« 国分寺の塔が回廊の「内」か「外」かグラフ(再掲載) | トップページ | 早起きは〈大谷〉の得! »

2018年4月 9日 (月)

多元の会 2018年4月

一昨日の高崎サークルに続き,
昨日は多元の会の例会に参加した。
文京区民センターに,30人ほどのメンバーが集まって
2つの報告を中心に行われた。

(1) 清水さん~「筑紫に生まれ発展した九州王朝の歴史遺跡をめぐる旅」

1日目・・・福岡市博物館.千如寺.雷神社中宮.平原遺跡と伊都国歴史博物館.
 三雲南小路遺跡・井原遺跡.日向峠
2日目・・・吉武高木遺跡.須玖岡本遺跡・奴国資料館.水城.大宰府天満宮.大野城跡.
 観世音寺・てんがい.大宰府政庁
3日目・・・高良大社.古墳公園資料館(弘化谷古墳の装飾を再現),岩戸山古墳.吉野ヶ里遺跡

Dscn1607

私も今から25年ほど前に,三省堂の主催で古田武彦さんの解説でほぼ同じ場所を見学した。
大いに意欲を湧かせていただいたことを思い出す。今回は清水さんを含む25名で行かれたとのこと。

(2) 服部さん~古代瓦の変遷と飛鳥寺院の研究

① 最もシンプルな「素弁軒丸瓦」が出土したら飛鳥時代(600年前後)と見る
➁ 「単弁軒丸瓦」が出土したら飛鳥時代末(7世紀半ば)の創建と見る
➂ 「複弁軒丸瓦」なら7世紀後半様式と見る

この3つの分類でいったらどうか.とのことであった。とても分かりやすかった。
図に表すとこうなる。

600年               650年                 700年

〇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・〇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・〇

素弁軒丸瓦            単弁軒丸瓦              複弁軒丸瓦

6世紀末~7世紀初頭にかけて同じ文様(単弁軒丸瓦)の瓦を持つ寺院が,全国一斉に建造。
⇒国家権力の意図的政策と考えるのが妥当。
九州を本拠地にしていた倭国が,7世紀になると,全国を直轄支配するために東進した。
それが十七条憲法の内容(篤く三宝を敬え。国に二君非ず。地方官への訓示)なのではないか。
なかなか刺激的な内容であった。

Dscn1599

Dscn1601

私にも「瓦」の見方がわかり,意欲を起こさせていただいた。
今後遺跡の様子を見る時,「瓦見るなら「「素」「単」「複」(そ・たん・ふく)~♪」と唱えながら,
たのしく「瓦」観察をしたいと思う。

« 国分寺の塔が回廊の「内」か「外」かグラフ(再掲載) | トップページ | 早起きは〈大谷〉の得! »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

 服部さんの御発表。なかなか興味深い。
 レジュメを是非見たいです。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

服部さんのレジュメ,コピーして送ります。
A4判で6ページです。

レジュメのコピーお願いします。
 それから「瓦塔のある風景」のパンフありがとうございました。なかなか充実した内容ですね。じっくり読ませて頂きます。
 そうそう、先日は『発見された倭京 太宰府都城と官道』も送っていただきありがとうございます。こちらもじっくり読ませて頂きます。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

服部さんが,「夢ブログ」の川瀬さんのコメントを見て,
パワーポイントのデータ自体を送るとおっしゃっています。
とても重いらしいので送れているとうか心配です。
うまく行ったかどうかお返事下されば幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国分寺の塔が回廊の「内」か「外」かグラフ(再掲載) | トップページ | 早起きは〈大谷〉の得! »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ