« イチローが大谷に“新二刀流”を提案 | トップページ | 明科遺跡群明科廃寺 第4次 »

2018年9月18日 (火)

突然『武蔵国分寺跡発掘調査報告既報・ⅩⅧ』が出現!

本日,長い間探していた上記の報告書が,
ついに国分寺市の各図書館に姿を見せた。
まず,その報告をしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日私は,午前中に恋ヶ窪図書館に向かい,
国分寺市ふるさと文化財課に1冊しかないと思われていた『ⅩⅧ』を
恋ヶ窪図書館で閲覧できるように(そしてコピーできるように)しようと思っていた。
ところが受付の司書さんは,「ちょっと待っていて下さいね」と館内を少し歩き,
「新着図書のところにありましたよ」と『ⅩⅧ』を手渡してくれたのだった。w(゚o゚)w

「えーーーっ,なんで?」私は頭が混線した。一冊しかないはずの報告書がここにもあるとは。
先日電話したら,「ここにも『ⅩⅧ』だけはありませんねー」という例のせりふを言っていたのに・・・。

その謎は,司書さんと話しているうちに解けた。
私が「ふるさと文化財課」を訪問したことはすでに書いたが,
3つ図書館からの別ルートの連絡がプレッシャーとなり,
「全ての図書館に配布されていない」という事実が26年ぶりに明らかになったようなのだ。
そこであわてて倉庫を探してみたら,案の定そこには図書館配布分のものが残っていて,
即日国分寺市内の図書館に「新着図書」として配布されたのだった。
(確かに「新着」には違いないが・・・)

「図書のコピーは半分まで」というルールを私は知っていたので,
半分だけコピーをさせてもらって,お礼を言い,次の元町図書館へ。
ここでも『ⅩⅧ』が入っているのを確認して,お礼を言い,さっきとは違うところをコピー。
本当は2枚ずつコピーしたかったのだが,ルールは守って。
(実は,元町図書館から私に何回も電話いただいていたらしいのだが,なぜか掛からなかった)

さらに武蔵国分寺跡資料館の2階のふるさと文化財課へ向かう。
先日の閲覧のお礼を言い,各図書館にも配られたとの確認をし,以下の交渉をしてみた。
「私たちは,武蔵国府・国分寺について研究しています。この『ⅩⅧ』はとても貴重な資料なので,
コピーは取れるようになりましたが,ぜひ報告書も持っていたい。
有償でいいので余分があったらお分け下さい。もし非売品ということでしたら,無償貸与という形でも」
返事は後日いただけるそうだが,あまり期待しないで待ちたいと思う。

さて,その足で国分寺四中の資料館へ。吉報を知らせようとしたが,祭日の次の日でお休みでした。
またさらにその足で,国分寺駅北口の本多図書館へも。ここでもお礼を言って,『ⅩⅧ』を確認。
(この図書館の司書さんも,恋ヶ窪図書館との連絡をしぶとく取って下さった)

今回の『武蔵国分寺跡発掘調査報告既報・ⅩⅧ』の捜索においては,
3つのことがうまく作用したと思う。

(1) 『ⅩⅧ』をぜひとも見たいという私たちの執念
(2) 国分寺市立元町・本多・恋ヶ窪図書館の司書さんたちのありがたいサポート
(3) ふるさと文化財課の方たちによる最終捜索

この三つが「三位一体」となって作用し,9月7日から『ⅩⅧ』は26年ぶりに,
国分寺市内の各図書館で自由に閲覧できるようになった。
(1992年発行→2018閲覧開始)

226


« イチローが大谷に“新二刀流”を提案 | トップページ | 明科遺跡群明科廃寺 第4次 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 驚きの結果ですね。
 なんと発掘調査概報18だけ図書館に配布するのを忘れていた。
 肥沼さんが調査報告書を見たいと、図書館を次々に尋ね文化課までも尋ねなければ、この26年前の配布忘れは、気が付かれることなく、報告書はずっと文化課の倉庫に眠り続けたというわけですね。

 なんとまあ。

 でもこれで四中遺跡の調査の後半部分をじっくり精査できますね。

 何度も足を運んでもらって、ありがとうございます。御疲れ様でした。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

本当に驚きの展開でしたが,
倉庫から出された『ⅩⅧ』が,
「ぜひ活用して本当の歴史を明らかにしてくれ」
と私たちに言っていようにといました。
そのためにも,頑張らなくては!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イチローが大谷に“新二刀流”を提案 | トップページ | 明科遺跡群明科廃寺 第4次 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ