« 倭国(九州王朝)終末期 | トップページ | 天王寺区にある四天王寺 »

2017年12月28日 (木)

古代の都や大阪城の建てられた上町台地

なぜ先日大阪城を眺められるところに行ったかというと,
そこが古田史学の会の議論になっている上町台地(うえまちだいち)
という場所だからである。
大阪城のあたりは30m以上の海抜があり,
古代から都も置かれたりした。

洪水対策としても,敵の侵入を防ぐ意味においても,
高台というのは有効な場所だったろう。
昔は河内湖の出入り口のように,
「神武たち」の侵入を防ぐのに役立ったのかも。
その存在を見ておきたくて,今回訪問した。
7世紀に誰が都を作ったかとかは別問題として・・・。

ウィキペディア「上町台地」

https://ja.wikipedia.org/wiki/上町台地

« 倭国(九州王朝)終末期 | トップページ | 天王寺区にある四天王寺 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 倭国(九州王朝)終末期 | トップページ | 天王寺区にある四天王寺 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ