« 第1回調査報告の出土物分布の「改訂版」 | トップページ | 国分寺四中の地下には何があるか?(4) »

2018年8月29日 (水)

出来上がっていた『武蔵国分僧寺発掘調査報告書Ⅱ』(遺物編)

『武蔵国分僧寺発掘調査報告書Ⅰ』の続編である上記の書(遺物編)が,
2018年3月31日に出来上がっていた。
前回は284ページのものを3人分せっせとカラーコピーしたが,
今回は500ページ近くもあり,また状況も変わったので,
そういうことはしないでおきたいと思う。(必要なところだけコピーする)
まずは,写真だけお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn3266

Dscn3267

Dscn3268


« 第1回調査報告の出土物分布の「改訂版」 | トップページ | 国分寺四中の地下には何があるか?(4) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 この報告書ですが、国分寺市立図書館のすべてにすでに納本されていました。
 ちなみに市立図書館蔵書検索のサイトのアドレスです。
https://library.kokubunji.ed.jp/opw/OPW/OPWSRCH2.CSP?DB=LIB

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

そうですか。全館に入っていますか。それは良かった。
『18巻』のように「発行元に1冊のみ」というのは,本当に異常な事態ですね。
しかも,私たちの目指す多元的古代研究にとっても重要な1冊。
ぜひ「少部数出版」という方法で,対処してほしいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第1回調査報告の出土物分布の「改訂版」 | トップページ | 国分寺四中の地下には何があるか?(4) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ