« 素弁・単弁・複弁~蓮華紋軒丸瓦の区別 | トップページ | 学びて「すぐに」これを倣(なら)う »

2018年4月12日 (木)

国分寺出土・蓮華文軒丸瓦の「素」「単」「複」調査(3)

山陰道・山陽道に進みます。

(21) 丹波国分寺・・・「単」「複」

(22) 丹後国分寺・・・「単」「複」?

(23) 但馬国分寺・・・「単」

(24) 因幡国分寺・・・?

(25) 出雲国分寺・・・「単」「複」?

 国庁で発掘された木簡に「大原評」とある。
 また「□二石代」という古い面積の表示方式?

(26) 美作国分寺・・・「素」「脱」「複」

(27) 備前国分寺・・・「単」

(28) 備中国分寺・・・「単」「単複」(交互に出てくる)

 秦原廃寺・・・「素」

(29) 安芸国分寺・・・「複」

(30) 周防国分寺・・・「複」

このほか,国分寺以外にも「山陽道」には
「飛鳥時代の瓦」や「白鳳時代の瓦」が多いらしい。
  

« 素弁・単弁・複弁~蓮華紋軒丸瓦の区別 | トップページ | 学びて「すぐに」これを倣(なら)う »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 素弁・単弁・複弁~蓮華紋軒丸瓦の区別 | トップページ | 学びて「すぐに」これを倣(なら)う »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ