« 「歴史は,夜研究しない!」 | トップページ | 『たの授』4月号の感想 »

2018年4月13日 (金)

「多元的古代」研究用白地図

今回の『発見された倭京~太宰府と都城と官道』(明石書店)には,
太宰府を中心とした「五畿七道」のことが出ている。
これをなんとか「多元的古代」研究用白地図にできないかと思いついた。

今国分寺軒丸瓦の文様について,「素弁」「単弁」「複弁」の調査をしていて,
とりあえず日本地図(市販の白地図)にインプットしようと思っているのだが,
もし「多元的古代」研究用白地図(地域区分が今と異なる)があったら,
何か気が付くこともあるし,その存在自体が九州王朝説の宣伝にもなる。

これは単なる妄想か,それとも大ヒット商品のひらめきかははわからないが,
もし作ったら結構研究会の中では「愛用」されるのではないかと思う。

Photo42

Photo_2

西村さんの地図の矢印を取り,
山田さんのような地域区分を太線で入れるイメージで。

山田さんの使っていらっしゃる白地図は,
どこで入手されているのですか?
これに今回の九州王朝の「地域区分」を太線で入れようと思いました。
社会科の先生のクセがまだ抜けないのかも。(笑)

« 「歴史は,夜研究しない!」 | トップページ | 『たの授』4月号の感想 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「歴史は,夜研究しない!」 | トップページ | 『たの授』4月号の感想 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ