« にわか引越し(1) | トップページ | 「大和王朝のユキ国とスキ国」の分布図(改訂版) »

2018年4月28日 (土)

「大和王朝のユキ国とスキ国」の分布図

大嘗祭のための新米を作るらしいユキ国(第1水田担当)と
スキ国(第2水田担当)を書き出してみた。

天武天皇・・・播磨・丹波
持統天皇・・・播磨・因幡

文武天皇・・・尾張・美濃
元明天皇・・・遠江・但馬
元正天皇・・・遠江・但馬
聖武天皇・・・備前・播磨
孝謙天皇・・・因幡・美濃
淳仁天皇・・・丹波・播磨
称徳天皇・・・美濃・越前

講談社学術文庫の『続日本紀』(上)(中)から抜き出した。
(下)を入手したら,増やしてみたいと思う。
例によって,分布図をどうぞ!
(天武と持統は緑色で,文武以下はピンクで示しました。)

Dscn1868_2

※ 天武と持統の大嘗祭は,例の「主語有無の論証」によると,
主語無し=九州王朝の天皇が主体ということになるので,
ホンモノの大和王朝の天皇である文武以降と区別しました。

※ 九州王朝の時代の大嘗祭(少なくとも白村江の敗戦以降)は,
大和王朝による財政的援助のもとで行われていたと思われます。

« にわか引越し(1) | トップページ | 「大和王朝のユキ国とスキ国」の分布図(改訂版) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ

なぜ「播磨」が最多四回も登場するかといえば、
播磨は「一播二越」と言われる古代における穀倉地帯だからです。
ただ、「越」の方が「越前」一回なのは気になりますがね。

肥さんへ

大事なことを書き忘れました。
「摂津」など登場していないのにマークがあります。
左隣の播磨の名違いではないでしょうか。
これを書こうと思ったのに書き忘れるとは・・・
年はとりたくないものです。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

1 穀倉地帯の件

そうでしたね。今でも「丹波杜氏」や
「灘の生一本」などと言う言葉が残っていました。
酒どころは,米どころということとなのでしょう。

2 国の取り違え

播磨と摂津の取り違えのご指摘ありがとうございます。
あとで確認したら,伯耆と因幡も数がおかしかったので,
「改定版」をアップいたしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« にわか引越し(1) | トップページ | 「大和王朝のユキ国とスキ国」の分布図(改訂版) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ