« イタクラ式発想法の紹介(その1) | トップページ | くしゃみを止める危険!? »

2018年1月24日 (水)

新年古代史講演会の挨拶の中に・・・

古田史学の会の新年古代史講演会で,
古賀さんが挨拶をされ,
私のことにも触れていただいたようである。
その部分だけ,コピーさせていただいた。

「・・・古田先生が亡くなられ、昨年は三回忌を迎え、
「古田史学の会」は、学問研究の分野でも
古田史学の輪を広げる運動面でも大きく前進しました。
 たとえば、九州王朝説に基づく古代官道をテーマとした
肥沼孝治さんや合田洋一さんの研究を引き継ぐように
山田春廣さん別役政光さん、そして西村秀己さんによる優れた論稿が発表されました。
これらの論文は、本年三月発刊予定の『発見された倭京 太宰府都城と官道』
(仮称。『古代に真実を求めて』二一集、明石書店)に収録されます。
同書では近年発見された筑紫土塁(筑紫野市)の紹介や
九州王朝(倭国)の都城(倭京・太宰府)研究が特集されており、
九州王朝研究の精華といえる一冊になるでしょう。・・・」

古賀さん,ありがとうございます。
また,山田さんもありがとうございます。
ここには名前が出て来ていませんが,
川瀬さんの名前も私の文章のなかに何回も出てきます。
ありがとうございます。

※ 『発見された倭京 太宰府都城と官道』
(仮称。『古代に真実を求めて』二一集、明石書店)は,
2カ月後の3月に発刊予定です。
もう初校は返送しました。楽しみです。

« イタクラ式発想法の紹介(その1) | トップページ | くしゃみを止める危険!? »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イタクラ式発想法の紹介(その1) | トップページ | くしゃみを止める危険!? »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ