古代研究会)」です。念のため。和田拝

和田さんへ
コメントありがとうございます。

資料は20数部用意するつもりです。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ドライアイス実験ビデオ」を発見! | トップページ | 食欲の秋 in 静岡 5大グルメ食べ放題(グリーンツアー) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ