« 上総国分寺の謎が解けた! | トップページ | A3判の紙に拡大して描いてみた(改訂版) »

2018年9月 4日 (火)

2つの「東偏5度」記念グッズ

2つの記念グッズを紹介しよう。

まず,1つは今回の建康(南朝の都)にまつわる知識のもとである
佐川英治著『中国古代都城の設計と思想~円丘祭祀の歴史的展開』(勉誠出版)。
1万1000円+税と安くないですが,川瀬さんのご紹介で記念品として買いました。

Dscn3343

もう1つは,分度器。
1個150円で買えますが,私に限りない利益をもたらしています。
左がよく売っているもの。,右がスグレモノの分度器。
どこが違うかわかりますか?

Dscn3348

正解は,右の分度器の両側に水色とオレンジ色の「5度の目印」が付いているのです。
常にこれを使うことにより,「5度感覚」を身に着けたのかもしれません。
小学生が角度を読みやすいように着色したのだと思いますが,
一番利用したのは今年還暦を迎えた私でした。
たかが分度器,されど分度器。
150円の分度器の実力,恐るべし!(コンビニで買いました。笑)

« 上総国分寺の謎が解けた! | トップページ | A3判の紙に拡大して描いてみた(改訂版) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 耳に痛いことを言います。

 「中国古代都城の設計と思想」。
 記念品として買うだけではなく、ちゃんと読んでください。
 中国の歴代の都城を比較検討するとともに、その設計思想の変遷を文献と考古資料とから解き明かしています。
 論文の結論や図面だけみて、その考察の過程を読まないのでは、そして他人がやったまとめを読んだだけでは、いつまでたっても古代史の基礎知識が肥沼さんの頭脳に集積されることはないです。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  記念品として買うだけではなく、ちゃんと読んでください。
 中国の歴代の都城を比較検討するとともに、その設計思想の変遷を文献と考古資料とから解き明かしています。

もう買われて読まれたのですか!?
さすが川瀬さんですね。

今10冊くらい本がたまっているので,
おいおい読んでいきます。
現在『日航機123便・・・』を読んでいるところです。
あの本を書くには,勇気がいると思いました。

私は気が向かないと読書スピードがぐんと落ちます。
あまりせかせないようにお願いします。

肥沼さんへ

 せかしているわけではありませんが、「中国古代都城の設計と思想」は、九州王朝と東偏の寺院・都城の関係を解くのに必須の文献だと思うので、他にもまして優先すべき本だと思うからです。
 私はまだ読んでいません。
 明日午前中に配送する便でお願いしました。アマゾンの即日配送は、配送会社とその社員に多大の負担をかけるので、いつもアマゾンでお願いする際には通常配送にしています。
 内容は目次を読めばわかるし、そもそもこの本の骨子は、先に見つけた40ページの論文なのですから、これを補足加筆したものだと判断できます。

 私も読みたい本は一杯ありますが、来たら早速何を置いても読もうと思っています。

※『日航機123便・・・』。たしかにこの本を書くにはあらゆる妨害を乗り越えようとの決意と勇気がなければ書けませんが、著者をここに駆り立てているのは、自分を温かくかつ厳しく鍛えた先輩たちの、あの笑顔を二度と見られなくなったことへの悔しさと、突然理不尽にも命を絶たれた彼女たちの方がもっと悔しいはずだとの想いだと思います。たとえ真実を明らかにさせない敵・壁が、現政府や自衛隊や自衛隊の軍隊化を画策する政治勢力であろうとも、先輩たちへの愛で著者は明らかにしていくと思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

私の読書の優先順位と読書のスピードが,
川瀬さんをいらいらさせているのはわからなくはないのですが,
私がその本を読みたくなるのは,その本が魅力的に思えた時です。
私は「読まなければいけない」という義務感からではだめなのです。
その代わり,読みたくなったら人が止めても読む。そういう感じです。

アドバイスの全部を「夢ブログ」に掲載していなくてすみませんが,
いただいた内容は「出ていない部分」を削除せず,
「パソコンの中」には残させてはいただいていますので。
ただ,これは私信のメールのやり取りではありませんので,
「あの川瀬さんて,いったいどういう方なんですか・・・?」と,
読者の皆さんに不愉快な気持ちをさせない程度のものを
掲載させていただくことにしています。あしからず。


肥沼さんへ

 いらいらしているわけではありません。必要なアドバイスだから言うだけ。

 なんどでも言います。
 「中国古代都城の設計と思想」は、九州王朝と東偏の寺院・都城の関係を解くのに必須の文献だと思うので、他にもまして優先すべき本だと思うからです。

 この新しい「中国都城の設計思想の歴史的変化」を理解していないと、「九州王朝が中国の東偏の都を真似して自分の都や寺院をつくった」という肥沼仮説を深めることも証明することもできません。
 私はこの本の骨子を理解したうえでさらに先に手を伸ばしています。
 太宰府遺跡の精査と北部九州の官衙遺跡の精査です。
 なぜここに手を伸ばしているのか。それはご自身でお考えください。発見の一旦はのちほどお渡しします。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 いらいらしているわけではありません。必要なアドバイスだから言うだけ。
 なんどでも言います。
 「中国古代都城の設計と思想」は、九州王朝と東偏の寺院・都城の関係を解くのに必須の文献だと思うので、他にもまして優先すべき本だと思うからです。
 この新しい「中国都城の設計思想の歴史的変化」を理解していないと、「九州王朝が中国の東偏の都を真似して自分の都や寺院をつくった」という肥沼仮説を深めることも証明することもできません。

こういう言い方だと私は動き出さないのです。
ところが・・・

〉  私はこの本の骨子を理解したうえでさらに先に手を伸ばしています。
 太宰府遺跡の精査と北部九州の官衙遺跡の精査です。

こういう言い方だと,「あれ,なんだか読んでみたいなあ」となってきます。

〉  なぜここに手を伸ばしているのか。それはご自身でお考えください。発見の一旦はのちほどお渡しします。

すみませんが,体調不良(下痢)で本日は欠席させていただきます。
うまくいかないものです。
もしできましたら,「発見の一旦」の資料をお送り下さい。

肥沼さんへ

 本日の国分寺の図書館までの往復の車中の時間を利用して、 「中国古代都城の設計と思想」の序章を読み終えました。
 研究史を通覧し、その主な学説の批判と評価をし、これに基づいて自説を展開すると予告した部分です。祭祀と連携して都城設計思想を論じたところに、この本の価値はあります。

 そしてこの本の説をベースにすると、興味深い問題がでてきます。
 つまり九州王朝の宮殿や都城は、当初東偏5度だったのではないか。
 という問題が。
 さらに中国の漢魏の都城設計思想を倭国が受け入れた際に、天の祭祀の思想も受け入れたのではないか。つまり倭国の宮殿や都城を造る際に、その南に天を祀る施設を作ったのではないかとの仮説がでてくるのです。

 ここをベースにすると、肥沼さんが府中の東偏市街とその南にある多摩寺、さらに南の「天神社」をセットにしたことに光が当たってきます。
 「天神社」と「天の祭祀」。なんか閃きませんか?

 太宰府の遺構を奈良文化財研究所の官衙遺構データベースで見ていると、あちこちに東偏5度の掘立柱建物が散在する。もしかしたら正方位の太宰府一期遺構の下に、東偏5度の宮殿遺構か都城遺構があるのかも?
 さらにこのデータベースで福岡県の官衙遺跡を全部みていたら、面白い遺跡に出会いました。
 福岡県行橋市の「福原長者原」遺跡。よみは「ふくばらちょうじゃばら」です。
 豊前国府の北西2キロほどの遺跡。
 東偏5度のほぼ正方形の土塀に囲まれた遺構。その中軸線と土塀の交点には中門遺構が。そしてその先の中軸線上には三面庇の大型掘立柱建物。そしてその南には南北軸の掘立柱建物が間の中庭を挟んで東西に数棟連なっていた模様。
 まさかここに宮殿があると思っていないから「不明官衙遺構」になっている。
 しかも遺構分布図を見ると、宮殿遺構の北側には方形壇が。そして南側には円丘が。
 どんぴしゃの遺跡なのですよ。
 ぜひデータベースで見てください。
 
 もしかして倭国も天と地の祭祀を受け入れて、地壇と天丘を結ぶ線上に大極殿を置いた宮殿をつくっていたのかもしれません。
 
 さらに閃きが。
 府中の発掘地図(カラー版)を見ていた気が付いたこと。
 なんと「坪宮」(=武蔵国造の祖先を礼拝する宮)。「くらやみ祭り」では神主・国司代理が最初にここに参って、そのあと、坪宮の真北にある府中街道の交差点に待っている8基の神輿の所にいって礼拝し、そこで神輿が東の大国魂神社に戻る。
 この坪宮のすぐ北側に「国府」があったからと「くらやみ祭り」では解釈されています。
 この坪宮の真北が国分寺僧寺の創建伽藍の塔1のすぐ西側。そして坪宮の位置は、東山道武蔵路と府中街道の交点(ここに駅があった)と、大国魂神社から真北に向かう9mの道までの距離のほぼ中点にあたる。
 もしかしたら初期武蔵国府は、その中心軸上に南から
 坪宮(天丘)ー武蔵国府の国庁ー国分寺創建伽藍ー(地壇)
 という設計思想で並べていたのかもしれませんね。
 本当に初期国庁は国分寺創建伽藍のすぐ南だったかも。

 どうですか。地と天の祭祀の思想と都城設計思想の合体。
 その歴史を知りたくなったでしょ!

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  どうですか。地と天の祭祀の思想と都城設計思想の合体。
 その歴史を知りたくなったでしょ!

すごい,すごい!この内容は,私の読書意欲を,一挙に100倍にしましたよ!!
川瀬さんもだいぶ私のおだて方がうまくなられましたね。(o^-^o)
明日からさっそく頑張ってみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上総国分寺の謎が解けた! | トップページ | A3判の紙に拡大して描いてみた(改訂版) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ