« 『たの授』8月号の感想 | トップページ | 出雲国府跡 »

2018年8月 7日 (火)

シャイニングマンデー早くも不評


シャイニングマンデー早くも不評

https://www.msn.com/ja-jp/news/money/シャイニングマンデー早くも不評、国の提案が歓迎されない理由/ar-BBLAeLw?ocid=spartandhp#page=2

「金曜日の午後は3時に仕事を終え,充実した終末を!」
という触れ込みで始まったプレミアム・フライデー。
これはまたとない社会実験と私は考えた。
では,その実験結果は?
失敗(実施率11%)と言っていいだろう。
40人の教室で言うと,担任が何か提案して,
動き出した生徒が4人だけだったということだからである。

ところが,この担任(政府)はまたそれに懲りることなく.
新たな社会実験をやろうとしている。
「金曜日の午後がだめなら,月曜日の午前中ならどうだ」
というわけである。(シャイニング・マンデー)
これも今のところの反応から見て,
失敗に終わるのではないか?

そもそも金曜しろ月曜しろ人が「仕事をしなければならない」と現在考えている時間帯に,
押し付け的に何かをさせようとしてもだめなのだと思う。
頑張ってもせいぜい10%という実験結果が出ているのだから・・・。
やはり「働き方」を変えると言うなら,「働いている人の声を聞いてみる」と
いうことなしには始まらないと思う。

ところで,授業の改善に「生徒の声(授業評価や感想)を聞く」という方法で
仮説実験授業は大きな成果を上げてきた。
これに学ばない手はないと思う。
仕事の改善にも「働いている人の声」を聞くという方法でやるしかないのだ。
もしかしたら,働いている人は「もう働きたくない」というかもしれないが,
実験結果がそうなら,ではどうして行ったらいいか,また次の段階が始まるのだと思う。
それぐらいの覚悟がないと社会はなかなか動かないものなのだ。

昔「週休2日制」が始まるという時,土曜日は地域が受け皿になるという社会実験をした。
ところが受け皿になるはずの地域は存在しなかった。
そして,教員の「休日部活2日制」がスタートしたのだった。

« 『たの授』8月号の感想 | トップページ | 出雲国府跡 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たの授』8月号の感想 | トップページ | 出雲国府跡 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ