« もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?(2) | トップページ | 本日中にも132万アクセス達成か »

2018年8月12日 (日)

広島に帰省しながら,西日本豪雨のその後を・・・(たべさん)

広島県呉市出身の「愛の世代ズ」リーダー・たべさんが,
おじいちゃんの新盆に里帰りすることになり,
合わせて西日本豪雨の様子を伝えてくれている。

これまで3回アップされ,もう何回か続くと思うが,
あまり数が多くなると私がおっくうになる恐れがあるので,
これまでの所をリンクしてみる。

広島に帰省しながら、西日本豪雨のその後を・・・①

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12396377090.html

同➁

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12396767186.html

同➂

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12397257500.html

同④

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12398109537.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【参考】 「朝日新聞デジタル」より

「200年以上に1度」の雨量記録 広島101地点で  ~2018/08/12~

西日本豪雨で、広島県内の405地点の雨量観測所のうち、
約4分の1に当たる101地点で「200年以上に1度」の確率とされる大量の雨量が記録されていたことが、
同県の調査でわかった。

この101地点を含め、全体の半数に近い184地点で「100年に1度」以上の雨量が記録され、県内の広範囲で異常な雨が降り、甚大な被害につながったことが改めて示された。
 
県河川課によると、県内全23市町にある405地点の雨量観測所を調査。
7月3~8日のうち、各観測所で最も多かった24時間雨量から、どの程度の確率の雨量だったのか、
河川改修の整備などに用いる県独自の計算式で試算した。
 
「200年以上に1度」の雨量は、大規模な土砂災害が発生した広島市や呉市、東広島市のほか、
県北部の庄原市、東部の福山市、尾道市などでも観測。24時間の雨量で、
最も多かったのは、呉市警固屋の430ミリだった。

« もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?(2) | トップページ | 本日中にも132万アクセス達成か »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?(2) | トップページ | 本日中にも132万アクセス達成か »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ