« 「王賜」についての第6の選択肢 | トップページ | 新々アパートの建設 9/7 »

2018年9月 7日 (金)

まだまだ遺跡はあるはず~「東偏5度くらい」を探せ!

九州王朝系の寺院や宮殿,都市と思われる「東偏5度」の遺跡が,
現在23件確認されています。以下のものです。

九州王朝の「北海道」に所属するもの・・・3件

九州王朝の「東山道」に所属するもの・・・10件

九州王朝の「東海道」に所属するもの・・・9件

九州王朝の「南海道」に所属するもの・・・1件

190

この「東偏5度」集めは,武蔵国府・武蔵国府寺探しの取り組みの中で,
府中市自体が少なくとも「東偏5度」「正方位」「西偏7度」の街づくりがされていることがわかり,
それなら,九州王朝の歴史を表すことになるのではないかと思って始めました。

東偏5度・・・九州王朝が後漢・魏の都・洛陽に倣って寺院・宮殿・都市を作った時代(川瀬さんより指摘)
 ※ 建康は,東偏25度でした。

正方位・・・九州王朝が隋に対抗して,正方位で国府や国府寺を置いた時代

西偏7度・・・白村江の戦いに敗れ,地元勢力が支配した時代

8月17日に始めた時には10件にも満たない数でしたが,
川瀬さんのご協力もあり,現在23件(椿木廃寺.山王廃寺が増えて25件)に増やすことが出来ました。
その中で昨日は,九州王朝のお膝元の福岡県(行橋市)で,
古代の宮殿跡にも思える福原長者原(ふくばるちょうじゃばる)官衙遺跡に出会えました。

しかし,一元史観の人たちに九州王朝の実在を知っていただくためには,
まだまだ多くの遺跡を見つけ出す必要があります。(せめて都道府県の数以上)

そこでお願いですが,この「夢ブログ」をお読みの方で,
自分の住んでいる(あるいは関心のある)寺院・都市の方位を調べてみてほしいのです。
やり方は簡単です。地図でその寺院がどの方位で建っているか,北より東に傾いていないかです。
つまり「 / 」の向きです。4~12世紀は日本列島は西偏の時代ですので,
磁石を用いて北を測ると,自然に西偏「 \ 」になるので,慣れればすぐわかります。
そんな時代にあえて「東偏」で建築するわけですから,すごい権力です。

「東偏の遺跡」募集中です!
「東偏・僕」の肥さんより

※ 古い寺院(廃寺)で「白鳳瓦が出ている」
などというのがあったたら,ねらい目です。

※ 補足:あと5度にあまりこだわらない方が良いと思います。東偏3度~8度くらい。(川瀬さん)

« 「王賜」についての第6の選択肢 | トップページ | 新々アパートの建設 9/7 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 訂正です。

(誤)東偏5度・・・九州王朝が南朝の都・建康に倣って寺院・宮殿・都市を作った時代

(正)東偏5度・・・九州王朝が後漢・魏の都・洛陽に倣って寺院・宮殿・都市を作った時代

理由:建康は東偏25度です。洛陽はおそらく東偏5度。そして倭国が倭国王の称号をもらい金印をもらったのは、後漢洛陽と魏洛陽です。倣うならこの都でしょう。

 補足:あと5度にあまりこだわらない方が良いと思います。東偏3度~8度くらい。
理由は5度というのは地図を見てのだいたいの角度。多摩寺の発掘報告書などでその東偏角度を正確に確認したわけではありません。どうも「東偏5度」が一人歩きしている感じがします。福原長者原官衙遺跡も、正殿は東偏4度。回廊は東偏3度でした。これらを囲む大溝の角度を測っていませんが。
 ということで東偏遺跡の角度に少し幅を持たせた方が良いと思います。
 たしか府中遺跡の中で、多摩寺の北にある方形区画Aの方位は東偏9度くらいだったと思いますので。

追伸:読者のみなさんを巻き込むのも悪くはないですが、奈良文化財研究所の、古代官衙遺跡データベースと古代寺院データベースに出てくる遺跡のすべての方位を確認した方が、データ集積としては早いし確実だとおもいます。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

「東偏3~8度」でいいなら,これまでもあったような気がします。
それをちょっと集めてみますか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「王賜」についての第6の選択肢 | トップページ | 新々アパートの建設 9/7 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ