« 「瓦塔の建つ風景」展 | トップページ | 多元の会 2018年4月 »

2018年4月 9日 (月)

国分寺の塔が回廊の「内」か「外」かグラフ(再掲載)

2年前に,私はこんなグラフを描いていた。
今回の服部さんの「瓦」の話とリンクできたらいいなと思って,再掲載してみる。
あの時気が付かなかったことが,時を経て気が付くかもしれないし,
またあの時このグラフを見ていただけなかった方が,
今回初めて見て下さるということもあると思うから・・・。

P5070294_2

また,以前購入しておいた梶原義実著『国分寺瓦の研究』(名古屋大学出版会)も
スタンバイさせた。この本.なんと1万円もするのです。もとを取らなくては・・・。(^-^;

Dscn1608


« 「瓦塔の建つ風景」展 | トップページ | 多元の会 2018年4月 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

 服部さんの研究に刺激をうけたのであれば
1:塔が回廊の中にある古式の国分寺
2:塔が回廊の外にある古式の国分寺
 それぞれを「新修国分寺の研究」などにある論文でどんな軒丸瓦が出ているか確認して、新しい年代観で分類してみると良いと思いますよ。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  それぞれを「新修国分寺の研究」などにある論文で
どんな軒丸瓦が出ているか確認して、
新しい年代観で分類してみると良いと思いますよ。

そうしていこうと思っています。
写真が出ているといいのですが,
拓本のものだとはっきりしないものがあるようなので。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「瓦塔の建つ風景」展 | トップページ | 多元の会 2018年4月 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ