« だんだん詳しくなる「遷座の経緯」の謎~「遷座の経緯」はなかった! | トップページ | 郷土研究会の総会&懇親会 »

2018年4月21日 (土)

大和王朝の古事記には「遷座の経緯」はなかった!

昨日書いた「だんだん詳しくなる「遷座の経緯」の謎~「遷座の経緯」はなかった!」を
古事記と日本書紀の部分に焦点を当てて書いてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディア「元伊勢」の文章を読んでいて,
あれれれ・・・と思った一説がある。
次のところだ。
「遷座の経緯について、『古事記』ではこれを欠くが、
『日本書紀』では簡略にだが書いてあるという。
これは見逃すわけにはいかない違いではないだろうか。

というのは,古田史学に学んでき者としては,
古事記は大和中心の「歴史書」であり,
白村江の戦いをきっかけとして日本の主権者となった大和王朝が,
古事記や九州王朝系の史料を大幅に取り入れて,
8世紀に日本書紀が作ったと考えられているからだ。

古事記には,九州系の豪族の悪口さえ書かれていたが,収録されなかった。
「この国は昔から,大和王朝が治めてきた」というストーリーと,合わないからである。

ということは,素直に考えれば,
古事記が作られる際には「遷座の経緯」はなかったということだ。
つまり,日本書紀を作る段階になって,
九州王朝系の史料にはそれがあったので,盗用した。

結論から言うと,伊勢神宮を作ったのは,
「遷座の経緯」を持たない大和王朝ではなく,
簡略ではあっても「遷座の経緯」を持っていた九州王朝だったということになる。
皆さんは,どう思いますか?

« だんだん詳しくなる「遷座の経緯」の謎~「遷座の経緯」はなかった! | トップページ | 郷土研究会の総会&懇親会 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

 ただし古事記を調べてみると、単純にここには天照遷座の経緯が書いてないとは言い切れないのですよ。

 古事記崇神紀には。「妹豐鉏比賣命者、拜祭伊勢大神之宮也。」と。
 古事記垂仁紀には。「次倭比賣命者、拜祭伊勢大神宮也。」と。

 二人の皇女が伊勢神宮遷座に関わったことは書いてあるのです。遷座の経緯地は書かれていませんが。

 この記事が無ければ、書紀編纂時に九州王朝史書から伊勢神宮遷座の経緯の記事を盗用したと簡単に言えるのですが、書紀編纂時に他の史料を使って詳しく記述したと解釈できるのです。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

「拝」には,どういう意味があるのでしょうね。
ただお参りしたというのを,遷座経緯とするのは
「行き過ぎ」のような気がしますが・・・。
それとも,ウィキペディアの「遷座の経緯を欠く」は
勇み足だったということか。

確かに文字通り遷座の経緯はありません。
 「拝祭」とは崇め奉り祭るということ。
 「豐鉏比賣命者、拜祭伊勢大神之宮也。」は、豐鉏比賣命が伊勢大神の宮を崇め奉り祭ったということ。つまり伊勢大神の宮の祭主・斎宮だということです。どこで祭ったかは書いて無く、まして遷座した記事はないが。この人の時に初めて天皇の宮殿に天照大神の荒御魂を祭っていたのを別に移したという、書紀の崇神紀の記事と意味は同じです。
 「倭比賣命者、拜祭伊勢大神宮也。」は、倭比賣命が伊勢大神宮を崇め奉り祭った。つまり伊勢大神宮の祭主で斎宮だということ。
 ここにもどこに宮を造営祭ったかは記されておらず、遷座の経緯もないのですが、書紀垂仁紀の結果として今の伊勢大神宮に祭ったとの記事と意味は同じです。

 ここから大きな問題が出てきます。
 古事記にあるのだから、これは九州王朝の史書からの盗用ではないと。

 しかし初めての遷宮の記事が690年であり、九州王朝から近畿天皇家へ権力が移行する時期の出来事であることを考えると、伊勢神宮は九州王朝創建で、690年に始めて近畿天皇家が遷宮祭を執り行ったと考える「肥沼仮説」は有力だと思います。
 だとすると、なぜ「古事記」に九州王朝の事績が出てくるのか。
 ここを突き詰めると、古田さんの古事記理解を訂正する必要がある。
 つまり古田さんは古事記は近畿天皇家の史料に基づいて書いた史書で、日本書紀はこれに九州王朝の史書から記述を切り取って張り付けて歴史を近畿中心に改竄した書だと判断した。
 だが古事記の伊勢大神拝祭記事と伊勢神宮拝祭記事に注目してみると、天武が「正しい歴史」を編纂しそれを稗田阿礼に暗唱させたこのときにすでに、九州王朝の史実を取り入れて歴史改竄する試みが始まっていたと断言するしかなくなります。
 そしてこれは、なぜ天武が「正しい歴史」を編纂したのに文字に記して歴史書とせず、稗田阿礼に暗唱させたかの背景を考えてみると、案外正鵠を射た正しい理解かもしれないのです。
 なぜ暗唱に留まったのか。
 これはいまだ天武は列島の最高権力者ではなく、九州王朝の元での最大の実力者で、今まさに九州王朝を吸収しようとしている過程だったからだと思います。
 のちの日本書紀のような歴史改竄文書を公にすることは、この時にはまだはばかられたのです。だから天武による歴史を近畿中心に改竄する試みは暗唱という形に留まった。
 しかしその後権力が近畿天皇家に移ってからは、もう何もはばかる必要がなくなり、そこで太安万侶が稗田阿礼が暗唱した、天武編纂の「正しい歴史」を文字に起こそうとしたが、新たに大量の九州王朝系の史書を手に入れた近畿天皇家が日本書紀編纂に取り掛かり完成してしまったので、古事記は時代遅れの用済みとなったので、秘蔵された。
 こう理解する形に古田説を修正することになるかもしれません。
 古田さんを神様のように崇める古田弟子たちには容認しがたいかもしれませんが、この「恐るべき結論」に、肥沼さんの「伊勢神宮は九州王朝創設だ」との仮説に至る扉を開けてしまった可能性が大きいです。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  しかし初めての遷宮の記事が690年であり、九州王朝から近畿天皇家へ権力が移行する時期の出来事であることを考えると、伊勢神宮は九州王朝創建で、690年に始めて近畿天皇家が遷宮祭を執り行ったと考える「肥沼仮説」は有力だと思います。

〉  古田さんを神様のように崇める古田弟子たちには容認しがたいかもしれませんが、この「恐るべき結論」に、肥沼さんの「伊勢神宮は九州王朝創設だ」との仮説に至る扉を開けてしまった可能性が大きいです。

ということは,一見トンデモナイ仮説に見える
「伊勢神宮の九州王朝創設」という仮説も可能性あり,ということですね!
本当に伊勢・志摩旅行に行って良かったです。(「親孝行」もできましたし)

はい。そうです。素晴らしいです。
 いつものことだけど、肥沼さんの直観力は天才的です。
 あとはそのアイデアを確固とするための論証力をつけることですね。このためにはたくさんの智識を必要としますので、どんどん史料や本や論文を読んで行ってください。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 あとはそのアイデアを確固とするための論証力をつけることですね。このためにはたくさんの智識を必要としますので、どんどん史料や本や論文を読んで行ってください。

はい。自分でもその必要があるとは思っています。
ただ,私にはその「才能」があまりないようなので,
川瀬さんのお力を借りる必要があると思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

才能ではありません。
 慣れと訓練です。どんどん史料を読み込み考えることと、研究書や論文をどんどん読むこと。多少わからないときは読み飛ばす。数多くやっているうちに慣れてきます。
 要はあきらめないこと。才能がないとあきらめたらおわり。
 継続は力なりです。
 まったく平曲を知らなかった私が免許皆伝目前にくるまでに15年。また歴史の論文など全く書かなかった人がどんどんいくつものテーマで書けるようになるにも15年。
 石の上にも三年ですよ。
 肥沼さんのひらめきに私もどんどん突っ込みを入れていきますから、考えること・調べることを辞めずにどんどんあわてずに行きましょうね。
 すっかり古代史漬けになっている肥沼さんです。
 でもまだ始まったばかり。ようやく三週間ですから。あせらずに。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  要はあきらめないこと。才能がないとあきらめたらおわり。
 継続は力なりです。
 まったく平曲を知らなかった私が免許皆伝目前にくるまでに15年。また歴史の論文など全く書かなかった人がどんどんいくつものテーマで書けるようになるにも15年。
 石の上にも三年ですよ。

本当に,川瀬さんの平曲への取り組みはすごいです。
人生の使い方の最たるものだと思います。
それが縁のある三ケ島で行われていて,私の教え子のお母さんが先生。
また,それとは別ルートで,『徹底検証「新しい歴史教科書」』での出会い。
そして,また「夢ブログ」を通して10年あまりの交流というわけですから,
私も今後粘り強く取り組めば,何かを成すことが出来るのではないかと!
もっとも,「粘り強くない」のが私の性格といえば性格なのですが・・・。
しかも

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« だんだん詳しくなる「遷座の経緯」の謎~「遷座の経緯」はなかった! | トップページ | 郷土研究会の総会&懇親会 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ