« 息子の手料理 5/10 | トップページ | 白地図の作成 ―正方位が欲しくなった―[作業日記](山田さん) »

郷土研究会 5/10

私は「勘違いの名人」で,郷土を研究するというと,
郷土の歴史を研究すると思っていた。
しかしこれまでの経緯から言うと,まず地理を研究するのが主のようだ。
もちろん地理と歴史は分かちがたく結びついているから,
そこから「どういう歴史があったのだろう?」と発展させることになれば,
それはそれでいいのだけれど・・・。

最たる例は,この地域で一番幅の広い道路である東山道武蔵路。
この地域を貫く古代官道だから,一応会話には出て来るのだが,
私の「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」のように,
こんなとんでもない道を,誰がいつ頃作った(作らせた)のだろうか,
というような発想はまったくなく,「只の南北に延びる幅12mの直線道路」
というところにとどまってしまっているという訳だ。いずれはっきりさせたいが。
(もっとも2011年までは私もそういう発想はなかったけれど・・・)

昨日の郷土研究会は,午前中に研究会「廻田(めぐりた)村」の調査,
午後に世話人会という1日であった。
私は午後予定が入っていたので,午前中の研究会だけ参加し,
昼食を金上のうどん屋(カレー南蛮にした)でご一緒させていただいた。
「5月は引越しで忙しい」という理由で,分担地域の調査は「お手伝い」ということに。

午後はアパート建設にともなう銀行関係のことを担当のSさんとやった。
郷土研究会のOさんとは,例の「福ちゃん」で再会した。
昨日は木曜日なので,「俳句のプレバト」をみんなで観た。

|

« 息子の手料理 5/10 | トップページ | 白地図の作成 ―正方位が欲しくなった―[作業日記](山田さん) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 息子の手料理 5/10 | トップページ | 白地図の作成 ―正方位が欲しくなった―[作業日記](山田さん) »