« 台風5号北上中 | トップページ | 稲荷山古墳鉄剣~銀30%と銀10%との境目 »

2018年6月11日 (月)

『たの授』6月号の感想

仮説社御中
肥沼です。
『たの授』6月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』6月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1) 体つくり運動プラン〈飛び降り〉(峯岸さん)

『たのしいマット運動への道』(仮説社)を出版して,乗りに乗っている峯岸さん。
また魅力的なプランを出してくれました。実は私子どもの頃,停止されたお茶工場の屋根で遊び,
登る時は木から登って,降りる時には屋根から飛び降りるということを友人たちとしていました。
幸いそれで骨折をすることはありませんでしたが,なぜ骨折しなかったのかと今考えてみると,
日頃から訓練しているので,「危ない飛び降り方をしていなかった」のだと思います。
だから,しっかり準備をしたうえでこの運動をすることによって,効果的なトレーニングを
することができるのではないかと思いました。

(2)現代の教育改革(板倉さん)

題名の「現代」っていつ頃かと思いましたが,この講演記録は1983年のものなので,
今から35年が「現代」というわけなのでした。実は,私が教員になったのはその前年で,
たぶんこの講演が行われた「西日本たのしい授業ゼミナール」にも参加しているのではないかと
思います。また,これから仮説実験授業とたのしい授業を基本にした『たの授』を創刊する
前月という意気も感じられます。この講演がいまだに新鮮さを失っていないことの素晴らしさと
教育現場の遅々たる歩みに驚かされます。

(3)解答用紙にフリースペースを!(坂下さん)

実は私も似たようなことをやっていて,そのテスト範囲の期間(1学期中間テストなら,4月と5月)
に行った仮説実験授業やたのしい授業を例示して,感想文を書いてもらっていたのです。
そうすると.採点作業もたのしく行うことが出来て一石二鳥でした。中学社会だったので,
長い授業書はあまりできませんでしたが,1時間ものや月一回の手品などなら,やる気になればできます。
そうやって生徒たちとのコミュニケーションを図ってやってきた私の教員生活も今年3月に幕を閉じました。

« 台風5号北上中 | トップページ | 稲荷山古墳鉄剣~銀30%と銀10%との境目 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風5号北上中 | トップページ | 稲荷山古墳鉄剣~銀30%と銀10%との境目 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ