« 昨日の府中・国分寺めぐり | トップページ | 『太宰府は日本の首都だった』への書評 »

2018年9月20日 (木)

埋蔵文化財研究会の集会

上記の研究集会を検索して見つけました。
私の記憶では,第四十回の集会は,
「若手が中心になって,C14を歴史研究のまな板の上に載せた」もので,
『太宰府は日本の首都だった』(2000年)に掲載された『考古学と実年代』(1996年)は,
当時としては,素早い対応だったと思います。
もちろんその後22年経っているわけですから,測定方法も測定値もさらに正確になっているものと
私は信じたいです。(どこに質問すればいいのだろう。埋蔵文化財研究会に直接でしょうか?)

埋蔵文化財研究会の集会

https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN00596992?p=1

その後,特に『考古学と実年代』に続くような取り組みがされているとは思えません。

« 昨日の府中・国分寺めぐり | トップページ | 『太宰府は日本の首都だった』への書評 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の府中・国分寺めぐり | トップページ | 『太宰府は日本の首都だった』への書評 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ