« うつ病についてのアニメ | トップページ | 「イヤイヤ期」より「ブラブラ期」 »

2018年5月20日 (日)

『不登校生が自然な笑顔をとりもどすとき』

堀江晴美著,学びリンク発行,1200円+税の
上記の本を読んでいる。

Dscn1988

仮説関係のベテラン教師である堀江さんの
現役時代の仕事は様々だった。

小学校の先生・・・仮説実験授業
中学美術・中学社会の先生・・・キミ子方式・仮説実験授業

そして,50代以降の仕事として課せられたのが,
不登校支援というそれまでにほとんど経験のない仕事だった。

もちろんそれにも対しても全力で取り組み,
大きな成果を上げるのだが,それは読んでのお楽しみ。

プロローグに出てくる美華さん(元・不登校生)と
堀江さんの会話からすぐにこの本に引き込まれた。

« うつ病についてのアニメ | トップページ | 「イヤイヤ期」より「ブラブラ期」 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うつ病についてのアニメ | トップページ | 「イヤイヤ期」より「ブラブラ期」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ