« 肥さんの1日 | トップページ | 楽天が接戦を制し37勝目 »

2018年7月27日 (金)

地下の正倉院展2007~2017

「地下の正倉院」とは何だと思いますか?
実は「木簡」のことなんです。
それがここ10数年ほど奈良で開かれているということです。
また,これまでのものを閲覧できるということで,
リンクしてみました。

地下の正倉院展2007~2017

http://hiroba.nabunken.go.jp/home/tenji01.html

2017 国宝 平城宮出土木簡

http://hiroba.nabunken.go.jp/files/File/chikanosyosointen/2017/2017_list.pdf

これとは別に『評制下荷札木簡集成』2006/6
(奈良文化財研究所、 文化財研究所奈良文化財研究所)という本があり,
アマゾンに注文しました。

« 肥さんの1日 | トップページ | 楽天が接戦を制し37勝目 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

木簡面白そうですね。
朝日新聞で何回か連載していたのを読みましたがそれがすべてここにあったのですね。
暇を見て読ませていただきます。ご紹介ありがとうございます。

ps:
「ペンギンハイウェイ」のちらし
所沢の旧住所に送りました。
転送手続きはしていますよね。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

木簡も楽しそうですね。
ただし,当然一元史観(大和中心)で解説してあると思いますので,
気を付ける必要があると思います。

PS 旧住所でもたいてい届いています。
「70ー202」の部分を「6」に替えるだけです。
「3ー26ー6」となります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 肥さんの1日 | トップページ | 楽天が接戦を制し37勝目 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ