« 小平神明宮の「証言」 | トップページ | ホルダー型心電図検査(2) »

2017年11月 8日 (水)

大国魂神社の「祭神」は?

上記の問いは,まったくナンセンスなものであった。
大国主命とイコールの「大国魂大神」である。
問題の中に答えがあるみたいなものだ。

大国魂神社・神社の歴史・由緒

https://www.ookunitamajinja.or.jp/yuisho/

つまり大国主命は,武蔵国を一種の「植民地」のような存在として,
政治的に経済的に文化的に支配したということなのだろう。
だから,武蔵の国は出雲系の神社が官道である東山道武蔵路沿いに多い。

その後政権は,九州王朝や大和政権に替わるが,
いまだに各地で出雲系の神社が存在し,
そのお祭りが盛り上がっているところをみると,
意外に好評な政治だったのかもしれない。

くらやみ祭

https://www.ookunitamajinja.or.jp/matsuri/5-kurayami.php

しかし,九州王朝は「国譲り」を強行し,政権を奪った。
そして,その九州王朝もやがては白村江の戦いに敗北して,滅亡した。
さらに,それを機に№1となった大和政権も,
第2次世界大戦で滅ぶこととなる。

各地に残る神社は,その歴史の繰り返しを伝え,
平和の大切さを訴えているのかもしれない。

« 小平神明宮の「証言」 | トップページ | ホルダー型心電図検査(2) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小平神明宮の「証言」 | トップページ | ホルダー型心電図検査(2) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ