« 新々アパートの建設 8/22 | トップページ | 国分寺四中の地下には何があるのか? »

2018年8月23日 (木)

道昭という僧

大和王朝が派遣したと思われる「西海使」の船に,
道昭という僧が乗っている。
「続日本紀」に登場して,長い伝記が載っている。
印象深い僧である。

ウィキペディア「道昭」

https://ja.wikipedia.org/wiki/道昭

700年(701年=大宝元年の前の年)に亡くなっていて,
私の持っている講談社学術文庫『続日本紀・上』にも,
P27~30の4ページにも渡って伝記,逸話を載せられている。
なので,私は何回も目を通していたのだが,
「なぜ道昭がこれほど評価されるのか」ということについてはよくわからなかった。

しかし,謎は解けた!(名探偵・肥さん)
大和王朝の「西海使」の船に乗って唐に渡り,多くのものを大和王朝にもたらしている,
という功績のことがあっての評価,尊敬の気持ちが4ページにも渡る伝記,逸話だったのだ。
そして同時にこれは,「西海使」が大和王朝の派遣した使節だということの傍証にもなるだろう。
また,川瀬さんも書いているが,「2つの航路の謎」や「席順を争った騒動」も腑に落ちる。
おお,だんだん隠された歴史が見えてきたぞ!(o^-^o)

« 新々アパートの建設 8/22 | トップページ | 国分寺四中の地下には何があるのか? »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新々アパートの建設 8/22 | トップページ | 国分寺四中の地下には何があるのか? »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ