« 息子の手料理 4/13 | トップページ | 「素」「単」「複」調査のグラフ化 »

2018年4月13日 (金)

「古代史用白地図」の配布

いつも「かゆいところにかゆいところに手が届く」
ご配慮をいただいている山田さんが,
ご自分のサイトに上記の内容でプレゼントをしていただきました。

「「古代史」を愛する方のために」という副題が付いています。
リンクさせていただくとともに,ありがたく使わせていただきます。m●m


sanmaoの暦歴徒然草

http://sanmao.cocolog-nifty.com/reki/2018/04/post-fb81.html

Photo_5


« 息子の手料理 4/13 | トップページ | 「素」「単」「複」調査のグラフ化 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ
さっそくのリンク、ありがとうございます。

読者の皆様へ
画素数の大きな画像が良ければ、
私のサイトからコピーしてください。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

「名前を付けて保存」した後,500%で拡大してみました。
ちょうどA4判に収まり,使い勝手が良さそうです。
とりあえず「素」「単」「複」調査をグラフ化してみました。

こうしてみると青森、岩手、宮城、福島あたりは
分かれていませんね。
このあたりは、
古代は蝦夷(えみし)の国、道の奥になるのでしょうか?

埼玉県のあたりは武蔵の国でしょうか?

何世紀ころの地図になるのでしょうね。

追伸
リンク先を見たら、7世紀ころまでの古代地図となっていました。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

確か「日本書紀」か「続日本紀」に三種類の蝦夷の話が出ていました。
中華思想の日本版ですね。
(北狄ほくい・西戎せいじゅう・南蛮なんばん・東夷とうい)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の手料理 4/13 | トップページ | 「素」「単」「複」調査のグラフ化 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ