« 「愛の告白」方程式!? | トップページ | 流行語「老司机」はどういう意味でしょうか? »

2018年7月29日 (日)

頭に水を乗せて水を運ばなくてもすむように

台風12号が通過する中で開かれた小手の会。
いろいろな素敵な話を聞くことが出来たが,
私より3歳年下で小学校の校長先生をしている方から,
アフリカの生活改善の話を聞いた。(朝礼で話したらしい)

1つは,水を運ぶ道具。
アフリカでは貴重な水を運ぶのが子どもたちの仕事で,
成長期の子どもたちの頭にバケツや壺を乗せるのがスタイルだった。
ところがこれは首や脊椎を痛める危険性と背中合わせだったらしい。
そこで開発されたのが,ヒッポめローラーという道具で,
20リットル=20キロの水をこぼさず,安全に運ぶことができるようになった。
生み出された時間で,子どもたちは学校に通えるようになっているとのことだ。
(動画もついているのでぜひ見て下さい)

頭に水を乗せて運ばなくてもすむように

https://switch-news.com/idea/頭に乗せて水を運ばなくてすむようアフリカの/

もう一つは,遊具で水を汲む仕組みの井戸。
公園にある回転する遊具の動きを,水を汲むエネルギーに変えられないか,
と誰かが思いついたのだ。それを子どもたちの遊具と合体させた。

公園の遊具でクリスマスツリーのような形をした回旋塔が,
遊び → 井戸に早変わりするなんて,いい話ですよね。

遊具がポンプ(ポンプが遊具)

https://blog.goo.ne.jp/slide_271828/e/9b40cbc5e5501bf5711de8d117dca9b8

この2つの話をしてくれた校長先生は,私と同じ学校にいた時も,道徳の授業で,
ディズニーランドのトイレ掃除の話を教材化していて,印象的だった。
(便器1つひとつに名前をつけて,愛情を込めて磨くという話だったと思う)
センスと言うのは,生まれつきなのかどうかしらないが,
今回のアフリカの2つの話を聞いて,1度いい方法を獲得すると
何回も再活用できるものだと思った。(脳科学的に言うと,ドーパミン?)
私はいいことを聞くと広めたくなるクセがあり,こうして「夢ブログ」に書いている。(これもドーパミン?)

« 「愛の告白」方程式!? | トップページ | 流行語「老司机」はどういう意味でしょうか? »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「愛の告白」方程式!? | トップページ | 流行語「老司机」はどういう意味でしょうか? »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ