« 上総国分寺の金堂院+塔の建てられた時期 | トップページ | 日本考古地磁気データベース »

2018年9月 5日 (水)

1500年前の「市原市の有力者」

金堂院と塔を再建するには,相当のお金が必要である。
それを出せる人は,すごい人(あるいはその子孫)ではないかと思いつき(またか),
検索していたら,ありました。

~稲荷台1号墳の王賜銘鉄剣~

1500年前の地元の有力者の子孫が,400年たった1100年前も栄えていて,
平安時代の末に,地元の上総国分寺を再建したのではないかという,
壮大な思い付きである。

「稲荷台1号墳出土の王賜銘鉄剣」

https://ja.wikipedia.org/wiki/鉄剣・鉄刀銘文#稲荷台1号墳出土の王賜銘鉄剣

「そんな昔のことはわからないよ。
肥さんの大ぼらだよ。」と言うなかれ。

上総国分寺と稲荷台1号墳の距離は,約2キロ。
これは武蔵国分寺(金堂以下の主要伽藍)と
府中熊野神社古墳のそれとほぼ同じなのである。
(両方とも,西偏7度で同じ方位)

※ 府中熊野神社古墳は,7世紀中頃作られたと考えられています。
場所は離れていますが,9世紀半ばの845年に,
武蔵国の男衾郡の前の大領(長官)の壬生吉志福正が,塔の再建を願い出て,
許可されたことが『続日本後紀』に書かれているそうです。

« 上総国分寺の金堂院+塔の建てられた時期 | トップページ | 日本考古地磁気データベース »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上総国分寺の金堂院+塔の建てられた時期 | トップページ | 日本考古地磁気データベース »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ