« 三ケ島葭子の年図のひな型 | トップページ | 日本の所得税の税率 »

2018年3月 6日 (火)

人間は「失敗する葦」である。でも・・・

コトバンクというサイトに,フランスの哲学者パスカルの言葉が
コンパクトに紹介してあった。

「彼は代表作『パンセ』の冒頭で、
「人間は自然のなかでもっとも弱い一茎(ひとくき)の葦にすぎない。
だが、それは考える葦である」と述べている。
広大無辺な宇宙に比べれば、 人間は無に等しく、
「一茎の葦」のごとく弱く悲惨な存在にすぎないが、
それは「考える葦」 であり、思考によって「宇宙を包む」ことができる。
ここに人間の尊厳があり、偉大さがあるという。
このような偉大と悲惨、無限と無という相矛盾しあう二律背反のなかで、
揺れ動く人間の存在を、
パスカルは「考える葦」ということばで象徴させているのである」

なかなか素晴らしい言葉だと思う。
だがしかし,パスカルのように素晴らしくない私は,
こんなふうに変えて使わせていただこく。(^-^;

「人間は失敗する葦である。
でも,失敗に気づいたら「ごめんなさい」を言える葦でもある」
肥さん

「「夢パ」は去年.「卒パ」が今年」を先日「夢ブログ」に書いた時,
もしかして,愛の世代ズのたべさんがこれを重く考えすぎるかも?
とは頭の片隅で考えていた。
そして,それが現実に「あいせだのラジオ。」での訂正記事となった。
やはり,私の予感は「当たって」しまっていたのだった。
なので,今度は私の方が「ごめんなさい」を言おうと思う。
「ごめんなさい。」m●m

インターネットは,時に人を傷つける。
だから,使わないようにしよう!
とは私は思わない。

これからの21世紀(もう18年も入ってしまっているが)は,
パソコン・インターネットの上手な利用が
今よりもっともっと必要になってくると思う。
たくさん失敗して,いっぱい成長することが,
未来のコミュニケーションを創造していく貴重な経験になると信じる。

« 三ケ島葭子の年図のひな型 | トップページ | 日本の所得税の税率 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三ケ島葭子の年図のひな型 | トップページ | 日本の所得税の税率 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ