« 奈良時代までの担当国は,すべて大和王朝の国だった! | トップページ | にわか引越し(6) »

息子の手料理 5/1

冷蔵庫にいろいろ入っているのを見ずに,
母は「安かったから」「旬だから」と私に新たな課題を突き付ける。
(玉ねぎは一時,野菜室に10個になった)
また,「お前も食べると思ってたくさん買ってきた」という言葉に乗ると,
さらに「この前食べたから,今回も2人分買ってきた」となることは必至なので,
「自分の分だけにしてね」と私は手を付けないことにしている。
ということで本日は,たくさん残っている玉ねぎとトマトをシチューにしてみた。
見栄えはよくないけど,酸味があって美味しいよー。
昨日は暑かったので,こんなものもいいかなと思った。

Dscn1901

「トマトと玉ねぎのシチュー」


|

« 奈良時代までの担当国は,すべて大和王朝の国だった! | トップページ | にわか引越し(6) »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ
 これを作るときに、ベーコンをスライスして最初に玉ねぎと炒めてからトマトを入れて煮込むとさらにこくが出て美味しいですよ。

投稿: 川瀬 | 2018年5月 2日 (水) 11:32

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

実は母が手に入れたベーコンが冷蔵庫にありまして,
そんなこととは知らずに使わず仕舞いでした。
まだ残っているので,さっそくやってみましょう。

投稿: 肥さん | 2018年5月 2日 (水) 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良時代までの担当国は,すべて大和王朝の国だった! | トップページ | にわか引越し(6) »