« 伊勢・志摩旅行(1日目) | トップページ | 伊勢・志摩旅行(2日目) »

2018年4月16日 (月)

山田さんの質問にお答えします

山田さんがご自分のサイトで,私の「東山道十五国」案に質問して下さった。
私の勘違いしていたところも含め,お答えしていきたいと思う。
その結果,「東山道十五国」がよりはっきりしてきたように思うが,いかがだろうか。

sanmaoの暦歴徒然草

http://sanmao.cocolog-nifty.com/reki/2018/04/post-7cdd.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.「安芸」について「吉備」に含めているようですが、
「吉備」が「安芸」まで含んでいたとされる根拠は何でしょうか?
「吉備」と「安芸」は別の国のようですが。

→ 勘違いしていたようです。安芸は生かして,その分大和を削ることにします。

2.「摂津」(5)と「山城」(8)のつながり様は「和泉」(6)を加えても変わりませんが?
 ((5)(6)(7)(8)に囲まれている「河内」を加えると改善するとは思います。)

→ 河内と和泉を取り違えていました。「河内を加える」というのが正しいです。

3.「大和」は「山城」(8)からの「東山道“大和路”」(支道)ということでしょうか?
 (『延喜式』では「東山道」に「山城」(8)が入らず、「近江」(9)からとなっています。)

→ 『延喜式』は大和王朝のものですので,位置づけが違ったのだと思っています。

4.倭国(九州王朝)の「東海道」は「淡路」から紀伊半島沿岸を行ったのでしょうか?

→ 今のところ,そう考えています。

5.「赤間関」(関門海峡)を使って「長門」へは行かなかったのでしょうか?

→ 「海峡は潮の流れが速くなる場合がある」という船の航行には危険な場所なので,
軍を移動するには,「海峡から少し離れたところ」を行くのが安全と考えました。

6.「長門」は「日本国」の令制で「山陽道」に付け替えられたのでしょうか?

→ そういうことになりますかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで,以上を古代史用白地図に描くと,以下のようになります。
このように作業をしやすくしていただいたのは,山田さんのお陰です。

Dscn1690

【渡航ルート案】

北海道の場合・・・博多湾→長門((長門国の中心?)

東山道の場合・・・行橋→防府(周防国の中心?)

東海道の場合・・・佐賀関→松山(伊予国の中心?。道後温泉あり)


« 伊勢・志摩旅行(1日目) | トップページ | 伊勢・志摩旅行(2日目) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥さんへ
ご回答ありがとうございます。

「大和」が東山道から外れたことでブラシュアアップされましたね。
肥さんの「東山道十五國」を私のブログに整理して載せました。
改訂版の地図はご自由にご利用ください。

「『五畿』の謎」にも挑戦いただけるとありがたいです。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

山田さんのお陰で,ノーミソが喜んでいます。
古代史用白地図も助かっています。
(「旅のお供」です)
今後ともよろしくお願いいたします。

肥さんへ

肥さんの「摂津国と山城国のつながり方が狭すぎる」という指摘は
「摂津国」⇒「凡川内国」とすることで解決されました(ブログ記事あり)。

これは肥さんの功績であると思います。
ありがとうございました。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

「凡川内国」の発見,おめでとうございます。
私の指摘を活かしていただけたわけで,
私としても大変うれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。(o^-^o)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢・志摩旅行(1日目) | トップページ | 伊勢・志摩旅行(2日目) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ