« 生命保険会社の方と会う | トップページ | 高安城は,九州王朝が建てた城ではないか? »

見れども見えず~王都のありか

例の『よみがえる古代山城』を読み始めたのだが,
もう最初の方を読んだだけで,結論は出ているように思う。
(一応最後まで目を通そうとは思うが)

(1) 西日本の古代山城二七城は,北部九州~瀬戸内~畿内までベルト状に分布し,
特に北部九州にはそのうち一六城が濃密に分布している(11ぺージ)

(2) 山城群の分布は,一見大陸からの防衛ラインをなしているようにみえるが,
細部においては疑問点も多い。畿内を守る防衛体制としては,王都のある畿内には
高安城一城しか築かれておらず,朝鮮諸国のような王都を守る環状の防衛網ーー
これを衛星防御体系というーーを欠いている
。朝鮮半島の場合は,王都を守る
山城群は必須の存在なのだが,日本の場合,最前線ばかり固めている印象が強い。(12ページ)

北部九州に王都(太宰府)があり,しかもその王都を守る環状の防衛網が存在しても,
「日本の王都は畿内のみ」という色眼鏡を外せないと,わけのわからぬ分布図に映るらしい。
(大和を守るのが高安城のみでは,とても「環状の防衛網」はできない!)
こういうのを「見れども見えず」というのではないか。
いくら知識が豊富でも(豊富過ぎるから?),「王都のあるのは畿内のみ」という予断を持っていると,
せっかくの分布図から正しい結論を導き出すことはできないのである。
これは私たち古田史学の研究でも,肝に銘じていたいところだ。

Dscn1954

手前味噌になるが,最近出版された『発見された倭京~太宰府都城と官道』をお送りしようかと思った。
そこには,正木裕さんが「倭国の城塞都市「太宰府」」を書かれている。

Dscn1956

首都陥落は何をおいても防がなくてはならない事態であるから,
幾重にも「環状の防衛線」を築くものなのだ。


|

« 生命保険会社の方と会う | トップページ | 高安城は,九州王朝が建てた城ではないか? »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥様

正しくおっしゃる通りだと思います。
小さな疑問ですが、瀬戸内海両岸の山城と大和の山城はどう考えればよいのでしょうか?
王都大宰府を守るためだけなら、東に延びる必要はないように思います。
南に延びても良いように思います。
どなたかの説だったかを失念しましたが、自然災害に対する山城(逃げ城?)の役目もあったとの説もありますが・・・
それほど、自然災害があるとは思えない大和に存在していることも不思議に思われます。

思い付きですが、北部九州-瀬戸内-大和のベルトラインが、山城建設当時の九州王朝の直轄地だったのか?

投稿: 通りすがりの素人 | 2018年5月12日 (土) 06:25

通りすがりの素人さんへ
コメントありがとうございます。

〉 思い付きですが、北部九州-瀬戸内-大和のベルトラインが、
山城建設当時の九州王朝の直轄地だったのか?

そこまではまだ言えないのですが,
高安城についでは言えるかもしれません。
別項「高安城は,九州王朝が建てた城ではないか?」をご覧下さい。

投稿: 肥さん | 2018年5月12日 (土) 09:48

肥様

返信ありがとうございます。(まさかのクイックアタック!)

と言う事は、高安城が建築された時は、河内は九州王朝の支配下。
外敵から守るべき地域。
大和の地に高安城が建築できたことを考えれば、支配下(少なくとも、九州王朝側から見ればですが)にはあったのでしょうが、まだ信ならざる存在だったんでしょうね?

投稿: 通りすがりの素人 | 2018年5月12日 (土) 19:24

通りすがりの素人さんへ
コメントありがとうございます。

服部さんの竜田関の場合は,古賀さんの「難波宮は九州王朝の副都であった」という考えが
通説より説明がつくとしているようです。だから,関を作れたのだと。
ただ,私はまだそこまで言っていいかとまどっています。
ただ,同じ生駒山地の中にある同じような施設ですから,
建設主体も同じようにに考えていいのではないかと・・・。

投稿: 肥さん | 2018年5月12日 (土) 21:16

肥さんへ

「関」というのは交通を遮断する適地というだけでなく、その「関」を
敵の攻撃から守ることができなければ軍事拠点として役立たずです。
すなわち、「山頂を背に」とか「川を前に」などという防御に適した位置に置かれます。
どの方向からの攻撃に対して備えているのかをまず第一に考えるべきです。
つまり、その「関」はどちら側を守っている「関」なのか、ということです。
「副都」云々などは「関」の議論の前提ではなく、その後の議論です。

投稿: sanmao | 2018年5月13日 (日) 03:08

山田さんへ
コメントありがとうございます。

〉 どの方向からの攻撃に対して備えているのかをまず第一に考えるべきです。
つまり、その「関」はどちら側を守っている「関」なのか、ということです。

基本的には,そのお考えでいいと思います。


投稿: 肥さん | 2018年5月13日 (日) 03:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生命保険会社の方と会う | トップページ | 高安城は,九州王朝が建てた城ではないか? »