« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月31日 (金)

出版記念講演会時間割(山田さん)

山田さんがご自身のサイトで,上記の話題を公開された。
これは山田さんにとって有益であるとともに,
その前に話す私にとっても助かります。
山田さん,ありがとうございます。

出版記念講演会時間割(山田さん)

http://sanmao.cocolog-nifty.com/reki/

元ホームレス一座が命の授業

2学期のスタートが楽しみになる学校や授業でありたいものです。
インターネットの記事からリンクしました。

元ホームレス一座が命の授業

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6295306

洛陽城の方位軸は?

川瀬さんからのリクエスト(洛陽城)にお応えして,
洛陽市の地図&航空写真を検索してみました。
便利な時代になったものですね。

洛陽市の地図&航空写真

http://www.togenkyo.net/modules/area/302.html


今の洛陽市だけでなく,老城区というのにも注目してみました。
歴史がありそうだし,堀が廻っていたからです。(城壁もあるかも)

すると,両者の南北軸が期せずして西偏5度くらいに見えました。
川瀬さん,皆さん,この見立ていかがでしょうか?
中国では,これまでお目に掛からなかった西偏ですが・・・。

PS もう1つ絵の地図ですが・・・。

Photo


お気に入りの場所

誰にも「お気に入りの場所」というのがあるもの。
うちに遊びに来る猫にも,壊れた外機の上が・・・。

Dscn3284

いよいよ明日になりました(古代史講演会)

いよいよ明日になりました(古代史講演会)

Dscn3286


肥さんの「東アジア・方位の旅」

「所さんの日本列島ダーツの旅」という人気番組がある。
日本地図めがけて所ジョージがダーツを投げ,
それが突き刺さった街をディレクターが訪問する。
そこには「村人たち」の繰り広げる喜怒哀楽の暮らしが
垣間見られる・・・という番組である。

それをもじって,「肥さんの「東アジア・方位の旅」」としてみた。
私の古代史研究の旅は,まさしく方位に悩まされ,
方位に助けられてここまで進んできた。
それを古代史講演会の前日に,振り返ってみたいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 「武蔵国分寺周辺の地図」・・・「なぜ塔も東山道武蔵路も尼寺もほぼ正方位なのに,
 金堂以下の主要伽藍は西にけっこう傾いている(西偏7度)のだろう?」 
 → もしかして作った主体が違うのかも!(この矛盾はチャンス?)

(2) 府中熊野神社古墳も,西偏7度であることが分かる → 国分寺の主要伽藍を建てた人?
 なにしろ上円下方墳の立派な古墳で,ただ者とは思えない「石だらけのデラックスなお墓」だ。

(3) 「武蔵国府」の調査で,今の大國魂神社のものでは規模が小さかったり(正倉3棟),
 郡寺の多磨寺と方位が違っていた。いったいどういうこと? 
 → 多磨寺は東偏5度なのに,大國魂神社は正方位を確認。

(4) もし多磨寺の東偏5度を正しいとするなら,それに対応する郡(評)衙が東偏5度のはず。
 しかも大國魂神社の付近にそれはある。
 → 大國魂神社の付近を「地下マップ」で捜索する → 「あったー!」東偏5度の掘立柱建物群

(5) 最初は府中市東部だけが東偏5度だと思っていたら,府中市全体に及ぶことを指摘される。
 逆に西偏7度も府中市西部だけでなく,府中市全体に及んでいる。それに正方位もあるので・・・
 → とりあえず3時代を設定する。
 ①九州王朝が各地に東偏5度の寺院や街並みを置いた時代
 ➁九州王朝が正方位に乗り出すことになり,国府や国府寺を置いた時代
 ➂滅亡後の西偏7度の時代
 これで,いろいろな遺跡を調べてみよう

(6) 川瀬さんが,府中市栄町3丁目交差点付近に100m×100mの正方位の区画を発見。
 → 最初は国庁かと色めき立ったが,国衙の一部ではあるが,中心は別にあると方針変更

(7) 工房のある武蔵台遺跡に川瀬さんが取り組んでいる間,私は国分寺四中遺跡のチェック
 → なんと,掘立柱建物40棟を見つける。四面庇の建物を含む豪華な建物が立ち並び,
 立派な工房もあり,ここが官庁の中心地と確信。正方位の建物群が九州王朝で,
 西偏7度の建物群が地元豪族と考える

(8) 川瀬さんが,塔の南方に国庁が入るのではないかと,正方位の区画溝から推理する
 → さらに国分寺の東部にも正方位の掘立柱建物があることを確認。おまけに版築地業を
 した土地(横長の僧房?)があることを川瀬さんが発見し,最初の頃山田さんも含めて検討
 していた古い形式の寺院があった可能性が大きくなる!

(9) その一方,なぜ昔の東山道の寺院(国分寺や廃寺を含む)や街並み(周防市や府中市)に
 東偏5度が多いのか。また,同じように昔の東海道(瀬戸内海や太平洋廻り)や昔の北海道
 (日本海廻り)もあるのである。これはなぜだ?
 → もしかして,九州支配したところがそうなっているのではないか?(一般には西偏の時代)

(10) なぜ東偏なのか?もしかしたら,九州王朝が仕えた南朝がそういう制度だったのでは?
 では,南朝の都を調べてみよう。
 → 何やら怪しい点線があるぞ!果たして,南朝の都・建康(今の南京)は東偏(25度?)の都。
 それをマネしたに違いない。なぜなら,倭の五王が大和王朝だとしたら,「あなたに従います。
 位を上げて下さい」ってお願いしつつ,自分の国ではせっせと西偏の寺を建てている,
 というのでは大ウソだ。反対に倭の五王が九州王朝だからこそ, ご主人の都に倣って,
 東偏5度の寺院や街並み作るということは,自慢できることだし,誇れること。もしかしたら,
 「そうか,倭国は可愛い奴」と思われ,位が上がる期待も広がるだろうから,理屈にも合う。
 
 ※ 今朝,「朝飯前」に倭の五王のことを気が付きました。倭の五王が大和だった場合と,
 九州だった場合。単純だけど,説得力ありませんか?この時代,日本では西偏が普通。
 その中で東偏は目立つと思います。(しま模様が流行している時に,水玉模様の服を着る等)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お腹がへったので,朝飯を母と食べてきます。(いや,母はとっくに朝飯を食べ,
何食わぬ顔をして,2回目の食事を狙っているかもしれません。
そこをどう推理して押しとどめるか。古代史と同様,難しい問題です。笑)

新々アパートの建設 8/30

昨日は,縦と縦のパネルの間に,コンクリートを流し込んだ。
建設会社の方は,「明後日にはパネルを外しに来ます」と言っていた。
コンクリートって,ずいぶん早く固まるものだ,と思った。゜

Dscn3282

Dscn3283


秦の咸陽城もわずかに東偏か

私としては,建康(南朝の都)が東偏の街並みだったことで,
論文24ページもすぐ印刷したのだが(もちろん目を通しました),
仮眠したら少しやる気を回復して,
「秦や漢の都くらいは質問に答えられるようにしておこう」と考え,
何件か検索してみた。
なかなか地図入りのものがなくて歯がゆかったが,
「これはもしかして・・・」というのがあったのでアップしてみる。

秦の咸陽城もわずかに東偏か

http://www.sakawa-lawoffice.gr.jp/image769000010%5B1%5D.jpg

(阿房宮は正方位に見えるのに対して)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本古代の墳墓と都城~位置と方位を中心として
宮原健吾さん・臼井正人さんのGISを使った研究を見つけました。

file:///C:/Users/koenumtakaharu/AppData/Local/Packages/Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe/TempState/Downloads/kosh_024__361__349_360__361_372%20(1).pdf

こちらは,「度」に満たない「分」の範囲で正方位と考えていいようです。
しかし,その少し前には東偏の寺院や街並みを作っていた勢力(九州王朝)がいたということです。
今回川瀬さんと府中や国分寺の調査をして,
私の十八番の「おもいつき」に,少し「直観力」が付け加わったようです。
ありがとうございました。m●m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 「无射志国荏原評銘文字瓦」という評制時代の瓦が見つかっているので,
もしかしたら武蔵国府や多磨郡衙は「无射志国府」や「多磨評衙」と,
武蔵国分寺は「无射志国府寺」と呼ばれていたのかも?

2018年8月30日 (木)

建康(南朝の都)は,東偏の都だった!

この絵を見て,「もしかしたら」と思ったのですが,
調べられなくて宙刷り状態です。
建物は破壊できても,街並みは残るのではないかと考えました。
宮殿の西側の点線で表されている場所です。

Photo

もう1つ.これは山形大学かなんかの論文集の中の挿絵なのですが,
中国の方が書かれて日本の方が翻訳されたものを見つけました。

六朝建康城の研究 ―― 発掘と復原 (1)
張 学鋒(小尾 孝夫 訳)

https://ci.nii.ac.jp/naid/110009459521

ここには何枚もの東偏(中に東偏25度のものも)復元図が出てきます。
南京市も六朝時代の古都の発掘はやっていたのです。
建康は東偏の街並みだった。
南朝の冊封の中にいた九州王朝も,
東偏の建物や街並みにかなり親しんでいたと考えます。
(つまり,中国というお手本があったということですね)

南京城の「東偏5度」風区域

なぜ九州王朝は,拠点の寺院や街並みを東偏5度にしたのか,
ということが気になっています。

先程いろいろなサイトを検索していたら,
南京城の中に妃たちの住む「西六宮」というのがあって,
もしかしたらそれかもしれないというところまで来たのですが,
これから郷土研究会の8月号の印刷に行かなくてはならず,
読者の皆さんの中でもし時間のある方がいらっしゃったらお調べいただけたら幸いです。
今日は,不完全アップ有り,お願いアップ有りのゆるーい「夢ブログ」です。

(隋と九州王朝が対立したのは,)陳(南朝最後の国)の滅亡がきっかけか

ウィキペディア「陳」

557年 - 589年

「隋(北朝系)https://ja.wikipedia.org/wiki/「隋」

581年-618年

九州王朝

?(512年より九州年号)-700年

自分たちの方が南朝の流れを受け継いできたと言う自負が,
「新参者」の隋と対立させたのかと考えました。

(1) 早くからの年号使用
(2)「日出ずる処の天子」の手紙
(3) 隋がスタートさせ,唐は継がなかったように見える僧寺と尼寺の二寺制

ふるさと府中歴史館にて 8/29

昨日も上記の場所で川瀬さんとお会いし,
研究の方向性についてアドバイスいただいた。

(1) 国分寺四中遺跡について,さらにグラフを改良する

グラフ化(視覚化)したことにより,遺跡の性格が見え始めたので,
さらにグラフの精度をあげ,追求していく。
とりあえず,後世の溝は邪魔なので色を付けない。
正方位と西偏7度のそれぞれの地図に,掘立柱建物(ピンク)と竪穴住居(青ペン)で色分けする。
さらに遺物については,★や■などの記号で示す。
それを使って,さらに分析していく。

(2) 武蔵台東遺跡(尼寺の北方)についても同様にする。

(3) 大國魂神社の東方域に,「東偏5度の竪穴住居」を「正方位の掘立柱建物」が切っている例を探す。

これで出土物から年代判定ができるが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川瀬さんより,区画溝の精査から「国庁=国分僧寺のすぐ南説」が飛び出した。
これまで「府中刑務所付近説」だったが,国分寺四中の存在もクローズアップされたことで,
より近くに「300m四方の国庁」があるのではないかとのこと。
そこはすでに住宅が立ち並んでいるが,時々水道やガス工事もあるので注目していきたい。
国分寺四中遺跡の研究と共に,こちらも車の両輪として並行研究していくことが,
両者の精度をより高く上げると信じる。

西武にやられた今シーズンの楽天

ここ2日間,西武に逆転負けが続いている楽天。
5ー6.4ー5の試合は,両方とも前半リードしてのものだった。
しかし,「最後は俺たちが勝つ」と自信があるのか,
西武のホームランがよく飛び出すのだ。

実は4~5月,楽天は西武とたくさん試合があった。
この試合の成績が今シーズンの両チームの結果につながってしまった。
(西武は首位を争い。楽天は最下位を争う)

楽天は,西武を除く4球団とは,35勝37敗でほとんど勝率5割に近い。
それに対して西武は,楽天を除く4球団とは,41勝31敗で勝率5割4分。
現在首位のチームだから「貯金10」だが,
楽天がさらに1チームだけで「9」も貯金を献上してしまっているのだ。
これではまったく話にならない。

おまけに楽天は,対西武戦は,エース則本を投入して全然勝てず,0勝5敗。
それが原因か,現在6勝10敗(勝率・375&防御率4点台)。
なんともつらいシーズンとなっている。


2018年8月29日 (水)

未見の『武蔵国分寺跡発掘調査概報18』を求めて

これは上記の本を求めて1日国分寺の街を歩き続けた男と,
それを助けた図書館の司書さんたちのささやかだが,さわやかな物語である。
「ドキュメンタリー映画」のナレーションみたいだ!

(1) 元町図書館(国分寺駅南口徒歩10分)

とりあえず『武蔵国分寺発掘調査概報Ⅴ』を使って,第2~4目回の発掘内容を調べる。
第1回目がすごかったので期待したが,「市立第四中学校々地第8・17・38次調査の概要」
というのがそうなのだが,A4判でわずか8ページのもので,とても納得のいくものではなかった。
(苦心して,3枚のコピーに色ペンで彩色してみましたが)
「これはやはり,『18』がないとだめだなあ」と思って帰ろうしたが,
ダメもとで司書さんに相談してみた。
「『18』が見たいのですが,どこに行ったら見られますかねえ」
すると,Kさんという司書さんが,「ちょっと待ってて下さい。調べてみますね」と電話してくれた。
その結果,「ふるさと文化財課に1冊あるだけで,閲覧するとしたら,
恋ケ窪図書館になります」とのこと。(閲覧の予約をした)
あることがわかっただけで感謝である。「ありがとうございました!」

(2) 本多図書館(国分寺駅北口徒歩10分)

しかし,疑い深い私は,「もしかしたら,中央図書館である本多図書館にはあるかも・・・」
と考えて,念のために行ってみることにした。
しかし,『18』どころか,他の巻も見当たらない、
不審に思って司書さんに「閉架書庫に入っているのですか?」と尋ねると,
「うちは,中央図書館ということになっていますが,規模もそんなに大きくないし,
古代史については,手薄です」と,私に同情していっしょに探してくれることになった。
先程元町図書館で話題に出た恋ケ窪図書館に電話すること20分,
やはりそこにもなく,「直に見るには,武蔵国分寺跡資料館2階の
「ふるさと文化財課」の事務所に行くしかない}ということになった。

「いったいその事務所はどこにあるんですか」と私が聞くと,
司書さんは「お鷹の道はご存じですか?」と聞かれ,
私は「ええ,しょっちゅうそこらへんには出没していますから」(不審者みたい?)
「じゃあ,そこに武蔵国分寺跡資料館」というのがありまして,その2階が事務所です」

私「え~~~っ?」(開いた口がふさがらないという「間」)w(゚o゚)w

あのコピーもさせてもらえず,使い勝手が悪い資料館の,その2階が事務所だったとは・・・。
事実は小説よりも奇なり。本当に驚いてしまった。
(念のために付け加えておくと,コピーなし(なぜか写真はOK)と通説オンリーの説明以外は,
好きな場所です。瓦も展示してあるし,よく資料館だよりも出すし,もう何十回も行っている)
ということで,またまた図書館の司書さんのお世話になり,
道を遠しとせず,南南西に進路を取ったという次第。
「ありがとうございました!」

(3) ふるさと文化財課の事務所(本多図書館から徒歩20分)

階段を上り,ノックをすると,係長さんのような方が,『18』を持って待っていた。(笑)
どうやら本多図書館の司書さんが「これから行くと言っている人がいる」と,
予告の電話をしておいてくれたらしい。(もしかしたら私は,モンスター歴史研究者?)
ありがたい。用件をお話しして,30分程閲覧し,メモを取り,写真を撮影した。
(「あ~っ,コピーがしたいよう」とつぶやきつつ観察すると,10人以上の人が働いていた)
それらの情報は,別項で紹介する。
元町図書館で知りたかった,出土地なども補えた。

そして,「南部の正方位の九州王朝の役所中心地帯」(栄町の100m四方ともつながりそう)と
「北部の西偏している地元有力者の支配する役所地帯」を分けるを道(両脇に掘がある)が
あるように私には思えてきたが,その判断は読者の皆さんにお任せしよう。
私は今日調べたことを記すだけだ。
忘れていましたが,第1回調査のところで,実は瓦塔も2片出ています。(「早く言えよ」の声)
別に「隠し玉」していたわけではありませんが,
あの時は,役所(政治中心)に頭が働いていたので,刀子とかが気になった

(4) 国分寺四中資料館

スリリングな1日の最後は,国分寺四中資料館で過ごした。
「もしかしたら,この遺跡は古い時代に武蔵国府だったかもしれませんよ」
と言ったら,驚いていたが,「なるほど,そういうわけで,金銅製のバックル
(ただ今,他のところに出張中)が出たりするんですねえ。
バックルは当時,身分を表していたようですから・・・」と
『武蔵国分寺のはなし』(国分寺市教育委員会)のP140を見せながら話すところは,
なかなかの勉強家と見た。

「またいろいろ分かったら来ますね。
とりあえず今週末こんなことをやります」とすかさず出したのは,
9/1(土)の古代史講演会のチラシ。
(なにしろ,誰にでもあげられるほどいっぱいいただいたので)

この資料館には,いったい何回か立ち寄ったことだろう。
1人で何回も来た。社会科サークルでも来た。古田史学関係の人とも来た。
しかしここが,会津磐梯山のように「宝の山」だとは気が付かなかった
ふと気が付くと,鞴(ふいご)羽口やたくさんの刀子たち,須恵器や土師器たちが,
いっせいに私の方を見て,「ようやく大事なところに気が付いてくれましたね。
いつも素通りして寂しかったけれど,今後ともよろしくね」と
言っているのが聞こえたような,聞こえなかったような・・・。(笑)

「出土物はしゃべらない。それに語らせるのは,掘った人間の方なのである」
シュリーマンのお友達の肥さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn3269

Dscn3270

Dscn3271

Dscn3272

Dscn3273

ここで音楽,由紀さおり「夜明けのスキャット」をどうぞ・・・。
ルルルルル・・・・♪

国分寺四中の地下には何があるか?(4)

『武蔵国分寺跡遺跡発掘調査概報Ⅴ』のそれほど多くない情報を,
数枚の遺跡地図に彩色し,わかる範囲で書き込みをしてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【➁第8次調査】 ・・・SB22の正方位の「四面庇」の建物が中心。となりのSIの97から銀の鈴も出土

Dscn3278

【③第17次調査と④第38次調査】 ・・・BS36の西偏の西庇の建物が中心。何回も建て直し。周囲も庇付き

Dscn3275

【➄267次調査と⑥590次調査】 ・・・補助的な調査

Dscn3276

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『18』のメモ

銀の鈴(2個)・・・SIの97(SB22のすぐ隣り)

刀子(20本)・・・SB7,SIの49,SIの49(もう1つ),SIの51,SIの61,SIの84,
SIの92,SIの126,SK76,SK101,
ピット77,ピット77(もう1つ),
国褐色土B,表土,表土,表土,表土,表土,表土,表土

バックル(1個)・・・表土

紡錘車(4個)・・・SIの74,SIの127,ピット27,表土

墨書土器(結構あった)・・・「万」「塔」「前」「西」や判読不明のもの

・……………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【図面や出土物の写真(コピーが取れないとのことで)】

Dscn3250

Dscn3251

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn3252

Dscn3253

Dscn3254_2

Dscn3255

Dscn3256

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn3257

Dscn3258

Dscn3260

Dscn3261

Dscn3262

Dscn3263

Dscn3264

Dscn3265

出来上がっていた『武蔵国分僧寺発掘調査報告書Ⅱ』(遺物編)

『武蔵国分僧寺発掘調査報告書Ⅰ』の続編である上記の書(遺物編)が,
2018年3月31日に出来上がっていた。
前回は284ページのものを3人分せっせとカラーコピーしたが,
今回は500ページ近くもあり,また状況も変わったので,
そういうことはしないでおきたいと思う。(必要なところだけコピーする)
まずは,写真だけお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn3266

Dscn3267

Dscn3268


第1回調査報告の出土物分布の「改訂版」

第1回調査報告の出土物分布の「改訂版」をお届けします。

前回は,

(1) SIの8とSIの18を取り違える大きなミスがあった上,
(2) 刀子と墨書土器に重点を置いていたため,工房の道具に関心が薄いものになっていました。

今回のものは,

(3) 墨書土器は控えめにして,工房の道具類や製作品に重点を置いてみました。

考えてみますと,すべての出土物を1枚の紙に表現することは不可能で,
いくつかの種類別に分けて描くのが良いのかもしれません。
ともあれ今回の改訂版をアップしますので,よろしくご検討下さい。
前回よりは,けっこうわかりやすくなっていると思います。

Dscn3279


2018年8月28日 (火)

竹寺(牛頭天王寺院)

久しぶりに牛頭天王(ごずてんのう)の話題に出会いました。
埼玉県飯能市にあります。
とりあえずリンクしておきます。

竹寺(牛頭天王寺院)

https://blog.goo.ne.jp/gozutennou/e/699eb83817dd971b2ec065cf1c2afc44

礎石建物・掘込地業は,九州王朝・国府寺の正方位の伽藍配置か?

さすが川瀬さん,もっとすごいことに気が付かれた。
(私がBS87の掘立柱建物の件をアップしている間に)

掘立柱建物の上を行くものが礎石建物であるが,
緑色に塗られているところが掘込地業(地下を掘り下げて,
版築と呼ばれる作業を行ったりする)で,
その礎石建物に耐えられるように地盤を強化することをいう。

それが中枢部区画施設の範囲を超えて外へと向かっていることは,
我々が想定した僧房施設が東西に延びることと一致するということなのだ。
(これがつまり,九州王朝による初期武蔵国府寺=正方位の伽藍配置である)

Dscn3243

    僧     坊 ・・・ 東西方向に長い

    (講    堂)

    (金    堂)

       

    (中   門)

    (南 大 門)

        ↑

2018年8月27日 (月)

「政所院・大衆院」地区にも,ほぼ塔と同じ正方位の掘立柱建物群が!

「修理院」の記事の上に,さらに「政所院・大衆院」地区の図が出ていて,
これもまた驚きの内容であった。(もっと早く気が付け!)

Dscn3243

よく見たら,掘立柱建物の少なくとも5~6個がほぼ正方位で塔と同じ方位で,
金堂以下の西偏7度の主要建物とは大きく違うのである。
もともとこの地区は私たちの検討でも,正方位の建物が予想されていたが,
こんなにも正方位が多いなら,その意味を研究しない訳にはいかないと思う。

そして,その任に一番ふさわしいのが,手前味噌ながら
私たち多元的「国分寺」研究サークルなのだと思う。

※ なお,今回取り上げられているSB87という掘立柱建物は,
東西8,6m×南北20,8mのもので,これまでの地図には載っていなかったものだ。

最後の卒業アルバム

私にとって最後の卒業アルバムを,昨日入手した。
この学年は,入学から卒業まで全部副担任だった。
それまでの生徒たちとは接し方が違っていたと思う。

行事の際には少々寂しい気持ちになったりもしたが,
「学年全体を見守る」という形でサポートしてきた。
また,3年間手品を毎月の最初の授業でやったり,
学総体と新人戦をすべて市内優勝で飾れた3年間だった。
(もちろんコーチのお陰だけどね)

授業も「背骨となる授業書」をきちんと配置し,
全ての社会科かるたを行い,楽しいビデオも見せた。
(2年生の途中から音読や5問テストといった基礎学力的取り組みも)

そんな学年だったから,これまでとちょっと違う感じがする。
先日「34年ぶりの同窓会」をやった50歳の彼等とは10歳違いだが,
なんと彼等とは45歳違いなのだから・・・。
なので,彼らが50歳で同窓会をやったとすると,

50+45=95!

アパートのローンを完済して,笑顔で出席しよう。
もちろん手品のレパートリーももっと増やしてね。(o^-^o)

Dscn3245


さくらももこさん,亡くなる

「ちびまるこちゃん」の作者であるさくらももこさんが,
乳がんで亡くなっていたというニュースを,
「九想話」が伝えていた。

ショックである。
うちの母も40代で乳がんにかかったが,
幸い早期発見・早期治療ができたので,
84歳の今も元気で生きている。

享年53歳。
若すぎる死である。


さくらももこさん,亡くなる

https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/20180827-134-OHT1T50149.html

所沢市上安松の発掘現場 8/27(最終回)

昨日で発掘が終りだった。
午後3時に雷がなるということで,
それまでの「突貫工事」となった。

私は午前9時に1回顔を出して予定を聞き,
再度午後1時半にカマドの内部を発掘する作業を見守った。

この2か月,Sさんを通して,現場の方々とも親しくなれ
またYさん,Hさんにも広がる「人間関係」の発掘も楽しみ,
本当に有意義な日々だった。

その刺激を得て,武蔵国府と武蔵国分寺の研究も大きく進展した。
昨日は公立施設は定休日ということで図書館はお休みだったが,
また別な形の新知見が入った。明日から再開する調査に生かしたい。

そして,発掘と考古学の関係について,今回考えを深めることができ,
還暦をハッピーに過ごせている自分の幸運を思った。

「無事に家に帰るまでが遠足だよ」と学校の先生はよく言うのだが,
あの雷の前に「無事に埋め戻すまでが発掘だよ」という状態に戻せたか,
私は祈ることしかできない。

お世話になった皆様,ありがとうございました。m●m
また近いうちにお会いしましょう。(o^-^o)
(9月後半から,また発掘が始まると聞いた。w(゚o゚)w
しかも今回より近い場所らしい。やったね!)ヽ(´▽`)/

Dscn3240


新々アパートの建設 8/27

新々アパートの建設

昨日は,金属の板を縦に並べ,
いかにも「ここにコンクリートを流しますよ」という形にした。
雷が鳴るまでに終えてしまう突貫工事だったのは,
発掘現場と同じ。

Dscn3241

Dscn3242


「SIの8」を工房と認定していた!

昨日は月曜日で公立図書館が休みというズッコケもあったが,
本多図書館(国分寺市の中央図書館)の位置もわかったし,
上記の事実も判明した。
これは「図書館が休みだったゆえに」そうなったということなので,
気が付かなかったらいつまでもそう思ってしまっていたと思うので,
早く気が付けてよかった。(川瀬さんには,ごめいわくをかけたが)

では,先日武蔵国分寺跡資料館でもらっていたが,
今日まで読んでいなかった記事を写真で載せますね。

Dscn3243

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS 明日は,再び『Ⅴ』の残りと『18』を頑張ってきます。
なにしろ,「掘立柱建物の嵐」ですからね。

考古学ってなに?(広島大学大学院)

ちょっと発掘と考古学について考えたくなったので,
検索したらこんなサイトがありました。

考古学ってなに?

https://www.hiroshima-u.ac.jp/bungaku/faculty/program/program_03/archaeology

里芋だけの煮っ転がし

久しぶりに「息子の手料理」と行きたいところだが,
あまりにも簡単すぎて恥ずかしいので,
料理もどきの紹介という形で。

母は理由はわからないが,無類の里芋好きで,
連続一週間里芋煮をスーパーから買ってきて並べても,
ぺろりと食べてしまうのである。
特に,お稲荷さんとのコンビは最強で,
一ケ月でもニコニコと食べ続けるであろう。

それは別にいいのだが,母はその一方無類の人参嫌いでもある。
なので里芋煮の中に一緒に入っている人参2~3個を残すことになる。
この人参に対する極悪非道の行為に対して,
タイガーマスクなら正義のパンチをぶちかますところだが,
優しい息子の私としては哀れな人参の方を三角コーナーに
ブチかますことで留飲を下げていたところだった。

今朝たまたまコンビニに切れた牛乳の補充に行ったところ,
総菜コーナーの片隅に「里芋の水煮」を発見した。
「そうだ,これなら母も好きな里芋だけを食べられ,
息子の私も母や人参に「正義のパンチ」をぶちかますこともない」と,
さっそく3袋大人買いし,家に持ち帰った。

玄関のところで,あと1時間半デイケアの迎えを待つ母に,
「今日は里芋だけの煮っころがしだよ。
人参はは入ってないよ」と言ったらニヤニヤしていた。
(昨夜私の残しておいた「よもぎ団子2本」を盗み食いし,
さっそくお笑い芸人ヨモギ・ダンゴ」と命名されたばかりなのだが)

「神は憎しみに報いるに“里芋”を持ってす」 イエス・肥さん(笑)

2018年8月26日 (日)

国分寺四中の地下には何があるのか?(3)

前回の報告で,あまりにもたくさんの掘立柱建物があり(40棟超),
しかも,ざっと見ても5つの建物に庇(ひさし)がある地区であることを紹介した。
これまで方位にこだわって寺院や街並みを見てきたが,
ふりだしに戻って正方位のもの」がまたここで登場した。
それがもし官衙群だとしたら,私たちが追い求めてきた「武蔵国府」かもしれない。
すなわち,西から東へ尼寺・東山道武蔵路・官衙群・僧寺の塔が
一挙に正方位の街並みの中に出現する
のである。
では,官衙群からどんなものが出土しているか,
『武蔵国分寺跡発掘調査報告が概報Ⅴ』を調べてみることにしよう。
この報告は,1973(昭和43)年に行われた発掘の報告書で,
2回目=第8次が翌年に,3回目=第17次が3年後に,4回目=第38次に行われ,
次に9年開いて5回目=第267次が,さらにまた長く開いて6回目=第590次が2005年であった。

さて,第1回目の国分寺四中遺跡の発掘の成果は?
これが実はすごいのだ。まあこの第1回目の報告だけで
『概報Ⅴ』が埋め尽くされていること自体でそれはわかるが,
以下に述べるような主な出土があった。

Dscn3229

【掘立柱建物・SB】

SB55~須恵器の底面に「角」墨書。女瓦の凹面に判読不明朱墨書と「大」の模骨文字。
紡錘車に「□代」。刀子

【SE1】 家のすぐ目の前に置かれている

【竪穴住居・SI】

SIの1~宇瓦の女瓦部凹面に「大」の模骨文字。

SIの4~女瓦凹面に判読不明朱墨書。カマド凹面判読不明朱墨書。

SIの18~男瓦に判読不明の朱墨書2か所。
女瓦に多数の模骨文字「中」「上」「十」「廣」「七」「本」「七」「判読不能」
多数の朱墨書「寺」「寺」「判読不明」「寺」「寺」「寺」「判読不能」「卅」
砥石2個,刀子4本,鎌,のみ2本,釘複数,刀子の未完成品,片面に金メッキのバックル(横長),鉄滓多し

SIの9~須恵器の底に「隆」墨書。他の須恵器にも「隆」。女瓦凹面に判読不能の模骨文字

SIの10~男瓦の凹面に判読不明の朱墨書。釘。刀子

SIの11~杯の口縁部に墨書判読不明。男瓦に凹面朱墨書。砥石2個。鉄製品

SIの12~釘多数。女瓦に判読不明朱墨書き

SIの14~須恵器の外面に「具」の文字。カマドの凹面に「寺」の朱墨書。ハク(土で正方形の焼き物)。鉄滓

SIのI5~カマドの凹面に意味不明の朱墨書。「大」の模骨文字と判読不明の朱墨書。刀子。鉄鏃。釘

SIの16~男瓦の凹面に「寺」の朱墨書。同じく判読不明の朱墨書。判読不明の朱墨書。また「上」の模骨文字
バックル絞め具(正方形)。銅製帯具(正方形)。刀子。釘

SIの19~須恵器の外側に判読不明の墨書。カマドの口縁部に「山田」の墨書。釘。

SIの20~女瓦の凹面に「上」の逆字模骨文字。須恵器に判読不明墨書。刀子

【SK・土坑】

SK8~須恵器のに判読不明墨書。釘

【表土出土遺物】各種の漢字。硯。瓦塔2片。砥石4つ。たくさんの墨書と朱墨書など。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

合計,硯1,バックル2,砥石6,刀子10,多数の墨書と朱墨書。なのに仏教関係の遺物がない・・・。
これはやはり,寺院ではなく官衙施設にあるべき品々のような気がしますが,
大國魂神社に正解を決めてしまっていると,なかなか予想変更するのは難しいかも。

そして,これは第1回目の調査のみの遺物で,第2~6回目は入っていないのです。
報告書が見つかり次第,それも書き出してみたいと思いますが(どこにあるのか今のところ不明),
あなたはこの出土物から,何の施設が思い浮かびましたか?

741年の「国分寺建立の詔」を真に受けたり,土器編年を信用しすぎると
かなり時代を大きく間違ってしまうかもしれません。

※ 銀製品については,第1次ではないようです。

「馬子にも衣装」のパワーポイント

私が先日送った古代史講演会の資料を,
服部さんがかっこいいパワーポイントに仕上げて下さいました。
「馬子にも衣装」という感じです。

後半に出て来る「東偏5度の寺院と街並み」は
修正液の白色がもろに出て恥ずかしいのですが,
これは残すことにしました。
「アナログで,機械音痴でも,古代史研究はできる」
という「ささやかな主張」だと思って下さい。

これを作っていただけただけでも,
頑張ってきた甲斐があるな,と思いました。
ありがとうございました!

Dscn3226

(本物はもっときれいです。画素数が高いせいか載せられません)


アルバム,出来たかな?

3月末までいた中学校で,私は卒業アルバムの担当者だった。
さすがに最後の校正までは出来なかったが,
退職の忙しさの中自分なりに頑張った。
例年だと6~7月に出来上がるものなので,
本日午前中に古代史の調査をした後,
学校近くの店で昼食がてら取りに行きたいと思う。

最近は卒業アルバムもせちがらくなって,
「先生方の分は,学校から無料・半永久で貸与される」という形となる。
「そんながたがた言うなら,生徒と同じ金額を払いますよ」と思うのだが,
これもご時世というものかな?

これで最後となる卒業アルバム。
果たして,その出来はいかに?

昨日は,「仮説デー」

昨日は,1日「仮説デー」だった。

(1) 『たの授』公開編集会議

巣鴨の仮説社で少人数で行った。
資料を読みながらおしゃべりするのだが,
8月号は「算数・数学」特集だったにも関わらず好評だったとのこと。
必ずしも専門の人だけでなく喜ばれる記事が多いのが『たの授』の特徴。
今後も続けていってほしいと思う。
『日航機123便・・・』の話題が出て,さすが仮説の会員だと思った。。
ちょうど古田史学をご存じの方が何人かいたので,
最近の様子を話させていただいた。

(2) 飯能・日高サークル

「吹き矢」の時間には間に合わず,1時間の遅刻スタート。
明石さんによる授業プラン「漢字の素粒子と原子」の授業を受ける。
小学生向きの授業プランだが,大人がやっても楽しめた。
参加者は他に,坂上さん,楠本さん,丸屋さん。

(3) 飯能駅近くの「蓬莱(ほうらい)」beer

サークルの例会をやった後,ここで懇親会をやるのが恒例化しそう。
4000円の会費で料理+飲み放題だから,すごく助かる。
おまけに居酒屋と違って静かなので,落ち着いて話ができる。
もとは繁華街で中華料理屋をやっていたのだが,
今は自宅をホームパーティー用に開放して,飲食させている。
最初丸屋さん,楠本さんと私でスタートしていたが,
途中で明石さん,藤原さん,森下さん,飯塚さんが加わり,合計7名に。

Dscn3224

このあとも,次々と料理が出てきました。


2018年8月25日 (土)

60回目の誕生日=還暦

人は誰も母の胎内から生まれ,

※ その母(84歳)と暮らす愉快な日々(傍から見ると)。

「オギャー」と泣いては元気だと喜ばれ,
「這えば立て,立てば歩め」と期待される。
しかし,大きな夢はやがてしぼみ,
「無事が何より」と自分を納得させ,
60歳を迎える時に「いい人生だった」と
赤いちゃんちゃんこを着る前に,たいてい昔は亡くなった。

しかし,21世紀の現在は,
定年まで勤めても年金は払ってもらえず,
老体にむち打って再雇用に勤しみ,
気が付いた時は,「自分は何をしたかったのか」さえ忘れ,
もちろん他の人からも忘れ去られ,余生を送る・・・。

閑話休題。
「夢パ」や「卒パ」を賑々しくやったこともあって,
今回の「還パ」もそうなるだろうと思っていた人もあるようだが,
人生「2度あることは3度ある」という予想が外れることも少なくないし,
第一「いつまでも盛り上がってこない還パの流れ」を,
自分一人で盛り上げようとするのも大人げなく,
「まあ,笑顔で迎えられればいいかな」と思っていた。

ところがその私を,天は祝福してくれた。
誕生日の前日の23日(木),以前から気になっていた
「国分寺四中遺跡」のコピーを取りに行ったら,
待ち受けていたのは「掘立柱建物の嵐」だったのだ!
その棟数は40戸を超えるという。
しかも「庇(ひさし)付き」もある!!

※ 「庇付き」は特に重要な建物であると,川瀬さんからうかがっていた。

やはり,天は迷える子羊(もう老羊?)をお見捨てにはならなかった!
還暦を祝うビッグ・プレゼントを私に用意してくれていたのだった。
これはまさに「江川の間げきの1日」とはまったく違う「肥さんの感激の1日」だった。

※ 希望球団(巨人)に入りたいために,ルール上の間げきの1日を利用した。
そのため,巨人から「見返り」として小林投手が阪神に移籍した,という事件。

その作業は,深夜に及び,「磁北を忘れていた」ためにもう一度色を塗り直し,
誕生日の朝を迎える「半徹」となってしまった。(うれしい誤算ですが)
その結果,午前中の科学教室の助っ人はキャンセル。
世の中への復帰は,お昼のランチの房yaからとなった。

※ 新所沢のイタリア風レストラン。マスターと店員のYさんとは,もう長い付き合い。
緑町1丁目にあるところから,公団の自宅から最も近いレストランだった。

Dscn3221

Dscn3220

新所沢駅から帰る間際,この3月に中学校を卒業した高校1年生の女子たちが
改札のところで声を掛けてくれた。(狭山市の高校に通うが,最寄り駅は新所沢駅)

「こんにちは~,お元気ですかあ?」と満面の笑みだ。
「元気元気。昨日から「半徹」で,ちょっと眠いけどね」
聞くところによると,もう学校が始まっているそうで,
「中学の時は,31日まで夏休みだったのに・・・」とぼやいていた。
「あれは両方の意見があったんだけど,31日まで休みにしてあげよう
という先生の方が多かったんだよ」と教えてあげた。

「どうして新所沢にいるんですか?」と不審に思っているようだったので,
「前はここに住んでいて,今日もランチを食べに立ち寄ったんだよ」と答え,
「そうそう,これあげるね」と9月1日(土)の古代史講演会のチラシをあげた。
「今古代史の研究をやっているんだ。楽しいよ~」と付け加えつつ。

そうだ,私には「やりたいこと」がある。
そして,研究の成果を喜んでくれる人がいる。
こういうのを幸せっていうのだろうな。
60回目の誕生日=還暦の1日は,
こうしてハッピーに暮れていった。(o^-^o)


新々アパートの建設 8/24

昨日は,私の60回の誕生日=還暦であった。
そして,台風20号も去ったので,
コンクリート流し込み作業が賑々しく行われた。
工事関係者の人数も,10数人に上った。

Dscn3213

Dscn3214

Dscn3218

Dscn3219

Dscn3222

Dscn3223


2018年8月24日 (金)

古代史講演会で少ししゃべります

以下のポスターに出ている内容を,8日後の9月1日(土)に講演します。
講演といっても20~25分くらいなので,次に話す山田さんが話しやすいようにつなげたい。
そのへんが,工夫のしどころなのかと思っています。

Dscn3210

もしよかったら聞きに来て,と言えないほど時間と電車賃がかかりますが,
初めての古代史講演会を楽しんでこられたらな,と思います。
賑やかしに,手品もやっちゃいますよ。
「手品の謎解き」と「歴史の謎解き」,どちらも楽しいことですからね。

これまで私は,仮説の高崎サークルのスタート講演(1時間弱)などで,
顔なじみの人たちの前ではしゃべってきました。

2014年12月6日(土),「中学社会科33年~〈仮説〉と部活と古代史と」
2015年7月4日(土),「〈小中交流〉の美名のもとに~私はただでは起き上がらない」
2016年3月5日(土),「今サイコーの春・2016年」
2016年12月3日(土),「私はどのようにして,〈手品先生〉になったのか?」
2018年4月7日(土),「肥さんの今日までそして明日から~仮説実験授業と主体性」

このほか,飯能・日高サークルや社会科サークルでも,
折に触れて「最近の古田史学の動向」を報告させていただいていた。

これらは,講演や報告する楽しさを体に覚えさせてくれたと思う。
それを発揮して楽しんできたい。

台風20号,半端ない!

台風20号のニュース

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/?c=1&adctl=noad

台風20号,半端ないです!
時折吹き付ける風雨に,恐怖心さえ感じます。
しかし,「古代の人たちも同じように感じていたのかな?」
な~んて思うと,ちょっと歴史が身近になります。

新々アパートの建設 8/23

昨日は,コンクリートを流す前に設置しておかなければならない
排水管を設置した。
また,水平になっているかを機械で測っていた。
その音がけっこう気になる音で,外に出てみたほどだ。

Dscn3186

Dscn3178

所沢市上安松の発掘現場 8/23

昨日は,天気を心配してか,作業がなかった。
それゆえ,Sさんにも『よみがえる古代武蔵国府』を渡すことが出来なかった。
この本,結論は違っているけど,いろいろ勉強むになる本です。
税込み500円。こんなにカラーページが多いのに,破格の値段です。

Dscn3179

Dscn3181

国分寺四中の地下には何があるのか?(改訂版)

今午前2時です。
これをアップしてから寝ます。

磁北の問題があって,資料を描き直しました。
そして,今回は4段階にしてみました。
すなわち,「もっと東偏 → 東偏5度」「東偏5度 → 正方位」
「正方位 → 西偏7度」「西偏7度 → もっと西偏」です。
改定した資料を載せて,簡単に解説してみます。

① 東偏5度・・・原野のところどころに竪穴住居がある。府中での東偏5度の街づくりは,
ここにも及んでいたもよう。

Dscn3204

➁ 正方位・・・九州王朝が東山道武蔵路を作り,国府を置いた。塔を中心とした
正方位の武蔵国分寺も着工。土師器や須恵器などのほかに,銅製の帯締め具や銀製鈴,
墨書土器,刀子,釘,鉄滓などが出土しているとのこと。

Dscn3205_3

③ 西偏7度・・・白村江の戦いで九州王朝は滅亡。替わってこの地域を取り仕切った地元の有力者。
金堂以下の主要建物の方位は,西偏7度(府中熊野神社古墳=上円下方墳と同じ方位)と決まった。

Dscn3206

④ 律令制は崩れ,東山道も細くなり,この地域は荒廃していった。残されたのは,国司の館か?

Dscn3207_2

こんな感じに改定してみましたが,いかがでしょうか。
もし国分寺四中が「校庭改良工事」を行う機会があれば,
私としては毎日発掘現場に通いたいと思う。
(まだまだたくさんの掘立柱建物が埋まっていると思うので・・・)(o^-^o)


2018年8月23日 (木)

国分寺四中の地下には何があるのか?

いつも気になっていた国分寺四中の発掘調査の様子を求めて,
武蔵国分寺跡資料館に行ってみた。
「地下マップ」によると,四角の赤色は掘立柱建物ということになっていて,
校庭の全部はわかっていないが,それだけでもかなりありそうだと思ったからだ。

Dscn3192

資料館でその報告書を見つけたが,「写真は撮っていいが,コピーは取れません」ということで,
しかたなく歩いて10分の元町図書館というところに,コピーを取ることを目的に出かけた。
最初に見つけたのは下のもので,ぱっと見ただけでも,だいぶありそうだ。しかも庇付きがいくつも。

Dscn3187

もう少し拡大したものはないかなあと,ページをめくって行ったら,
ありました!それまでのものをすべて含み,しかもB3判(B4判を2倍にしたもの)が,
『武蔵国分寺遺跡発掘調査概報Ⅴ』の一番最終ページの私設封筒ポケットに差し込んであったのだ。
これをB4判で2回に分けてコピーを取り,あとでのりで貼り付けることにした。
それを使って,例の角度別で色分けして描いてみたのが,以下のものである。

(1) 東偏5度・・・「おーい,こんなにたくさんあるよー」

Dscn3189

(2) 正方位・・・「これもけっこうあるけど,西部の方=東山道武蔵路沿いばかりだ。溝に区画された官衙地区?

Dscn3190_2

(3) 西偏7度・・・「武蔵国分寺の僧寺の方位と同じだからどれくらいあるかな?」と思ったら,
数個のみであった!

Dscn3191

ということで,東偏5度と正方位に対応するものはたくさんあったが,
西偏7度に対応するものはかなり少ないという結果となった。
九州王朝が白村江の戦いで滅亡の道をたどり,官衙群も機能しなくなったということかもしれない。
先日の府中の場合でも,西偏7度の時は掘立柱建物群が集中していたのは,少し北に離れた所。
そこを本部にして,地元の勢力が政治をおこなっていたのでしょうか。
(だから,ここにはあまり建物がない)

道昭という僧

大和王朝が派遣したと思われる「西海使」の船に,
道昭という僧が乗っている。
「続日本紀」に登場して,長い伝記が載っている。
印象深い僧である。

ウィキペディア「道昭」

https://ja.wikipedia.org/wiki/道昭

700年(701年=大宝元年の前の年)に亡くなっていて,
私の持っている講談社学術文庫『続日本紀・上』にも,
P27~30の4ページにも渡って伝記,逸話を載せられている。
なので,私は何回も目を通していたのだが,
「なぜ道昭がこれほど評価されるのか」ということについてはよくわからなかった。

しかし,謎は解けた!(名探偵・肥さん)
大和王朝の「西海使」の船に乗って唐に渡り,多くのものを大和王朝にもたらしている,
という功績のことがあっての評価,尊敬の気持ちが4ページにも渡る伝記,逸話だったのだ。
そして同時にこれは,「西海使」が大和王朝の派遣した使節だということの傍証にもなるだろう。
また,川瀬さんも書いているが,「2つの航路の謎」や「席順を争った騒動」も腑に落ちる。
おお,だんだん隠された歴史が見えてきたぞ!(o^-^o)

新々アパートの建設 8/22

昨日は,鉄骨の組み合わせがさらに密になり,
いよいよコンクリートを流し込む準備ができた。

Dscn3170

Dscn3169

※ この2枚の写真は,新しいSDカードを入れて撮影したものです。
前のカードを入れようとすると,「E:¥ ディレクト名が無効です。」と拒否されるのに,
なぜ新しいSDカードだとうまくいくのか,よくわかりません。
とりあえず,これからも写真をアッブできるということで良しとします。

2018年8月22日 (水)

「AIによる地震予測」への批判記事(『現代ビジネス』)

先日「夢ブログ」に掲載した「AIによる地震予測」記事を批判した記事を,
川瀬さんが教えてくれました。さっそくリンクさせていただきます。

『現代ビジネス』の記事

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00056335-gendaibiz-bus_all

先日の「夢ブログ」の記事を真に受けてしまった方々にお詫びいたします。m●m


紀州のドン・ファンの遺言状

しばらく前にリンクした「AERA」記事の続編である。
四十九日を過ぎて明らかになったその内容とは・・・・。
まったく関心のない方は,スルーして下さい。
私は遺言問題には,反応してしまうもので・・・。

では,リンクします。

紀州のドン・ファン-四十九日で明らかになった遺言書

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/紀州のドン・ファン-四十九日で明らかになった遺言書/ar-BBMgvXa?ocid=spartandhp#page=2

「西海使」で検索したら

「西海使」で検索したら,以下の人物に出会った。
吉士長丹という人物どんな人か知らないが,
「遣唐使」と書いてあるのは,実は「西海使」ということなのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝日日本歴史人物事典の解説

吉士長丹

生年:生没年不詳
白雉4(653)年に派遣された遣唐使の大使。このときの位は小山上で,副使は吉士駒,
同行の留学僧には,道昭,定恵(中臣鎌足の子)らがいた。
翌年7月,百済,新羅の送使と共に帰国したが,このときは西海使と『日本書紀』に記されている。
同月,唐の皇帝(高宗)に会見して多くの書物と宝物とを得たことを賞して,
小花下の位を授けられるとともに封戸200戸と呉氏の姓をも与えられた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディア「遣唐使」

https://ja.wikipedia.org/wiki/遣唐使

つまり,

【九州王朝が送った使い】・・・遣唐使
【大和大王が送った使い】・・・西海使

私たちはゴチャゴチャにしているが,本当は送る主体が違う別の使いだったということなのだろう。。
だから,中国側の記録には残るのは,「第2次の遣唐使」としてのみ。
ところが「日本書紀」には,「実は,あれは我々が出した使いだったんですよ」と書いてある。

新しい国が登場した時,周りの国は「これからどうなっていくのだろう」と色めき立つ。
大和王権もそのため「西海使」を派遣した。しかし,中国側の記録には「第2遣唐使」と書かれた。

使用映像の候補

パソコンの不具合から,新たに写真を追加することができない。
これまで集めたものの中から,使用映像の候補を探ってみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(0) 古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?

「 古 代 日 本 ハ イ ウ ェ ー は ,
九 州 王 朝 が 作 っ た 軍 用 道 路 か ? 」

Dscn1390


(1) 東山道武蔵路①・・・東の上遺跡(埼玉県所沢市)

平成元(1989)年の調査で南陵中学校の校庭から,南北に伸びる幅12mの直線道路が発掘された

Dscn2655


(2) 東山道武蔵路➁・・・東村山駅付近

Dscn2722


(3) 東村道武蔵路③・・・西国分寺駅付近

Dscn2717


(4) 江戸時代の旅・・・箱根旧街道

Photo


(5) 兵馬俑(中国・西安)のイメージ

Photo_3


(6) ONライン

  【700年まで】           【701年から】

九州王朝が主権者の時代  大和王朝が主権者の時代
                
 (九州王朝の年号)     大宝(初めて大和王朝が年号の建元)
 (九州王朝の律令)     大宝律令
 (九州王朝の評制度)    郡~(国・郡・(郷)・里) 「おおさと」と「こざとへん」
 (九州王朝の朝賀)      朝賀~
 (九州王朝の曲水の宴)   曲水の宴~
 (九州王朝の冠位)      位記~
 (九州王朝の国印)      新しい国印の頒付~

 (九州王朝の大嘗祭)    大嘗祭(本当は誰の時から?)
 (九州王朝の式典年宮)   式典年宮(本当は誰の時から?)


(7) 7世紀半ばに作られた古代日本ハイウェーは,いったい誰の命令で作られたのか?

「 7 世 紀 半 ば に 作 ら れ た 
 古 代 日 本 ハ イ ウ ェ ー は,
い っ た い 誰 の 命 令 で 作 ら れ た の か ? 」 


(8) 古代行政区分と街道・五畿七道(7~9世紀)

Photo_2


(9) 今回解明された「五畿七道」はどういう内容なのか?(山田さんの話へ)

「 九 州 王 朝 が 作 っ た 古 代 官 道 に は 、
ど ん な コ ー ス が あ っ た の か ?」

「 九 州 王 朝 の 古 代 官 道 の ス タ ー ト 点
 → コ ー ス
 → 到 着 点 は ど こ な の か ? 」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 時間調整用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(10) 東偏5度の寺院と街並み
Dscn3144_2


(11) 2つの地図「武蔵国分寺・付東山道武蔵路」と「ふちゅう地下マップ」のこと

Dscn3145

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その都度「夢ブログ」にアップしておいて良かったです。
もしこれらが使えなかったらと思うと冷や汗ものです。
あとは,流れの中でどう入れていくか考えたいです。


審判の目から見た松阪,斎藤佑,江川の違い

『Number』という雑誌のWeb版に,面白い話題が出ていた。
ある審判が,一世を風靡した3投手の違いを語る。
野球好きの人にはたまらない話題かも・・・。
リンクしますね。

審判の目から見た松阪,斎藤佑,江川の違い

http://number.bunshun.jp/articles/-/831670?utm_source=headline.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=directLink

新々アパートの建設 8/21

昨日は,搬入されいた鉄骨(溶接済み)をそれぞれの場所に据え,
コンクリートを流す準備をしていた。

(作業の様子)

古代史講演会の流れ案(かなり変更)

(0) 自己紹介

半年前まで中学社会の教員をやっておりました肥沼です。どうぞよろしくお願いいたします。
古田史学との関りは,『吉野ヶ里の秘密』で古田先生と再会したこと。
今から30年近く前のことです。それ以来著作の渉猟,講演会や旅行会への参加をしてきました。
いくつかの団体に会費を払い,研究紙を送っていただいたり,新古代学の扉のサイトを覗いたり,
数年前から,多元的「国分寺」研究サークルをブログで開設したり,
一番最近では「武蔵国府」の謎解きもやっています。

お近づきのしるしに手品を1つやらせて下さい。
手品「マジック・ワールド」の披露(手品の謎解きと歴史の謎解き)
最初は何も古代のことがわからなかった私たちも(白色),
古田先生によって九州王朝説他の謎解きをしていただき(白黒の絵),
それに私たちが研究を持ち寄る段階になってきた(カラーの絵)。
ぜひ研究を交流し合って,日本に世界に多元史観が広がっていくことを願います。
質疑の時間があったら,もう1つ別な手品(「エレベーター式!?トランプ」)がありますので,
よろしくお願いいたします。

(1) ONライン

今から25年くらい前,文京区の区民会館で,古田先生を中心に3年間いっしょに
2か月ごとに「ONライン」の研究をしました。

700年と701年の間を,画期と認定していいかということがメインテーマだったと思います。
2か月に1度でしたが,いろいろな話題が出て,また仕事が終わった後行われたこともあって,
半分以上(あるいはほとんど)頭に残っていないのですが,
しかし,結論としては,「やはりそこに画期がある」ということだったと思います。
なので,これは自然科学でいえば「法則」「原理」みたいなもので,
もっともっと活用すべきもののような気がするのです。

ーーー700年までーーーーーー701年から-----------
                
 (九州王朝の年号)    大宝(初めて大和政権が年号の建元)~
 (九州王朝の律令)    大宝律令~
 (九州王朝の評制度)   郡~
 (朝賀できず)        朝賀~
 (曲水の宴開けず)     曲水の宴~
 (九州王朝の冠位)     位記~
 (九州王朝時代の国印)  新しい国印の頒付~

PS ・・・ということは,大極殿で行われたクーデター事件(大化の改新)も,
その大極殿の所有者=九州王朝内の事件ということになるのかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にもいろいろあると思いますが,今日のテーマに即して言うと,
「全国6300キロに及ぶ古代官道を作ることを命じられるのは誰か」
ということになると思います。個々の工事は地方の王が分担してやらせたにしても,
たとえば,①幅12mを基準とすること,➁直進が原則,③基礎工事の高度な技術など,
国家的な命令がなければその統一性はないと考える。
その命令を7世紀半ばに出せるのは誰か。
それは,ONラインの考えによれば,九州王朝しかない。

ところが,6年前にNHKのBS2で再放送された「古代日本ハイウェー
~1300年前の“列島改造”」を観たら,「そんな大事業で,しかも緊急性のあることをできるのは,
天智天皇か天武天皇かみたいなストーリーでした。「いやいや,それは違うでしょう。
7世紀半ばは九州王朝が主権者だったのだから命令も九州でしょう」ということで,
私的ONラインの適用が始まった次第で,その後「古田史学会報」に書かせていただきました。。

しかし,「その後100年もすると,古代ハイウェーは使われなくなり,地下に埋もれた」と
NHKは続けました。そういえば,同じように廃棄された例があるぞ。吉野ヶ里遺跡は
「親魏倭王」=「反呉倭王」だったのが,魏が力を持った後はかえって魏からにら睨まれかねない
軍事要塞になるのだということを思い出しました。

唐の進駐軍が進駐してきたら,代々の王墓は破壊され,防衛施設だった神籠石遺跡は撤去され,
何の施設だったか分からない程にされている。(宗教施設かも?)
さすがに全国を結んだ6300キロの古代ハイウェーまでは破壊されなかったけれど,
軍隊の移動くらいしか用がない幅12mの道路は,修理されなければどんどん傷み,
やがて律令制の衰退とともに使われなくなっていったというのが私の仮説です。

もっとも溝と化した中央部は使われないが,そのハイウェー沿った道は使用され,
鎌倉時代になると東山道武蔵路に並行した鎌倉道が何本も存在し,
今はこちらの方が有名になっています。そういうのが21世紀の「今」なのだと思います。

まず小中学校で「一元史観」を刷り込まれ,引退後は再び地域の歴史の学習会から
「一元史観」を刷り込まれている現在。
古代日本ハイウェーが多元史観への橋渡しになることを願っています。

(2) 山田さんへの橋渡し

ところで,私が古代官道について考えていた時,どこがスタートでどこがゴールかなんて
あまり考えてはいませんでした。とにかくこんな巨大プロジェクトをやれるのは
九州王朝しかない,と。そして,私にとっては東京の横田基地と埼玉の入間基地の間を結ぶ
直線の幅広い道路(行政道路)は,軍用道路に決まっている。
便利ゆえに渋滞が絶えない道でしたが,最近いろいろなバイパスができました。
また,空を見上げれば軍用機が朝礼や授業時間にも飛んでうるさく,かえって冷房化が進む
という矛盾した話も起きてます。

では,西村さんの研究をさらに発展させ,古代官道についての認識を深めていただいた
山田さんに,これからの話をお任せいたしましょう。では,山田さん,よろしくお願いいたします。

写真がアップできない

パソコンの調子がおかしい。
昨日まで写真もアップできていたのに,
先程やろうとしたらできず,
「フォーマットし直して下さい。
ただし,データはすべて消えます」
という指示。

いったいどうしたのだろう。(。>0<。)

所沢市上安松の発掘現場 8/21

昨日は,晴れたり曇ったり降ったりと天気が二転三転し,
ドローンの空中撮影がうまくいくか心配だった。
しかし,予定通り白いボディーのドローンは,
4つのプロペラを回して飛び上がり,
遺跡上空で静止して下の様子を撮影してくれた。
15人を超える関係者が集まったところをみると,
やはり空中撮影は,発掘期間の最終段階「晴れの日」という気がした。
竪穴授居のかまどなど,これから掘っていくという。
最後まで見逃せない今回の発掘だ。

(ドローン)

(遺跡の写真)

楽天が投打が噛み合い47勝目

オ リ000005000計5
楽天00401100×計6

楽天が投打が噛み合い47勝目をあげた。
先発・則本に勝ちを付けようと,チームが一丸となったのが良かった。
チームスポーツというのは,そういう無私の共通目標を持てた時,,
有機的に機能すると思うからだ。

6回表に則本が5点取られて,同点とされた時,
一昨日の6―0から6ー8の逆転負けを思い出した。
それをすぐペゲーロがホームランを打ってくれて,
マイナスのムードをプラスのムードに変えることができた。
打が頑張れば,今度は投が頑張る。
6回以降リリーフ陣は0点で抑え,
最後はハーマンの3者連続三振で締めくくった。
前試合で9回に5点取られて逆転負けした投手とは別人のようだった。

則本・高梨・青山・ハーマンー嶋

則本 6勝9敗0S
ハーマン 2勝2敗18S

枡田3号3ラン.ウィーラー8号ソロ,ペゲーロ17号ソロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:3回、先制の3ランホームランになりました。チャンスで回って来たこの場面、
打席ではどのようなことを考えていましたか。
枡田選手:とりあえず、1点を取れるような気持ちで、何とかしたいなと思いました。

記者:結果的には、バックスクリーンに飛び込む自身3本目の一発となりました。
枡田選手:ありがとうございます。

記者:ここのところ、代打ではなくスタメン。4番での起用が続いています。
今日の一発は、4番の仕事ができたのではないですか。
枡田選手:今まで、全然打てていなかったので、何とかしたいと言う気持ちだけで、打てました。

記者:チームは乱打戦を制しました。今日は6得点ということになりましたが、
その中心に(枡田選手が)座りました。今日の打線はどのように振り返りますか。
枡田選手:みんなが則本選手に、なんとか勝ちを(付けたい)という気持ちで、
1点でも多く取ろうという気持ちでしたので、それが良い結果なったと思います。

記者:最後に締めてもらいます。夏休みで、多くの子供たちもいます。
勝負強いバッティングの秘訣を(子供たちに)教えてください。
枡田選手:その秘訣は、ビールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:ナイスピッチングでした。
高梨選手:ありがとうございます。

記者:ランナーを3塁に置いて、4番の吉田正選手との対戦になりました。
この場面、ご自身のピッチングを振り返っていただけますか。・
高梨選手:則本さんが、2アウトまでこぎ着けていたので、
(則本選手と)2人で1つアウトを取ろうという気持ちでいきました。

記者:結果的には相手の4番(吉田正選手)を三球三振に仕留めました。
高梨選手:三球三振は出来過ぎでしたが、抑えられて良かったです。

記者:チームとしては8回に青山選手、9回にハーマン選手(が登板する)ということで、
7回をしっかり押さえれば、後ろに(登板を)待っている先輩がいる。
その中での今日の働きご自身でどう振り返りますか。
高梨選手:1試合1試合なんとか先発ピッチャーの勝ちを、繋げられるようにやっているので、
それが(結果に)出たかなと思います。

記者:高梨選手の好投で、エース(則本選手)に勝ちを付けることが出来ました。
これは投手陣にとっても大きいのではないですか。
高梨選手:そうですね。エース(則本選手)に勝ちが付くというのは大きいと思うので、良かったです。

記者:今後は、どのようなピッチングを披露していきたいですか。
高梨選手:2年前までは、そんなに野球をやっていなかったので、1日1日を大事に任された所で仕事をする。
という気持ちで投げていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:まず、則本選手に7月5日以来の勝利がつきました。
平石監督代行:そうですね、苦しんでましてが、ここ最近ボールもだいぶ良くなってきてたんですけども、
なかなか勝ちに恵まれなかったので、今日は則本に何が何でも勝たしたい一心でみんな戦いました。

記者:7回続投でした。あれは本人の意思だったんですか。
平石監督代行:いえ、こちらがピッチングコーチと(相談して決めました)。ただ吉田正選手までいけば、
高梨に託そうという話はしてました。

記者:そして、高梨投手への継投が見事にはまりましたね。
平石監督代行:そうですね、あのプレッシャーが掛かる場面で、高梨がきっちり抑えてくれて、
素晴らしい内容だったと思います。

記者:その後、青山選手、ハーマン選手と一昨日の(負けの)借りを返したと感じがするのですが。
平石監督代行:悔しい負けをして1日空いて、今日もしっかり前を向いてくれてたので、
最後のハーマンも一昨日のことがあって、ものすごく慎重に見えたんですけど、
しっかり3人で抑えてくれたので、明日からは本来のハーマンの精神力が戻るんじゃないかなと思います。

記者:中盤は大量リードを今回も守れなかった。ちょっと嫌な空気が流れていたのですけども。
平石監督代行:これまでも、ミスが出たりいいプレーもいっぱい出てるんですけども、
今日は野手にミスが出て、則本の足を引っ張ってしまったのですが、
その後、取り返すではないかもしれないですが、(ミスをしたペゲーロに)一発出ましたので良かったと思います。

記者:攻撃では、初先発の投手を2回り目から見事に攻略しました。
平石監督代行:立ち上がりからストライクとボールがはっきりしてたので、
バッターからすればそんなピッチャーは嫌なんですけど、甘い球を逃さずにしっかり攻めてくれたと思います。

記者:銀次選手以外はスタメン全員安打ということで。
平石監督代行:銀次も3打席目までは、ものすごくいい内容で全部正面ついてたので、
あのバッティングを続ければ銀次も問題ないでしょう。ほかの選手もしっかりやってくれたと思います。


記者:則本選手に勝ちがついて、そして打線もつながってきた、前を向く材料が揃ったと思うのですが。
平石監督代行:前を向かないといけないです。ただ、ミスは出てるので、
そこはしっかり反省して明日以降につなげたいと思います。

2018年8月21日 (火)

所さんの目がテン(京都橘高校のマーチングに密着)

昨日の朝,山田さんのサイト(sanmaoの暦歴徒然草)で上記の番組を観た。
もともと1時間半という長~い番組なのだが,こともあろうにさらに付随する番組もいくつか・・・。

「やることはいっぱいあるのに・・・」と思いつつも,
この番組に感動できる私って若いっ!てことだと思うから,
自分にもできること(マーチングはできませんが)をやり切りたいと思わせてもらえた。
元気をもらえる映像です。もしお時間があったら,観てほしいなあ。

所さんの目がテン(京都橘高校のマーチングに密着)

https://www.youtube.com/watch?v=1CAKbKLyu9M&feature=player_embedded

下毛野朝臣古麻呂について

『古代東国仏教の中心寺院・下野薬師寺』に出て来る下毛野朝臣古麻呂が気になって,
ウィキペディアを読んでみた。
そうしたら,歴史のひとコマが見えたような(あくまで,「ような」です)気がしたのでリンクしておく。
これで川瀬さんが気になさっていた「正方位の掘立柱建物」の謎も解けると思うのですが・・・。

ウィキペディア「下毛野朝臣古麻呂」

https://ja.wikipedia.org/wiki/下毛野古麻呂

私は白村江の戦いの際,前将軍として上毛野君稚子が出兵するので,
関東王朝は九州王朝と運命を共にしたと思っていたのですが,
分家の上毛野君は戦いに参加したが,本家の下毛野君は参加しなかったということなのかな。
またあるいは,関東王朝を全滅させないために,「半分参加」という形にしたのか。
いずれにしても,一族が「生き残るか,滅亡するか」という瀬戸際に立たされたのだと思う。
とにかく下毛野君家は白村江の戦い以降も勢力を保ち,
その当主である下毛野君古麻呂は,大和王朝の下で大出世していく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

持統天皇3年(689年)以前:直廣肆(従五位下に相当) ← この位以上が貴族とされている
文武天皇4年(700年)以前:直廣参(正五位下に相当)
大宝元年(701年) 日付不詳:従四位下。4月7日:見右大弁
大宝2年(702年) 5月21日:参議
大宝3年(703年) 2月15日:功田10町、封戸50戸。3月7日:功田20町
慶雲2年(705年) 4月20日:従四位上[9]。4月22日:兼兵部卿
慶雲4年(707年) 10月3日:造山陵司(文武天皇崩御)
和銅元年(708年) 3月13日:式部卿。7月1日:大将軍[10]。7月15日:正四位下
和銅2年(709年) 12月20日:卒去(式部卿大将軍正四位下)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前に綿貫観音山古墳(6世紀後半の群馬県の古墳。豪華な副葬品で未盗掘で発掘された)が出てきたが,
その100年後の孫の代では白村江の戦いでは戦死(稚子)するのに対して,対照的である。


綿貫観音山古墳

https://ja.wikipedia.org/wiki/綿貫観音山古墳

それが,下野薬師寺の地下の様子に見事に表されているのではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

① 「九州王朝に従う意味の東偏5度の屋敷」 → 663年白村江の戦い → 主権の移動決定
➁ 「大和王朝に従う意味を表して屋敷を正方位に改める」 → 褒美として従五位下への登用?
➂ 「大和王権の下での正方位の薬師寺の建立」(次の代以降だろう)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という「建物の方位が歴史段階を表す説」,いかがでしょうか?

新々アパートの建設 8/20

台風19号と20号の進路を気にしながら,
新々アパートの建設が再開した。
「捨てコン」の上にコンクリートを何十センチかの高さにするが,
そのための鉄骨資材の搬入があった模様。
青いビニールシートの中にそれらが入れられている。

Dscn3143


古代史講演会の準備 8/20

昨日は,資料にぜひ加えたいカラーコピーに尽力した。
前に「府中ふれあい歴史館には白黒しかなかった」と書いたが,
3階の事務所に行って頼んだところ(川瀬さんと行った時には,私は遠慮した),
「一部だけでしたら」ということで分けていただいた。
カラー印刷の上.いい紙も使っているので,予算が掛かるためか。

それを持って,国分寺関係のコピーでお世話になったスーパー「ベルク」に行った。
「白黒5円,カラー30円」という素晴らしい価格で,本当に感謝である。
しかもどのサイズでも同じ価格なので,もちろん「カラー」で「A3判」を選択した。
以下のようなイメージである。

Dscn3145

話の時間調整も,この2枚のマップで行えるだろう。
上が「武蔵国分寺+東山道武蔵路」
下が「府中地下マップ」である。
両方とも普通の地図では見えない,
「地下の地図(発掘調査結果)」となっている。

所沢市上安松の発掘現場 8/20

昨日午前中に寄ったら,Sさんを始め皆で水まきをするとのこと。
聞けば,21日はドローンを使って遺跡を空中撮影するらしい。
午前11時に予定が入っていて,ちょっとビミョーだが,
できたらそんな光景も写真に撮っておきたいと思う。
7月から始まった遺跡の発掘も,あと1週間で終わる。

Dscn3142

Dscn3140

Dscn3141


2018年8月20日 (月)

もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか(9)

川瀬さんが忙しい研究の時間を3時間も検索にかけていただき,
「東偏5度」の増補改訂ができました。

「北海道」・・・●●●
「東山道」・・・●●●●●●●●●●
「東海道」・・・●●●●

8月20日現在,東山道が10か所(しかも2か所の「街並み」も含む)見つかっています。
もはや「偶然そうなった」とは言えない数の多さですね。

Dscn3144


古代史講演会の準備

私にとっては,めったにできる機会はない古代史講演会。
時間は短い(25分)ですが,自分なりに準備はしたい。
なので,いろいろ失礼なこともあると思いますが,
よろしくお願いいたします。

私は並行して仕事をするのが下手なので,
一時に一事しか集中できないのです。
母からの遺伝かもしれません。
鍋を焦がすのは,ほかのことと並行して
火を扱おうとしたからでしょうから・・・。

〇 パワーポイントに使うまとめや写真の用意

〇 カラーコピーの用意

〇 手品の用意

『古代東国仏教の中心寺院・下野国分寺』

須田勉著,新泉社刊,1500円+税の上記の本を入手した。
神保町の三省堂で立ち読みをしながら,
「次回にしよう」と思って買いそびれた本である。
(その直前に,江口桂編著『古代官衙』
(ニューサイエンス社刊,3500円税)を買ったので,
記憶にとどめておいて,あとでアマゾンで注文しようと考えた。
先程届いたので,紹介しよう。

Dscn3132

その12ページに,図6(下野薬師寺下層の掘立柱建物)は出てくる。
「全体としては相当数の建物が予想される」と須田さんも書いている。
須田さんの見立てとしては,「7世紀第4四半世紀に成立した掘立柱建物群で,
重複関係や建て替え痕跡が認められないことなどから,
下野国分寺が成立するまでの短期間に存在した遺構群であり,
前代から継続された様相はみられない」と。
さらに,「掘立柱建物の規模や計画性などから判断すると,
豪族居宅を構成する一部であると考えられる。
この掘立柱建物群の上層には,さほど時間を経ずして下野薬師寺が建立されいるので,
寺院と下層遺構とは密接にかかわっていたと考えられる。
下層遺構の性格は,下毛野氏の居宅である可能性が高い。
この居宅が短期に廃された理由は,国家政策としての下野薬師寺の造営と下毛野氏が,
密接に結びついていたからにほかならない。そして,その背景には,
下野国河内郡を本館地とし,中央政界で活躍していた下毛野朝臣古麻呂の存在がある」
という言葉で結び,次章(下毛野朝臣古麻呂)へ進んでいる。
掘立柱建物群が東偏で建てられていること等,まったく関心がないような感じだ。

Dscn3133

ただ,52ページの図29には「回廊平面図」というものが載せられており,
「瓦葺回廊の下層に六脚門と掘立柱塀,それ以前の掘立柱塀がある。
六脚門の東の掘立柱建物は下野薬師寺が造営される以前からの建物で,
下毛野氏の居宅の一部の可能性がある」として描き,

Dscn3137

また,60ページの図35の写真「南西角の瓦葺掘立柱塀」では,
「東日本の寺院では,寺院地の区画施設を瓦葺にした例はなく,
下野薬師寺の格の高さを示す構造である」と書く。
左上に写っているのは,正倉だろう。

Dscn3139


2018年8月19日 (日)

古代史用白地図(改訂版)の配布

山田さんがご自身のサイトで,上記の記事を載せていた。
さっそくお礼のコメントを書いて,プリントアウトした。
明日「お気に入りの大きさ」にして,増し刷りしておきたいと思う。

sanmaoの暦歴徒然草

http://sanmao.cocolog-nifty.com/reki/2018/08/post-5054.html

私は「頭の中」で考えるというより,
「頭の外」(作業やフィールドワーク等をしながら)で考えるらしく,
こういうものがあると脳が活性化する。

「頭の中」で考える人と,「頭の外」で考える人が協力し合えたら,
研究はとても能率よく進むと考える。
ケストナーの『飛ぶ教室』のセリフのなかにも,そういうのがある。
半分だけしか思い出せなくて,「夢ブログ」に書いたことがあった。
あれから8年,まだ思い出せないでいる。

ケストナーの「飛ぶ教室」
・・・知恵と勇気

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2010/06/post-1304.html

母の近況~甘味物と長時間睡眠で満たされています

最近は一息つけているが,危険と言われるほどの暑さの夏。
母は,たくさんの食事とたくさんの睡眠に支えられ健在だ。
7月9日.84歳の誕生日を迎えた。

兄・姉がここ数年に亡くなっているが,
40歳頃の乳がんを早期発見・早期治療で乗り越え.
夫を事故で亡くした12年前から10年間はひとり暮らしだったが,
2年前からは優しい長男(私のこと)が隣接のアパートに住み,
現在は「同じ屋根の下」に暮らしている。
このまま行けば,100歳も夢ではないが,
心配なのはその食生活である。

本来母の系統は糖尿系で,甘いもの大好きなのである。
しかも暑い夏が加わって,「冷たくて甘いものが大好き人間」に変貌している。

アイスクリーム,ヨーグルト.フルーツゼリー.よもぎ団子,マーガリンといちごジャムの入ったコッペパン
すいか,メロン,オレンジ,グレープフルーツ,みかん,リンゴ
お稲荷さん,里芋とイカの煮物,フキの煮物,薩摩芋やカボチャやいんげんの天ぷら

食生活のことをまず書いたが,
認知症の方も「曜日不明」を中心に心配なことの1つだ。
なので,朝の日課は曜日の確認から始まる。

私「さあ,今日は何曜日でしょう?わからない人は新聞を見てもいいですよ~」
母「〇曜日」
私「ということは,今日はどこへ行く日でしょう~」
母「〇〇へ行く日」
私「正解です。今日も張り切っていきましょう!」

月・水・金がデイケアの日で,午前9時から午後4時まで預かってもらえる。
また,土曜日には歌のサークルが昼間に。
さらに,日曜日は協会の礼拝が午前中にある。
まだ曜日が分かれば,その日のイメージは湧くのだ。
(朝のうちに曜日確認をしないと,炎天下玄関で誰かが迎えに来るのを待っている
などということもある。それが「天国からのお迎え」だったら同居している者としてはつらい)

体は何とか家の中は動き回れるので,旅行しても心配はないが,
先日の2泊3日の夏の大会では,血圧と糖尿予防の薬が2日分抜けた。
カレンダーの裏紙に予定を書き,その日ごとの場所に薬を付けておいたのに・・・。

冷蔵庫付近の徘徊はするが,町中の徘徊はまだない。
一応排尿の始末も紙おむつで自分で扱えるので,大きな心配はない。
これから認知症がどのように進行していくか分からないが,
少しでもユーモアを入れた会話をしてブレーキを掛けていきたい。
84歳になった今でも,「強制されることは大嫌い」な母。私にもそれはよく遺伝している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS 母の芸名を作って,さそく披露してみた。「北切スズメ」(着た切りすずめ)というものだ。
水玉模様の上着と四角模様の上着が大好きなので,気を付けていないと何日でも「連着」する。
この冗談が通じるくらいには,まだ「この世」にいる母なのであった。
(スズメは,NHKの番組「半分,青い」の主役の名前)

PS2 先日叔母がお盆に実家に来た際,
玄関と台所と仏壇の部屋が片付いているのに驚嘆していた。
「きれいになったね~。すごい!」との言葉になぜか母がニコニコ。(^O^)
「あの~,片付けたのは90%息子なんですけど・・・。」(笑)

もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか(8)

下野薬師寺は太宰府・観世音寺と並び.戒壇を持つ。
私の考えでは,九州王朝が西日本と東日本に戒壇を置き,
「政教一致」の管理を進めたのだと思う。
(年代が新しく書き換えられていると思う)

だから,戒壇を持っていなかった大和王朝としては,
それを持ちたかったし,九州王朝が白村江の戦いをきっかけに滅亡すると,
東大寺に戒壇を作り,反対勢力を東西に流罪にした。
(菅原道真を西の観世音寺に,道鏡を東の下野薬師寺に)
ということは,逆にそれまでは中心地だったということではないだろうか。
ただし,九州王朝の政教政策にとっては・・・。

なので,さらに下野薬師寺・下層遺構も「東偏5度の図」に加えてみよう。

さらに,周防国府&国分寺は「武蔵国府」と同じく「街並み」にも該当するので,
他と区別して⦿という記号で差別化をしておきたい。

Dscn3131

一応.3つの「軍管区」に分けてみると,

〇 北海道・・・出雲国分寺・伯耆国分寺・因幡国分寺

〇 東山道・・・周防国府ー信濃国分寺(尼寺)ー(770年まで「武蔵国府」)ー新治廃寺ー下野薬師寺(下層)

〇 東海道・・・紀伊国分寺ー(771年以降「武蔵国府」)

というふうになるかな。まだたくさんのミッシングリングはあるだろうが。

AIによる地震予測

昔は「地震は予知できないもの」とされていたが,
現在は様相が変わってきているようだ。
AI(人工知能)による地震予測の的中率は,今や7割だという。
「地震は予測できる時代」に入ったか?


AIによる地震予測のニュース

https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-073460/


カラッとした陽気は日曜日まで

先程まで窓を開けてブログを更新していたのだが,
窓からは8月のこの時期とは思えないような涼しい風が這入って来てうれしい限りだ。
ただし,台風19号が「暑さ」を連れて来週火曜日頃からやってくるとのこと。
しばらくまた冷房のお世話になる日々が続く。


天気予報(動画)

https://weather.yahoo.co.jp/weather/video/?c=769144

『日航機123便 墜落の新事実~目撃証言から真実に迫る』

青山透子著,河出書房新社刊,1600円+税の
上記の本を入手した。
帯に{森永卓郎氏、激賞!僕が今もっとも注目する本。隠された真実がここに!
事故ではなく事件か!?渾身のノンフィクション」とある。

内容は先日「夢ブログ」に掲載した。

Dscn3127


楽天が近藤の好投で46勝目

ロッテ000100100計2
楽 天20000001×計3

楽天が,ドラフト1位の近藤の好投で46勝目をあげた。
岸の抜けたローテーションの穴を,6回を1失点で見事に埋めたと思う。
ぜひ本日も粘って,3連戦の勝ち越しを決めたいところだ。

近藤・松井・青山・ハーマンー嶋

青山 3勝1敗0S
ハーマン 2勝1敗17S

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:ナイスバッティングでした。
枡田選手:ありがとうございます。

記者:8回2アウト2塁で打席が回ってきましたが、どんな気持ちで打席に向かったのでしょうか。
枡田選手:(楽天スーパーポイント)10万ポイントそれしか見ていなかったです。

記者:打った瞬間の手応えはいかがでしたか。
枡田選手:良い感触で打てましたが、(2塁)ランナーは返って来れないかと思いましたが、
ハプニング(相手捕手の捕球ミス)があり、ラッキーでした。

記者:代打の枡田選手も頼りになりますが、4番の枡田選手も頼りになります。
枡田選手:そんなことないですが、今日はラッキーでした。

記者:この頃、4番での起用が増えてきましたが、そのあたりはどうですか。
枡田選手:とりあえず、(楽天スーパーポイント)10万ポイントしか見ていないです。

記者:今シーズンは代打でも3割を越える打率を残していて、ここぞという集中力がすごいですね。
枡田選手:気持ちを上手くコントロールして良い結果に繋げています。

記者:気持ちをコントロールする為の秘訣はありますか。
枡田選手:とりあえず、何かあったら根性とビールで乗り切ろうと思っています。

記者:チームは苦しい状況ですが、粘り強い闘いが今日の勝利に繋がりましたね。
枡田選手:チーム一丸となって、みんな必死にやっている結果だと思います。

記者:まだまだ諦めない、そんな姿勢がチームにありますでしょうか。
枡田選手:もちろん(あります)!

記者:明日はカードの勝ち越しをかけた一戦となります。意気込みを教えて下さい。
枡田選手:明日も根性入れて戦います。応援よろしくお願いします。

補助が出たらうれしいな

古代史講演会の資料として,
2枚の遺跡地図を配りたいと思い,
昨日各資料館・歴史館へ行ってきた。

国分寺マップ・・・「武蔵国分寺跡~附・東山道武蔵路」
府中マップ・・・「ふちゅう地下マップ~発掘!ここまでわかった武蔵国府」

ところが,いずれも「品切れ」ということで,
白黒両面刷りのものが置かれていた。
白黒でも「ないよりまし」と思うか,「やはりカラーがいい」と思うか,
それは人によって感じ方が違うと思うが,
やはり私はカラーで行きたい(「心をモノで表す」ということ)と思うので,
「補助していただけないか」と打診したところだ。

もし補助が出なくても,カラー資料は配るつもりだが,
補助が出たらうれしいな。(o^-^o)

※ 2枚のマップは入手できなかったが,府中刑務所の近くだったので,
「三億円事件を知っていますか?」」というインタビューも受けた。
テレビ東京の「ありえへん∞世界」という番組である。
もしかしたら,9月11(水)にテレビに登場するかもしれません。

Dscn3128


もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか(7)

本日は,府中ではなくて,全国の「東偏5度」の方である。

一昨日.須田勉著『下野薬師寺』(新泉社)に怪しげな「東偏」の図が出ていたのを,
「夢ブログ」に書いたところ,川瀬さんが奈良文化財研究所の
古代寺院遺跡データペースで検索していただけました。
それをリンクします。

私は『下野薬師寺』の本が届いたら調べてみようと思っていたのですが,
川瀬さんのやる仕事ははやい!

やはり地下に「東偏5度」を含む先行の遺構があるようです。
このところ何回となく府中市東部地域の「東偏5度」を見ていたので,
目(=脳)が「東偏5度」に反応してくれたのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「奈良文化財研究所」 → 「古代寺院遺跡データベース」 → 「下野薬師寺」

H16年度下野薬師寺遺構全体図

http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m104083-87574/up.jpg

下野薬師寺下層遺構配置図

http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m104083-87574/kasou.jpg

栃木県埋蔵文化財センターだより2011年6月号

http://www.maibun.or.jp/c-info/pdf04/57.pdf

「7.史跡下野薬師寺跡(下野市)ー創建前の掘立柱建物跡を発見ー」がそれです。

2018年8月18日 (土)

東偏何度か?~「武蔵国分寺の四方・八方・十二方」サイトから

多元的「国分寺」研究サークルをスタートするかしないかの頃,
このサイトにお世話になったことを思い出した。

武蔵国分寺の四方・八方・十二方

https://musashi-kokubunji.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301337022-1

(1) 塔・・・真北あるいは東偏1度

(2) 金堂などの主要伽藍・・・西偏7度

(3) 東山道武蔵路・・・東偏2度

(4) 国分尼寺・・・東偏2度

上のサイトには,こう出ていました。
(2)以外の3つはほとんど同じ方位に見えます。
(2)は明らかに「仲間外れ」。しかし,近くの府中熊野神社古墳の方位がまったく同じなのだ。
しかも,多くの寺がこの方位である。(磁石測定か)

9月の楽しみ

9月はいつも暑いけど,今年もそうなのだろうか?
ということで,退職後初の「9月の楽しみ」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月1日(土),古代史講演会(東京家政学院大学)

8日(土),飯能・日高サークル
9日(日),平曲の会(川崎)

15日(土),体育祭 → 昭島サークル

22日(土)~23日(日),ヤングバレー全国大会(大阪)

28日(金),新人戦・市予選(富岡中)
29日(土),教育研究集会(どこで?)


秋のような1日

昨日は,秋のようにさわやかな1日だった。
本日も同じようになるらしい。
冷房をつけなくていいというのが,なんともうれしい。
台風15号の影響は,来週出てくる模様。

天気予報

https://weather.yahoo.co.jp/weather/video/?c=768397

今年は猛暑で“蚊”が減少 むしろこれから増える?

「今年は猛暑で“蚊”が減少 むしろこれから増える?」という
気になるニュースをネットでやっていたので,リンクしますね。

今年は猛暑で“蚊”が減少 むしろこれから増える?

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180817-00000040-ann-soci

『古代官衙』

江口桂編著,ニューサイエンス社刊,3500円+税の
上記の本を入手した。

Dscn3110

阿部義平著の『考古学ライブラリー50 官衙』(1989)出版後の研究を補う形で,
本書が4年前に出されたようだ。8人で書き,江口さんが編集している。

もちろん「国府城追求の試みー武蔵国府に見る都市型調査の実践」という章ががあるが,
それは同じ府中市役所の荒井健治さんが書き,江口さんが全体を編集している形である。
(江口さんが書かれているのは,「はじめに」「Ⅰ古代官衙の研究」「Ⅲー4国府」「あとがき」)

Dscn3113

Dscn3115

この2枚の図で表されていることと,府中市の東部の「東偏5度の街並み(多磨寺を含む)」が,
多元的にみれば矛盾しない結論を導き出せるのに,大変残念である。
「↗東偏5度の街並み(多磨寺)を含むには,やはり↗東偏5度の役所がよく似合う」のである。
しかし,それは正倉3棟という規模からみても国府(国庁)ではありえず,
「郡衙」さらに正確に言うなら九州王朝系の「評衙」てあると感じる。
(只今,川瀬さんと「真の武蔵国庁」を捜索中である。もしかしたら,府中刑務所の地下かもしれないが)

九州王朝は,6~7世紀にかけて,まず東偏5度の寺院や街づくり始め,
条里制を敷き,国府や国府寺(僧尼の二寺)を置き,
政治的・宗教的に大陸の隋に対抗すべく準備を進めたようである。
しかし,その中心者・阿毎多利思比孤(あまのたりしひこ)は無視され,
「大和の聖徳太子が隋の皇帝へ出した」と言われているのが,
例の「日出処天子」 → 「日没処天子」への手紙なのである。
このような国家建設事業の背景があるからこそ,あの手紙には実質が伴う。
(これまでのものは,「空威張り」的な解釈でしかなかったような気がする)

2018年8月17日 (金)

楽天が藤平の好投で45勝目

楽 天000012000計3
ソフト100010000計2

楽天が藤平の好投で45勝目をあげた。
7回1/3を2失点で,3連敗を止めたのだ。
楽天は5回にウィーラーのタイムリーで同点としたが,その直後再びリードを奪われる。
しかし,すぐに次の回に銀次のタイムリーと今江の犠飛で再逆転して試合をひっくり返した。
明日からは5位のロッテとの3連戦なので,ぜひゲーム差を縮めてほしい。

藤平・高梨・青山・ハーマン-嶋

藤平3勝3敗0S
ハーマン2勝1敗16S

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:8回途中2失点の好投で、3勝目の藤平選手です。おめでとうございます。
藤平選手:ありがとうございます。

記者:今日の投球を振り返ってみていかがでしたか。
藤平選手:打線1人1人の能力が高かったので、抑えるのが大変でしたが、粘りの投球ができて良かったです。

記者:ファームで意識して鍛えてきた強いストレートはご自身で振り返っていかがでしょうか。
藤平選手:真っすぐで、どんどん押して、自分が思っているような、
ファウルや空振りが取れているので無駄ではなかったと思っています。

記者:5回に今宮選手にホームランを打たれた後、ホークス打線をしっかりと6人で抑えていましたが、
どういった意識だったのでしょうか。
藤平選手:ホームランを打たれた後に、点数を与えると流れが相手にいくので、
その後はしっかり抑えないといけないと思い、ギアを上げて投げました。

記者:今シーズンは、3勝中2勝がヤフオクドームで、2回目のヒーローインタビュですが、相性がいいですね。
藤平選手:そうですね。はい。

記者:そのあたりは、どう感じていますか。
藤平選手:はい(いい感じです)。

記者:明日は母校(神奈川県:横浜高校)の試合がありますが、良いエールになったのではないでしょうか。
藤平選手:前回は、登板前に母校(神奈川県:横浜高校)の試合がありエールをもらったので、
今回は自分がエールを送れたかと思います。

記者:昨シーズンも藤平選手の投球で何度も連敗を止めましたが、今回も止めました。
これから(の試合)に向けてお願いします。
藤平選手:チームが苦しい状況で、しっかり若い力を出せることは、チームに勢いのつくことだと思うので、
これからもしっかりと、自分の役割を果たしていきます。

所沢市上安松の発掘現場 8/16

昨日は,埋め戻しが始まるのではないかとヒヤヒヤしたが,
最終的には27日になるらしい。

Dscn3097

Dscn3095

Dscn3096

ところで,昨日は「人間関係」という珍しいものが「出土」したのだ!
なんと,今回の発掘を通して,
私は一挙に「仲間」が増えたことを確認することができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥さん・・・3月で中学社会の教員を退職し,今は古代史の研究に励んでいる。「夢ブログ」で公開中。スリーデイズ・ワークの関係で,埋文センターにはたびたびお世話になっている。

Sさん(男性)・・・美原中の31年前の卒業生で,授業はY先生に教わったが,同学年だった。埋文センター勤務。

Yさん(女性)・・・小手指中で肥さんの担任クラスだった。埋文センター勤務。「花咲くコンサート」で再会。

Hさん(女性)・・・赤門塾(所沢市上安松)に関係のある方。肥さんとHさんのご両親は旧知。埋文センター勤務。

Mさん(女性)・・・三ケ島中でお嬢さんを肥さんが担任。「花咲くコンサート」主催。以前,埋文センターに勤務。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それだけではなく,SさんはHさんのお母さんに高校の時お世話になっていたりもする。(数学の先生のため)
皆さん,発掘がお好きなだけあって,きっと「地下」でつながっていた(笑)のかもしれませんね。
今後ともよろしくお願いいたします。m●m

Dscn3099

所沢市立埋蔵文化財調査センター(所沢市北野)

もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?(6)

「武蔵郡衙」(評衙かもしれない)の研究と関係あるかもしれない,
「東偏5度」の寺院のインターネット検索をしてみた。

以前「夢ブログ」で訪問記を書いた新治廃寺(茨城県筑西市)や信濃国分寺(尼寺が5度で,僧寺は3度)(長野県上田市)のほかに,
三宅廃寺(福岡県福岡市)というものがあるらしい。

三宅廃寺2(福岡県福岡市)~主軸方位は磁北から5度東偏する

三宅廃寺

古い寺院らしく,出土物も興味深い。
もし「東偏5度」の寺院が九州王朝系のものだったら,
大和王朝の成立後はにらまれて,廃寺にされたものもあると思う。
廃寺はなかなか詳しいことがわからないことが予想されるが,
礎石は無くても「建物が建っていた方位」は知ることができる可能性もあるので,
「〇〇廃寺」と聞いたら,一応「何方位かな?」と思って確認してほしい。

そして,前に川瀬さんが書いてくれたものに出てきた

紀伊国分寺(和歌山県)

そして,今回の多磨郡(評)衙&多磨寺を含む街並み(東京都府中市)

これらを白地図にドットしてみると,大変広い範囲になります。
そして,なんとなく九州王朝が背景にありそうな気も・・・。

※福井県三方郡の興道寺廃寺も興味深いのですが,
東偏7度+西偏2度だと,合計東偏5度になるのかと・・・。
これでは変ですかねえ。(^-^;

興道寺廃寺2

新たに三宅廃寺や講道寺廃寺の存在を知ることができて,良かったです。(o^-^o)
外していたら御免なさい。

Dscn3103

・……………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【川瀬さんのコメントによって増補改訂された東偏5度の寺院と街並み】

Dscn3109


「古代史講演会」のシナリオのメモみたいなもの

シナリオというよりメモですが,「何もないより少しいい」と思って書きました。
ただし,箸にも棒にも・・・段階です。まったく違うものになるかもしれません。
「ゼロより少しイチに近い」くらいに思って下さい。(^-^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【最初の5分・・・起】

〇 「マジック・ワールド」の手品を見せる。
(後の質疑で,「エレベーター式!?トランプ」の手品を見せる)

〇 私が浩宮さんに似ているのか,浩宮さんが私に似ているのか?(多元的〇〇)

〇 両者の共通点は,実は「歴史」「道」だった。道への関心は,ありますか?

〇 問題意識がないと,道はただの「未知」の世界。ところが持った途端に宝の山。

〇 50年前からの開発で,古代ハイウェーが発掘された!(市内の中学の校庭の東の上遺跡など)

〇 ところが「どうせ大和朝廷の「五畿七道」ではないかと,関心が深まらなかった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【次の5分・・・承】

〇 「テレビっ子」の私は,2009年放送(2011年再放送)のNHK・BS2の
「古代日本ハイウェー~1300年前の“列島改造”」を観てイメージが湧いた

〇 これを説明できるのは,多元的古代の古田説しかない!

〇 そして,「古田史学会報」2012年2月号に,「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」を書いた

〇 すべての道は,人が移動するのに使われる。庶民が使う。国家が使う。
 版築された幅12mの道路.しかも直線的。これは庶民の道ではない!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【さらに次の5分・・・展】 古田さん方式だと,「最近の研究」から入るという手もあるか・・・

〇 多元的「国分寺」研究のスタートも,東山道武蔵路だった。周りが正方位なのに,国分寺は7度西偏だった

〇 今やっている多元的「武蔵国府」研究の基本も,道=町の東偏・南北軸・西偏という方位である

〇 見つけた!東偏5度の多磨寺に対応する東偏5度掘立柱建物

〇 大國魂神社付近が武蔵国府というのは無理(正倉3つ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【バトンタッチを意識した5分・・・結】

〇 東京の横田基地と埼玉の入間基地をつなぐ「行政道路」は軍用道路。

〇 古代にも軍用道路があったことを教えてもらった古田先生との九州旅行。
 短時間で移動する。版築などの高度技術。一般道路との区別。

〇 ONラインをもっと活用すべきである~7世紀末までは九州王朝。
8世紀初頭からは大和王朝。誰がその時期には,主権を持っているのか。

〇 「軍用道路である」から先の部分は,これから山田さんがお話いただけます。
私は東山道武蔵路について学びましたが,そのスタート地点については考えていませんでした。

〇 また,東山道十五国の比定については,ブログで議論し合い,大変刺激をいただきました。

※ できたら「武蔵国分寺マップ」と「府中地下マップ」をプレゼントできたらいいと思っています。

2018年8月16日 (木)

たべさんの広島行(全4回)

「愛の世代ズ」のたべさんの広島行(8/7~15)が,
昨日最終回を迎えました。(親友ぐめちゃんも登場)
4回続けて観られるようにリンクさせていただきました。
写真とコメントです。

たべさんの広島行

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/08/post-317c.html

8月の後半は・・・

昨日は「終戦記念日」だったが,川瀬さんと発掘資料の収集等を行った。
幸い「主要建物の方位別分布図」は,喜んでいただけたようだ。
読者の皆さんも,少しは理解の役に立ったかなと思います。
何しろ△〇◎■の集まっているところが,その時代の勢力の中心というわけですから,
これでわからないわけはない!と言いたいところです。(細かいところは別にして)
「さあ,~の時代の中心はどこにあっと思いますか?」で行けるのが,分布図のいいところ。
もちろんまだ発掘していないところもいっぱいあるけれど,府中市はよく掘られている方だと思う。

さて,8月後半はこれまでやって来なかった部分をやっいく予定。

(1) 注文はしたのに,まだ読んでいないたくさんの本の読書。
(2) 9月1日の講演会の資料の準備(8月24日締め切り)。
(3) 仮説の関係の科学教室への協力。

これまで,自分中心に走ってきたので,ちょっと振り返りや人の為の時間を・・・。
とは言っても,また〇〇の虫が騒ぎ出すかもしれませんが。

発掘資料の収集 8/15

昨日もふるさと府中歴史館に行って,
川瀬さんと資料収集に勤(いそ)しんだ。

私は大國魂神社付近の東偏5度の掘建柱建物の確認。
川瀬さんは「真の武蔵国府」を求めて,武蔵台近辺の捜索。

私の方はすぐ見つかった。
『武蔵国府の発掘Ⅲ』というもので,1978(昭和53)年3月31年の発行。
なんと,私が大学に入った頃発掘されていたことになる。

Dscn3093

Dscn3094_2

中央の南北2間×東西4間(6m×12m)の掘立柱建物が,
東に5度傾いているのがわかりますか。(東偏5度)

一方,川瀬さんの方は,調査地域が「国分寺」の範囲になっているため,
この歴史館が持っていない国分寺関係の資料がほしいところだ。
次回は,国分寺市の図書館へ行くことになるかもしれない。

川瀬さんのお話では,次は29日頃ということなので,
その前にまず,9月1日の講演会の資料(8月24日締め切り)を作ってしまおうと思っている。

Dscn3092_2

昨日行ったコピー。毎回数十ページをコピーして持ち帰り精査する。
コピー機がすぐそばにあり,1枚10円なのがうれしい。


所沢市上安松の発掘調査 8/15

昨日で発掘は終りらしく,府中へ向かう際眺めたら,
写真を撮っていた。
私などがお邪魔しては申し訳ないので,帰りにと思ったが,
午後5時半に訪問した時にはもう撤収していた。

Dscn3088

Dscn3090

明日,朝イチで訪問しよう。

『日航123便 墜落の新事実 -目撃証言から真相に迫るー』

青山透子著,河出書房新社,2017年7月刊,1600円+税の
上記の本を教えていただいた。
インターネット検索したら,以下のような内容であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先輩を失った元スチュワーデスが当時の警察・自衛隊・政府関係者、医師、遺族、目撃者らに取材を重ねた先に見えた新事実。墜落の真相解明に拘り続ける理由と事実を見つめる勇気を伝える。
日航機123便墜落事故原因に迫る新事実!
この事故は「事件」だったのか!?

1985年8月12日。日航ジャンボ機123便は、なぜ御巣鷹の尾根に墜落しなければならなかったのか──。

「この出来事を風化させてはならない。」三十三回忌を前に、その情熱が生んだ、真相究明に一石を投じる渾身のノンフィクション!

当時、生存者の一人である日航客室乗務員落合由美さんの同僚であった著者は、
この「事故」に今なお疑問を抱き、数々の目撃者の証言をもとに真相に迫っていく。
前著からさらに探査の精度が深まり、頁をめくるごとに次々と新事実が明らかになっていく
迫真の展開力で一気読み必至!

*本書が追求する問題点

●公式記録にはないファントム二機の追尾が目撃されている。
●日航機に付着した赤い形状のものが目撃されたが、それは何か。
●地元群馬県上野村の小中学校の文集に寄せられた子どもたちの目撃証言。
●米軍機が墜落地点を連絡したにもかかわらず、なぜ現場の特定が遅れたのか。
●ジェット燃料の火災ではありえない遺体の完全炭化から考えられるある種の武器使用の疑い。
●事故原因はなぜ意図的に漏洩されたのか。
●圧力隔壁修理ミス原因説への疑問。

疑惑の証拠隠滅につながる数々の証言をもとに、今まで隠蔽されてきた問題が次々と明らかとなり、
この事故が「事件」であった可能性が浮かび上がっていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

著者
青山 透子 (アオヤマ トウコ)
元日本航空国際線客室乗務員。国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。
その後、官公庁、各種企業等の接遇教育に携わり、専門学校、大学講師として活動。
東京大学大学院博士課程修了、博士号取得。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読者の声
この本に寄せられた読者の声一覧

読んでいないのは、遺物は語るだけですが、御巣鷹山関係の本は30冊位読みましたが、
何かが外部からぶつかった可能性は否定できませんね。
それと、ケロシン以外の成分も見つかったという事は、何か不審です。
事故後のその日のうちに、上空をヘリコプターが旋回しているのを目撃していて、
捜索が、次の日の日の出からなんて----とにかく、怪しい事がたくさんです。 (郷 さん/55歳 男性)

横田の管制内なのになぜジャンボが消えるのかと信じられなかったことは覚えています。
でもこんなひどいことが行われていたとは。ショックです。
今も多くの事実が国民の眼から隠され続けています。
もりかけ疑惑、東京オリンピック誘致のわいろ・・一部の人が知っていても黙っていたら、
あるいは小さな声では、隠ぺい体質は変わりません。
みんなに知らせて声を大きくしなくては。声を上げる事さえできなくなる日が来ないように。
(まゆちゃんのばあば さん/64歳 女性)

本書を読んで居るうちにあの日の記憶が鮮明に戻ってきました。
母と家内が用意した夕食が一口も喉を通らずテレビの報道に夜中まで釘付けになっていました。
一時過ぎだったと思います。NHKか民放か覚えていませんがほんの一瞬、
事故現場に人間が降り立っている光景です。すぐにその画像は映らなくなりました。
大きな力にマスコミも屈したのだと今分かりました。日本中が隠蔽に加担したんです。
でも信じたいです。事件に関わった人が勇気をもって真実を語ることを。墓場まで持っていくのは
美談でも何でもなく間違った正義、悪魔の理屈にすぎないと思いました。
あの日、キャンセルした123便のチケット(家族4人分)を目の前に
呆然自失の自分がそこに居たことを思い出しました。合掌 (YKreds さん/ 男性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1985年8月といえば,先日の「34年ぶりの同窓会」を行った彼らと卒業式をした
翌年(26~7歳)の夏休みであった。

8月2日から10日までの8泊9日の赤門塾の第6回後山合宿を終え,
その足で10日と11日の野尻湖の陸上発掘に参加し,
自宅に戻って授業プラン「釧路の漁業~浮き魚と底魚」を作っていた日が当日だった。
あれから33年の歳月が流れた。

2018年8月15日 (水)

出土している「主要建築物」の分布図を作ろう!

昨日のコメントで,川瀬さんから「出土している建築物には,
質的な差があるのだ」ということを教えていただいた。
ではどうしたらいいか?ここはやはり,得意の?グラフで可視化すべきだろう。
私も返信コメントの中でアイデアをだしてみたが,
以下のようなグラフの記号を,府中市の白地図に記していったらいかがだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小型(下級役人の住居等)の掘立柱建物・・・△
役所とおぼしきものは大型掘立柱建物・・・〇
役所のさらに中心とおぼしきものは、庇のついた大型掘立柱建物で、
四面庇は中心的な建物・・・◎(四面庇・三面庇)
正方形のしかも総柱の建物は正倉などの倉庫・・・■

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえば,こんな感じになるのではないでしょうか。

△△△△△△△△△△

○○○○○
■■■■■

◎(三面庇)
◎(四面庇) 最も重要 
◎(三面庇)

■■■■■
○○○○○

△△△△△△△△△△

記号数の多少は,その人の感じ方ですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダメもとで,1回作ってみるといいと思うのです。
そうすると.視覚的にわかりやすいだけでなく,
けっこう本質をズバリついてしまうかもしれない。
小中学生でも,「ここが中心ですよね」と指摘できるような感じになる。
ちなみに現在「武蔵国府」に比定されている場所の付近には,正倉がわずか3つ。
この規模では,郡衙の倉庫としてはいいが,とても武蔵国全部の租のお米はしまい切れないでしょう。

そう言えば,古田さんの『ここに古代王朝あり』の考古出土物の分布図を使って,
1992年に授業プラン「〈邪馬台国〉はどこだ!」を作ったのを思い出しました。
今から26年も前のことになります。
銅鏡,青銅器の武器,鉄器,絹の4つで,出土地を予想してみました。
4つが重なる場所を,「邪馬台国」と考えるわけです。
生徒たちにも好評でした。(5段階評価で,➄と④が8~9割以上)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上の要領で,「東偏タイプ」「南北軸タイプ」「西偏タ3枚の分布図をつくったのだが,
うまく写真をアップできないのだ・・・。どうして?

〈東偏タイプ〉 南北軸のタイプの下には,東偏の建物があったと考えられる(一部発掘されている)

Dscn3087

〈南北軸タイプ〉 一見今の南北軸の「武蔵国衙」が中心に見えるが,正倉3つのため郡(評)衙か

Dscn3084_3

〈西偏タイプ〉 その中心は400mほど北部にあるのではないか(南北道の両側に庇付きの建物)

Dscn3086

親戚の少年

お盆の中日。
叔母さんが親戚の少年をいっしょに連れて来た。
お盆の間預かっているようだ。

この子は今小学5年だと思うのだがなかなかの才能で,
私と違って将来が楽しみな子なのである。
人の話をよく聞くことができ,知的で,
文系ではあるが,理系もそこそここなす。
夏休みの宿題ももう見通しがついた模様。

この前会った時には小学3年で小さかったが,
2年間経って身長もグッと伸びた。

「もし興味が出たら,歴史も面白いよ」と声を掛けておいた。
いつか多元的古代の研究の話を,いっしょにできたらいいな。(o^-^o)

『ソーシャルデザイン・アトラス』

山崎亮著,鹿島出版会刊,2500円+税の
上記の本を入手した。
副題に,「社会が輝くプロジェクトとヒント」とある。

以前「夢ブログ」でも紹介した,「水くみが楽しくなる遊具」など,
ユニークな上に納得のアイデアが満載の本(写真が多い)である。
(かつて同僚だった若き校長先生が紹介して下さった)

ほかにも,「200万円住宅のつくり方」や「アートで変える,スラムの未来」,
「「食べられる校庭」の教育革命」など,実際に世界で行われている
楽しい改革を報告している。ぜひご一読を。

Dscn3065

Dscn3076

Dscn3077

Dscn3078

Dscn3079

サボテンの花 8/14

昨日,サボテンの花が3つ咲いたが,どれもグロッキー気味。
あと3つは夕方から夜にかけて咲いた。
この暑さは,サボテンにとっても「危険な暑さ」なのか。
ああ無情。

Dscn3064_1

Dscn3082_1


所沢市上安松の発掘現場 8/14

「お盆だから発掘していないかな」とも思ったが,
「工期があと2週間だから,もしかしたらやっているかもしれない」と思い,
どうせ府中本町駅へは新秋津駅から電車に乗る訳なので,
Sさんの掘っている発掘現場にまたお邪魔した。

Dscn3063_2

Dscn3048

先日の土坑(右側の穴。粘土を採って壁土に使ったらしい)は
「もうこれ以上掘っても遺物は出ないだろう」と考えて,
すでに目星の付けてあった左側の四角形の竪穴住居を午前中に掘る予定らしい。
(左の丸い所がカマドである)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後,府中に私は出掛けて,戻ってきたのが午後1時頃。
教育委員会からの応援もあって,10数人が炎天下の発掘作業となった。
Sさんに簡単に府中の報告をして別れた。

この発掘が終わったら,SさんとYさんと私の3人で,
昔話の「発掘」といきますか!beer

※ Sさん・・・美原中で同学年。10クラスもあったので,社会科はもう一人のY先生が教えた。
※ Yさん・・・小手指中で3年の時に担任。その後,「花咲くコンサート」のスタッフで再会。


もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?(5)

やはり「神様の名前を確かめてみたい」という気持ちがふくらみ,
昨日また府中のTさんのお宅を訪問した。

Dscn3050

「神様の名前はわかりません。
祖父の代に引っ越して来たらしく,その時にも社はもちろんありました。
ゆるやかなスロープになっていましたが,周りの石はその後積んだと思います。
子どもの頃周りで遊びました。
古くなったので社も鳥居も新しくしましたが,方位だけは昔のままです。
隣りのKさんのお宅にも通り沿いに社があるので訪ねてみたらいかがですか」

と30~40代の男性は話してくれた。
なんと東京の中学理科の先生で仮説実験授業もご存じだった。(あまり縁がないそうだが)
「また何か聞きたいことがあったら,お邪魔させて下さい」と言い残し,Kさんのお宅へ向かった。
学校の先生なら日程がつかみやすい。神様の名前がわからなかったのは残念だったが。
(ミニ情報を後述)
また,お宅の敷地内も発掘され,竪穴住居が2棟(0135次?)出ているとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて,少し離れたKさんのお宅を訪問した。かなりの土地をお持ちで,アパートなどもありそう。
京司通り(裏通り)に並行して2つの社が横並びになっているのを確認して,ブザーを鳴らした。
70代くらいの男性が出て来て,質問に答えてくれた。

「神様は,天照大神と豊受神が中心で,その他たくさんの神様です。
この辺りは,社僧(神仏習合のため,神社で僧が修行したりした)が多かったが,
明治維新の廃仏毀釈で僧が追い出されたようです。うちは出雲系だと聞いています」とのこと。

Kさんにお礼を言って帰る道すがら,興味深いことに気が付いた。
2軒のお宅とも京司通りの裏道に,同じ方位に社を設けているのだが,
Kさんの社は東から西(「武蔵国府」方面)へ拝み,Tさんの社は西から東(多磨寺方面)に拝むようになる。
つまり,Tさんは大國魂神社の方角にお尻を向けることになる訳だ。
神様に対して「〇〇罪」と.いうのがあるかどうか知らないが,ちょっと気になる「正反対」であった。

大國魂神社・「武蔵国府」方面  Tさん → 鳥居 社 (正反対の向き) 社 鳥居 ← Kさん 多磨寺方面

Dscn3059

Dscn3061

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大國魂神社の祭神

https://ja.wikipedia.org/wiki/大國魂神社#祭神

2018年8月14日 (火)

もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?(4)

せっかく「タイムマシンの入口」のTさん宅までたどり着いたので,
東偏5度の街の規模を知りたくなった。
東偏5度の道(京司通りや旧甲州街道の下に埋まっていた道路跡のカーブするところ)に
直角に定規をあててやると,面白いように「東偏5度」の南北路があらわれた。
そして,それに沿うように,あるいは重なって,東偏5度の建物跡や堀の跡が浮かび上がってきた。

Dscn3047

昨日は遠慮して30超と書いたが,道を補った地図からはさらに10ほど見つかり,
合計40超の遺跡が見出されたのだった。
その区域は,この地図の中だけで東西600m・南北400mにもなってしまった。
(さらに北に行くと「区域A」と呼ばれる東偏の地域もあるので,
「方八丁」的大規模都市となってしまうように思われた)

さて,ここで「次の謎」が浮かんできた。

(1) 現在の「武蔵国府」は,郡衙と思われる役所(正倉が3棟)なのに,なぜ府中市東部地域に
こんな広い「方八丁」の都市が広がっているのか。

(2) もし「東偏5度」地域が方八丁の都市だとしたら,西南の端っこに郡衙や郡寺をおくだろうか。
周防の国庁の例を参考にすれば,中心部にそれらが置かれてしかるべきではないか。
(たとえば,掘立柱建物跡は出ていないが,多磨寺の北方の道路や井戸が交差する辺り等)

(3) さらに思い付きを進めると,九州王朝が武蔵の地を直轄領として治めた時が東偏5度で,
同じく九州王朝が置いた国府(ただ今,捜索中)・国府寺(武蔵国分寺の塔)の
評制の時代が南北方位だったということなのか。(細かく見ると,東偏3度のものもあるが)

(4) そう言えば,京司地区でも西半分と東半分(東偏5度のこと?)では瓦の記名の有無等,
様子が一変する。東半分は「国衙や多磨寺成立以前のものがほとんどである」
(『よみがえる古代武蔵国府』P22)とも書いている。
それ以前に東偏5度で都市づくりをする権力があったとすれば,
それはもう国家(九州王朝)ではないのか。

1つなぞが解けると,また次の謎が思い浮かぶ。
それが古代史研究の面白さであり,難しさなのか・・・。

徳島県の阿波踊り

「踊る阿呆に,見る阿呆,同じ阿呆なら・・・」でおなじみの
徳島県の阿波踊りに問題が起きているようだ。

踊り手側・・・最も盛り上がる南内町演舞場で「総踊り」がやりた~い
行政側・・・巨額赤字解消のため,入場料の払ってもらえる4か所の「演舞場」で均等に踊ってほしい

という気持ちの隔たりが見える。
私としては,「赤字分の4億円超は,私が出しますから!」と大見栄を切りたいところだが, 
先立つものがちょっと(あと4億円超=全額)足りないので,
本日のサマージャンボ宝くじ(バラなので,1等5億円)の結果が出るまで待ってほしいところだ。

祭りは,民衆の歓びであるとともに,悪政に対する鬱憤(うっぷん)晴らし
という部分もあるのかと思う。
昨年まで学校現場(生徒会担当)にいた私としては,

生徒側・・・普段我慢して授業を受けているのだから,文化祭くらい自由にやらせてほしい
先生側・・・授業時数確保のため,できるだけ短い時間で,会場も体育館だけでやってほしい

という部分が感じられる。

阿波踊りをめぐるニュース

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000088-asahi-soci

阿波踊りをめぐるニュース(2)

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12213-20180813-50055/

お盆初日

昨日は,お盆初日だった。
立川に住む父の妹にあたる叔母さん(看護婦さんをされてい)が,
お線香と花とお菓子を持ってやってきた。

午後3時に雷鳴が轟(とどろ)き,その後風雨に見舞われたが,thunderrain
午後4時にはいったん上がり,その合間を狙ってお墓参りを済ませた。

午後5時半までは「情報交換タイム」。
この5ケ月ほど叔母さんと直接会っていなかったので,
あまりの母屋の変貌ぶり(もちろんきれいに片付いていること)に驚き,w(゚o゚)w
旧アパートが解体・撤去され,新々アパートの建設が始まっていることに驚き,w(゚o゚)w
長男(肥さん)による本家改革が着実に進んでいただいていることに驚いておられた。w(゚o゚)w
まあ全体としては,安心していただけたと思う。(o^-^o)

海外旅行が好きな叔母さんで,
数年前オーロラの写真を提供してもらった(授業で見せた)こともあったが,
次の旅行の計画はトルコ・ギリシャの旅で,その話で盛り上がった。
親戚で一番飛び回っているのは,間違いなくこの叔母さんである。

2番目は私だが,先日のパスポート更新の際には,
「この10年間,渡航記録なし」という悲しい結果となった。
インターネット的には,「千恵さんのカナダ」や「T君のニュージーランド」を
旅行させていただいているのだが,体は日本列島から離れていない。
ぜひ60代になったら,叔母さんに学んで海外に飛び出したいものだ。airplane

祝 132万アクセス達成!

いつもご愛読いただき,ありがとうございます。
毎日のルーティンを持っている人は,
きっと前向きな生き方を出来るコツをつかんでいるのでしょうね。
ぜひあなたのルーティンに「夢ブログ」を加えていただけたら幸いです。
方法は簡単。「お気に入り」に入れて下さればOK。(笑)
では,また明日のアクセスをお待ちしております。

131万アクセス達成は,7月19日でした。
今回のⅠ万アクセスは,24日分です。
(1日約400。実質アクセスは,3分の1の「130」くらいでしょうか)

2018年8月13日 (月)

頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2018年8月11日(土)

先月7月21日(土)・22日(日)に石垣島に
佐藤龍一さんを招いてライブを開いたと思ったら,
もう毎月のルーティンであるご自身のライブを行っている。
本当にすごいというしかありません。

「エゴイスト」という言葉がありますが,
私は頭慢さんに「スゴイスト」という造語(「すごい人」をなまってみました)を
捧げたいと思ってしまいました。(^-^;

第2部の構成が「ヤギのお母さん」と「さしみ屋」で
サンドイッチされていて,私も納得です。
もう1回そうなったら「3度一致」ということになって,
ダジャレ的にも素晴らしい。(o^-^o)

第二部の二番目の曲「さよならメゾンココナッツ」も
哀愁があって心に残りました。

では,閑話休題。
頭慢さんのライブをお楽しみください。

頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2018年8月11日(土)

http://20f.jugem.cc/?eid=428

楽天が延長12回サヨナラ勝ちで44勝目

西武000001000・000計1
楽天100000000・002計3

楽天が延長12回サヨナラ勝ちで44勝目をあげた。

1ー1で迎えた延長12回の裏,
茂木のサヨナラ2ランホームランで劇的な勝利を飾った。
先発の辛島も良く投げ,守備もよく守ったことが,
貴重な1勝につながった。

辛島・松井裕・青山・ハーマン・高梨・久保・宋ー嶋

宋 4勝2敗0S

茂木7号2ラン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:第7号サヨナラ2ランホームラン、茂木栄五郎選手です。ナイスバッティングでした。
茂木選手:ありがとうございます。

記者:延長12回の裏、もうこれ以上ないというイニングで、自らのバットで決着を付けました。
打った感触はいかがでしたか。
茂木選手:うまくバットにボールが乗ってくれました。

記者:チームとしては、1回に得点は挙げられましたが、なかなかチャンスを生かせない中、
延長12回、(前の打者の)バントの失敗もあったりという中でのご自身の打席でした。
打席に入るときの心境はどうでしたか。
茂木選手:後ろに島内選手だったり、今江選手だったり、銀次選手だったり、
本当に素晴らしいバッターがいるので、僕はその先輩方に繋ぐだけという気持ちで打席に立った結果が、
良い結果に繋がって良かったです。

記者:茂木選手自身はこのシリーズ、初戦でもホームランを打ちましたし、
この3戦目でもホームランという結果を残すことができました。バッティングの状態はどう感じていますか。
茂木選手:前半戦に比べたら少しずつ良くなってきているのかなと思います。

記者:その少しずつ良くなっているという茂木選手と一緒にチームの状態も上がってきていると思います。
今後に向けていかがですか。
茂木選手:終盤で負けていてもベンチに諦めている雰囲気が全然ないので、
すごく良い闘いができていると思います。

記者:そして今日は4時間を超えるゲームの中、これだけ多くのファンが残ってくれました。
この声援は力になったのではないですか。
茂木選手:本当に夜遅い中、そして雨が降っている中、最後まで応援ありがとうございました!

記者:チームも連敗を止めました。次のゲームに向けて最後にファンにメッセージをお願いします。
茂木選手:これからも諦めずに一戦一戦、勝ちにこだわって頑張ります。
これからも応援よろしくお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:最後は茂木選手が決めてくれました。
平石監督代行:もう本当にこの回しかないところでよく打ってくれました。
前回も一度対戦したときに(茂木選手は)齊藤選手から打っていたので、
繋いでくれないかなと思っていたところ最高の当たりでした。

記者:(茂木選手は)状態があまり良くない時期もありましたが使い続けた、その期待に応えてくれましたね。
平石監督代行:一番苦しんでいるのは茂木本人ですが、
なかなかあれだけのポテンシャルを持っている選手はいないですし、
これが今後、いつになるか分からないですが、彼にとって良い経験になると思いますので、
本当に良かったと思います。

記者:平石監督代行から何かアドバイスを送るようなことは今まであったのでしょうか。
平石監督代行:いえ、僕は大したことは言っていません。まあ話はしますが、
彼が本当によく打ってくれたと思います。

記者:それにしても今日は守り勝ったという印象も強いゲームでした。
平石監督代行:辛島をはじめピッチャーがよく頑張ってくれて、序盤に先制したのですが、
その後はチャンスを作りながらなかなか追加点が取れない中、同点に追い付かれたので、
ちょっと嫌な、苦しい展開でしたが、辛島以降の中継ぎのピッチャーが全員よく投げてくれたと思います。

記者:それから銀次選手をはじめ好守も光りましたね。
平石監督代行:ピッチャーだけでなく野手も本当に素晴らしいプレーが出て、
その結果0点に抑えることができたと思います。本当に集中してやっていたと思います。

記者:引き分けではなく勝ち切ったこの1勝をどう受け止めていますか。
平石監督代行:負けるよりは引き分けと思っていましたが、最後に何とか行ってくれないかと思っていました。
すると本当にあのような凄い当たりが出て、連敗していただけに本当に良かったと思います。

記者:明後日からの3位福岡ソフトバンク戦に勢いがついたでしょうか。
平石監督代行:はい。3連敗するのはどうしても嫌だったので、何とか今日勝ちたいという気持ちを、
ベンチにいる選手もよく口にしていて、そういう姿が(プレーにも)出ていたので、
福岡ソフトバンク戦以降の6連戦が次にありますが、本当に励みになると思います。


もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?(3)

昨日は曇りがちで,あまり暑くない1日だったので,
昼食後フィールドワークに行ってきた。
ここのところ視野が広がってきた,
府中市の東部地域について確認しておきたかったのである。
コースは,以下の地図の通り。

Dscn3043

A地点・・・発掘結果から「掘立柱建物」の位置取りを頭に入れる。
      大國魂神社の結婚式場の建設で,広い面積の発掘が行われたのだった。

B地点・・・ここで「興味深い神様のまつり方」をしているTさん宅を緊急訪問し,お話を聞く。
      なんと,南北軸の地区なのに,「東偏5度で今も神様をまつっている」のだ。
      私が指摘すると,「言われてみれば,そうですねえ・・・」とのことだったが・・・。お住まいは,南北軸。

Dscn3045

  ☆ 川瀬さんのコメントにより,改訂しました。こちらが正しいです。
    教訓のために前のものも消さないでおきますね)

Dscn3046

Dscn3031

C地点・・・久しぶりに,多磨寺の塔心礎へ。「もうすぐ謎を解きますからね!」と報告!?

Dscn3037

D地点・・・天神山(日吉神社が山頂にあった)へ。先日訪ねた「てんじんみち」の目的地である。
      競馬場も中央フリーウェイもなかった当時,どんな風景が南側の多摩川方面に広がっていたのだろう。

Dscn3041

このあと,河岸段丘の崖(断崖絶壁ではなく,多摩川へ向かっての下り坂という感じ)に沿って歩いた。

昨日の最大の収穫は,Tさん宅の庭にあった「昔ながらの方位(東偏5度)でまられていた社」だった。
家屋は南北の方位に変わっても,みだらに神様をまつる方位は変えない。
ある意味では保守的であるが,ある意味では頑固だ。
たとえ,政権を持つ九州王朝が国府を置き評制を敷こうとも,
白村江の戦い後,地元の勢力が西偏7度の都市づくりを進めようとも,
さらに大和王朝が権力を握ろうとも,神様をまつる方位を変えることはしなかった(のだと思う)。

お庭にはこの小さな社(しかし毎日大切にしていると思われる)に不似合いなほどの大きなクスの木が植わっており,
「古くから住んでいます」とおっしゃっていることを証明するかのようだった。
まさか「千何百年前から住んでいるというのではないとは思うけれど…。

歴史を研究する楽しみはいろいろあるが,昨日はかなり大きな収獲だった。
1300年前の歴史を研究するということは,
「人間とは何なのか」を研究することに等しいと思えた瞬間だ。

本日中にも132万アクセス達成か

「あと100アクセス」をきったので,
本日中には132万アクセスを達成できそうです。
いつもご愛読ありがとうございます。

必ずしも興味のある事柄ばかりではないと思いますが,
肥さんの還暦直前(あと11日)の「今」を綴(つづ)っております。
今後ともよろしくお願いいたします。(o^-^o)

2018年8月12日 (日)

広島に帰省しながら,西日本豪雨のその後を・・・(たべさん)

広島県呉市出身の「愛の世代ズ」リーダー・たべさんが,
おじいちゃんの新盆に里帰りすることになり,
合わせて西日本豪雨の様子を伝えてくれている。

これまで3回アップされ,もう何回か続くと思うが,
あまり数が多くなると私がおっくうになる恐れがあるので,
これまでの所をリンクしてみる。

広島に帰省しながら、西日本豪雨のその後を・・・①

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12396377090.html

同➁

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12396767186.html

同➂

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12397257500.html

同④

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12398109537.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【参考】 「朝日新聞デジタル」より

「200年以上に1度」の雨量記録 広島101地点で  ~2018/08/12~

西日本豪雨で、広島県内の405地点の雨量観測所のうち、
約4分の1に当たる101地点で「200年以上に1度」の確率とされる大量の雨量が記録されていたことが、
同県の調査でわかった。

この101地点を含め、全体の半数に近い184地点で「100年に1度」以上の雨量が記録され、県内の広範囲で異常な雨が降り、甚大な被害につながったことが改めて示された。
 
県河川課によると、県内全23市町にある405地点の雨量観測所を調査。
7月3~8日のうち、各観測所で最も多かった24時間雨量から、どの程度の確率の雨量だったのか、
河川改修の整備などに用いる県独自の計算式で試算した。
 
「200年以上に1度」の雨量は、大規模な土砂災害が発生した広島市や呉市、東広島市のほか、
県北部の庄原市、東部の福山市、尾道市などでも観測。24時間の雨量で、
最も多かったのは、呉市警固屋の430ミリだった。

もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?(2)

昨日,アップした「もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?」には,
実は少々心配なことがあった。
というのは,私が「多磨郡衙」と考えている掘建柱建物と近くの柵の図には,
明らかに角度の違いを感じていたからだ。(『よみがえる古代武蔵国府』P17)
両方が同じ角度ではない・・・ということは,いったい何度と何度なのだろう。
多磨寺と同じ5度東偏のものはあるのか・・・。

補助線を引くためにA3判でコピーを取って,補助線を引き,分度器を充ててみた。
すると・・・

Dscn3020

掘立柱建物の方は,3度東偏。柵の方が,5度東偏という結果が出た。
ということは,なぜ掘立柱建物Aが5度東偏でないかという謎は残るが,
とりあえず柵(の中に建てられた掘建柱建物?)は東偏5度で,多磨寺と同じ方位ということではないだろうか。
そして同時に,私はAから北東50mのところにある掘立柱建物Bを見出した。
これだと明らかに5度くらいありそうだ。(少なくとも3度よりは大きい感じ)
そして,多磨寺からBの方へ補助線を引くと,ちょうど「京司(きょうず)通り」がかつての姿
=直線で通っていたと思われる姿の行き先にBが存在することがわかったのだった。
もしかしたら例の柵は,掘立柱建物Bの周囲を囲んでいた柵なのかもしれない。

Dscn3023_2

さて,最低1つは多磨寺と同じ方位の建物(=多磨郡衙)がありそうなことを確認した私は,
東部地域(区画A)にどのくらい東偏の建物や溝があるのか知りたくなった。
都市づくりの証拠としては,数個では説得力が弱いだろうから。

小さい本の地図では細かすぎて確認できないため,A4判の地図を141%の倍率で拡大してA3判にし,
さらにそれを半分に折って,それぞれを141%に拡大するとA2判のものができあがる。
(よく体育祭や合唱コンのクラス集合写真を教室に飾った大判サイズである)

Dscn3022_2

すると,荒く見ただけでも,この近くには30超の「東偏建築物」がすでに発掘されていたのだった。
東偏5度だけではないと思ったので,ちょっと遠慮した。Aのように,東偏3度もあったと思ったからである。
区画Aは,その特徴からあだ名を付けたら,「東偏地域」だったということになる。
なおこの京司地区の東半分からは,郡名を記した瓦や は出て来ないそうだ。
これはきっと古い時代の都市の証拠ではないだろうか。郡名を記した瓦や は西半分の特徴らしいから。

そしてもし,多磨寺を国府寺と言うなら「東偏5度の国庁跡」が近くに出土しなければならず,
逆に郡寺というなら「東偏5度の郡衙」が出ていなければならない。
そして,多元的「武蔵国分」研究の考え方を採用すれば,
もう「宮町2丁目には,東偏5度の郡衙が出土していますけど?」という結論になるわけである。

これで,肥さんの思いつき(「灯台下暗し」説)2回目を終わります。


第3回狭山丘陵杯が行われる

先程まで,かなりの分量で「夢ブログ」上で
熱く大会の様子を語ったのだが,
なんとそれが何かの拍子に天に召されてしまった・・・。
なので,とりあえず最低限の成績のアップをしておきます。

【予選リーグ】 2勝2敗で3位

対鯨井中 26-28
対八王子中 25ー22
対所沢東中 25ー15
対大井東中 15―25

【下位リーグ】 4戦全勝

対霞ヶ関中 25ー17
対所沢東中 25ー15
対八王子中 25ー21
対向陽中 25ー3

【総合成績】

1位・・・花の木中
2位・・・鯨井中
3位・・・大井東中
敢闘賞・・・上山口中

Dscn3015

Dscn3019

PS1 家に帰って風呂に入る時体重計に載ったら,朝より1キロ減っていました。
「狭山丘陵杯」式ダイエット?

PS2 「狭山丘陵杯」で検索した他校の生徒(花の木中かな)が,
「先生があのブログを書かれていたのですか」と声を掛けてくれました。
さっそくコピーをプレゼントしました。

PS3 午後台湾からの女子学生さんたち4人が,「トトロ1号地」を探し求めていたので,
英語を「共通語」にして,裏門からトトロの森入口まで案内してあげました。
その後あの雷雨の中,彼女たちの運命は・・・?

たくさんの人が企画・協力して下さり,昨年以上にスムーズに大会を行うことができました。
ありがとうございました。m●m

2018年8月11日 (土)

いよいよ本日は,第3回狭山丘陵杯

いよいよ本日は,第3回狭山丘陵杯である。
これは3年前に木下兄コーチと私で考えた大会で,
新人戦前に夏休み前半の成果を出せる大会があったらいいね!
ということで始めた大会である。

第1回(2015年)・・・わずか3校のみの大会。夏休みの終りに計画したら,
「もう2学期が始まってしまっている学校ばかり」となってしまった。

第2回(2017年)・・・1年おいて,昨年度9校が参加してくれた。
時期も夏休みのど真ん中で,「こういう大会がほしかった。ありがとう!」と
たくさん顧問の先生からお礼を言われた。

第3回(2018年)・・・今年(本日)。

これまで2回は会場校でもある上山口中が優勝してきたが,今回はどうかな?
福沢諭吉君をお財布から出して,気合を入れて作った優勝カップは,
果たして留まるのか,他校に渡るのか・・・?
その結果は,「明日の夢ブログ」にて。(o^-^o)

Photo


もう「多磨郡衙」は発掘されているのではないか?

今回の川瀬さんとの「武蔵国庁」捜索の教訓から,
「多磨郡衙はもう発掘されているのではないか?」と思いついた。
今回「武蔵国庁」に比定した場所が,東山道武蔵路脇で
僧寺・尼寺と接しているところのようであるというように・・・。

すると,「国庁と国分寺がほぼ接するように存在する」というのの応用で,
「多磨郡衙と郡寺である多磨寺もほぼ接している」という関係なのではないかと仮説を立ててみた。。
では,具体的にはどこなのか?
府中市郷土の森博物館ブックレット17の『よみがえる古代武蔵国府』の17ページの図(↓)に,
SB2とかSB3とかの掘立柱建物が同図の中のSB1・4・5と比べてやや東偏しているように見える。
これが最初の多磨郡衙ではないかと。(あと,図の中央を斜めに下る南北の柵跡も怪しいなあ・・・)

Dscn3014

ちなみにこれが見つかった宮2丁目への「入り際」は現在,南北軸の場所です。
そこに東偏した建物を建てたとしたら不自然ですし,しばらく道を東に行くと東偏5度の街並みとなる。
SB2やSB3が古い東偏5度の時代にはマッチするが,新しい南北軸の時代にはマッチしないと言えるでしょう。

 ★ 郡衙(現在の「武蔵国府」の場所) →→→  
                               ↘  こんなオーバーには曲がらないけど(5度斜め右に曲がる)
                                 ↘
                                   郡寺(多磨寺=京司廃寺跡)

 ☆ 郡衙 →→→→→ 郡寺(多磨寺) 昔は同じ東偏5度の通りに面していた訳なので,素直に真っ直ぐ歩ける

確かに「SB2は11世紀前半の可能性がある」とも書かれているが,その根拠が不明である。
なにしろ,国分寺の瓦の編年のスタートが741年の「国分寺建立の詔」でかなり遅らされているので,
案外後世(平安時代)の瓦と思われているものが古い瓦(初期の素弁)だったりする可能性もあるからだ。
また,このページにはSB3については何も触れてくれていない。どうして?

この思いつき(「灯台下暗し」説),いかがでしょうか?(o^-^o)


今こそ見せよう!多元的「武蔵国府」研究の力~資料収集 8/10

昨日も川瀬さんと,ふるさと府中歴史館で,
武蔵国府の発掘調査報告の資料収集をした。
(同じ机の大学生も,「武蔵国府」の勉強に来ていた)

川瀬さんと調査報告の資料をコピーする中で,
少しずつ事態が明らかになってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【府中地区は,少なくとも3つの方位の都市づくりがされている!】

① 古い時代・・・5度東偏の都市づくり

府中市の東部方面に存在。残っているものとしては多磨寺の礎石。これは多磨の郡寺ではないか。
ただ,それとペアになる郡衙はみつかっていない。

➁ 九州王朝が支配した時代・・・6世紀後半~7世紀後半の南北軸の都市づくり

府中市のひろい範囲に存在。現在国衙と比定されているものは,その規模からいって郡衙で,
正倉が3つくらいしかないらしい。これだと武蔵国府の正倉としては規模が小さすぎる。
また,国衙については,今私たちが狙っている栄町3丁目から武蔵台にかけての地域で,
現在武蔵国分寺の遺跡地域と比定されている部分。僧寺・尼寺と接している場所。
100m四方の国庁らしきスペースと掘立柱建造物跡+正倉群がある。(現在はそう見なされていない)
そして,東山道武蔵路や武蔵国分寺の塔や尼寺の方位も南北軸。

➂ 白村江の戦いに敗れて九州王朝が滅亡した後の,地元勢力による西偏7度の都市づくり

これに該当するのは,府中の西部地域。遺跡としては,武蔵国分寺の金堂以下の主要伽藍。
府中市熊野神社古墳。東八通りから出土した2間×5間(6m×15m)の掘建柱建物(僧寺中軸にほぼ一致)。
SX3の道路状遺構(僧寺中心軸上にほぼのる)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまり,① ↗ ➁ ↑ ➂ ↖ の順に都市づくりの方位が変化してきているということだ。
これは「ごちゃごちゃしている」とも言えるが,逆にある意味法則性があって「わかりやすい」とも言えると思う。
この特徴を利用しない手はないと考える。

私たちとしては,今取り組んでいる➁の時期の国庁を僧寺・尼寺と接する地域に確定すること。
そして,①の時期の多磨寺とペアになるような「多磨郡衙」を東部地域から探し出すことが課題となる。

通説は,本来➁の時期の多磨郡衙を「武蔵国府」と考えたために,
「では郡衙はどこなのだ?」という問いに答えられず,
しかも,「武蔵国府」と多磨寺の方位の違いにも答えられない。
やはり,真の「武蔵国府」「多磨郡衙」の比定には,
私たちの多元的「武蔵国府」研究が登場するしか方法がないのである。(o^-^o)

Dscn3006


所沢市上安松の発掘現場 8/10

前回7月20日(金)に訪問した時には,
担任したYさんは担当でなかったが,
そして今回も担任してはいなかったが
新任の学校で同じ学年だったSさんと会うことが出来た。
(10クラスのマンモス学年で,もう一人のY先生に担任していただいたようだ)

「34年前の同窓会」を開いてくれた一回り下の代で,今年47歳になる。
卒業当時は色白だったSさんも,発掘現場でこんがり日焼けした顔である。
今回は中世か近世の土坑を発掘しているとのことで,
土器(食器や瓦など)は出土しているとのことだった。
8月中で発掘は終わると思うので,あと何回か訪問して様子を聞きたいと思っている。

Dscn3004

Dscn3003

所沢市上安松の発掘現場 7/23

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/07/post-e423.html

所沢市上安松の発掘現場 7/20

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/07/post-b26d.html

2018年8月10日 (金)

743~752年の「東大寺」の呼ばれ方の変遷

743年に聖武天皇が「廬舎那仏(大仏)造営の詔」を出した時,場所は紫香楽の宮においてだった。
しかし,最後に廬舎那仏(大仏)が建立されたのは平城京の東大寺においてであった。
だがしかし,もともと東大寺はそれとは別な名前で呼ばれていたのだ。
それがいつから東大寺と呼ばれるようになったか,これを知りたくなった。
とりあえず『続日本紀』(現代語訳)の中から,抜き出してみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

743年~金光明寺(大和の国分寺。後の東大寺)。大養徳(やまと)国の金光明寺。金光明寺。
     【廬舎那仏造営の詔】

744年~金光明寺(東大寺)。金鐘寺(こんしゅじ。東大寺の前身)

745年~〈どこを都にするのが良いか→平城京〉

746年~金鐘寺(東大寺の前身)

747年~〈大養徳国→大倭国〉国ごとに金光明寺(今光明四天王護国之寺の略)。金光明寺。〈3年以内完成を!〉

748年~東大寺

749年~東大寺。東大寺。東大寺。東大寺。東大寺。大倭の国分金光明寺(東大寺)。東大寺大仏建立の発願。東大寺

750年~造東大寺。大倭の金光明寺。東大寺

751年~東大寺

752年~【夏4月9日,東大寺の廬舎那大仏の像が完成して,開眼供養をした】

川崎の会2018 (2日目)

昨日も,上記の会に参加した。

ただ参加するだけではなく,ちょっと「商売」も行ってみた。
例の「エレベーター式!?トランプ」を売ってみたのだ。
(レクチャー付きで)
すると,12個売ることが出来て,同時にたくさんの笑顔に出会えた。
また,3個は「お近づきのしるし」としてプレゼントした。
私は授業はもうできないけれど,手品の実演販売という方法で笑顔を作ることができる!
と思うと,これからも仮説の研究会に参加する希望が持てた。

Dscn3002

また,中村さんのお店に置いてあった黄さんの『仮説たのしーよ!』を購入した。
中村さん同様,漫画という方法で仮説と子どもたちの魅力を表現していて素晴らしい作品だ。
これで600円は,超お買い得だと思う。

Dscn3001

ここ4日間の涼しさと川崎の会にパワーをいただいて,
本日からの暑さに立ち向かう肥さんなのでありました。(^-^;


楽天が投打が噛み合い43勝目

楽  天303010030計10
日ハム000000000計0

楽天が投打が噛み合い43勝目をあげた。

2016年度のドラフト1位対決となった先発投手2人は,
楽天・藤平の快投で楽天に値千金の勝利をもたらした。
7回を3安打9奪三振は,これからの先発ローテーションを十分期待させるものだった。
打線も奮起して,15安打の10得点で,ここ2戦の鬱憤をはらした。

本日は,西武・菊池をどこまで打ち込めるかに掛かっている。
楽天・塩見もまたいい投球を見せてほしい。

藤平・近藤ー嶋・山下

藤平 2勝3敗0S

ウィーラー7号3ラン,今江9号ソロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:7回無失点、今シーズン2勝目の藤平選手です。おめでとうございます。
藤平選手:ありがとうございます。

記者:久々の一軍登板で勝利を挙げました。どんなお気持ちですか。
藤平選手:とても嬉しいです。

記者:立ち上がりからストレートを中心に押していくピッチングでしたが、どのような意図で行きましたか。
藤平選手:平石監督にどんどん若さを見せてストレートで押していけと言われたので、
どんどんストレートで押していきました。

記者:中盤あたりからはカーブなども交えながら投げていきました。
プロに入ってから自己最多の球数、そして最多の9奪三振、このあたりはいかがですか。
藤平選手:ファームのほうでしっかりボールを投げ込んで体作りをした成果が、
球数が増えてもしっかり球速が出るという形で表れていたので、
本当に(二軍落ちしていたことへの)後悔はないと思います。

記者:同じ高校卒業2年目ドラフト1位で入った堀選手との投げ合いでした。
投げながらそのあたりの意識はどうでしたか。
藤平選手:とても意識していましたし、負けられないという気持ちで全力で投げました。

記者:そして今日8月9日は、2年前にご自身が甲子園で勝利を挙げた日です。
そして今日、横浜高校の後輩も勝ちました。このあたりの意識というのは頭の中にありましたか。
藤平選手:試合も見ましたし、すごく後輩に力をもらえたので、自分も負けられないという気持ちで投げました。

記者:良いピッチングをして、また必ずや今後のチャンスがあると思います。
今シーズンのこの後に向けてお願いします。
藤平選手:残り少ないシーズンですが、しっかり自分ができることをやって、
チームに貢献できたらいいなと思っています。

2018年8月 9日 (木)

木下良さん「つながり」

今朝気が付いたのだが,以前『古代武蔵国府の成立と展開』で
お世話になった江口桂さんも國學院(木下良さん)つながりのようだ。

1966年(木本さんより2歳年下),愛知県に生まれる。
1988年,中央大学文学部国史学専攻卒業
おそらく.木本さんと同時に國學院大學大学院に入学。
1990年,國學院大學大学院文学研究科博士課程前期修了。

同年,府中市教育委員会に勤務。
現在,府中市文化スポーツ部ふるさと文化財課長(~2014年)。


ちなみに,国分寺市ではあるが,やはり「ふるさと文化財課課長」をつとめていた福田信夫さん。

(『鎮護国家の大伽藍~武蔵国分寺』(新泉社)の著者)

なんか,木下良さん(当時國學院大教授)のもとに,
木本雅康さん,江口桂さん,中村太一さんが集まって,
楽しく激しく歴史地理学について語り,飲んだのではないかという気がしてきた。

彼らが22歳で大学院に進んだ頃,木下さんは66歳くらいで,
1983年頃國學院大學教授に移動してきたとあるから,その5年目かな。
年齢から言うと,お爺ちゃんと孫たちという感じだが(それがかえって良かった気もする),
同じ方面の研究を志しているということで,充実した時期だったのだろう。

その後,木本さんは大学院後期へ進み,江口さんは就職して府中市の教育委員会へ。
その二人が同成社から「古代史選書」を出したわけだから,
このグループでお祝いの会などしたのではないかと思う。(そんなことしない?)
木下さんもまだご存命(2015年亡くなる)だったから,
愛弟子たちの活躍にきっとお喜びだったことだろう。

古代史選書(9)・・・木本『古代官道の歴史地理』(2011年)
古代史選書(13)・・・江口『古代武蔵国府の成立と展開』(2014年)
古代史選書(29)・・・木本『日本古代の駅路と伝路』(2018年)=遺作・・・後輩の中村氏が解説

江口桂氏の博士論文
「古代武蔵国府の成立と展開」・要約

実は,この論文は今からわずか2年前のものであり,
またその項目は『古代武蔵国府の成立と展開』そのものといっていいもので,
違うと言えばわずかに,「補論 全国的な視点にたった国府研究と武蔵国府」が付け加えられているところだけだ。

思うに.大学院を前期で修了して(後期には進まず)就職した江口さん(木本さんは後期へ進んだ)が,
現場の発掘調査から得た蓄積を持って,50代にして,大学院後期の修了を認めてもらうものとして
提出されたのではないかと思う。(違うかな?)
何らかの事情で,大学院前期修了で就職することになった謎がそこにあるように思う。

http://ir.c.chuo-u.ac.jp/repository/search/binary/p/8525/s/6714/

ウィキペディア「木下良」

https://ja.wikipedia.org/wiki/木下良

古代交通研究会

http://www.geocities.jp/kodaikohtsu/

川崎の会2018 (1日目)

昨日は,上記の会に参加した。
台風13号の風雨の中,会場の川崎産業振興会館に向かった。

すでにスタートの横山さんの講演は始まっており,
(演題は,「ようこそ体験講座へ・たのしい授業カタログ」というもの)
5~10分で授業のネタをスピーディーに紹介していて,
若い先生には学ぶものが多かったのではないだろうか。
(心だけは若い私にも,すごく参考になったから)
横山さんはほぼ私と同学年だが,「私は研究より現場向きだから」ということで,
再任用を何年かは続ける模様。(この辺りは,人それぞれです)

Dscn2998

これは「2階席」から撮影した会場の様子。このあと,「売り場」に変身します。

中華の店でお昼ごはんを食べ,知り合いの先生方との情報交換を午後4時過ぎまでして,
南武線&武蔵野線を乗り継いて帰宅した。

Dscn2999

Dscn3000

以上2つは,値段も高いが,クオリティーも高い錯覚もの。
ノーミソへの刺激,100パーセントです。happy01


2018年8月 8日 (水)

『「日出処の天子」は誰か』

大下隆司・山浦純共著.ミネルヴァ書房刊,1800円+税の
上記の本をご献本いただいた。
副題に「よみがえる古代の真実」とある。

Dscn2989

Dscn2991

大下さんは,この「夢ブログ」や
兄弟サイトである「古田史学の継承のために」にもすでに登場している方で,
ちょうどぴったり4年前(2014年8月8日)に出された好著
『日出ずる処の天子~阿毎・多利思北孤』の編集にも当たられた方でもある。

この本は,「古田説を中学・高校生に紹介する目的で書かれた本」で,
私も楽しく読ませていただいた。
今回「なかった別冊②」(別冊①は『漫画・「邪馬台国」はなかった』)ということで,
こちらも九州王朝説をわかりやすく解説している。
「古田説入門書」という意味でも,「いい本が出版されたな!」と思った。

Dscn2995

Dscn2996


『明治維新という過ち』

原田伊織著,講談社文庫.760円+税の
上記の本をアマゾンで手に入れた。
副題に「日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト」とある。

Dscn2990

「夢ブログ」のコメントで,山田さんのご推薦あり。
とりあえず,本を入手したという報告まで。

今日から「川崎の会」

今日から仮説の「川崎の会」である。
台風13号の接近する中で行われるので,
臨機応変な行動を取りたい。

場合によっては,1日目のみ参加。
場合によっては,現地で宿泊。

ただ,「もしかしたら今年で最後」とも言われているので,
できるだけ参加したいとは思っている。

20代の頃「社会科」「グラフ」などの講座を持たせてもらい,
大変勉強になった。
それが30代の「埼玉の会」につながり,
「社会の科学の部屋」や「世界の国旗」の講座を持つことになった。

楽天が5位オリックスと2ゲーム差

昨日は則本が好投したが,
残念ながら延長12回引き分けとなった。
しかし,5位のオリックスは敗れて,ゲーム差は2に縮まり,
早ければ明後日5位と並ぶことになった。

「借金20」となった時には梨田監督も辞める事態となり,
「今シーズンはもうだめか」と思ったが,
その後一人一人がつなぐ力で「借金11」までに減り,
5位のチームの後ろ姿が目前だ。

ぜひ今日と明日の日本ハム戦を連勝して,
まず5位オリックスと並ぼう。(o^-^o)

新々アパートの建設 8/8

昨日,「捨てコン」の上に金属製のワクが立てられた。
これをもとに木枠が設置され,コンクリートが流し込まれると思う。

Dscn2985

Dscn2984

Dscn2987

2018年8月 7日 (火)

遺言状

紀州のドンファンが「遺言状」を残していた

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/紀州のドンファンが「遺言状」を残していた/ar-BBLAWL5?ocid=spartandhp#page=2

私も父の遺言状で十数年前にかなり影響があった者なので,
この記事が目に止まってしまった。

父は相続税がたくさんかかる土地を私に,
ほとんどかからない家屋部分を母に相続させた。
(母屋も旧アパートも築年数が経っていたため)
私はそれまで貯めていた預金が,
一挙になくなってしまったのだった。(。>0<。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※1 ちなみに父は中央大学の法学部出身である。

※2 父もまだ先のことと思って遺言したのだと思うが,
予想外にそれが早く行われることになってしまった。

※3 相続税は半年以内に納めないといけない。

出雲国府跡

先日話題になった「出雲国府跡」を,インターネットで検索してみた。

ウィキペディア「出雲国府跡」

国庁跡が松江市大草町の六所神社周辺であることが判明した。国庁は、一辺167メートルの区画を大溝で区切り、その南半分に南北96メートル、東西72メートルの政庁区画を取り、その中に正殿・脇殿などを配置し、北半分も溝によって仕切られ官衙建物が並んでいたと推定されている。遺物では「大原評(こおり)□部□□」「進上兵士財□…」「□□二百代」などと記された木簡、「厨」(くりや)「酒杯」「少目」(しょうさかん)などと書かれた墨書土器、「門」「社辺」(こそべ)などの篦書き土器がある。「評」という木簡から、出雲国庁が大宝元年(701年)以前に溯って建造されたと考えられる。その他、柱の一部、軒瓦類、大量の食器類、硯、分銅、玉作用の原石、砥石、和同開珎(銀貨)、春という文字を刻んだ銅印などが出土している。

アンダーラインのところに注目してほしい。
7世紀の「評」が使われている=九州王朝が出雲国府を置いた可能性大なのである!
(もちろん今調査中の武蔵国府もそう考えている)

復元図があったらいいなあ,と思ってさらに検索すると,こんなものが見つかった。
インターネットの時代である。

出雲国府跡

http://www.siromegu.com/castle/simane/izumokokufu/izumokokufu.htm

さらに検索していたら,出雲国府付近で2つの銅印「常」「春」が見つかっているとの話題が出ていた。

2つの銅印

http://www.izm.ed.jp/cms/news.php?mode=yoyakuadd&id=519

シャイニングマンデー早くも不評


シャイニングマンデー早くも不評

https://www.msn.com/ja-jp/news/money/シャイニングマンデー早くも不評、国の提案が歓迎されない理由/ar-BBLAeLw?ocid=spartandhp#page=2

「金曜日の午後は3時に仕事を終え,充実した終末を!」
という触れ込みで始まったプレミアム・フライデー。
これはまたとない社会実験と私は考えた。
では,その実験結果は?
失敗(実施率11%)と言っていいだろう。
40人の教室で言うと,担任が何か提案して,
動き出した生徒が4人だけだったということだからである。

ところが,この担任(政府)はまたそれに懲りることなく.
新たな社会実験をやろうとしている。
「金曜日の午後がだめなら,月曜日の午前中ならどうだ」
というわけである。(シャイニング・マンデー)
これも今のところの反応から見て,
失敗に終わるのではないか?

そもそも金曜しろ月曜しろ人が「仕事をしなければならない」と現在考えている時間帯に,
押し付け的に何かをさせようとしてもだめなのだと思う。
頑張ってもせいぜい10%という実験結果が出ているのだから・・・。
やはり「働き方」を変えると言うなら,「働いている人の声を聞いてみる」と
いうことなしには始まらないと思う。

ところで,授業の改善に「生徒の声(授業評価や感想)を聞く」という方法で
仮説実験授業は大きな成果を上げてきた。
これに学ばない手はないと思う。
仕事の改善にも「働いている人の声」を聞くという方法でやるしかないのだ。
もしかしたら,働いている人は「もう働きたくない」というかもしれないが,
実験結果がそうなら,ではどうして行ったらいいか,また次の段階が始まるのだと思う。
それぐらいの覚悟がないと社会はなかなか動かないものなのだ。

昔「週休2日制」が始まるという時,土曜日は地域が受け皿になるという社会実験をした。
ところが受け皿になるはずの地域は存在しなかった。
そして,教員の「休日部活2日制」がスタートしたのだった。

『たの授』8月号の感想

仮説社御中
『たの授』8月号の感想を送ります。

『たの授』8月号で特に良かったのは,次の3つです。

(1) 授業書案〈社会にも法則はあるか〉第2部(竹田さん)

偶然に起こっているかに見える事件・事故も法則的に起きている。
これを見つけ出せたら.社会を良くしていくのにとても役立つ。
そういう意味で,ぜひ本格的な授業書として作り上げたいです。
そして,それは今回かなり実現できているように思います。
現役の時授業に掛けたかったな,と思いました。

(2) 0を使って考える(吉沢さん)

私も昨年まで教育現場にいたので,4段階評価に疑問を持ちました。
たくさんの調査項目があり,真ん中の評価がないもので,
「ついつい2番目」を選んでしまっていたのです。
これは「マイナスが付けにくい評価の仕方だな」と思いました。
そして,こんなアンケートを取っているうちは改善されないと思いました。

(3) 算数・数学のいくつかの報告(出口さんほか)

算数・数学は私はあまり得意ではなかったので,
『たの授』掲載の授業書や授業の進め方のコツを活かした授業を受けていたら,
好きになることができたかもしれないと思います。
それにしても,出口さんの作られた授業書の多いこと!
《図形と角度》《2倍3倍の世界》《円と角度》・・・。

Dscn2988


『日本古代の駅路と伝路』(遺作)

木本雅康著,同成社選書29.6000円+税の
上記のの本をやはり買うことにした。
以前紹介だけして購入はしないように考えたが,
前の『古代官道の歴史地理』(同成社選書9)も参考にさせてもらったし,
なにしろ遺作となってしまったから,もう新しい本は書いてもらえないので。
(費用は,前にいただいた3000円の図書カード2枚を充てた)

Dscn2980

この本はもうすぐ完成というところ(東山道武蔵路の「柳野遺跡の須恵器」の記事も)まで来ていたものを,
木下良さんの兄弟弟子(2歳年下)の中村太一さん(『日本の古代道路を探す』,(平凡社新書)という好著あり)が
編集を頼まれて,「木本雅康さんとその学問」という12ページの文章も寄せているものである。
ここが彼らの学問交流の様子を知ることが出来て,なかなか興味深い。

まず,木本氏の年譜を書いてみると,

1964年1月4日(私より6歳年下),富山県に生まれる。
1982年,國學院大学文学部史学科に入学。(川瀬さんの13年後輩)
1986年,同科卒業。
      國學院大学文学部文学科に入学(木下良氏に師事)
1988年,同科卒業。
1988年,國學院大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程い前期に入学。
1990年,前期修了。
1990年,同課程後期に入学。
1993年,後期満期退学=当時は事実上の修了。
1994年,長崎外国語短期大学講師。
1997年,同大助教授。
2001年,(同大の4年制化で)同大助教授。
2005年,同大教授。

という順調な「出世」を遂げてきたように見える木本さんである。
その半生の中で,もしかしたら,いやきっと一番の学問的出会いが
木下良氏とのものではなかったか。

2歳年下で加わった中村さんを含めた3人が,歴史地理学の研究を刺激し合いながら行い,
それぞれが大きな学問的蓄積を著作として残している。
しかし,『国府』で刺激を与えていただいたり.監修した『古代の道』でも古代官道の存在をひろめた木下さんは
1922年生れだから仕方がないものの.まだ還暦も迎えないまま他界した木本さんは若すぎる死である。
また,中村さんは少々研究の方向が違うらしく,「求む!若き学問的後継者」と書いている。

彼らの学問的蓄積を生かし,それを多元的な視点から再構成していくのは,
手前味噌になるが,やはり私たちということになるのだろうか?

2018年1月24日,亡くなる。(享年54歳)
木本さんの死から,まだ半年である。


新々アパートの建設 8/6

昨日は,先週の長方形の木枠の中に
コンクリートを流し込んだ。
いわゆる「捨てコン」というやつであろうか。
前に離騒庵さんに教えていただいたことがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「写真のコンクリートは捨コンと呼ばれ、建物の外周の
位置決めの線を引いたり、外枠を取り付けるための
金具をとりつけるためにだけ打たれたコンクリ。だから捨コン。
厚みは3センチ位しかないよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscn2977

Dscn2976

Dscn2979


2018年8月 6日 (月)

『日本の古都はなぜ空襲を免れたか』

吉田守男著,朝日文庫.640円+税の
上記の本をアマゾンで入手した。
川瀬さんのご推薦の本である。

Dscn2971


第100回を迎えた夏の高校野球

今年が100回目の記念大会だそうだ。
「危険な暑さ」ということなので,ぜひ無理をしないでやってほしい。sun

あいかわらず埼玉は私立勢が代表(浦和学院と花咲徳栄)で
金太郎飴のような感じだが,
私も1回だけ甲子園球場に行って応援したことがある。(o^-^o)

・ 聖望学園(埼玉)・・・担任した生徒がレギュラーのショートとして出場した
・ 日大三(東京)・・・同僚の息子さんがベンチ入りしていた

この2試合が同じ日に続けて行われたもので,
信州旅行の続きとして関西まで足を延ばしてみたのだった。
さすがにビジネスホテルは満員で,6~7個遠い駅にようやく確保した。
そして当日。

天気も良く,日差しもきつく,風はない。
タオルを掛けて顔の側面を覆った上から帽子をかぶった。
これだけしておけば大丈夫だろうと思ったが,それは甘かった。
ビジネスホテルに帰って鏡で自分の顔を見たら,半やけど状態。
あわててタオルを冷水で冷やして顔に当てたが,
しばらく火照る感じは続いた。
甲子園のかち割り氷は伊達じゃないと思った。(。>0<。)

試合は,聖望が負け,日大三は勝ち上がったと思う。
10年ほど前の夏の思い出である。baseball

今週は,前線の影響で・・・

「今週も晴れて暑いのかな?」(。>0<。)
と思って天気予報を見たら,
なんと東京は月曜日から木曜日に掛けて,
前線の影響で「曇り時々雨」的な予報である。
一息つけるかも…。

昼間も「危険な暑さ」はほとんどなく,
夜も「熱帯夜でない日」が多い。
ただ,湿度は高めで60~70%なので,
蒸し暑さは覚悟しなくてはいけない。

まあ,この暑い夏に「快適な1日」を求める方が欲張りで,
30℃台前半ならOKとしなければならないかな?
確か子どもの頃は32℃くらいが最高気温で,
そういう暑い日には夕立がつきものだったけれど,
あまりに暑いので,
その分の水分も無くなっちゃったのでしょうか?

天気予報のサイト

https://weather.yahoo.co.jp/weather/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭慢さん談

「石垣島は島なので、熱がこもらないゆえ、
32~33℃が最高。
ま、暑いは暑いですが。」

楽天が投打が噛み合い42勝目

ロッテ100000100計2
楽 天12000010×計4

楽天が投打が噛み合い,42勝目をあげた。

ロッテ・涌井,楽天・辛島が先発し,
両投手とも撃ち込まれ,波乱含みの序盤。
しかし,立ち直った2人の粘投で,
6回まで2点差のゲームが続いた。
松井で犠飛で1点差とされた7回裏,
田中がすぐ12号ソロで再び2点差に広げたのが大きかった。
あとは,青山とハーマンが投入され,勝利を確実にものにした。

辛島・松井・青山・ハーマンー嶋

辛島 4勝8敗0S
ハーマン 2勝1敗15S

ウィーラー6号ソロ,田中12号ソロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:ナイスピッチングでした。
辛島選手:ありがとうございました。

記者:チームは連敗で迎えたマウンドですが、どんな気持ちで上がりましたか。
辛島選手:連勝を止めてたので、今日は連敗を止められて良かったです。

記者:初回はいきなりのピンチでしたが、なんとか1点で凌ぎましたね。
辛島選手:どうなるかと思いましたが、何とか粘れて良かったです。

記者:2回以降は、辛島選手の持ち味を発揮できたのではないでしょうか。
辛島選手:なんとか打たせて取ることが出来て良かったです。

記者:そして、辛島選手はホーム仙台で2年振りの勝利です。
辛島選手:ありがとうございます。

記者:久々の仙台のお立ち台、いかがですか。
辛島選手:(楽天スーパーポイント)10万ポイント貰えるので嬉しいです。

記者:雨の中、多くのファンの方が声援を最後まで送ってくれました。メッセージをお願い致します。
辛島選手:雨の中、最後まで応援ありがとうございました。また頑張りますので、応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:ホームランを含む3安打2打点の活躍、田中和基選手です。ナイスバッティングでした。
田中選手:ありがとうございます。

記者:まずは2回、1アウト2,3塁のチャンス。タイムリーで活かしましたね。
田中選手:嶋選手が送ってくれたので、絶対に打ちたいと思って打席に入りました。

記者:7回には貴重なソロホームランもありました。手応えを教えてください。
田中選手:今年の中で、一番の完璧な当たりでした。

記者:田中選手はこれが今シーズンの第12号。一番バッターとしてチームを引っ張る活躍ですね。
田中選手:チームを引っ張れているか、わからないですけど。これからも頑張りたいと思います。

記者:ホームランが2桁、12本。これからも期待していいですか。
田中選手:いや、ホームランは期待しないで下さい。狙って打てるものじゃないので、
打てたらラッキーだなっと思ってやっています。

記者:明後日からは、上位チームとの対戦が続きます。意気込みを聞かせて下さい。
田中選手:一つ一つ借金を減らせるように、頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

・……………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:まず苦手としていた涌井選手から10安打4得点、見事攻略しました。
平石監督代行:苦手とは思ってないんですけどね、今年ちょっとやられてしまっていたので。
昨日も一昨日も連敗してしまって、ホームに帰ってきてから勝ててなかったので、今日はみんなでもう一回初回からいこうという話をして。
辛島が初回苦しかったんですけど、嶋が盗塁を刺してくれたのが、ものすごく大きかったのじゃないかなと思います。

記者:涌井選手攻略のポイントはなんだったのでしょうか。
平石監督代行:それは言えません。

記者:そして値千金のホームランが2本、ウィーラー選手、田中選手と出ました。この辺りはいかがでしょうか。
平石監督代行:初回の今江が先制点(同点打)をたたき出してくれたので、チームとしては非常に大きかったです。
その後次の回にウィーラーが続いてくれて。松井が1点取られてしまったのですけど、そこで、なんとか1点欲しい時に田中が、ちょっとインコース攻めにあってたところを、最後和基がバットを短く持って、多分インコースを狙ったんでしょうけども、ああいう工夫が素晴らしいですね。

記者:これまでの打順に戻して打線のつながりがまた生まれたのかなと。
平石監督代行:そうですね、これが今の現状ではいいのかなと思いながらも
出れるメンバーで出場するメンバーに変わってきますから。
これはもう臨機応変にやっていかないといけないかなと思うんですけどね。

記者:湿っていた打線がこれで二桁安打、5試合ぶりですけど、上向いてきたとみていいでしょうか。
平石監督代行:昨日と一昨日とロッテにほぼ完璧に抑えられてましたから
今日の勝ちは本当に大きかったと思います。

記者:先発辛島選手が5月25日以来久しぶりの勝利になりました。
平石監督代行:そうですよね、長い間なかなかいいピッチングしても、
ちょっと打線の援護とかがなかったりで巡り合わせがあまりよくなかったんですが、
今日しっかり初回(のピンチを最少失点で)を乗り越えてくれて、そのあとは野手も守ったんでね。
なんとか辛島にプレゼントできて良かったと思います。

記者:辛島選手のどこが良かったのですか。
平石監督代行:決して本人も良かったとは思ってないと思いますけれど、序盤は特に狙ったところから、
コントロールがいつもの辛島より甘くなってしまったり、逆玉いったりというケースがあったんですけど、
序盤を何とか乗り越えてイニングを追うごとに、嶋が『だいぶ落ち着いてコントロールくるようになりました』
と言ってましたので。よく凌いだと思います。

記者:そして松井裕選手があそこで抑えてくれれば文句なしだったんでしょうか。
平石監督代行:そうですね、先頭バッターに打たれて、あそこでバタバタせず勇気持って
やってほしかったんですけどね、ちょっとバタついたところありましたから。
ただ1点でよく抑えたんじゃないですか。

記者:連敗は終わりました。足踏みしている余裕はないと(思いますが、いかがでしょうか)
平石監督代行:はい、本当に今おっしゃる通り我々は勝つしかありませんから。
この2日間ちょっと打線が消極的だったので、(今日は)しっかりこちらから仕掛けていくことができましたので、
また頑張りたいと思います。

2018年8月 5日 (日)

さあ,「CS」めざしてごぼう抜き!

実は,火曜からの日ハムとは相性が良く,
現在まで7勝6敗とほぼ互角。
2勝1敗のペースで,じわじわ上位を脅かそう。
さあ,「CS」めざしてごぼう抜きだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パ・リーグ順位   勝 敗 引 差

1位 西武       56 37 1 -
2位 日本ハム    53 41 1 3.5
3位 ロッテ      45 46 3 6.5
4位 ソフトバンク  45 47 1 0.5
5位 オリックス   44 50 4 2
6位 楽天      42 53 1 2.5

『板倉聖宣講演年譜』を補う(1985年)


1985年のものを見つけました!
これで1985年(26歳)~1991年(32歳)の7年間の記録となりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1985年4月19日 発想法 テーマ? 「イタクラ式発想法の12のポイント」

同年6月28日(×18日) 授・読開発 テーマ? 「市民革命」(肥沼)「フィリピン」(佐々木)「豆」

同年9月6日 発想法ゼミ テーマ? 「世界史入門」「人頭税」

同年9月27日 授・読開発 テーマ? 「原子模型」(吉村)「年貢」(落合)「フィリピン」(佐々木)

同年10月4日 発想法ゼミ テーマ? 「10円玉をきれいにする方法」

同年10月11日 授・読開発 テーマ? 「カルシウムと石灰石」をめぐって授業書の作り方を学ぶ

同年10月25日 授・読開発 テーマ? 「流れ星とほうき星」「フィリピンと米」

同年11月1日 発想法ゼミ テーマ? 「小林良彰さんの本をよんでみて下さい」のほかに「接続詞の工夫」

同年11月8日 授・読開発 テーマ? 「フィリピン・地理編」(佐々木)「スーパーボールとアンチスーパーボールの実験」

同年12月6日(抜けている) 発想法 テーマ? 「モデルをもとにトコトンつめる」「人口をもとにトコトンつめる」

同年12月13日 授・読開発 テーマ? 「三態変化の生徒実験」(吉村)「フィリピン・歴史編」(佐々木さん)

同年12月20日(抜けている) 授・読開発 テーマ? 「」「原子雲」「フィリピン~産業と社会」「4本足の蝶」

広島の「水害碑」

つらい経験をした人たちは,それを未来に伝えようとして,
口で語ったり,本に書いたり,石碑を建てたりする。

昨日テレビで,広島の「水害碑」のニュース番組を観た。
高校の若い社会科の先生が広島各地を取材して,
明治の頃の洪水碑の存在を記録し,
それをもとにしたパンフレットがようやくできるかという時に
今回の「平成の洪水」は起きてしまった。

せっかくの被害を伝えた「水害碑」は流暢(りゅうちょう)な漢文調で書かれていて,
現代の私たちにはその内容が読み取れなかった。
また,石碑が高度経済成長の道路拡張工事のために,
被害の大きかった地域から移築されたりしていた。

かけがえのない多くの命を奪った洪水の教訓を
未来に伝えることは,そう簡単なことではない。
そして,「災害は忘れた頃にやってくる」。

広島の「水害碑」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000005-asahi-soci

『板倉聖宣講演年譜』を補う(1991年)

前回の続きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1991年1月25日 授・読開発 テーマ? ミニ授業書「国家と国土」

同年2月8日 発想法ゼミ テーマ? 「戦争の死者数」のちの『日本の戦争の歴史』。「アンテナの話」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ これ以降は,古田武彦氏との古代史研究や家庭の事情で仮説の研究会にはあまり出ていないようである。
その分『たのしい授業』の記事や「はみだしたの」で活動するようになる。
なので,今回のものは1986年~1991年頃の「発想法ゼミ」や「授業書・読本開発講座」の補いということになります。
これは私の「20代後半の仕事」と言えなくもない?
ご静聴ありがとうございました!m●m

『板倉聖宣講演年譜』を補う(1989年&1990年)

前回の続きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1989年1月13日 授・読開発 テーマ? 「天皇制と教育」「民主主義」「ゴミと資源」

同年2月3日 発想法ゼミ テーマ? 「板倉式発想法の基礎」「粟を食べる授業」「一切の迷信をやめる実験」

同年3月3日  発想法ゼミ テーマ? 「天皇制と教育その後」「日の丸・君が代問題」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1990年1月26日 授・読開発 テーマ? 「東欧情勢について」「フィリピン」

同年2月2日 発想法ゼミ テーマ? 「科学の碑の話」「東欧の話」

同年3月9日 授・読開発 テーマ? 「〈科学の碑〉と湯之谷村」のミニ授業書

同年4月27日 授・読開発 テーマ? オリエンテーション(参考文献として,NhK高校テキスト「江戸時代の人口」)

同年6月22日 授・読開発 テーマ? 「フィリピン」(佐々木)「授業書ただいま開発中」(板倉)

同年7月13日 発想法ゼミ テーマ? 「電子レンジの科学」

同年11月9日 授・読開発 テーマ? 「フィリピン」


『板倉聖宣講演年譜』を補う(1988年)

前回の続きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1988年1月7日 冬の大会・3日目 全体会での小講演「天皇と天皇制」(1月4日に昭和天皇が亡くなる)

同年1月22日 授・読開発 テーマ? 有田氏の『授業のネタ(社会3)』の盗作問題。「石灰岩」(牛尼)

同年2月5日 発想法ゼミ テーマ? 有田氏からの返信。「変体仮名」 

同年3月4日 発想法ゼミ テーマ? 「変体仮名と盗作問題」

同年3月11日 授・読開発 テーマ? 「地図さがしっこ」(肥沼)「三権分立その後」(長岡)「発明発見年表」(落合)
            「種と発芽」(吉村)「変体仮名とその覚え方」(板倉)

同年6月10日 授・読開発 テーマ? 「ゴミと資源」「民主主義」

同年7月1日 発想法 テーマ? 「発想法と作業法」「努力主義と結果主義」

同年11月11日 授・読開発 テーマ? 「重心から重心を求める」(山田正)すべてのものに重心がある→コマ

同年11月25日 授・読開発 テーマ? 「重心」(山田正)「気圧」(吉村)

『板倉聖宣講演年譜』を補う(1987年)

前回の続きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1987年1月23日 授・読開発 テーマ? 「月と太陽と地球」(吉村)「種なしブドウ」(荒木)「血液と生物」(梶)
            「報告・三権分立をやって」(肥沼)「報告・僕と月をやって」(佐々木)

同年2月6日 発想法ゼミ テーマ? 「発想法入門の構想」のちの『発想法かるた』
            「ドライアイスをライトスコープで見る」

同年2月27日 授・読開発 テーマ? 「ドライアイス」(永留)「種なしブドウ」(荒木)「切手の発明」(落合)

同年3月6日 発想法ゼミ テーマ? 「発想法カルタについて」

同年5月22日 授・読開発 テーマ? 「種なしブドウ」(荒木)「報告・いろいろな世界地図」(肥沼)「郷土史」

同年6月12日 授・読開発 テーマ? 「核の働き」(梶)「発電機とモーター」(吉村)

同年7月3日 発想法ゼミ テーマ? 「日本の都道府県」「脚気」のちの『日本の都道府県』や『模倣の時代』

同年7月10日 授・読開発 テーマ? 「日本の都道府県」出来上がる!(はやいはやい)
          「ドライアイス」「狭山のゴミ」(吉村)のちの『ゴミと環境』「衣笠の話」

同年9月4日 発想法ゼミ テーマ? 「模倣の時代」

同年9月25日 授・読開発 テーマ? 「日食」(吉村)「イルカには毛が生えているか」(吉村)
           「フィリピン」(佐々木)「ハンネスがいない」(梶)

同年10月3日 発想法ゼミ テーマ? 『(週刊)朝日百科(日本の歴史)』の「学校と試験」の原稿

同年11月6日 発想法ゼミ テーマ? 「明治初期には〈ひらがな〉が100文字!」のちの『変体仮名とその覚え方』 

同年12月5日~6日 社会の発明発見物語を作る会(鎌倉・若宮荘に20数名)板倉先生が講演し,各自の持参資料を検討

2018年8月 4日 (土)

新々アパートの建設 8/4

昨日は,砂利をたくさん入れた。
トラックが何回もやってきて,かなりの量だった。
その時の音はどんな感じだったかと言うと・・・。
「ジャリ,ジャリ,ジャリ」って感じだった。(笑)
漢字は表意文字だというけれど,
表「音」文字でもあると再認識した。(大笑)

Dscn2963

Dscn2964

Dscn2965

この木枠で囲んだ長方形の場所に,
コンクリートを流し込むものと思われる。


ある薬物裁判

ネットのニュースを読んでいたら,
ある薬物裁判の例が出ていた。
多くの初犯は「執行猶予」になるらしいが,
軽い気持ちでやってしまったことが
大変な結末を迎えてしまう。
「君子危うきに近寄らず」というべきか・・・。(。>0<。)
(時間がある方は,読んでみて下さい)

薬物裁判~執行猶予の男女を成敗した人物

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/薬物裁判-執行猶予の男女を成敗した人物/ar-BBLtjqr?ocid=spartandhp#page=2

『板倉聖宣講演年譜』を補う(1986年)

この夏の大会をめざして,松田心一さんが上記のガリ本を作って下さった。
そのガリ本によると1500回以上講演をされているとのことだ。
本当に驚くべきパワーだと思うが,残念ながらこのガリ本の中で「?」とされているところがあって,
それが「発想法ゼミ」「授業書・読本開発講座」という,私にとって思い出深いところなのが残念だ。
「思い出深い」ということは,私もしばらくの間参加していたからで,一部だけでも空白を埋められたらと思い,
連載になると思うが,チャレンジしてみたいと思う。(大変なので,ガリ本の「空白」を埋めるもののみ)

資料は主に私の日記。一応当時書いた「第一次資料」ということになるでしょうか。
高校1年の時,日記を書くことを勧めてくれた父に感謝する。還暦を前に役立っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1986年1月5日 第1回熱海(冬の大会) 演題? 西川講演「子どもの目からみた教師」かも

同年1月10日 授・読開発 テーマ? 「月と太陽と地球」(?)「フィリピン」(現代)(佐々木)

同年1月24日 授・読開発 ガリ本の内容は,発想法ゼミのものが混入しているのではないか
          日記には,「ことわざ」(岩本)「米の作付面積と単位当たり収穫量」(肥沼)
          「近代史を数量的にとらえる」(落合)「スウェーデン」(長岡)とある

同年2月7日 発想法 テーマ? 「武家と女性」「〇〇理論と仮説実験授業」「米の量率グラフ」

同年2月14日 授・読開発 テーマ? 「種なしブドウ」(荒木)「コトワザ」(岩本)「フィリピン」(総集編)(佐々木)
          「世界の国ぐにとつき合う本」(板倉)のちの『世界の国ぐに』「米と単位当たり収穫量」(肥沼)

同年2月28日 授・読開発 テーマ? 「米の作付け面積と単位当たり収穫量」(肥沼)「切手の発明」(落合)
(抜けている?)         「スウェーデン」(長岡)「脚本・悪魔の彗星」(佐々木)「いおうができた」(阿部)

同年7月4日 発想法 テーマ? 「文章を理解するとは,どういうことか」「世界のコインと切手の中の国名」のちの『世界の国ぐに』

同年10月3日 発想法 テーマ? 「脚気の話」

同年11月26日は水曜日で,28日の誤りでは? 「ふたをするといいわけ」(吉村)「租税のミニ問題集」(佐々木)
         「石灰岩の問題」(牛尼)「自動車産業のグラフ」(松崎)「血液と動物」(梶) 

同年12月5日 発想法 テーマ? 「脚気の小説(序)」(のちの『模倣の時代』)「研究方法について」

同年12月12日 授・読開発 テーマ? 「数学の授業書の話」「ぼくらのギリシャ物語」(吉田)
          「主要国の所得の配分」(佐々木)「三態変化の改定案」(吉村)

サボテンの花 8/3

この春から夏にかけては,「危険な暑さ」を察知してか,
サボテンの花がよく咲く。
「あとで気が付いたが,あれが前兆であったか!」
と後に語られるほどの頻度だ。

「夢ブログ」としては,それを毎回アップしているので,
読者のみなさんも「そろそろ飽きた」といったところだろうと思う。
しかし,サボテン記事はまだ続く。

今朝気が付いたので,夜のうちに咲いたのかもしれないが,
とにかく写真を撮ったのは午前9時半頃だった。
よく見ると別々のサボテンから1つずつ咲いている。
サボテンたちよ,どうしてあなたたちは今年よく咲くの?(^-^;

Dscn2962

※ 「サボっていなかったサボテン」を5/22に書いて以来,
6/22,7/11,7/12,8/2と続き,今回で6回目か。


暑い夏を「熱い夏」へ~「国衙と郡衙の連絡路」という観点

「武蔵国分寺参道口」を意識してきたので,逆にそれに目を奪われていた。
また同時に「国分尼寺」へも至る道なので,ますますそれに拍車をかけた。(。>0<。)

これは現代ではなく,1300年以上前の歴史の話なのだ。
時に狼煙でインターネット通信のようなことをやるとはいえ,
やはり国衙と郡衙の公文書のやりとりなどは,道を通して伝えるしかない。
それに早く気が付くべきであった。

チャンスはあった。なぜ九州王朝は,武蔵国分寺への参道口まで用意しながら,
国衙への道は作らなかったのだろうか?
いくら政教一致の時代とはいえ,これでは宗教の重視し過ぎではないか?
そう思いついたら,国衙と郡衙は連絡を取り合っていたのではないか?
という観点も出てきたに違いないのである。

しかし,「参道口」に目を奪われるくらいだから,やはり私は「素人」なのである。
やはり,基本の「発掘調査書」の精査に勝るものはない。その点,川瀬さんは「プロ」なのだ。
(145次発掘などの精査から,国衙の一部らしきものを見出された。
形からいうと,国庁でもおかしくない。僧寺・尼寺にも隣接し,正倉群までも武蔵路を挟んで数百m!)

せっかくのこのチャンスを,41.1℃の熱中症のただの暑い夏に終わらせてはならない。
私の還暦の誕生日もあるこの8月を,ぜひ「熱い夏」にしよう!

そして,もう忘れていると思うが,ぜひおめでたい「還パ」を迎えたいものだ。

新々アパートの建設 8/4

昨日も,地盤強化の工事があった。
この作業けっこう音が大きいんです。
ちょっと近所のことが心配。

Dscn2940

Dscn2960


2018年8月 3日 (金)

「拝島道」との交差はどうでしようか?

「東八道路の地下には古代道はない」ということで残念なのですが,
昨日その周辺をフィールドワークしてきていて,
「拝島道」と呼ばれる古道を確認してきた。

今は「武蔵台通」とか,国立市に入ると「学園通」とか名は変わっているが,
道路脇に石碑が立ち,拝島まで道が続いていた(いる)ことを知らせている。
これが東八道路から数十mから百数十m北の所にあって,
昨日あげた交差点(府中栄町3丁目)付近では,
府中市と国分寺市の市境も演じている場所なのでありました。
なので,「交差点」はまだ諦めなくていいのではないだろうか。


「拝島道」はいかがでしょうか

東八道路の地下には古代道はないということでガッカリしたが,
東西に延びている道路で「拝島道」というのがある。
(昨日のフィールドワークで見つけてきた)

Dscn2961

場所によって「今風」の名前が付けられていて,
「武蔵台通り」「学園通り」などとと名前を変えながら西(拝島方面)へと向かう。
しかし,古い字名には「拝島道北」とその痕跡をしっかり残している。

「拝島道北」の字,「拝島道」そのものズバリ

https://www.library-kunitachi.jp/img/page/s06_area/kuni_chimei7.pdf#search=%27%E6%8B%9D%E5%B3%B6%E9%81%93%27

なので,東八道路の北側の数十mにある,そして,僧寺・尼寺との境にもふさわしい,
さらに,交差点付近では,現在でも府中市と国分寺市の市境にもなっている拝島道を,
東山道武蔵路と交差する新たな東西道路として推薦したいと思います。



            |     |
      尼寺  |     |  僧寺
            |     |
      ーーー    ーーー  
                       ← 拝島道
      ---    ---
           |      |
   正倉群   |     |  国庁
            |     |

             ↑
 
          東山道
          武蔵路


最後に,武蔵台公園のところに立てられていた,はいじまみち(拝島道)の写真をどうぞ!
「交差点付近に国庁があった」説は,やはり諦める必要はないと思います。

Dscn2957

Dscn2958


九州王朝の「武蔵国府」が見えてきた!

川瀬さんのコメントでお読みになった方もすでにいると思うが,
発掘調査報告書の精査によって,
いよいよ九州王朝の作った「武蔵国府」が見えてきた。

下図の水色で塗ってある範囲が国衙で,
赤丸で囲んである掘立建造物が国衙の建物のうち,東側の建物(南半分)だと思われる。
(参考のために,伯耆国の国庁の予想図を下に載せておいた)
南北の正方位で,東山道武蔵路(武蔵国分寺の塔)ともぴったり合う。

Dscn2939

【参考・伯耆国庁の予想図】

Photo

【1万分の1の地図でみるとここです】

Dscn2941

上の図面には,JR武蔵野線が描いてないのでピンときませんでしたが,
東西B←Aが「東八道路」で,145次を含んで北西に伸びている道路が「府中街道」(昔の東山道武蔵路)です。
だから,その交点(交通の要所)に「武蔵国衙」が作られた感じです。
ということは,十字路の北西に「国分尼寺」,北東に「国分寺」,南東に「国衙」,南西に「正倉群」が
建設されたということになる。(米を濡らすわけにはいかないので,西側の台地に作ったと思われますね)
しかも,正方位の南北での十字路ですから,すごく計画的に作られたわけですね。

            |   |
      尼寺  |  |  僧寺
            |   |
      ーーー  ーーー
      ---  ---
           |   |
   正倉群   |   |  国衙
            |   |

            ↑
 
         東山道
         武蔵路

楽天が3夜連続逆転勝ちで41勝目

楽天000001002計3
オ リ000200000計2

楽天が3夜連続逆転勝ちで41勝目をあげた。
1点ビハインドの9回表二死二塁で,田中が同点タイムリー三塁打。
続いて茂木が中前にはじき返し,試合を逆転した。

オールスター戦以降,12勝2敗(勝率.857)。○○○○○●〇〇〇〇●〇〇〇
「できたら今の楽天とは試合をしたくない」というのが,他のチームの本音かも。
本日から,そのキッカケを作ってくれたロッテとの3連戦が,本拠地・仙台で行われる。
最下位からの順位の上昇もありそうだ。

美馬・宋・松井・ハーマンー嶋・山下

松井 4勝6敗2S
ハーマン 2勝1敗14S

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:2アウトから同点で迎えたあの場面、どのような思いで打席に立ちましたか。
茂木選手:田中選手が本当にしぶとく同点タイムリーを打ってくれたので、
僕も何とかその勢いに乗ってランナーを返そうという思いで打席に立ちました。

記者:そして見事に打ち返しました。打った瞬間はいかがでしたか。
茂木選手:センターに捕られるかなとは思いましたが、センターの前に落ちてくれて本当に良かったです。

記者:茂木選手はこのカード、4打点の活躍なのですが、この状態をご自身ではどのように感じますか。
茂木選手:前半戦はすごくチームに迷惑をかけたので、何とか取り返そうという思いで打席に立った結果が、
良い結果に繋がって良かったです。

記者:チームはこのカード3試合とも全て逆転勝利です。諦めない気持ちが表れていますね。
茂木選手:次に繋ごうという気持ちがすごく良い結果に繋がっていると思うので、
このまま良い流れで仙台に帰っても良いゲームをしたいです。

記者:チームは3連勝。最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
茂木選手:僕たちは一戦一戦を闘って上を目指すだけなので、最後まで諦めずに勝ちにこだわって
これからも頑張ります。応援よろしくお願いします。

新々アパートの建設 8/2

昨日も,地盤強化のためのコンクリを流し込んだ。
昨年新アパートを建設した時にはやらなかったと思うのだが,
北側の土地は「水路」だった部分も含んでいるので,
条件が違うのだろうか。

Dscn2933

Dscn2936

そのほか,銀行との交渉もあった。


サボテンの花 8/2

この夏は,やはり「危険な夏」かもしれない。
例のサボテンがまた花を咲かせ,また咲く準備をしている模様。

Dscn2935


2018年8月 2日 (木)

夏の大会2018 (3日目)

蒲郡ホテルで朝を迎え,7階のレストランで朝食バイキング朝食。
今日もマイクロバスで,無料でホテルへ。

Dscn2916

Dscn2917

【午前中】

社会の科学分科会は昨日終わってしまったので,
売り場付近で旧交を温める。
36年前から知り会えて,今も元気で活躍されている方も多い。
(年齢は私もさすがに24→もうすぐ60歳なので,それ相応の姿かたちですが)
仮説の人って,何が違うって,楽しいことをしている人のオーラが違うのだな。
それは行動だったり,目の輝きだったり,発言の内容だったり.いろいろですが・・・。
それを確認できただけでも,今回の夏の大会参加は大成功だったと思う。

Dscn2923

スズメバチの女王を見たことある?

Dscn2931

左から,『たのしく教師デビュー』の著者・高野圭さんのサイン,
松田心一さん編のガリ本『板倉聖宣講演年譜』,
扇野剛さん著のガリ本『L I F E vol.9』

残りの荷物を段ボールに託して,クロネコさんのお世話になる。
行きの荷物と帰りの荷物は「重さが違う」という「肥さんの法則」に従って。(笑)
昔バスガイドさんが,棚の荷物のゴムバンドを掛けさせるようにするため,
「同じ荷物でも,自分の荷物と他人の荷物では,落ちてきた時の痛さが違います」と言っていたので,
それをいろいろな場面で活用しています。脳科学的に言うと,当たっていたかもね…。

【帰途】

早めのバス(午前10時前)で,三河三谷駅へ。
三河三谷駅→蒲郡駅→米原駅→(新幹線)→東京駅と乗り継ぎ,
我が家に帰宅したのは,午後2時半だった。

[ひかり号には及びもせぬが,せめてなりたやこだま号・・・」
(豪農・本間家と殿さまの比喩あり)


楽天が連夜の逆転勝ちで40勝目

楽天001000010・002計4
オ リ100000100・000計2

楽天が連夜の逆転勝ちで40勝目をあげた。

オリックスが1回と7回に得点をあげたが,
その都度田中の本塁打で追いつき,試合は延長に。
12回二死から,今江が中前,銀次が右前にヒットを打ち,
最後に枡田が2点タイムリー二塁打で二者を生還させた。

古川・松井・青山・ハーマンー山下

ハーマン 2勝1敗13S
久保 1勝0敗1S

田中10号ソロ,田中11号ソロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:素晴らしいバッティングでした。あのチャンスの場面、どんな思いで打席に立ちましたか。
枡田選手:その前にアマダー選手のところに代打で行って打てなかったので、今江選手、銀次選手と繋いで、
みんな最後まで頑張っていたので、何とか返したいと思って行きました。

記者:打った瞬間、あの打球をどのようにご覧になっていましたか。
枡田選手:抜けたというのは分かったので、素直に嬉しかったです。

記者:本当に集中力を打席から感じましたが、その勝負強さはどこから生まれてきたのですか。
枡田選手:勝負強いとは思ったことがないですが、何とか一球一球頑張っているだけなので、
それが良い結果に繋がったかなと思います。

記者:楽天イーグルスは本当に勢いがありますが、そのあたりを枡田選手はどのようにご覧になっていますか。
枡田選手:みんな元気を出して最後まで諦めずに闘っているので、
それが良い結果になっているのかなと思います。

記者:今日もファンの皆さんも最後まで諦めない気持ちで一緒に頑張っていたと思いますが、
最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
枡田選手:選手はみんなクライマックスシリーズ(進出)を諦めずに頑張っているので応援よろしくお願いします。

新々アパートの建設 8/1

ここ2日の間に,写真の通り変化があった。
べロック塀が高くなったのはもちろん,
隣りの叔母さんのアパートの階段の上から撮ったら,
上下水道の工事も行われたみたいだ。
ものには順番があって,プロはその手順に従ってやる。
そういうことなのかな?

Dscn2928

Dscn2929

Dscn2930

九州年号の紹介

夏の大会に参加して良かったと思ったのは,
九州王朝説をご存じの方をまた1人知ったことである。
(その方は,「九州王朝説は成立しないと思います」とおっしゃっていたが)
「日本書紀」には3個の「改元」記事がとびとびにあり,
「建元」は大宝からであることもご存じだったのだが・・・。

とりあえず,時々「九州年号」の紹介をして,
その存在を知らせていくのが務めと思っているので,
大和王朝が作った大宝の前に,
200年もの間九州王朝が年号を作っていたことを紹介したい。

これらは実際各地の寺社の縁起などに書かれていて,
九州から東北までたくさん出ている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年11月24日 (日)の「肥さんの夢ブログ」より

九州年号を探そう!

歴史上「九州年号」と呼ばれる古代の年号群がある。
6世紀前半から8世紀初頭にかけて作られたもので,
主に神社や寺の縁起などに登場する。
干支で並べると隙間なく並べることができるので,
統一権力による年号と考えるのが正当な評価だと思う。
(明治以降,私年号や偽年号といった差別的な扱いを受けたが,
江戸時代にはそうではなかったとのこと。どちらが学問的か)
古代史研究というと,何か難しいことのように思えるが,
この九州年号が寺社縁起に登場するかどうか探すという方法で,
古代史研究を楽しむというやり方もあると思う。
縁起はたいていその寺社がいかに長い歴史を持つのか
という観点で書かれているので,
その冒頭に九州年号が使われることがあるのだ。
「続日本紀」によると,701年には大宝年号が建元される。
つまり大和年号(近畿天皇家の作った年号)がここでスタートしたのだ。
聖武天皇も詔勅の中で,「白鳳以来,朱雀以前」という形で,
九州年号の存在を語ってくれている。
だから,それ以前に建てられた寺社は,
九州年号を使っている可能性が高いか,
または「日本書紀」の影響で書き換えられた。
いずれにしても,「九州年号を探そう!」という観点は,
古代史入門にとってもいいきっかけを作ってくれると思う。
最後に,「九州年号の一覧」をどうぞ!

継体・・・517~521年(5年間)
善記・・・522~525年(4年間)
正和・・・526~530年(5年間)
教到・・・531~535年(5年間)
僧聴・・・536~541年(5年間)
明要・・・541~551年(11年間)
貴楽・・・552~553年(2年間)
法清・・・554~557年(4年間)
兄弟・・・558年(1年間)
蔵和・・・559~563年(5年間)
師安・・・564年(1年間)
和僧・・・565~569年(5年間)
金光・・・570~575年(6年間)
賢接・・・576~580年(5年間)
鏡当・・・581~584年(4年間)
勝照・・・585~588年(4年間)
端政・・・589~593年(5年間)
告貴・・・594~600年(7年間)
願転・・・601~604年(4年間)
光元・・・605~610年(6年間)
定居・・・611~617年(7年間)
倭京・・・618~622年(5年間)
仁王・・・623~634年(12年間)
僧要・・・635~639年(5年間)
命長・・・640~646年(7年間)
常色・・・647~651年(5年間)
白雉・・・652~660年(9年間)◆
白鳳・・・661~683年(23年間)
朱雀・・・684~685年(2年間)
朱鳥・・・686~694年(9年間)◆
大化・・・695~703年(9年間)◆
大長・・・704~712年(9年間)

日本書紀によると,年号は大化(645)から始まり,
飛び石的に白雉や朱鳥があり,
大宝(701)につながるというのだが
およそ年号というものは「すき間なく続いている」
ことに意義があるのであり,
それでこそ年代のモノサシ足りうるのだ。
その点,日本書紀に出てくる3つの年号は
そもそも「年号」としてのテイをなしていないのである。
なお,712年という年号は「古事記」の作られた年だ。
大和中心の歴史がまとめられた年に
九州年号も終わる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらもどうぞ!

九州年号「目録」&分布図の紹介

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2018/02/post-297b.html

2018年8月 1日 (水)

もし「国分寺」のスタートが741年でなかったら・・・

多元的「国分寺」研究のスタートは,
聖武天皇が出したと言われる「国分寺建立の詔」の趣旨が,
「国分寺を建てよ」ではなく,
「七重塔を建てよ。そうしたら金泥の経を納めよう」
というものだった。

そして,「国分寺」のスタートが741年でないとすると,
もしその「国分寺」から白鳳期の瓦が出ているとしたら,その歴史は大きく変わる。
(白鳳は7世紀後半なので,70年くらい古くなる)

この「国分寺建立の詔」はすぐ読めるので,ぜひ読んでほしい。
そして,その内容を知ってほしい。
聖武天皇は,「金堂を建てよ」とも「講堂を建てよ」とも言っていない。(おそらく.すでに在った)
その前提の上に「七重塔を建てよ」と言っているのだ。
では,すでにあった金堂や講堂は誰が建てさせたか?
(私は前王朝である,九州王朝だと思っている。
なぜなら彼らが当時の日本列島の主権者だからである)

「国分寺建立の詔」

http://www5f.biglobe.ne.jp/~syake-assi/newpage1099.html

京都や横浜も原爆投下の有力候補地だった-東京湾や川崎もリストアップされていた

広島県呉市が舞台の「こんな世界の片隅に」が上映されているが,
原爆投下の候補は,広島市以外にもたくさんあったようだ。
もしかしたら,私の街にも・・・。
そういう視点から原爆を考えてみると,とても「他人事」ではなくなるだろう。
ネット記事をリンクしてみた。

京都や横浜も原爆投下の有力候補地だった-東京湾や川崎もリストアップされていた

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/京都や横浜も原爆投下の有力候補地だった-東京湾や川崎もリストアップされていた/ar-BBLkHUD?ocid=spartandhp#page=2

「佐藤龍一さん石垣島2夜連続ライブ」の報告

石垣島の頭慢さんから,待望の報告が届きました。
上記の報告です。

佐藤龍一さんはプロの方なので,音は入っていませんが,
お持ちのCDなどがあったら掛けつつ,
ない方は妄想などで補い,その世界をお楽しみ下さい。

「佐藤龍一さん石垣島2夜連続ライブ」

http://20f.jugem.cc/?eid=424

佐藤龍一さん「万物ロック」

https://www.youtube.com/watch?v=rTkum-8hE4w

佐藤龍一さん「AI」

https://www.youtube.com/watch?v=isKERGWhou0

火星大接近

昨日は「火星大接近」の日だったとのことである。
いくら「大接近」してくれも,私のような人には相変わらず点のようにしか見えないが,
私と火星が「大接近」するのはこういう機会しかないので,
ウィキペディアくらいは読むことにした。

ウィキペディア「火星」

https://ja.wikipedia.org/wiki/火星

今回の収穫は,火星は地球と自転速度が似ているということである。
「約24時間40分」で1回転(地球を1日とすると,1.026 日の計算)で,ほぼ同じ。
また,地球と同じで公転軸が傾いているので「四季もある」とのこと。
なんとなく,火星に親しみが湧いてきた!?

夏の大会2018 (2日目)

蒲郡ホテルで朝を迎え,7階のレストランで朝食バイキング朝食。
向こうに見えるのが,三河湾。
手前の駅が,三河三谷(みかわみや)駅です。
ラッキーなことに,ホテルのマイクロバスで送っていただきました。(もちろん無料)(o^-^o)

Dscn2909

Dscn2908

【2日目・午前中】

(7) 肥沼さん~生徒たちと手品も楽しんだ最後の3年間(手品グッズ&実演付き) ☚ 朝イチでした
(8) 荒川さん~東京の公立旧制中学校・高等女学校 私立学校
(9) 村山さん~都道府県の人口推移から見る,日本近代化の歴史
(10) 岸さん~〈社会の科学の言葉事典〉国王
(11) 岸さん~授業書案〈モノとコトのはじまり〉
(12) 岸さん~同解説
(13) 横山尚さん~伊藤正道さん・授業書案「焼肉と唐辛子」の授業
(14) 横山尚さん~同授業書案
(15) 竹田(か)さん~授業書案〈社会にも法則があるか〉ねらい
(16) 竹田(か)さん~同もっとくわしく知りたい方へ
(17) 竹田(か)さん~同授業書案(統計法則と社会)
(18) 武田さん~ブックレット「迷信と科学~人権と科学教育の眼で見る」のパンフ
(19) 武田さん~大学生との仮説実験授業~授業通信を活用して
(20) 橋本さん~〈社会の科学〉の授業書概観その1:「教える意義」と「教えたい思い」

【昼食・たの社MLのオフ会】

20人近くが「桜の間」に集まり,近況報告と記念撮影を行った。

【総会と来年度開催地の決定】

(1) 全国委員のあいさつ
(2) 犬塚さんから事務局報告
(3) 竹さんのミニ講演「私にとっての仮説の大会とは」
(4) 来年度は,岩手県となりました!仙台から北上して,被災地訪問と連動させようかな?
(5) 来年1月の冬の大会は,山口県岩国市(私の生誕の地)だそうです。

Dscn2910

このあと,名鉄バスで蒲郡ホテルに戻る。
一昨日遅くなってしまって,疲れが残っていたので,昨日は午後3時過ぎにチェックイン。

Dscn2915

シャワーを浴びて,「夢ブログ」を更新し,すき家で夕食を食べた。

楽天が粘りの再逆転で39勝目

楽天020000040計6
オ リ000013000計4

楽天が粘りの再逆転で39勝目をあげた。

楽天は2回,幸先良く茂木の2点タイムリーで先制したが,
追加点が取れずに,則本も打たれ,2ー4と逆転されてしまう。
しかし,8回打者一巡の猛攻で再逆転し,逃げ切った。
オールスター戦後は,10勝2敗の快進撃。
8月もこの調子でCS入りを!(そして,日本シリーズへ!)

則本・宋・青山・ハーマンー嶋・山下

宋 3勝2敗0S
ハーマン 1勝1敗13S

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:勝ち越しタイムリー2ベースヒットを放ちました、銀次選手です。素晴らしいバッティングでした。
銀次選手:ありがとうございます。

記者:逆転され、そして同点で迎えたあのチャンスの場面、早いカウントでしたがどのような思い、
狙いだったのでしょうか。
銀次選手:フォークボールがあるピッチャーだったので、少しゾーンを上げることを意識して打席に入りました。

記者:あの場面に至るまでにもチームメイトが繋ぐという意識があったと思いますが、そのあたりいかがですか。
銀次選手:みんなが必死に繋いでくれたので、ここはクリーンアップが返さないといけないという気持ちは
すごくありました。

記者:この繋ぐという意識が、今チームの好調の要因でもあると思いますが、
どのように銀次選手は感じられていますか。
銀次選手:みんな一人一人が「オレがやってやるぞ」という気持ちが強いので、
自分もそれに乗っかってやっています。

記者:今日は7月最後の日ですが、銀次選手は7月をどのように振り返りますか。
銀次選手:後半戦に入ってから良い繋ぎができているので、これを来月も続けていければと思います。

記者:チームはカードの頭を勝って、7月を良い形で締めくくりました。
今日もファンの皆さんがたくさん集まっています。最後にメッセージをお願いします。
銀次選手:最後のアウトを取るまで諦めずに闘っていくので、これからも熱い応援をよろしくお願いします。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ