« 『日本古代の駅路と伝路』(遺作) | トップページ | シャイニングマンデー早くも不評 »

2018年8月 7日 (火)

『たの授』8月号の感想

仮説社御中
『たの授』8月号の感想を送ります。

『たの授』8月号で特に良かったのは,次の3つです。

(1) 授業書案〈社会にも法則はあるか〉第2部(竹田さん)

偶然に起こっているかに見える事件・事故も法則的に起きている。
これを見つけ出せたら.社会を良くしていくのにとても役立つ。
そういう意味で,ぜひ本格的な授業書として作り上げたいです。
そして,それは今回かなり実現できているように思います。
現役の時授業に掛けたかったな,と思いました。

(2) 0を使って考える(吉沢さん)

私も昨年まで教育現場にいたので,4段階評価に疑問を持ちました。
たくさんの調査項目があり,真ん中の評価がないもので,
「ついつい2番目」を選んでしまっていたのです。
これは「マイナスが付けにくい評価の仕方だな」と思いました。
そして,こんなアンケートを取っているうちは改善されないと思いました。

(3) 算数・数学のいくつかの報告(出口さんほか)

算数・数学は私はあまり得意ではなかったので,
『たの授』掲載の授業書や授業の進め方のコツを活かした授業を受けていたら,
好きになることができたかもしれないと思います。
それにしても,出口さんの作られた授業書の多いこと!
《図形と角度》《2倍3倍の世界》《円と角度》・・・。

Dscn2988


« 『日本古代の駅路と伝路』(遺作) | トップページ | シャイニングマンデー早くも不評 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『日本古代の駅路と伝路』(遺作) | トップページ | シャイニングマンデー早くも不評 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ