« 「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャル2018 | トップページ | 新々アパートの建設 9/17 »

2018年9月18日 (火)

山王廃寺の「創建前」と「創建後」の掘立柱建物の方位

川瀬さんの「この寺院は正方位。
この寺院の下には西偏25度くらいの掘立柱建物群があり、
これが豪族の居館なのか郡衙なのかが論争になっているようです」
との言葉を頼りに,図面を探してみました。

➀ 創建前 西偏30度ほどの掘立柱建物群が8棟見えます。

Dscn3501

➁ 創建後 掘立柱建物に,正方位と西偏7度の2種類のものが。建てた時期・主体が違う?
 あと,西偏7度は「熊野神社古墳」&「武蔵国分寺(主要伽藍)」の方位と同じだ。

Dscn3502


« 「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャル2018 | トップページ | 新々アパートの建設 9/17 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「渡る世間は鬼ばかり」3時間スペシャル2018 | トップページ | 新々アパートの建設 9/17 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ