« 同窓会速報! | トップページ | 私がよく注文するエビチリ定食 »

2018年5月30日 (水)

肥さんの「新任時代」

肥さんの「新任時代」を紹介しよう。
これはかつて「肥さん年図 2014年版」として描いたものの一部
(就職浪人の一年間+美原中の8年間)で,
まさに私の教員生活のスタートというべき時期であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1981(昭和56)年 [23歳] 就職浪人 川越の小と中の講師。埼玉県の教員採用試験(合格)。 『日本歴史入門』を読み,仮説実験授業と出会う
1982(昭和57)年 [24歳] 美原中① 2年副担任。東村山の実家から,学区内に引っ越す。歴教協,所教組に参加
1983(昭和58)年 [25歳]   ↓ ② 3ー4担任。『たのしい授業』誌の創刊。所沢仮説サークル(以降,6年間ほど)を始める。白浜大会に参加
1984(昭和59)年 [26歳]   ↓ ③ 1ー3担任。霧島大会に参加。板倉先生の『世界の国ぐに』出版
1985(昭和60)年 [27歳]   ↓ ④ 2ー3担任。湯乃谷大会に参加。この頃,「発想法」「授業書開発」講座
1986(昭和61)年 [28歳]   ↓ ⑤ 3ー5担任。足摺岬大会に参加。ミニ授業プラン「選挙は何歳から?」。板倉先生の『歴史の見方考え方』出版
1987(昭和62)年 [29歳]   ↓ ⑥ 1ー4担任。石川大会に参加。この頃,明治図書に時々原稿が掲載される
1988(昭和63)年 [30歳]   ↓ ⑦ 2ー8担任。鞆の浦大会に参加。板倉先生らとヨーロッパ科学史の旅。文化祭で「十万人の顔写真」という平和教育の取り組み(朝日新聞に掲載)。『たの授』に「〈いろいろな種〉の標本づくり」「社会科でも〈実物〉を見せたい」掲載
1989(平成元)年 [31歳]   ↓ ⑧ 3ー6担任。『1時間の授業技術』(日本書籍)に「ローマ帝国とキリスト教」を書く。ガリ本『今日までそして明日から』を発行。古田武彦氏の本と再会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この年表は「年図」と言って,グラフ式の年表である(年次を飛ばさない。板倉聖宣さん提唱)。
普通年表はとても有名にならないと書いてもらえないものだが,
今は個性が大切にされる時代なのだから,自分で描いてしまおうというワケ。

描いてみて思うのは,「これまで」を整理でき,「これから」を展望できるということである。
今年50歳を迎える皆さんは,ぜひ「これまで」を描いていただき,「これから」を展望していただきたい。
全体の年図は,以下にリンクした。

肥さん年図 2014年版

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2014/11/post-3353.html

2015(平成27)年 [57歳]   ↓ ⑤ 1年副担任。「おのくん」(宮城県東松島市)の「里親」となる。東村山市へ拠点を移す
2016(平成28)年 [58歳]   ↓ ⑥ 2年副担任。多元的「国分寺」サークル開設
2017(平成29)年 [59歳]   ↓ ⑦ 3年副担任。「夢パ」開催。「古田史学の継承のために」開設
2018(平成30)年 [60歳] 「卒パ」開催。『発見された太宰府都城と官道』(明石書店)に「古代日本ハイウェーは九州王朝が作った軍用道路か?」と「九州王朝は駅鈴も作ったか?」の2編掲載。ガリ本『肥さんのこの10年~50代の仕事』発行。退職

« 同窓会速報! | トップページ | 私がよく注文するエビチリ定食 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 同窓会速報! | トップページ | 私がよく注文するエビチリ定食 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ