« いくつかの発掘調査 | トップページ | 『飛鳥時代寺院址の研究』届く »

2018年5月 6日 (日)

上野国分寺の軒丸瓦

川瀬さんから,「国分尼寺の軒丸瓦は〈単弁〉だけど初期のもの」
というヒントをいただいたので,
「じゃあ,僧寺の方はそれと同様か古いものなのか」
という仮説を立てて検索してみました。

上野国分寺の軒丸瓦(平成24年度)

www.pref.gunma.jp/contents/000307419.pdf

両者はとてもよく似ているような気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数時間後~

失礼しました。『新修 国分寺の研究』を持っているのを忘れていた。
それに,上野国分寺の軒丸瓦の図が出ていた。

Dscn1932

また,『国分寺瓦の研究』の中で,編年もされているようなので載せておく。

Dscn1933


« いくつかの発掘調査 | トップページ | 『飛鳥時代寺院址の研究』届く »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いくつかの発掘調査 | トップページ | 『飛鳥時代寺院址の研究』届く »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ