« 木下良さん「つながり」 | トップページ | 川崎の会2018 (2日目) »

2018年8月10日 (金)

楽天が投打が噛み合い43勝目

楽  天303010030計10
日ハム000000000計0

楽天が投打が噛み合い43勝目をあげた。

2016年度のドラフト1位対決となった先発投手2人は,
楽天・藤平の快投で楽天に値千金の勝利をもたらした。
7回を3安打9奪三振は,これからの先発ローテーションを十分期待させるものだった。
打線も奮起して,15安打の10得点で,ここ2戦の鬱憤をはらした。

本日は,西武・菊池をどこまで打ち込めるかに掛かっている。
楽天・塩見もまたいい投球を見せてほしい。

藤平・近藤ー嶋・山下

藤平 2勝3敗0S

ウィーラー7号3ラン,今江9号ソロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:7回無失点、今シーズン2勝目の藤平選手です。おめでとうございます。
藤平選手:ありがとうございます。

記者:久々の一軍登板で勝利を挙げました。どんなお気持ちですか。
藤平選手:とても嬉しいです。

記者:立ち上がりからストレートを中心に押していくピッチングでしたが、どのような意図で行きましたか。
藤平選手:平石監督にどんどん若さを見せてストレートで押していけと言われたので、
どんどんストレートで押していきました。

記者:中盤あたりからはカーブなども交えながら投げていきました。
プロに入ってから自己最多の球数、そして最多の9奪三振、このあたりはいかがですか。
藤平選手:ファームのほうでしっかりボールを投げ込んで体作りをした成果が、
球数が増えてもしっかり球速が出るという形で表れていたので、
本当に(二軍落ちしていたことへの)後悔はないと思います。

記者:同じ高校卒業2年目ドラフト1位で入った堀選手との投げ合いでした。
投げながらそのあたりの意識はどうでしたか。
藤平選手:とても意識していましたし、負けられないという気持ちで全力で投げました。

記者:そして今日8月9日は、2年前にご自身が甲子園で勝利を挙げた日です。
そして今日、横浜高校の後輩も勝ちました。このあたりの意識というのは頭の中にありましたか。
藤平選手:試合も見ましたし、すごく後輩に力をもらえたので、自分も負けられないという気持ちで投げました。

記者:良いピッチングをして、また必ずや今後のチャンスがあると思います。
今シーズンのこの後に向けてお願いします。
藤平選手:残り少ないシーズンですが、しっかり自分ができることをやって、
チームに貢献できたらいいなと思っています。

« 木下良さん「つながり」 | トップページ | 川崎の会2018 (2日目) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 木下良さん「つながり」 | トップページ | 川崎の会2018 (2日目) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ