« 新々アパートの建設 7/25 | トップページ | 関東地方出土の和同開珎(深澤靖幸さん) »

2018年7月26日 (木)

大収穫の「ふるさと府中歴史館」

私が4冊の天神町遺跡の調査報告を見て,
「なんだ,縄文時代が中心のようだ」(道路拡幅の遺跡は歴史時代も含んでいたが)
とガッカリした頃,川瀬さんがふるさと府中歴史館に姿を現した。
川瀬さんも,コメントに書いてあった「掘立柱建物16、柵列4、道路2と注目すべき遺構があり、
さらに遺物として銅製と石製の帯金具が出土している。さらに東京都の遺跡地図情報では瓦の出土も」
を期待して来たようだったが,それが美好町のことだと知って,なるほどその地区であったか・・・
と思われたようだった。つまり,われわれが国府候補にしている天神町遺跡出土ではなかったということだ。

その後,川瀬さんが確認していらした古代道(参道口から南東に下る道や東山道に並行している南北路等)
についての調査報告を探してコピーする作業をいっしょにした。大収穫であった。

(1) 府中刑務所の北東隅
(2) 東京農工大の入口付近
(3) 東京農工大の宿舎地区
(4) 関東財務局府中第4住宅
(5) 府中都市計画道路3・4・Ⅰ3号線
(6) 府中第一中学校の校庭

Dscn2863

思うに.教育委員会の発掘担当も,限られた予算の中で,
効率よく発掘を進めるよう苦労していることがわかる。
この広い府中の町で,ピンポイントで発見するというのはとても大変だ。
(それだけに.成功した時の喜びも大きいと思うが・・・)

あとは,これらの資料を題材に,「現在の国府と想定されている場所(実は郡家?)ではなく,
ここ(幸町三丁目付近)がそうですよ」と指摘できるようにしていきたい。

この日の収穫は,それに留まらなかった。
川瀬さんが「古代武蔵国府~武蔵国府のマチ・復元模型」というプリントを下さったのだ。

Dscn2864

これを詳しく観察してみると,府中の町が最低「3つの時代」を経てきたことがわかる。
前に「武蔵国分寺付近の地図」から7度西偏している金堂以下の伽藍配置を見つけたように,
あるいはそれ以上に,この地図には3つの時代が隠されているというわけである。
それはもう数年前の川瀬さんとの府中フィールドワークで語り合ったことでもあるが,
この府中の町にはいろいろな段階があるので分析が必要であるということ。
昨日の川瀬さんから,白村江の戦いの影響(敗戦)を加味すべきであろうということが出された。

(1) 5度東偏の時代・・・京司廃寺(多磨寺),幸町地区.天神町地区(天神道),白糸台から北東方面地域
(2) 南北軸の時代(九州王朝)・・・東山道武蔵路.武蔵国分寺の塔.北方建物.武蔵国分尼寺.
(3) 7度西偏の時代・・・武蔵国分寺の主要伽藍.府中熊野神社古墳(上円下方墳でもある),
  美好町地区(やや),仏堂

この3つの時代の方位で,その時代の中心がわかるような気がする。
それが,また描けたら「夢ブログ」で紹介しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS 帰りしなに,府中本町駅内の喫茶店で,川瀬さんと古田史学の会をめぐる話をした。
「ちょっと話をしていきませんか」は,1時間半に及ぶこととなった。

PS2 そろそろお化けが出ると言われる丑三つ時なので,明日のために睡眠スクール!
(実は野球の試合の途中から3時間仮眠したので,「勝利の瞬間」は見られなかった・・・)

« 新々アパートの建設 7/25 | トップページ | 関東地方出土の和同開珎(深澤靖幸さん) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ
 昨日はありがとうございました。
 二人いたので発掘報告書の探査と確認・コピーの作業がとても短時間でできました。おかげさまで現在確認できている府中市幸町の遺跡のすべての詳細を手に入れることができました。

>あとは,これらの資料を題材に,「現在の国府と想定されている場所(実は郡家?)ではなく,
ここ(幸町三丁目付近)がそうですよ」と指摘できるようにしていきたい。

 ただ確かに大収穫なのですが、私の印象は肥沼さんのものと真逆です。
 つまり想定される国府は府中市幸町にはない、です。
 こう考えた理由は、
1:国分寺参道口から南東に延びて、大国魂神社東方官衙遺跡(いわゆる国衙遺跡)からまっすぐ北に延びる南北道と交わる地点(東京農工大正門付近)の発掘報告を見ると、参道口からの斜交路はそのまま東南に延びている可能性がある。
2:この可能性を示しているのが、農工大農園の南側の道路拡幅工事の予備調査。ここにこの参道口からの斜交路とほぼ同じ向きの溝(道路の側溝かも)があること。
3:要するに幸町3丁目は西から南東に斜交路が伸びている。
4:そしてもう一つ、片町公園近くの湧水から伸びている斜交路が、この農工大農園付近まで伸びてきている可能性をこの道路拡幅工事の予備調査が示している。発掘区域の一番東側に南から北東に延びる二条の溝がある。これは斜交路の両側の排水溝の可能性が。
5:以上の観点で「よみがえる古代武蔵国府」(府中郷土の森博物館発行)でこの斜交路が出てくる地図を見ると、p111の「武蔵国府と国分寺の遺跡」の地図では湧水から北東に延びる斜交路が点線で記されており、農工大学農園の南側道路の付近だけ実線で記されていた。

 ようするに東京農工大学キャンバスを中心とする府中市幸町2・3丁目には北と南から斜交路が横切っている。
 ここに国府があったと想定すると、府域を二つの斜交路が横切っていて不自然。
 しかも農工大学キャンパスの中央を西から東に縄文時代の埋没谷が横切っていて、ここが少し東西にくぼんでおり、国分寺口からの斜交路もこの埋没谷に沿って伸びている。

6:さらに(3) 東京農工大の宿舎地区 (4) 関東財務局府中第4住宅の報告ではかなり広い面積を掘っているにもかかわらず、官衙遺跡につきものの道路遺構や掘立柱建物遺構がまったく出ていない。

 以上から私の印象としては国衙遺跡はこの幸町2・3丁目ではない。
 ではどこか。
 新たに出てきた候補地は、府中幸町にある東京農工大キャンバスとその西側の府中晴見町にある府中刑務所の北側の地域。住所で言えば、府中市栄町と新町、さらにその北側の国分寺市東元町付近だ。要するに国分寺遺跡の東側から東南側。
 ここを想定した理由は、東京農工大正門付近の発掘で、大国魂神社東方官衙遺跡から北上した南北道が、国分寺参道口からの斜交路と交わってもさらにその北に延びている可能性がみられること。
 ここで南北道が終わっていなければ、その先に国府・国衙があったと想定することも可能です。
 そしてもう一つの可能性は、前から唱えている、府中刑務所の敷地も含む、府中市晴見町一帯。
 
 東京都の遺跡地図で確認してみると、晴見町での発掘調査はない。奈良文化財研究所の報告書抄録データベースにも晴見町の遺跡は存在しない。国分寺参道口からの斜交路を求めて刑務所の北東の塀際を調査したのが晴見町での唯一の考古学的調査だ。

 府中栄町は、国分寺関連遺跡としてかなり掘られている。そして国分寺市東元町は、同じく国分寺関連遺跡として国分寺市がかなり掘っている。

 したがって私は府中市幸町を候補から外して、この二つを調査してみるつもり。
 このための作業。
1:片町公園からの湧水から伸びる斜交路遺跡の規模と状態の確認。
2:これと(5) 府中都市計画道路3・4・Ⅰ3号線遺跡の東端の南北溝との照らし合わせ。
 これで泉から伸びる斜交路が農工大農園まで伸びていることが確認できれば、幸町は国府の候補地から外す。

3:府中市栄町の遺跡発掘報告書の精査。全部で16種類みつけた。これを府中市ふるさと歴史館の史料室で確認する。
  以上三つの作業を明日金曜日にやってみる予定。
  その後国分寺市の遺跡報告書が集まっている場所を見つけて、国分寺市東元町の遺跡を確認してみる。おそらく国分寺市で一番大きな本多図書館に行けばあると思います。

 以上、国府候補地としての幸町遺跡の調査の私のまとめです。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  ただ確かに大収穫なのですが、私の印象は肥沼さんのものと真逆です。
 つまり想定される国府は府中市幸町にはない、です。

「ない」という判断も,発掘から得られた情報からの判断ですから,
しかたのないことですね。

府中市の栄町,新町と国分寺市の東元町ですね。
全体として,北上して考えてみるということでしょうか。
そうすると.「府中本町 → 国分寺」というルートになりますか。
明日は用事がないので,お付き合いいたしましょう。

肥沼さんへ
 明日金曜日にふるさと歴史館にいって報告書を精査しようと思いましたが、台風が関東を直撃しそうなので、その準備を優先させます。午前中は我が家の対策。午後一番で妹のマンションに行って植木鉢など飛びそうなものを下して飛ばないようにします。
 ということで、明日の予定は来週水曜日に移動します。

 またフィールドワークはもう少し調査報告書を見てからにします。暑いですしね。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 ということで、明日の予定は来週水曜日に移動します。

そうですか。それは残念!
来週水曜日は,「仮説」の夏の大会で東京にいませんので,
成果が出ることをお祈りしています。

〉  またフィールドワークはもう少し調査報告書を見てからにします。暑いですしね。

「災害」と言われるほどの暑さですから,無理はしないことにしましょう。

肥沼さんへ
 どうやら台風は急速にターンして東海地方を直撃のコースのようですね。
 予定を再度変更して、府中ふるさと歴史館に行ってきます。もし都合がついたら来てください。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

現在午前10時45分です。
川瀬さんの発信から10分以内にメールを読むことができ,ラッキーでした。
私もこれから府中ふるさと歴史館に向かいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新々アパートの建設 7/25 | トップページ | 関東地方出土の和同開珎(深澤靖幸さん) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ